VBE 用語集

Visual Basic エディター (VBE) の用語集です。

アクセス キー

Alt キーを押したまま押すキー。メニューを開いたり、コマンドを実行したり、オブジェクトを選択したり、オブジェクトに移動したりできます。 たとえば、Alt + F キーを押すと [ファイル] メニューが開きます。

ActiveX コントロール

ユーザーによるアプリケーションの対話的操作を可能または拡張するためにフォームに配置するオブジェクト。 ActiveX コントロールにはイベントがあり、他のコントロールに組み込むことができます。 これらのコントロールのファイル名拡張子は .ocx です。

ActiveX オブジェクト

オートメーション インターフェイスを通して他のアプリケーションまたはプログラミング ツールに公開されるオブジェクト。

アドイン

Visual Basic 開発環境に機能を追加するカスタマイズされたツール。

ANSI 文字セット

キーボードを使用して最大 256 個の文字 (0-255) を表すために使用される ANSI (American National Standards Institute) の 8 ビット文字セット。 前半の 128 文字 (0-127) は、標準の U.S. キーボードの文字と記号に対応しています。 次の 128 文字 (128-255) は、国際アルファベット記号、アクセント記号、通貨記号および分数などの特殊文字を表します。

アプリケーション

単一のプログラムとして連携して動作するコードと表示要素の集合。 開発者は開発環境内でアプリケーションを作成して実行でき、ユーザーは通常は開発環境の外部で実行可能ファイルとしてアプリケーションを実行します。

引数

プロシージャに渡される定数、変数、または式。

配列

同じ組み込みデータ型を持ち、順番にインデックスを付けられた要素のセット。 配列の各要素は、一意の識別インデックス番号を持っています。 配列の 1 つの要素を変更しても、他の要素は影響を受けません。

ASCII 文字セット

ASCII (American Standard Code for Information Interchange) の 7 ビット文字セット。標準の U.S. キーボードにある文字と記号を表すために使用されます。 ASCII 文字セットは、ANSI 文字セットの前半の 128 文字 (0-127) と同じです。

自動書式設定

入力したコードの、キーワードの先頭文字を大文字にし、スペースを標準化し、記号を追加し、前面色と背面色を設定することによって、自動的に書式を設定する機能。

オートメーション オブジェクト

オートメーション インターフェイスを通して他のアプリケーションまたはプログラミング ツールに公開されるオブジェクト。

基本クラス

継承によって他のクラスを派生できる元のクラス。

ビットマップ

ピクセルによって表され、ビットの集合として保存されるイメージ。各ビットが 1 つのピクセルに対応します。 カラー システムでは、複数のビットが各ピクセルに対応します。 通常、ビットマップのファイル名拡張子は .bmp です。

ビット単位の比較

2 つの数値式で同じ位置にあるビット間で行うビット単位の比較。

ブール式

True または False に評価される式。

Boolean データ型

可能な値が True (-1) または False (0) の 2 つだけであるデータ型。 Boolean 変数は 16 ビット (2 バイト) の数値として保存されます。 「データ型の概要」をご覧ください。

バインドされたコントロール

Data コントロールを通してデータベースの特定のフィールドにアクセスできるデータ認識コントロール。 データ認識コントロールは、通常、DataSource および DataField プロパティによって Data コントロールにバインドされます。 Data コントロールがあるレコードから次のレコードに移動すると、 Data コントロールに接続されたすべての連結コントロールが、現在のレコードのフィールドのデータを表示するように変更されます。 ユーザーが連結コントロールのデータを変更してから異なるレコードに移動すると、変更は自動的にデータベースに保存されます。

ブレーク モード

開発環境でのプログラム実行の一時的な停止。 ブレーク モードでは、プログラムの実行を調査、デバッグ、リセット、ステップ実行、または続行できます。 次の場合にブレーク モードに入ります。

  • プログラムの実行中にブレークポイントに到達した場合。

  • プログラムの実行中に Ctrl + Break を押したとき。

  • プログラムの実行中に、Stop ステートメントが検出されたか、トラップされない実行時エラーが発生した場合。

  • Break When True ウォッチ式を追加したとき。 ウォッチの値が変化して True と評価されると、実行が停止します。

  • Break When Changed ウォッチ式を追加したとき。 ウォッチの値が変化すると、実行が停止します。

ブレークポイント

実行を自動的に停止するように選択されたプログラム行。 ブレークポイントはコードと一緒には保存されません。

参照渡し

引数の値をプロシージャに渡すのではなく引数のアドレスを渡す方法。 これにより、プロシージャは実際の変数にアクセスできます。 結果として、アドレスを渡されたプロシージャで変数の実際の値を変更できます。 特に指定がない限り、引数は参照で渡されます。

