ウォッチ式を追加する

ウォッチ式は、[ウォッチ] ウィンドウで監視するために定義する 式です。 アプリケーションがブレーク モードに 入った場合、選択したウォッチ式が [ウォッチ] ウィンドウに表示され、値を確認できます。

ウォッチ式を追加するには

  1. [デバッグ] [メニューの ウォッチの追加 ] を選択します **[ウォッチの追加]** ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. コード [] ウィンドウで式が既 に選択されている場合は、[式] ボックスに自動的に 表示 されます。 式が表示されない場合は、評価する式を入力します。 この式は変数プロパティ、関数呼び出し、またはその他の有効な式です。

  3. [対象] グループで モジュールまたは プロシージャを選択することにより、式を評価する範囲を選択します。

    注意

    ニーズに合わせて も狭い範囲を選択します。 すべてのプロシージャまたはすべてのモジュールを選択すると、各ステートメントの実行後に式が評価されるので、モジュールの実行が大幅に遅くなる可能性があります。 コンテキストに対して特定のプロシージャを選択した場合、プロシージャがアクティブなプロシージャ呼び出しの一覧にある間のみ、実行が影響を受ける。 [表示 ] メニューから 呼び出 **[し履歴]** を選択して、アクティブなプロシージャの一覧を表示します。

  4. [ウォッチの種類] グループでオプションを選択して、ウォッチ式にシステムがどのように応答するかを定義します。

    • ウォッチ式の値を表示するには、[ウォッチ式] を選択します

    • 式が True に評価された場合に実行を停止 するには、[値 が True の場合 にブレークする] を選択します

    • 式の値が変更された場合に実行を停止するには、[値の変更時に ブレーク] を選択します

  5. [OK] をクリックします。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。