Window.InPlace プロパティ (Visio)

ウィンドウが埋め込みウィンドウとして開かれているかどうか、または図面が埋め込みウィンドウ内に表示されているかどうかを指定します。 読み取り専用です。

構文

expression. InPlace

Window オブジェクトを表す 変数

戻り値

Boolean

解説

Window オブジェクトの InPlace プロパティの値が True の場合、ウィンドウはインプレース アクティブ ウィンドウになります。 ウィンドウには、OLE コンテナー アプリケーションで編集中の図面が含まれています。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。