Byte データ型

0 ~ 255 の範囲の正の整数値を保持するために使用されるデータ型。 Byte 変数は、1 つの符号なし 8 ビット (1 バイト) 値として格納されます。 「データ型の概要」をご覧ください。

値別

引数のアドレスをプロシージャに渡すのではなく引数の値を渡す方法。 これにより、プロシージャは変数のコピーにアクセスできます。 結果として、値を渡されたプロシージャでは変数の実際の値を変更できません。

文字コード

ANSI 文字セットなどのセット内の特定の文字を表す数値。

クラス

オブジェクトの正式な定義。 クラスは、実行時にオブジェクトのインスタンスが作成される基になるテンプレートとして機能します。 クラスでは、オブジェクトのプロパティと、オブジェクトの動作を制御するために使用されるメソッドが定義されます。

クラス モジュール

クラスの定義を格納するモジュール。クラスのプロパティとメソッドの定義が含まれます。

コード モジュール

プロジェクト内のすべてのモジュール間で共有できるパブリック コードを格納しているモジュール。 Visual Basic の最近のバージョンでは、コード モジュールは標準モジュールと呼ばれます。

コード ペイン

コードの入力と編集に使用される、コード ウィンドウに含まれるペイン。 1 つのコード ウィンドウは 1 つ以上のコード ペインを含むことができます。

コレクション

関連する一連のオブジェクトを含む 1 つのオブジェクト。 コレクションに変更が発生するたびに、コレクション内のオブジェクトの位置が変わる可能性があります。そのため、コレクション内の特定のオブジェクトの位置が異なることがあります。 Collection オブジェクトはコレクション クラスの標準的な例です。クラスのインスタンスはコレクションです。 コレクションは、引数を受け入れず、適切な IUnknown オブジェクトを返し、その VB_UserMemId 属性が -4 に設定された NewEnum というメソッドを実装する必要があります。

コマンド ライン

プログラムを実行するためにユーザーによって提供されるパス、ファイル名、および引数の情報。

コメント

コードの動作について説明する、コードに追加されたテキスト。 Visual Basic では、コメント行はアポストロフィ (') または Rem キーワードとスペースで開始できます。

比較演算子

2つ以上の値または式の間の関係を示す記号または単語。 演算子には、より小さい (<)、以下 (<=)、より大きい (>)、以上 (>=)、等しくない (<>)、等しい (=) などがあります。 追加の比較演算子として Is および Like があります。 IsLike は、Select Case ステートメントで比較演算子として使用することはできません。

比較演算子も参照してください。

コンパイラ ディレクティブ

コンパイラの処理を変更するために使用されるコマンド。

コンパイル時

ソース コードが実行可能コードに変換される期間。

条件付きコンパイラ定数

#Const コンパイラ ディレクティブを使用して定義されている Visual Basic 識別子、またはホスト アプリケーションで定義されていて、Visual Basic コードの特定のブロックがいつコンパイルされるか、またはコンパイルされるかどうかを特定するために他のコンパイラ ディレクティブによって使用される Visual Basic 識別子。

定数

プログラムの実行中に一定の値を保持している名前付きアイテム。 定数は、文字列リテラルか数値リテラル、別の定数、または Is および指数を除く数値または論理演算子を含む任意の組み合わせです。 各ホスト アプリケーションは、独自の定数セットを定義できます。 ユーザーは Const ステートメントで追加の定数を定義できます。 コード内の任意の場所で実際の値の代わりに定数を使用できます。

コンテナー

他のオブジェクトを格納できるオブジェクト。

コントロール

認識されるプロパティ、メソッド、イベントの独自のセットを持ち、フォーム上に配置できるオブジェクト。 ユーザー入力の受け取り、出力の表示、イベント プロシージャのトリガーにコントロールを使用します。 ほとんどのコントロールはメソッドを使用して操作できます。 対話形式のコントロールもあれば (ユーザー操作に対応)、静的なコントロールもあります (コードによってのみアクセス可能)。

コントロール配列

共通の名前、型、イベント プロシージャを共有するコントロールのグループ。 配列内の各コントロールは、どのコントロールがイベントを認識するかを特定するために使用できる一意のインデックス番号を持ちます。

通貨データ型

-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807 の範囲のデータ型。 このデータ型は、お金が関係する計算および精度が特に重要な固定小数点計算に使用します。 Visual Basic では、アットマーク (@) 型宣言文字が Currency を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

データ型

保持できるデータの種類を決定する変数の特性。 データ型には、バイト型 (Byte)、ブール型 (Boolean)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、通貨型 (Currency)、10 進型 (Decimal)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、日付型 (Date)、文字列型 (String)、オブジェクト型 (Object)、バリアント型 (Variant) (既定)、ユーザー定義型、およびオブジェクトの特定の型があります。 「データ型の概要」をご覧ください。

