Document.GoTo メソッド (Word)

ページ、 ブックマーク 、フィールドなど、指定したアイテムの開始位置を表す Range オブジェクトを返します。

構文

expression. GoTo( _What_ , _Which_ , _Count_ , _Name_ )

expression が必要です。 Document オブジェクトを表す変数を指定します。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
What 省略可能 Variant 指定範囲または選択範囲の移動先となる項目の種類を指定します。 WdGoToItem クラスの定数を使用します。
Which 省略可能 Variant 指定範囲または選択範囲の移動先となる項目を指定します。 WdGoToDirection クラスの定数を使用します。
Count 省略可能 Variant 文書内の項目の数。 既定値は、1 です。 正の値のみが有効です。 範囲または選択範囲の前に項目を指定するには、引数 Which として wdGoToPrevious を使用し、Count 値の値を指定します。
名前 省略可能 Variant 場合、どのような引数は、 wdGoToBookmarkwdGoToCommentwdGoToField 、または wdGoToObject は、この引数で名前を指定します。 正の値のみが有効です。 指定範囲または選択範囲の前にある項目を指定するには、Which として wdGoToPrevious を使用して、引数と、引数 Count の値を指定します。

解説

WdGoToGrammaticalError使用する 、または wdGoToSpellingError 定数と、 GoTo メソッドを使用する場合、エラー テキストの文章校正またはスペル エラーのテキストが返される 範囲 に含まれます。

次の使用例は、作業中の文書の最初の脚注記号を R1 に格納します。

If ActiveDocument.Footnotes.Count >= 1 Then 
 Set R1 = ActiveDocument.GoTo(What:=wdGoToFootnote, _ 
 Which:=wdGoToFirst) 
 R1.Expand Unit:=wdCharacter 
End If

関連項目

ドキュメント オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。