LTrim、RTrim、および Trim 関数

指定した文字列の先頭のスペースを除いたコピー (LTrim)、末尾のスペースを除いたコピー (RTrim)、または先頭と末尾の両方のスペースを除いたコピー (Trim) を格納する Variant (String) を返します。

構文

LTrim(string)
RTrim(string)
Trim(string)

必須の string 引数は、任意の有効な 文字列式です。 stringNull が含まれている場合は Null が返されます。

この例では、文字列変数の先頭のスペースを LTrim 関数を使用して削除し、末尾のスペースを RTrim 関数を使用して削除します。 また、Trim 関数を使用して両方のスペースを削除します。

Dim MyString, TrimString
MyString = "  <-Trim->  "    ' Initialize string.
TrimString = LTrim(MyString)    ' TrimString = "<-Trim->  ".
TrimString = RTrim(MyString)    ' TrimString = "  <-Trim->".
TrimString = LTrim(RTrim(MyString))    ' TrimString = "<-Trim->".
' Using the Trim function alone achieves the same result.
TrimString = Trim(MyString)    ' TrimString = "<-Trim->".


関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。