Date データ型

日付および時刻を実数として格納するために使用されるデータ型。 Date 変数は 64 ビット (8 バイト) の数値として格納されます。 小数点の左側の値は日付で、小数点の右側の値は時刻を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

日付式

日付として解釈できる任意の式。日付リテラル、日付とみなされる数値、日付とみなされる文字列、関数から返される日付を含みます。 日付式は、100 年 1 月 1 日から 9999 年 12 月 31 日の範囲の日付を表すことができる数値または文字列の任意の組み合わせに制限されます。

日付は実数の一部として格納されます。 小数点の左側の値は日付で、小数点の右側の値は時刻を表します。 負の値は、1899 年 12 月 30 日より前の日付を表します。

日付リテラル

シャープ記号 (#) で囲まれた、有効な形式の文字列の任意のシーケンス。 有効な形式には、コードのロケール設定によって指定された日付形式または汎用日付形式が含まれます。

たとえば、#12/31/92# は 1992 年 12 月 31 日を表す日付リテラルであり、English-U.S. がアプリケーションのロケール設定です。 異国語間の移植性を最大にするには日付リテラルを使用します。

日付の区切り記号

日付の値を書式設定するときに日、月、年を区切るために使用される文字。 文字はシステムの設定または Format 関数によって決定されます。

DBCS

文字を表すために 1 または 2 バイトを使用する文字セット。256 より多くの文字を表すことができます。

動的データ交換 (DDE)

Microsoft Windows 下で実行するアプリケーション間のアクティブなリンクを通してデータを交換するための確立されたプロトコル。

10 進数データ型

10 の累乗でスケーリングされた 10 進数値を格納するデータ型。 ゼロ スケーリングの値つまり小数点のない数値の場合、範囲は +/-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 です。 小数点以下 28 桁の数値の場合、範囲は +/-7.9228162514264337593543950335 です。 Decimal として表現できる最も小さい 0 以外の値は 0.0000000000000000000000000001 です。

現時点では、Decimal データ型は Variant 内でのみ使用できることに注意してください。 変数を Decimal 型として宣言することはできません。 ただし、 CDec 関数を使用するとサブタイプが Decimal である Variant を作成できます。 「データ型の概要」をご覧ください。

宣言

定数、変数、プロシージャの名前を設定し、データ型などの特性を指定する実行可能ではないコード。 DLL プロシージャの場合、宣言では名前、ライブラリ、引数を指定します。

デザイナー

Visual Basic 開発環境でビジュアル設計ウィンドウを提供します。 このウィンドウを使用して、新しいクラスを視覚的に設計できます。 Visual Basic には、フォーム用の組み込みデザイナーがあります。 Visual Basic の Professional および Enterprise エディションには、ActiveX コントロールおよび ActiveX ドキュメントのデザイナーが含まれています。

デザイン時

開発環境において、コントロールを追加したり、コントロールやフォームのプロパティを設定したりして、アプリケーションを構築する期間。 これに対し、実行時には、ユーザーのようにアプリケーションと対話します。

開発環境

コードの記述、コントロールの作成、コントロールやフォームのプロパティの設定などを行うアプリケーションの部分。 アプリケーションの実行と対比されます。

実行時に読み込まれてアプリケーションにリンクされるルーチンのライブラリ。 DLL は、C、MASM、FORTRAN などの他のプログラミング言語で作成されます。

ドッキングされたウィンドウ

メイン ウィンドウのフレームに結び付けられているウィンドウ。

ドキュメント

アプリケーションで作成され、固有のファイル名を与えられている、すべての自己完結型の作成物。

ドキュメント デザイン モード

通常はホスト アプリケーションの開発リボンのボタンによって切り替えられるデザイン モードであり、ドキュメントに埋め込まれたコントロールをマウスで操作すると、アクションがアクティブ化されるのではなく、ドキュメントの配置、サイズ、プロパティが調整されます。

Double データ型

倍精度浮動小数点数を 64 ビットの値として保持しているデータ型。負の値の範囲は -1.79769313486231E308 から -4.94065645841247E-324、正の値の範囲は 4.94065645841247E-324 から 1.79769313486232E308 です。 Visual Basic では番号記号 (#) 型宣言文字が Double を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

Empty

Variant 変数に開始値が割り当てられていないことを示します。 Empty 変数は、数値コンテキストでは 0 として表され、文字列コンテキストでは長さが 0 の文字列 ("") として表されます。

エラー番号

Err オブジェクトの Number プロパティの設定に対応する、0 から 65,535 の範囲の整数。 Err オブジェクトの Description プロパティ設定とこの番号の組み合わせで、特定のエラー メッセージを表します。

イベント ソース オブジェクト

アクションへの応答で発生するイベントのソースであるオブジェクト。 イベント ソース オブジェクトはプロパティによって返されます。 たとえば、CommandBarEvents プロパティでは CommandBarEvents オブジェクトを返します。

