FormatCurrency 関数

システムのコントロール パネルで定義された通貨記号を使用して、通貨値として書式設定された式を返します。

構文

FormatCurrency(Expression, [ NumDigitsAfterDecimal, [ IncludeLeadingDigit, [ UseParensForNegativeNumbers, [ GroupDigits ]]]])

FormatCurrency 関数の構文には、次の指定項目があります。

パーツ 説明
Expression 必須。 書式設定する式です。
NumDigitsAfterDecimal 省略可能。 表示する小数点以下の桁数を示す数値です。 既定値は -1 です。これは、コンピューターの地域の設定が使用されることを示します。
IncludeLeadingDigit 省略可能。 小数値に先頭のゼロを表示するかどうかを示す Tristate 定数です。 値については、「設定」セクションを参照してください。
UseParensForNegativeNumbers 省略可能。 負の値をかっこで囲むかどうかを示す Tristate 定数です。 値については、「設定」セクションを参照してください。
GroupDigits 省略可能。 コンピューターの地域の設定で指定されている桁区切り記号を使用して数値を区切るかどうかを示す Tristate 定数です。 値については、「設定」セクションを参照してください。

設定

IncludeLeadingDigitUseParensForNegativeNumbers、および GroupDigits 引数の設定は次のとおりです。

定数 説明
vbTrue -1 True
vbFalse 0 False
vbUseDefault -2 コンピューターの地域の設定を使用します。

解説

省略可能な引数を省略した場合は、コンピューターの地域の設定の値が使用されます。 通貨値に対する通貨記号の位置は、システムの地域の設定によって決まります。

注意

先頭のゼロを除き、設定情報はすべて、[地域の設定] の [通貨] タブの情報に基づいています。先頭のゼロは、[数値] タブの情報に基づきます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。