FreeformBuilder.AddNodes メソッド (Word)

作成中のフリーフォームの末尾に新しいセグメントを挿入し、セグメントを定義する節点を追加します。

構文

AddNodes (SegmentTypeEditingTypeX1Y1X2Y2X3Y3)

expression 必須です。 'FreeformBuilder' オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
SegmentType 必須 MsoSegmentType 追加するセグメントの種類を指定します。
EditingType 必須 MsoEditingType 頂点の編集のプロパティです。 SegmentType に msoSegmentLine がある場合、編集タイプは msoEditingAuto をする必要があります。
X1 必須 Single 新しいセグメントの編集タイプが msoEditingAuto の場合は、この引数は、新しいセグメントの端点をドキュメントの左上隅から、水平方向の距離 (ポイント単位) を指定します。 新しいノードの編集タイプが msoEditingCorner の場合は、この引数は、新しいセグメントの最初のコントロール ポイントをドキュメントの左上隅から、水平方向の距離 (ポイント単位) を指定します。
Y1 必須 Single 新しいセグメントの編集タイプが msoEditingAuto の場合は、この引数は、新しいセグメントの端点をドキュメントの左上隅から垂直方向の距離 (ポイント単位で) を指定します。 新しいノードの編集タイプが msoEditingCorner の場合は、この引数は、新しいセグメントの最初のコントロール ポイントをドキュメントの左上隅から垂直方向の距離 (ポイント単位で) を指定します。
X2 オプション Single 新しいセグメントの編集タイプが msoEditingCorner の場合は、この引数は、新しいセグメントの 2 番目の制御点をドキュメントの左上隅から、水平方向の距離 (ポイント単位) を指定します。 MsoEditingAuto の場合は、新しいセグメントの編集タイプには、この引数の値を指定しないでください。
Y2 オプション Single 新しいセグメントの編集タイプが msoEditingCorner の場合は、この引数は、新しいセグメントの 2 番目の制御点をドキュメントの左上隅から垂直方向の距離 (ポイント単位で) を指定します。 MsoEditingAuto の場合は、新しいセグメントの編集タイプには、この引数の値を指定しないでください。
X3 オプション Single 新しいセグメントの編集タイプが msoEditingCorner の場合は、この引数は、新しいセグメントの端点をドキュメントの左上隅から、水平方向の距離 (ポイント単位) を指定します。 MsoEditingAuto の場合は、新しいセグメントの編集タイプには、この引数の値を指定しないでください。
Y3 オプション Single 新しいセグメントの編集タイプが msoEditingCorner の場合は、この引数は、新しいセグメントの端点をドキュメントの左上隅から垂直方向の距離 (ポイント単位で) を指定します。 MsoEditingAuto の場合は、新しいセグメントの編集タイプには、この引数の値を指定しないでください。

解説

作成するフリーフォームにノードを追加する回数、このメソッドを使用します。 ノードの追加が完了したら、定義したフリー フォームを作成するのには、 ConvertToShape メソッドを使用します。 それが作成された後は、フリー フォームにノードを追加するには、 ShapeNodes コレクションの Insert メソッドを使用します。

次の使用例は、5 つの頂点を持つフリーフォームを作業中の文書に追加します。

Dim docActive As Document 
 
Set docActive = ActiveDocument 
 
With docActive.Shapes.BuildFreeform(msoEditingCorner, 360, 200) 
 .AddNodes msoSegmentCurve, msoEditingCorner, _ 
 380, 230, 400, 250, 450, 300 
 .AddNodes msoSegmentCurve, msoEditingAuto, 480, 200 
 .AddNodes msoSegmentLine, msoEditingAuto, 480, 400 
 .AddNodes msoSegmentLine, msoEditingAuto, 360, 200 
 .ConvertToShape 
End With

関連項目

FreeformBuilder オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。