実行可能ファイル

開発環境の外側で実行できる Windows ベースのアプリケーション。 実行可能ファイルのファイル名拡張子は .exe です。

文字列、数値、またはオブジェクトを生成するキーワード、演算子、変数、定数の組み合わせ。 式を使用して計算を実行し、文字を操作し、データをテストできます。

ファイル番号

ファイルを開く Open ステートメントで使用される番号。 他のアプリケーションからアクセスできないファイルに対しては、1 ~ 255 の範囲のファイル番号を使用します。 他のアプリケーションからアクセスできるファイルには、256 ~ 511 の範囲のファイル番号を使用します。

フォーカス

ある時点でマウス クリックまたはキーボード入力を受け取ることができること。 Microsoft Windows 環境では、ある時点でこの機能を持つことができるウィンドウ、フォーム、またはコントロールは 1 つだけです。 通常、"フォーカスを持っている" オブジェクトはキャプションまたはタイトル バーが強調表示されることで示されます。 フォーカスは、ユーザーまたはアプリケーションによって設定されます。

フォーム

ウィンドウまたはダイアログ ボックス。 フォームはコントロールのコンテナーです。 MDI (マルチ ドキュメント インターフェイス) フォームも、子フォームおよびコントロールのコンテナーとして機能します。

フォーム モジュール

ファイル名拡張子が .frm である Visual Basic プロジェクトのファイル。フォームのグラフィカルな記述、コントロールとそのプロパティの設定、定数、変数、および外部プロシージャのフォーム レベルの宣言、イベントと一般プロシージャを格納できます。

Function プロシージャ

プログラム内の特定のタスクを実行して値を返すプロシージャ。 Function プロシージャは、Function ステートメントで開始し、End Function ステートメントで終了します。

一般プロシージャ

別のプロシージャによって明示的に呼び出される必要があるプロシージャ。 これに対し、イベント プロシージャは、ユーザーまたはシステムのアクションに対応して自動的に呼び出されます。

グラフィックス メソッド

FormPictureBoxPrinter などのオブジェクトで動作するメソッドであり、アニメーションやシミュレーションなどの実行時の描画操作を実行します。 グラフィックス メソッドには、CircleClsLinePaintPicturePointPrintPSet があります。

ホスト アプリケーション

Visual Basic for Applications の使用をサポートするアプリケーション。たとえば、Microsoft Excel、Microsoft Project などです。

アイコン

オブジェクトまたは概念のグラフィカルな表現。Microsoft Windows で最小化されたアプリケーションを表すために一般に使用されます。 アイコンは、最大サイズが 32 x 32 ピクセルのビットマップです。 アイコンのファイル名拡張子は .ico です。

識別子

定数または変数を参照する式の要素。

プロセス内

アプリケーションと同じアドレス空間内で実行すること。

挿入可能オブジェクト

Microsoft Excel ワークシートなどの、カスタム コントロールの一種であるアプリケーション オブジェクト。

整数データ型

2 バイトの整数に格納される整数変数を保持するデータ型。範囲は -32,768 から 32,767 です。 Integer データ型は、列挙値を表すためにも使用されます。 Visual Basic ではパーセント記号 (%) 型宣言文字が Integer を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

組み込み定数

アプリケーションによって提供される定数。 Visual Basic の定数はオブジェクト ライブラリに列記されており、Object Browser で表示できます。 組み込み定数を無効にすることはできないので、同じ名前のユーザー定義定数は作成できません。

キーワード

Visual Basic プログラミング言語の一部として認識される単語または記号。たとえば、ステートメント、関数名、演算子などです。

行連結文字

論理的に 1 つのコード行を 2 つ以上の物理行に拡張するために開発環境で使用される、スペースとアンダースコアの組み合わせ (_)。 ただし、文字列式の中で行連結文字を使用してコード行を連結することはできません。

行ラベル

1 コード行を示すために使用されます。 行ラベルは、文字で開始してコロン (:) で終了し、文字の任意の組み合わせを使用できます。 大文字と小文字は区別されず、1 列目から開始する必要があります。

行番号

1 行のコードを示すために使用されます。 行番号は、それが使用されるモジュール内で一意の、任意の数字の組み合わせです。 行番号は最初の列から開始する必要があります。

リンク ウィンドウ

メイン ウィンドウ以外の別のウィンドウに結合されたウィンドウ。

リンク ウィンドウ枠

相互にリンクされた複数のウィンドウを含むウィンドウ枠。

ロケール

特定の言語および国/地域に対応する情報のセット。 コードのロケール設定は、キーワードなどの用語の言語に影響し、小数点やリスト区切り文字、日付形式、文字並べ替え順序などのロケール固有の設定を定義します。

