Document.ExportAsFixedFormat メソッド (Word)

文書を PDF 形式または XPS 形式で保存します。

構文

.ExportAsFixedFormat (OutputFileName, ExportFormat, OpenAfterExport, OptimizeFor, Range, From, To, Item, IncludeDocProps, KeepIRM, CreateBookmarks, DocStructureTags, BitmapMissingFonts, UseISO19005 _ 1, FixedFormatExtClassPtr)

Document オブジェクトを返 す式

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
OutputFileName 必須 String PDF ファイルまたは XPS ファイルのパスとファイル名。
ExportFormat 必須 WdExportFormat PDF 形式または XPS 形式を指定します。
OpenAfterExport 省略可能 Boolean コンテンツをエクスポートした後で新しいファイルを開きます。
OptimizeFor 省略可能 WdExportOptimizeFor 画面または印刷用に最適化するかどうかを指定します。
範囲 省略可能 WdExportRange エクスポートする範囲が、文書全体、現在のページ、テキストの範囲、または現在の選択範囲であるかを指定します。 既定では、ドキュメント全体をエクスポートします。
From 省略可能 Long Range パラメーターが wdExportFromTo に設定されている場合、開始ページ番号を指定します。
To 省略可能 Long Range パラメーターが wdExportFromTo に設定されている場合、終了ページ番号を指定します。
Item 省略可 WdExportItem エクスポート プロセスにテキストのみを含めるか、テキストとマークアップ コードを含めるかを指定します。
IncludeDocProps 省略可能 Boolean 新たにエクスポートするファイルに文書のプロパティを含めるかどうかを指定します。
KeepIRM 省略可能 Boolean ソース ドキュメントに IRM による保護が設定されている場合、IRM 権限を XPS ドキュメントにコピーするかどうかを指定します。 既定値は True です。
CreateBookmarks 省略可能 WdExportCreateBookmarks ブックマークをエクスポートするかどうか、およびエクスポートするブックマークの種類を指定します。
DocStructureTags 省略可能 Boolean フローとコンテンツの論理的な構成に関する情報など、スクリーン リーダーのために余分なデータを含めるかどうかを指定します。 既定値は True です。
BitmapMissingFonts 省略可能 Boolean テキストのビットマップを含めるかどうかを指定します。 フォントのライセンスは、フォントを PDF ファイルに埋め込むことを許可しない場合は、このパラメーターを True に設定します。 False にするとフォントを参照すると、および閲覧者のコンピューターに作成されたものが使用できない場合、適切なフォントが置き換えられます。 既定値は True です。
UseISO19005 _ 1 省略可能 Boolean ISO 19005-1 として標準化された PDF サブセットに PDF の使用を制限するかどうかを指定します。 かどうか は True 、生成されるファイルはより信頼性の高い自己完結型がサイズが大きくなる、形式の制限のための複数のビジュアル アイテムを表示します。 既定値は、 false を指定 します。
FixedFormatExtClassPtr 省略可能 Variant コードの代替実装を呼び出せるアドインへのポインターを指定します。 コードの代替実装は、独自の PDF または XPS を作成するアプリケーションが生成する、EMF および EMF+ ページの説明を解釈します。 詳細については、「Extend the fixed-format export feature in Word Automation Services」を参照してください

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。