Shape オブジェクト (Word)Shape object (Word)

オートシェイプ、フリー​​フォーム、OLE オブジェクト、ActiveX コントロール、画像などの描画レイヤー内のオブジェクトを表します。Represents an object in the drawing layer, such as an AutoShape, freeform, OLE object, ActiveX control, or picture. Shapeオブジェクトは、 shapes コレクションのメンバーです。このコレクションには、文書の本文に含まれるすべての図形、または文書のすべてのヘッダーとフッターに含まれるすべての図形が含まれます。The Shape object is a member of the Shapes collection, which includes all the shapes in the main story of a document or in all the headers and footers of a document.

解説Remarks

図形は、常にアンカー設定範囲に配置されます。A shape is always attached to an anchoring range. アンカーを含むページ上の任意の場所に図形を配置できます。You can position the shape anywhere on the page that contains the anchor.

図形を表す3つのオブジェクトがあり**** ます。 shapes コレクションは、文書のすべての図形を表します。shaperange オブジェクトは、文書の図形の指定したサブセットを表します。たとえば、 shaperangeオブジェクトは、文書の1番目と4番目の図形を表すことができます。または、文書で選択されたすべての図形を表すことができます。図面上の1つの図形を表すshapeオブジェクトを指定します。There are three objects that represent shapes: the Shapes collection, which represents all the shapes on a document; the ShapeRange object, which represents a specified subset of the shapes on a document (for example, a ShapeRange object could represent shapes one and four on the document, or it could represent all the selected shapes on the document); and the Shape object, which represents a single shape on a document. 複数の図形を同時に操作したり、選択範囲内の図形を使ったりするには、 ShapeRangeコレクションを使用します。If you want to work with several shapes at the same time or with shapes within the selection, use a ShapeRange collection.

1つのShapeオブジェクトを取得するのにには、 Shapes (index) を使用します。_引数 index_には、名前またはインデックス番号を指定します。Use Shapes (index), where index is the name or the index number, to return a single Shape object. 次の使用例は、作業中の文書の最初の図形を左右に反転します。The following example horizontally flips shape one on the active document.

ActiveDocument.Shapes(1).Flip msoFlipHorizontal

次の使用例は、作業中の文書の Rectangle 1 という名前の図形を左右に反転します。The following example horizontally flips the shape named Rectangle 1 on the active document.

ActiveDocument.Shapes("Rectangle 1").Flip msoFlipHorizontal

各図形には、作成時に既定の名前が付けられます。Each shape is assigned a default name when it is created. たとえば、文書に 3 つの異なる図形を追加すると、"Rectangle 2"、"Text Box 3"、"Oval 4" のように名前が付けられます。For example, if you add three different shapes to a document, they might be named Rectangle 2, TextBox 3, and Oval 4. 図形にわかりやすい名前を付けるには、 Name プロパティを使用します。To give a shape a more meaningful name, set the Name property.

選択範囲内の図形を表すshapeオブジェクトを取得するには、 ShapeRange (index) を使用します。_引数 index_には、名前またはインデックス番号を指定します。Use ShapeRange (index), where index is the name or the index number, to return a Shape object that represents a shape within a selection. 次の使用例は、選択範囲に少なくとも 1 つの図形が含まれている場合、選択範囲の最初の図形に塗りつぶしを設定します。The following example sets the fill for the first shape in the selection, assuming that the selection contains at least one shape.

Selection.ShapeRange(1).Fill.ForeColor.RGB = RGB(255, 0, 0)

次の使用例は、選択範囲に少なくとも 1 つの図形が含まれている場合、選択範囲内のすべての図形に塗りつぶしを設定します。The following example sets the fill for all the shapes in the selection, assuming that the selection contains at least one shape.

Selection.ShapeRange.Fill.ForeColor.RGB = RGB(255, 0, 0)

指定した文書の図形のコレクションにshapeオブジェクトを追加し、新しく作成された図形を表すshapeオブジェクトを取得するには、 shapesコレクションの次のいずれかのメソッドを使用します。 addcalloutAddCurveaddcurveaddcurveaddolecontroladdcurveaddcurveAddShapeaddcurveAddTextEffect、またはbuildfreeform フォームTo add a Shape object to the collection of shapes for the specified document and return a Shape object that represents the newly created shape, use one of the following methods of the Shapes collection: AddCallout, AddCurve, AddLabel, AddLine, AddOleControl, AddOleObject, AddPolyline, AddShape, AddTextbox, AddTextEffect, or BuildFreeForm. 次の例では、作業中のドキュメントに四角形を追加します。The following example adds a rectangle to the active document.

ActiveDocument.Shapes.AddShape msoShapeRectangle, 50, 50, 100, 200

グループ化した図形内の単一の図形を表すshapeオブジェクトを取得するには、 groupitems (index) を使用します。_引数 index_には、グループ内の図形名またはインデックス番号を指定します。Use GroupItems (index), where index is the shape name or the index number within the group, to return a Shape object that represents a single shape in a grouped shape.

図形範囲をグループ**** 化し、新しく形成されたグループを表す1つのShapeオブジェクトを取得するのにには、グループまたは再グループ化メソッドを使用します。Use the Group or Regroup method to group a range of shapes and return a single Shape object that represents the newly formed group. グループを形成すると、他の図形を処理するのと同じようにグループを処理できます。After a group has been formed, you can work with the group the same way you work with any other shape.

