Range オブジェクト (Word)

文書の隣接する領域を表します。 各 Range オブジェクトは開始文字位置および終了文字位置で定義されます。

解説

文書でブックマークを使用する場合と同様に、Visual Basic のプロシージャでは文書の特定の部分を指定するときに Range オブジェクトを使用します。 ただし、ブックマークとは異なり、Range オブジェクトを定義するプロシージャの実行中のみ、オブジェクトが存在します。 Range オブジェクトは選択範囲から独立しています。 つまり、選択範囲を変更しなくてもオブジェクトを定義し操作できます。 また、文書では複数の範囲を定義できますが、各ウィンドウ枠には 1 つの選択範囲しか存在できません。

Range メソッド を使用 して、指定した開始位置と終了文字位置で定義された Range オブジェクトを返します。 次の使用例は、作業中の文書の最初の 10 文字を参照する Range オブジェクトを取得します。

Set myRange = ActiveDocument.Range(Start:=0, End:=10)

Range プロパティ を使用 して、別のオブジェクトの先頭と末尾で定義された Range オブジェクトを取得します。 Range プロパティは多くのオブジェクト (たとえば、ParagraphBookmarkCell など) で使用できます。 次の使用例は、作業中の文書の最初の段落を参照する Range オブジェクトを取得します。

Set aRange = ActiveDocument.Paragraphs(1).Range

次の使用例は、 アクティブ な文書の 2 番目から 4 番目の段落を参照する Range オブジェクトを返します。

Set aRange = ActiveDocument.Range( _ 
 Start:=ActiveDocument.Paragraphs(2).Range.Start, _ 
 End:=ActiveDocument.Paragraphs(4).Range.End)

Range オブジェクトの操作の詳細については 、「Range オブジェクトの操作 」を参照してください

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。