Windows。EventList プロパティ (Visio)

オブジェクトまたは Event オブジェクトを 含む EventList コレクションの EventList コレクションを します。 読み取り専用です。

構文

.EventList

オブジェクトを表 すWindows します。

戻り値

EventList

この Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロは 、EventList プロパティを使用して 、Document オブジェクトの EventList コレクションに Event オブジェクトを追加する方法 を示 しています。 図面に図形を追加することによって Event オブジェクトがトリガーされた場合、指定した VSL アドオンが実行されます。

このマクロを実行する前に 、fullpath\filenamefilename への参照を、Microsoft Visio VSL または実行可能ファイル (EXE) アドオンの有効なパスと名前に置き換えてください。

 
Public Sub EventList_Example() 
 
 Dim vsoEventList As Visio.EventList 
 Dim vsoEvent As Visio.Event 
 Dim vsoAddons As Visio.Addons 
 Dim vsoAddon As Visio.Addon 
 
 'Prevent overflow error. 
 Const visEvtAdd% = &H8000 
 
 'Add the specified add-on to the Addons collection. 
 Set vsoAddons = Visio.Addons 
 Set vsoAddon = vsoAddons.Add ("fullpath\filename ") 
 
 'Add a ShapeAdded event to the EventList collection 
 'of the document. The event will start the specified add-on, which 
 'should take no arguments. 
 Set vsoEventList = ThisDocument.EventList 
 Set vsoEvent = vsoEventList.Add(visEvtAdd + visEvtShape, visActCodeRunAddon, _ 
 "filename ", "") 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。