IsError 関数IsError function

がエラー値かどうかを示すブール型 (Boolean) の値を返します。Returns a Boolean value indicating whether an expression is an error value.

構文Syntax

IsError()IsError(expression)

必須の_expression_ 引数には、任意の有効な式を使用できます。The required expression argument can be any valid expression.

注釈Remarks

エラー値は、 CVErr 関数を使用して実数の数値をエラー値に変換することによって作成されます。Error values are created by converting real numbers to error values by using the CVErr function. IsError関数は、数式がエラーを表しているかどうかを判断するために使用されます。The IsError function is used to determine if a numeric expression represents an error. IsErrorは、_式_の引数がエラーを示す場合にTrueを返します。それ以外の場合は、 Falseを返します。IsError returns True if the expression argument indicates an error; otherwise, it returns False.

Example

この例では、IsError 関数を使用して、数値式がエラー値であるかどうかを確認します。This example uses the IsError function to check if a numeric expression is an error value. CVErr 関数を使用して、ユーザー定義関数からエラー バリアントを返します。The CVErr function is used to return an Error Variant from a user-defined function. エラー値UserFunctionを返すユーザー定義関数プロシージャであると仮定します。たとえば、ステートメントUserFunction = CVErr(32767)によって代入される戻り値は、32767はユーザー定義の数値です。Assume that UserFunction is a user-defined function procedure that returns an error value; for example, a return value assigned with the statement UserFunction = CVErr(32767), where 32767 is a user-defined number.

Dim ReturnVal, MyCheck
ReturnVal = UserFunction()
MyCheck = IsError(ReturnVal)    ' Returns True.

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.