Documents オブジェクト (Word)

Word で現在開いている すべての Document オブジェクトのコレクション。

解説

Documents プロパティを使用して Documents コレクションを取得します。 次の使用例は、開かれた文書の名前を表示します。

For Each aDoc In Documents 
 aName = aName & aDoc.Name & vbCr 
Next aDoc 
MsgBox aName

Add メソッド を使用 して、新しい空のドキュメントを作成し 、Documents コレクションに追加 します。 次の使用例は、標準テンプレートを使用して新しい文書を作成します。

Documents.Add

Open メソッド を使用 してファイルを開きます。 次の使用例は、"Sales.doc" という名前の文書を開きます。

Documents.Open FileName:="C:\My Documents\Sales.doc"

一の Document オブジェクトを取得するには、ドキュメント名またはインデックス番号が Index である Documents (Index) を使用 します。 次の使用例は、変更を保存せずに、"Report.doc" という名前の文書を閉じます。

Documents("Report.doc").Close SaveChanges:=wdDoNotSaveChanges

インデックス番号は、Documents コレクションでの文書の位置を表します。 次の使用例は、Documents コレクション内で 1 番目の文書を選択します。

Documents(1).Activate

次の使用例は、Documents コレクションの文書を列挙して、"Report.doc" という名前の文書が開かれているかどうかを調べます。 この文書が Documents コレクションに含まれている場合はこの文書に切り替わり、含まれていない場合は開かれます。

For Each doc In Documents 
 If doc.Name = "Report.doc" Then found = True 
Next doc 
If found <> True Then 
 Documents.Open FileName:="C:\Documents\Report.doc" 
Else 
 Documents("Report.doc").Activate 
End If

関連項目

Word オブジェクト モデル リファレンス

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。