Shapes.AddCurve メソッド (Word)

描画キャンバスで ジエ曲線を表す Shape オブジェクトを返します。

構文

.AddCurve (SafeArrayOfPoints)

expression が必要です。 Shapes オブジェクトを表す 変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
SafeArrayOfPoints 必須 Variant 曲線の両端とコントロール ポイントを指定する 2 次元の座標の配列を指定します。 最初に指定した点が始点となり、次に指定した 2 つの点が最初のベジェ セグメントのコントロール ポイントとなります。 次に、この曲線に追加するセグメントごとに、1 つの中継点と 2 つのコントロール ポイントを指定します。 最後に指定した点が、曲線の終点になります。 曲線のセグメントの数を n とすると、常に 3n + 1 個の点を指定する必要があります。

戻り値

Shape

次の使用例は、新しい描画キャンバスにベジェ曲線を追加します。

Sub CanvasBezier() 
 
 Dim docNew As Document 
 Dim shpCanvas As Shape 
 Dim sngArray(1 To 7, 1 To 2) As Single 
 
 Set docNew = Documents.Add 
 
 'Create a new drawing canvas 
 Set shpCanvas = docNew.Shapes.AddCanvas(Left:=100, _ 
 Top:=100, Width:=300, Height:=50) 
 
 sngArray(1, 1) = 0 
 sngArray(1, 2) = 0 
 sngArray(2, 1) = 50 
 sngArray(2, 2) = 50 
 sngArray(3, 1) = 100 
 sngArray(3, 2) = 0 
 sngArray(4, 1) = 150 
 sngArray(4, 2) = 50 
 sngArray(5, 1) = 200 
 sngArray(5, 2) = 0 
 sngArray(6, 1) = 250 
 sngArray(6, 2) = 50 
 sngArray(7, 1) = 300 
 sngArray(7, 2) = 0 
 
 'Add Bezier curve to drawing canvas 
 shpCanvas.CanvasItems.AddCurve _ 
 SafeArrayOfPoints:=sngArray 
 
End Sub

関連項目

Shapes コレクション オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。