すべての Shape オブジェクトでは、文字列範囲にアンカーが配置されます。Every Shape object is anchored to a range of text. 図形は、アンカーが配置された範囲の含まれる最初の段落に対応付けられます。A shape is anchored to the beginning of the first paragraph that contains the anchoring range. その図形は、必ずアンカーのあるページと同じページに配置されます。The shape will always remain on the same page as its anchor.

アンカー自体を表示するには、 ShowobjectanchorsプロパティをTrueに設定します。You can view the anchor itself by setting the ShowObjectAnchors property to True. 図形の Top プロパティと Left プロパティによって、図形の垂直方向と水平方向の位置が決まります。The shape's Top and Left properties determine its vertical and horizontal positions. 図形の RelativeHorizontalPosition プロパティと RelativeVerticalPosition プロパティによって、配置の基準 (アンカー設定している段落、アンカー設定している段落を含んでいる列、余白、またはページの端からの位置) が決まります。The shape's RelativeHorizontalPosition and RelativeVerticalPosition properties determine whether the position is measured from the anchoring paragraph, the column that contains the anchoring paragraph, the margin, or the edge of the page.

図形の LockAnchor プロパティは True に設定されている場合は、ページ上の位置からアンカーをドラッグできません。If the LockAnchor property for the shape is set to True, you cannot drag the anchor from its position on the page.

閉じた図形の塗りつぶしの書式を設定するすべてのプロパティとメソッドを含むFillFormatオブジェクトを取得するには、 fillプロパティを使用します。Use the Fill property to return the FillFormat object, which contains all the properties and methods for formatting the fill of a closed shape.

Shadow プロパティでは、ShadowFormat オブジェクトを取得します。このオブジェクトは影付きの書式設定に使用します。The Shadow property returns the ShadowFormat object, which you use to format a shadow.

Line プロパティは、LineFormat オブジェクトを取得する場合に使用します。このオブジェクトには、線と矢印の書式設定に関するプロパティとメソッドが含まれています。Use the Line property to return the LineFormat object, which contains properties and methods for formatting lines and arrows.

TextEffect プロパティでは、TextEffectFormat オブジェクトを取得します。このオブジェクトはワードアートの書式設定に使用します。The TextEffect property returns the TextEffectFormat object, which you use to format WordArt.

Callout プロパティでは、CalloutFormat オブジェクトを取得します。このオブジェクトは線吹き出しの書式設定に使用します。The Callout property returns the CalloutFormat object, which you use to format line callouts.

WrapFormat プロパティでは、WrapFormat オブジェクトを取得します。このオブジェクトは図形の周囲の文字列の折り返しを定義するために使用します。The WrapFormat property returns the WrapFormat object, which you use to define how text wraps around shapes.

3月のedプロパティは、3d 図形を作成するために使用するThreeDFormatオブジェクトを返します。The ThreeD property returns the ThreeDFormat object, which you use to create 3D shapes.

PickUp メソッドと Apply メソッドを使用すると、図形間で書式設定を移動できます。You can use the PickUp and Apply methods to transfer formatting from one shape to another.

文書の既定の図形の書式を設定するには、 shapeオブジェクトに対してSetshapesdefaultpropertiesメソッドを使用します。Use the SetShapesDefaultProperties method for a Shape object to set the formatting for the default shape for the document. 新しく図形を作成すると、その図形は既定の図形から大部分の属性を継承します。New shapes inherit many of their attributes from the default shape.

図形の種類 (フリーフォーム、オートシェイプ、OLE オブジェクト、吹き出し、リンクされた図など) を指定するのにには、 typeプロパティを使用します。Use the Type property to specify the type of shape: freeform, AutoShape, OLE object, callout, or linked picture, for example. AutoShapeTypeプロパティを使用して、オートシェイプの種類を指定します。たとえば、楕円、四角形、または吹き出しです。Use the AutoShapeType property to specify the type of AutoShape: oval, rectangle, or balloon, for example.

図形の大きさを指定するには、 Width プロパティと Height プロパティを使用します。Use the Width and Height properties to specify the size of the shape.

Textframeプロパティは、図形にテキストを添付するためのすべてのプロパティとメソッド、およびテキストフレーム間のテキストのリンクを含むtextframeオブジェクトを取得します。The TextFrame property returns the TextFrame object, which contains all the properties and methods for attaching text to shapes and linking the text between text frames.

Shape オブジェクトは、文字列範囲にアンカーが配置されていますが、位置が固定されていないので、そのページの中のどこにでも配置することができます。Shape objects are anchored to a range of text but are free-floating and can be positioned anywhere on the page. InlineShape オブジェクトは、文字と同じように扱われ、本文の行の中に文字として配置されます。InlineShape objects are treated like characters and are positioned as characters within a line of text. 位置を固定した図形を位置を固定しない図形 (またはその逆) に変換するには、 ConvertToInlineShape メソッドと ConvertToShape メソッドを使用します。You can use the ConvertToInlineShape method and the ConvertToShape method to convert shapes from one type to the other. 位置を固定した図形に変換できるのは、図、OLE オブジェクト、および ActiveX コントロールだけです。You can convert only pictures, OLE objects, and ActiveX controls to inline shapes.

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.