ThreeDFormat.Depth プロパティ (Word)

図形の浮き出しの奥行きを設定または返します。 取得/設定が可能な Single 値です。

構文

.深度

' ThreeDFormat ' オブジェクト を表す変数。

解説

Depth プロパティは、600 9600 からの値 (正の値は、-600 は、元の図形の前面; 負の値は元の図形に 3-d 効果を作成する)。

次の使用例は、作業中の文書に楕円を追加し、楕円の 3-D 効果の奥行きを 50 ポイント、色を紫にします。

Dim docActive As Document 
Dim shapeNew As Shape 
 
Set docActive = ActiveDocument 
Set shapeNew = docActive.Shapes.AddShape(msoShapeOval, _ 
 90, 90, 90, 40) 
 
With shapeNew.ThreeD 
 .Visible = True 
 .Depth = 50 
 ' RGB value for purple 
 .ExtrusionColor.RGB = RGB(255, 100, 255) 
End With

関連項目

ThreeDFormat オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。