CalloutFormat.PresetDrop メソッド (Word)

引き出し線を、吹き出しのテキスト ボックスの上端、下端、または中央に接続するのか、あるいは、テキスト ボックスの上端または下端からの指定した距離の点に接続するのかを指定します。

構文

.PresetDrop (DropType)

expression が必要です。 ' CalloutFormat ' オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
DropType 必須 MsoCalloutDropType 境界ボックスを基準にして、引き出し線の開始位置。 msoCalloutDropCustom を指定する場合は 、Drop プロパティと AutoAttach プロパティの値、および吹き出しテキスト ボックスと引き出し線の原点 (吹き出しがポイントする位置) の相対位置を使用して、吹き出し線がテキスト ボックスに接続する場所を決定します。

次の使用例は、現在の文書の 1 番目の図形に対して、境界ボックスの上端に引き出し線を付けるように指定します。 この使用例が動作するには、1 番目の図形は吹き出しである必要があります。

ActiveDocument.Shapes(1).Callout.PresetDrop msoCalloutDropTop

次の使用例は、現在の文書の 1 番目の図形に対して、2 つの既定のドロップを切り替えます。 この使用例が動作するには、1 番目の図形は吹き出しである必要があります。

With ActiveDocument.Shapes(1).Callout 
 If .DropType = msoCalloutDropTop Then 
 .PresetDrop msoCalloutDropBottom 
 ElseIf .DropType = msoCalloutDropBottom Then 
 .PresetDrop msoCalloutDropTop 
 End If 
End With

関連項目

CalloutFormat オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。