ListFormat オブジェクト (Word)

指定範囲の段落に設定できる箇条書き書式の属性を表します。

解説

ListFormat プロパティを使用して、範囲の ListFormat オブジェクトを取得します。 次の使用例は、既定の箇条書きの書式を選択範囲に適用します。

Selection.Range.ListFormat.ApplyBulletDefault

リストの書式を適用する簡単な方法は、 ApplyBulletDefaultApplyNumberDefault 、および ApplyOutlineNumberDefault を使用するには メソッドに対応して、それぞれ、最初リストの書式 ([ なし] を除く)、[ 箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスの各タブにします。

既定の形式以外の形式を適用するには、 ApplyListTemplate を使用します。 メソッドを適用する箇条書きの書式 (箇条書きテンプレート) を指定できます。

リスト の使用 または ListTemplate 指定した範囲の最初の段落、リストまたはリスト テンプレートを返すプロパティです。

箇条書き書式のプロパティと、指定範囲で使用可能なメソッドにアクセスするのには Range オブジェクトに対して ListFormat プロパティを使用します。 次の例では、作業中の文書の 2 番目の段落に既定の箇条書きの書式が適用されます。

ActiveDocument.Paragraphs(2).Range.ListFormat.ApplyBulletDefault

ただし、ドキュメントに既にリストが定義されている場合は 、Lists プロパティを使用して List オブジェクトに アクセス できます。 次の例では、 箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスの [ 段落番号] タブの最初の番号の形式には、上記の例で作成した箇条書きの書式を変更します。

ActiveDocument.Lists(1).ApplyListTemplate _ 
 ListTemplate:=ListGalleries(2).ListTemplates(1)

メソッド

名前
ApplyBulletDefault
ApplyListTemplate
ApplyListTemplateWithLevel
ApplyNumberDefault
ApplyOutlineNumberDefault
CanContinuePreviousList
ConvertNumbersToText
CountNumberedItems
ListIndent
ListOutdent
RemoveNumbers

プロパティ

名前
アプリケーション
Creator
List
ListLevelNumber
ListPictureBullet
ListString
ListTemplate
ListType
ListValue
Parent
SingleList
SingleListTemplate

関連項目

Word オブジェクト モデル リファレンス

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。