システム ロケールの設定は、ロケール対応の機能の動作方法に影響します。たとえば、数値を表示するとき、文字列を日付に変換するときなどです。 システム ロケールの設定は、オペレーティング システムによって提供されている コントロール パネル ユーティリティを使用して行います。

コード ロケールとシステム ロケールは一般に同じように設定されますが、一部の状況では異なる場合があります。 たとえば、Visual Basic Standard Edition および Visual Basic Professional Edition では、コードは English-U.S. から変換されません。システム ロケールはユーザーの言語と国/地域に設定できますが、コード ロケールは常に English-U.S. に設定され、変更できません。 この場合、English-U.S. の区切り文字、書式プレースホルダー、並べ替え順序が使用されます。

論理エラー

コードが正しくない結果を生成したり実行を停止したりする可能性のあるプログラミング エラー。 たとえば、正しくない変数名、正しくない変数の型、エンドレス ループ、比較の欠陥、配列の問題などが原因で発生することがあります。

Long データ型

-2,147,483,648 から 2,147,483,647 の範囲の値の 4 バイト整数。 Visual Basic では、アンパサンド (&) 型宣言文字が Long を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

マージン インジケーター

[コード] ウィンドウの マージン インジケーター バーに表示されるアイコン。 マージン インジケーターはコード編集の間の視覚的な目印を提供します。

MDI 子

MDI (マルチ ドキュメント インターフェイス) アプリケーションにおいて MDI フォームに含まれるフォーム。 子フォームを作成するには、MDI フォームの MDIChild プロパティを True に設定します。

MDI フォーム

MDI (マルチ ドキュメント インターフェイス) アプリケーションの背景を構成するウィンドウ。 MDI フォームはアプリケーションのすべての MDI 子フォームのコンテナーです。

メンバー

コレクション、オブジェクト、またはユーザー定義型の要素。

メタファイル

ピクセルとしてではなく、線、円、ポリゴンなどのグラフィカル オブジェクトとしてイメージを格納するファイル。 メタファイルには標準と拡張の 2 種類があります。 標準メタファイルのファイル名拡張子は、通常は .wmf です。 拡張メタファイルのファイル名拡張子は、通常は .emf です。 ピクセルよりメタファイルの方が、イメージのサイズが変更されたときにイメージがより正確に保持されます。

メソッド

オブジェクトに対する処理を行うプロシージャ。

モジュール

宣言とそれに続くプロシージャのセット。

モジュール レベル

モジュールの Declarations セクションでコードを記述します。 プロシージャの外部にあるすべてのコードはモジュール レベル コードと呼ばれます。 最初に宣言を列記し、その後でプロシージャを記述する必要があります。

モジュール変数

FunctionSub、または Property プロシージャ コードの外部で宣言される変数。 モジュール変数は、モジュールのすべてのプロシージャの外部で宣言されている必要があります。 モジュールが読み込まれている間だけ存在し、モジュール内のすべてのプロシージャで認識できます。

名前付き引数

オブジェクト ライブラリで事前に名前が定義されている引数。 名前付き引数を使用すると、構文によって予期される指定された順序で各引数の値を提供する代わりに、任意の順序で値を割り当てることができます。 たとえば、次のような 3 つの引数を受け取るメソッドがあるものとします。

DoSomeThing namedarg1, namedarg2, namedarg3

名前付き引数に値を割り当てることで、次のようなステートメントを使用できます。

DoSomeThing namedarg3 := 4, namedarg2 := 5, namedarg1 := 20 

名前付き引数は構文での通常の位置順序で指定しなくてもよいことに注意してください。

Null

変数に有効なデータが含まれないことを示す値。 Null は、変数への Null の明示的な代入、または Null を含む式の間の演算の結果です。

数値データ型

任意の組み込み数値データ型 (バイト型 (Byte)、ブール型 (Boolean)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、通貨型 (Currency)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、日付型 (Date))。 「データ型の概要」をご覧ください。

数値式

数値として評価できるすべての式。 式の要素には、キーワード、変数、定数、および結果が数値になる演算子の任意の組み合わせを使用できます。

数値型

任意の組み込み数値データ型 (バイト型 (Byte)、ブール型 (Boolean)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、通貨型 (Currency)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、日付型 (Date)) または任意のバリアント型 (Variant) 数値サブタイプ (空 (Empty)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、通貨型 (Currency)、10 進型 (Decimal)、日付型 (Date)、エラー型 (Error)、ブール型 (Boolean)、バイト型 (Byte))。 「データ型の概要」をご覧ください。

オブジェクト

1 つの単位として扱うことができるコードとデータの組み合わせ。たとえば、コントロール、フォーム、アプリケーション コンポーネントなどです。 各オブジェクトはクラスで定義されています。

オブジェクト ボックス

フォームおよびフォーム内のコードが結び付けられているすべてのコントロールが一覧表示されるコード ウィンドウの左上隅にあるリスト ボックス、またはフォームとそのコントロールが一覧表示される [プロパティ] ウィンドウの上部にあるリスト ボックス。

