Application.Documents プロパティ (Word)

開かれたすべての文書を表す Documents コレクションを取得します。 読み取り専用です。

構文

.ドキュメント

expression Application オブジェクトを 表す変数。

解説

コレクションの 1 つのメンバーを返す方法については、「コレクションからオブジェクトを返す 」を参照してください

注意

[保護されたビュー] ウィンドウに表示されるドキュメントは 、Documents コレクションのメンバーではありません。 代わりに、ProtectedViewWindowオブジェクトの Document プロパティを使用して、保護されたビュー ウィンドウに表示されるドキュメントにアクセスします。

次の使用例は、標準テンプレートに基づいて新しい文書を作成し、[ 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。

Documents.Add.Save

次の使用例は、開かれている文書の中で、変更が保存されていない文書を保存します。

Dim docLoop As Document 
 
For Each docLoop In Documents 
   If docLoop.Saved = False Then docLoop.Save 
Next docLoop

次の使用例は、左右の余白を 12.5mm に設定した後、開かれた各文書を印刷します。

Dim docLoop As Document 
 
For Each docLoop In Documents 
    With docLoop 
        .PageSetup.LeftMargin = InchesToPoints(0.5) 
        .PageSetup.RightMargin = InchesToPoints(0.5) 
        .PrintOut 
    End With 
Next docLoop

次の使用例は、MyDoc.doc を読み取り専用で開きます。

Documents.Open FileName:="C:\Files\Doc.doc", ReadOnly:=True

関連項目

Application オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。