Z オーダーを使用してコントロールをレイヤー化する

コントロールを Z オーダーの最前面または最背面に配置するには

  1. 再配置するコントロールを選択します。

  2. [書式] [メニューの 注文] を 選択します

  3. カスケード メニューから、[最前面へ移動] または [最背面へ移動] を選択します。

コントロールの Z オーダーを 1 段階だけ移動するには

  1. 再配置するコントロールを選択します。

  2. [書式] メニューから [順序] を選択します。

  3. カスケード メニューから、[前面へ移動] または [背面へ移動] を選択します。

注意

[戻る] や [前面に持ち込む] など、レイヤー化コマンドを元に戻したり やり直すことはできません。 たとえば、オブジェクトを選択し、ショートカット メニューの [後方に送信] を選択した場合、その操作を元に戻したりやり直すことはできません。

[前面に移動]、[ 前方へ移動]、[戻る]、および [後方に送信] メニューの選択肢を使用すると、他のコントロールを基準にコントロールの z オーダーを変更できます。 フォームに ListBox、Frame、****または MultiPage コントロールが含まれる場合、それらのコントロールはスタックの上に可能な限り近くに自動的に移動します。 たとえば、ListBox、Frame、または MultiPageに逆方向に送信を適用すると、他の ListBox、Frame、 または MultiPage コントロールの下にコントロールが移動されますが、スタック内の他の種類のコントロールの下には移動されません。

同様に、ListBox、Frame、または MultiPage 以外のコントロールに [前方へ移動] を適用すると、コントロールはスタックの上に移動しますが、スタック内の ListBox、Frame、 または MultiPage の上には移動されません。

視覚的には、ListBox、Frame、または MultiPage コントロールと他の Microsoft Forms コントロールがフォーム上の同じ場所にある場合 、ListBox、Frame、 または MultiPage は常に他のコントロールの上に表示されます。 **ListBox、Frame、**または MultiPage が別の ListBox、Frame、 または MultiPage と同じ場所にある場合、コントロールの z オーダーによって、他のコントロールの上に表示されるコントロールが決まれます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。