オブジェクト ブラウザー

オブジェクト ライブラリの内容を調べて提供されるオブジェクトについての情報を取得できるダイアログ ボックス。

Object データ型

任意の Object 参照を表すデータ型。 Object 変数はオブジェクトを参照する 32 ビット (4 バイト) のアドレスとして格納されます。 「データ型の概要」をご覧ください。

オブジェクト式

特定のオブジェクトを指定し、オブジェクトの任意のコンテナーを含むことができる式。 たとえば、アプリケーションでは Text オブジェクトが含まれている Document オブジェクトを含む Application オブジェクトを使用できます。

オブジェクト ライブラリ

使用できるオブジェクトについての情報をオートメーション コントローラー (Visual Basic など) に提供する、拡張子が .olb のファイル。 Object Browser を使用してオブジェクト ライブラリの内容を調べ、提供されるオブジェクトについての情報を得ることができます。

オブジェクト モジュール

クラス モジュール、フォーム モジュール、ドキュメント モジュールなど、オブジェクトに固有のコードを含むモジュール。 オブジェクト モジュールには、関連付けられているオブジェクトの背後にあるコードが含まれます。 オブジェクト モジュールのルールは、標準モジュールのルールとは異なります。

オブジェクト型

オートメーションを通してアプリケーションによって公開されるオブジェクトの型。たとえば、ApplicationFileRangeSheet などがあります。 使用できるオブジェクトの詳細な一覧については、オブジェクト ブラウザー を使用するか、アプリケーションのドキュメントを参照してください。

オブジェクト変数

オブジェクトに対する参照を含む変数。

パラメーター

プロシージャに渡される引数をプロシージャ内で認識するために使用される変数名。 この変数は、プロシージャに渡される引数を受け取ります。 プロシージャが終了するとパラメーターのスコープも終了します。

パス

ディレクトリまたはフォルダーの場所を指定する文字列式。 場所にドライブ指定を含めることもできます。

pi

約 3.1415926535897932 である算術定数。

ポイント

1/72 インチ。 通常、フォント サイズはポイントで測定されます。

印字領域は 14 列ごとに開始します。 各列の幅は、選択されているフォントのすべての文字の幅の平均です (ポイント単位)。

プライベート

変数が宣言されているモジュールのみが認識できる変数。

プロシージャ

1 つの単位として実行されるステートメントの名前付きシーケンス。 たとえば、FunctionPropertySub はプロシージャの種類です。 プロシージャ名は常にモジュール レベルで定義されます。 すべての実行可能コードはプロシージャに含まれる必要があります。 プロシージャを他のプロシージャの入れ子にすることはできません。

[プロシージャ] ボックス

[コード] ウィンドウおよび [デバッグ] ウィンドウの右上隅にあるリスト ボックスで、[オブジェクト] ボックスに表示されているオブジェクトで認識されるプロシージャが表示されます。

プロシージャ呼び出し

Visual Basic にプロシージャの実行を指示するコード内のステートメント。

プロシージャ レベル

FunctionProperty、または Sub プロシージャ内にあるステートメントを記述します。 通常は、最初に宣言が列記され、その後に代入と他の実行可能なコードがあります。

モジュール レベルのコードはプロシージャ ブロックの外部にあることに注意してください。

プロジェクト

モジュールのセット。

プロジェクト ウィンドウ

フォーム、クラス、標準モジュールの一覧、リソース ファイル、およびプロジェクト内の参照が表示されるウィンドウ。 ファイル名拡張子が .ocx および .vbx のファイルは、プロジェクト ウィンドウには表示されません。

プロパティ ウィンドウ

デザイン時に選択したフォームまたはコントロールのプロパティを表示または変更するために使用されるウィンドウ。 一部のカスタム コントロールにはカスタマイズされた プロパティ ウィンドウがあります。

プロパティ

オブジェクトの名前付き属性。 プロパティでは、サイズ、色、画面位置などのオブジェクトの特性や、有効または無効などのオブジェクトの状態が定義されます。

Property プロシージャ

クラス モジュールのプロパティを作成および操作するプロシージャ。 Property プロシージャは、Property LetProperty Get、または Property Set ステートメントで開始し、End Property ステートメントで終了します。

パブリック

Public ステートメントを使用して宣言されている変数は、Option Private Module が有効である場合を除き、すべてのアプリケーションのすべてのモジュールのすべてのプロシージャで認識されます。 Option Private Module が指定されている場合は、変数はそれが存在するプロジェクト内でのみパブリックです。

