Range オブジェクト (Word)Range object (Word)

文書の隣接する領域を表します。Represents a contiguous area in a document. Range オブジェクトは開始文字位置および終了文字位置で定義されます。Each Range object is defined by a starting and ending character position.

注釈Remarks

文書でブックマークを使用する場合と同様に、Visual Basic のプロシージャでは文書の特定の部分を指定するときに Range オブジェクトを使用します。Similar to the way bookmarks are used in a document, Range objects are used in Visual Basic procedures to identify specific portions of a document. ただし、ブックマークとは異なり、Range オブジェクトを定義するプロシージャの実行中のみ、オブジェクトが存在します。However, unlike a bookmark, a Range object only exists while the procedure that defined it is running. Range オブジェクトは選択範囲から独立しています。Range objects are independent of the selection. つまり、選択範囲を変更しなくてもオブジェクトを定義し操作できます。That is, you can define and manipulate a range without changing the selection. また、文書では複数の範囲を定義できますが、各ウィンドウ枠には 1 つの選択範囲しか存在できません。You can also define multiple ranges in a document, while there can be only one selection per pane.

Rangeメソッドを使用して、指定された開始位置と終了位置によって定義されたrangeオブジェクトを取得します。Use the Range method to return a Range object defined by the given starting and ending character positions. 次の使用例は、作業中の文書の最初の 10 文字を参照する Range オブジェクトを取得します。The following example returns a Range object that refers to the first 10 characters in the active document.

Set myRange = ActiveDocument.Range(Start:=0, End:=10)

Rangeプロパティを使用して、別のオブジェクトの始点と終点で定義されたrangeオブジェクトを取得します。Use the Range property to return a Range object defined by the beginning and end of another object. Range プロパティは多くのオブジェクト (たとえば、ParagraphBookmarkCell など) で使用できます。The Range property applies to many objects (for example, Paragraph, Bookmark, and Cell). 次の使用例は、作業中の文書の最初の段落を参照する Range オブジェクトを取得します。The following example returns a Range object that refers to the first paragraph in the active document.

Set aRange = ActiveDocument.Paragraphs(1).Range

次の使用例は、作業中の文書の2番目から4番目の段落を参照するRangeオブジェクトを取得します。The following example returns a Range object that refers to the second through fourth paragraphs in the active document.

Set aRange = ActiveDocument.Range( _ 
 Start:=ActiveDocument.Paragraphs(2).Range.Start, _ 
 End:=ActiveDocument.Paragraphs(4).Range.End)

Rangeオブジェクトの使用法の詳細については、「 range オブジェクトの使用」を参照してください。For more information about working with Range objects, see Working with Range objects.

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.