DateValue 関数

Variant (Date) を返します。

構文

DateValue(date)

必須の date 引数は、通常、100 年 1 月 1 日から 9999 年 12 月 31 日までの日付を表す 文字列式です。 また、date には、この範囲内の日付や時刻、または日付と時刻の両方を表す任意の を指定することもできます。

解説

date が有効な 日付の区切り記号で区切られた数字のみを含む文字列である場合、DateValue は、ユーザーがシステムに対して指定した短い日付形式に従って月、日、年の順序を認識します。 また、DateValue は、月の名前 (長い形式または省略形) を含んだ明確な日付も認識します。 たとえば、DateValue は、"12/30/1991" と "12/30/91" だけでなく "December 30, 1991" と "Dec 30, 1991" も認識します。

date の年の部分を省略した場合、DateValue はコンピューターのシステム日付の現在の年を使用します。

date 引数に時刻の情報が含まれている場合、DateValue はその時刻を返しません。 ただし、date に無効な時刻の情報 ("89:98" など) が含まれているとエラーが発生します。

注意

Calendar プロパティの設定がグレゴリオ暦の場合、date にはグレゴリオ暦の日付を指定する必要があります。 カレンダーがイスラム暦である場合、指定する日付もイスラム暦である必要があります。 イスラム暦の日付を指定する場合、引数 date は、"1/1/100" (グレゴリオ暦の 718 年 8 月 2 日) から "4/3/9666" (グレゴリオ暦の 9999 年 12 月 31 日) の範囲内の日付を表す String です。

次の例では、DateValue 関数を使用して文字列を日付に変換します。 "MyDate = #2/12/69#" のように、日付リテラルを使用して Variant 変数または Date 変数に日付を直接割り当てることもできます。

Dim MyDate
MyDate = DateValue("February 12, 1969")    ' Return a date.


関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。