参照されているプロジェクト

現在作業中のプロジェクトから直接リンクが作成されているプロジェクト。 現在のプロジェクトの直接参照されているプロジェクトの 1 つによって参照されているプロジェクトは、間接的に参照されたプロジェクトと呼ばれます。 間接的に参照されたプロジェクトの Public 変数には、そのプロジェクト名で修飾した場合を除き、現在のプロジェクトからはアクセスできません。 プロジェクト間の直接的および間接的な参照の任意の組み合わせは、完全なサイクル内に存在しているのでない限り有効です。

参照しているプロジェクト

現在のプロジェクト。 プロジェクトへのリンクを作成する方法は、ホスト アプリケーションよって異なります。 たとえば、Microsoft Excel のプロジェクトを直接参照するには、[ツール] メニューの [参照] ダイアログ ボックスでプロジェクトを選択します。 直接参照されているプロジェクトの Public 変数は直接参照しているプロジェクトから認識できますが、直接参照しているプロジェクトの Public 変数は直接参照されているプロジェクトからは認識できません。

レジストリ

Microsoft Windows Version 3.1 では、OLE 登録情報とファイルの関連付けは登録データベースに格納され、プログラムの設定は Windows システム初期化 (.ini) ファイルに格納されます。 Microsoft Windows 95 では、Windows レジストリが、ユーザー、アプリケーション、コンピューター固有の情報に関する集中的な構成データベースとして機能します。これには、Windows Version 3.1 の登録データベースと .ini ファイルの両方に格納されていた情報も含まれます。

リソース ファイル

ファイル名拡張子が .res である Visual Basic プロジェクトのファイル。ビットマップ、テキスト文字列、または他のデータを含むことができます。 このデータを異なるファイルに格納することで、コードを編集することなく情報を変更できます。 1 つのプロジェクトに関連付けることができるリソース ファイルは 1 つだけです。

実行時エラー

コードの実行中に発生するエラー。 ステートメントが無効な操作を試みると、実行時エラーになります。

実行時

コードが実行している期間。 実行中はコードを編集できません。

スコープ

変数、プロシージャ、またはオブジェクトの可視性を定義します。 たとえば、Public と宣言されている変数は、Option Private Module が有効でない限り、直接参照しているプロジェクトのすべてのモジュールのすべてのプロシージャで認識できます。 Option Private Module が有効になっているときは、モジュール自体はプライベートであり、したがって参照しているプロジェクトからは認識できません。 プロシージャで宣言されている変数はプロシージャ内でのみ認識され、Static と宣言されていない限り、異なる呼び出しの間で値が失われます。

シード

疑似乱数の生成に使用される初期値。 たとえば、Randomize ステートメントは、一意の疑似乱数シーケンスを作成するために Rnd 関数によって使用されるシード数を作成します。

単精度浮動小数点データ型

単精度浮動小数点変数を 32 ビット (4 バイト) の浮動小数点値として格納するデータ型。値の範囲は、負の値の場合は -3.402823E38 から -1.401298E-45、正の値の場合は 1.401298E-45 から 3.402823E38 です。 Visual Basic では、感嘆符 (!) 型宣言文字が Single を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

並べ替え順序

データの並べ替えに使用される順序付け規則。たとえば、アルファベット順、数値順、昇順、降順などです。

スタック

プロシージャ呼び出しの間にローカル変数および引数を保持するために Visual Basic によって使用される固定量のメモリです。

標準モジュール

プロシージャ、型、データの宣言と定義のみを含むモジュール。 標準モジュールでのモジュール レベルの宣言と定義は、既定では Public です。 標準モジュールは、以前のバージョンの Visual Basic ではコード モジュールと呼ばれていました。

ステートメント

1 種類の処理、宣言、または定義を表す、構文的に完全な単位。 通常では 1 行に 1 ステートメントですが、コロン (:) を使用することで 1 行に複数のステートメントを記述できます。 また、行連結文字 (_) を使用することにより、論理的な 1 行を物理的な複数行に継続できます。

文字列比較

2 つの文字シーケンスの比較。 バイナリ比較またはテキスト比較を指定するには、Option Compare を使用します。 English-U.S. では、バイナリ比較では大文字と小文字が区別されて、テキスト比較では区別されません。

文字列定数

数値としてではなく文字自体として解釈される連続する文字のシーケンスで構成される定数 (Const キーワードを使用して定義されます)。

文字列データ型

数値ではなく文字自体を表す連続する文字のシーケンスで構成されるデータ型。 String は、文字、数字、スペース、句読点を含むことができます。 String データ型は、固定長文字列の場合は 0 から約 63K 文字まで、動的文字列の場合は 0 から約 20 億文字まで格納できます。 Visual Basic では、ドル記号 ($) 型宣言文字が String を表します。 「データ型の概要」をご覧ください。

文字列式

連続する文字のシーケンスとして評価される式。 文字列式の要素としては、文字列を返す関数、文字列リテラル、文字列定数、文字列変数、文字列のバリアント型 (Variant)、または文字列のバリアント型 (Variant) (VarType 8) を返す関数を含むことができます。

