Style.NoProofing プロパティ (Word)

True に設定すると、スペル チェッカーおよび文法チェッカーはこのスタイルを設定した文字列を無視します。 読み取り/書き込みが可能な Long です。

構文

expression. NoProofing

' Style ' オブジェクトを 表す変数。

次の使用例は、作業中の文書でスタイル "Test" が設定されている文字列が無視されるようにスペル チェッカーおよび文法チェッカーを設定します。

ActiveDocument.Styles("Test").NoProofing = True

関連項目

Style オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。