その他の定数

以下の定数は、Visual Basic for Applications のタイプ ライブラリで定義されており、コードの任意の場所で実際の値の代わりに使用できます。


定数 説明
vbCrLf Chr(13) + Chr(10) キャリッジ リターンとライン フィードの組み合わせ
vbCr Chr(13) キャリッジ リターン文字
vbLf Chr(10) ライン フィード文字
vbNewLine Chr(13) + Chr(10)。Macintosh の場合は、Chr(13) プラットフォーム固有の改行文字。現在のプラットフォームに対応する文字が使用されます。
vbNullChar Chr(0) 値 0 を持つ文字
vbNullString 値が 0 の文字列 長さ 0 の文字列 ("") とは異なります。外部プロシージャの呼び出しに使用されます。
vbObjectError -2147221504 ユーザー定義のエラー番号は、この値より大きい値である必要があります。 次に例を示します。

Err.Raise Number = vbObjectError + 1000
vbTab Chr(9) タブ文字
vbBack Chr(8) バックスペース文字
vbFormFeed Chr(12) Microsoft Windows または Macintosh では役に立たない
vbVerticalTab Chr(11) Microsoft Windows または Macintosh では役に立たない

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。