文字列リテラル

引用符で囲まれた連続する文字のシーケンスで構成される式。引用符の内側がそのまま文字として解釈されます。

Sub プロシージャ

プログラム内の特定のタスクを実行するものの、明示的な値を返さないプロシージャ。 Sub プロシージャは、Sub ステートメントで開始し、End Sub ステートメントで終了します。

構文チェック

コードの構文が正しいことを確認する機能。 構文チェック機能が有効になっている場合は、構文エラーが含まれるコードを入力するとメッセージが表示され、疑わしいコードが強調表示されます。

構文エラー

Visual Basic が認識できないコード行を入力すると発生するエラー。

個別のキーワードの構文規則は、関連するヘルプ トピックの「構文」セクションで定義されています。 開発環境内でキーワードに関するヘルプを表示するには、キーワードを選択して F1 キーを押します。

タブ オーダー

Tab キーまたは Shift + Tab キーを押したときにフィールド間をフォーカスが移動する順序。

時間式

時間として解釈できる任意の式。 これには、時間リテラル、時間とみなすことができる数値、時間とみなすことができる文字列、関数から返される時間の任意の組み合わせが含まれます。

時間は実数の一部として格納されます。 小数点の右側の値が時間です。 たとえば、正午 (12:00 P.M.) は 0.5 で表されます。

twip

1/20 ポイントに相当する画面測定の単位。 twip は、画面アプリケーションの画面要素の配置と比率がすべてのディスプレイ システムで同じであることを保証するために使用される、画面に依存しない単位です。 論理的な 1 インチは約 1,440 twip、論理的な 1 センチメートルは 567 twip です (出力時に 1 インチまたは 1 センチメートルと測定される画面アイテムの長さ)。

型宣言文字

変数のデータ型を示すために変数名に付加される文字。 対応する Deftype ステートメントがモジュール内に存在しない場合、変数は既定で Variant 型になります。

タイプ ライブラリ

オートメーションで使用できるように公開されているオブジェクト、プロパティ、メソッドの標準的な記述を含む、ファイルまたは別のファイル内のコンポーネント。 タイプ ライブラリはオブジェクト ライブラリ ファイル (.olb) に含まれます。

Unicode

International Standards Organization (ISO) の文字規格。 Unicode は 16 ビット (2 バイト) のコード化方式を使用し、65,536 個の文字空間に対応します。 Unicode には、句読点、算術記号、装飾記号と、将来的な拡張のための十分な領域の表現が含まれます。

汎用日付形式

汎用日付形式は #yyyy-mm-dd hh:mm:ss# です。 ただし、日付コンポーネント ( #yyyy-mm-dd#) と時間コンポーネント ( #hh:mm:ss#) を分けて表わすことができます。

ユーザー定義型

Type ステートメントを使用して定義される任意のデータ型。 ユーザー定義型は、任意のデータ型の要素を 1 つ以上含むことができます。 ユーザー定義型と他のデータ型の配列は、 Dim ステートメントを使用して作成します。 ユーザー定義型には任意の型の配列を含めることができます。 「データ型の概要」をご覧ください。

変数

データを格納できる名前付きの保存場所。プログラムの実行中に変更できます。 各変数には、スコープ内で変数を一意に識別する名前があります。 データ型は、指定することも指定しないことも可能です。

変数名は、アルファベット文字で始まり、同じスコープ内で一意であり、255 文字以下である必要があり、埋め込まれたピリオドまたは型宣言文字を含むことはできません。

バリアント データ型

数値、文字列、日付の各データ、ユーザー定義型、および特殊な値 EmptyNull を格納できる特殊なデータ型です。 Variant データ型の数値記憶域のサイズは 16 バイトであり、Decimal の範囲までのデータを格納できます。または、文字記憶域のサイズは 22 バイト (それに加えて文字列の長さ) であり、任意の文字テキストを格納できます。 Variant 内のデータの処理方法を定義するには、VarType 関数を使用します。 他のデータ型として明示的に宣言されていない変数はすべて、Variant データ型になります。 「データ型の概要」をご覧ください。

バリアント型の式

数値、文字列、日付の各データ、および特殊な値 Empty または Null として評価できる任意の式。

ウォッチ式

変数または式の動作を観察できるユーザー定義の式。 ウォッチ式は Visual Basic エディターのウォッチ ウィンドウに表示され、ブレーク モードに入ると自動的に更新されます。 ウォッチ ウィンドウには、特定のコンテキスト内での式の値が表示されます。 ウォッチ式はコードと共には保存されません。

Z オーダー

フォーム上のコントロールの、フォームの Z 軸 (深さ) に沿った視覚的な階層構造。 Z オーダーによって、コントロールの前後の順序が決まります。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。