Option Base ステートメント

モジュール レベルで使用して、配列の添字の既定の下限を宣言します。

構文

Option Base { 0 | 1 }

解説

既定のベースは 0 であるため、Option Base ステートメントが必要になることはありません。 このステートメントを使用する場合は、モジュール内のどのプロシージャよりも前に配置する必要があります。 Option Base は、モジュール内で 1 回のみ使用できます。また、次元を含む配列 宣言の前に配置する必要があります。

注意

DimPrivatePublicReDim、および Static の各ステートメント内で To 句を使用すると、より柔軟に配列の添字の範囲を制御できます。 ただし、To 句で明示的に下限を設定しない場合は、既定の下限を 1 に変更するために Option Base を使用できます。 ParamArray キーワードを使用して作成した配列のベースは 0 になります。Option BaseParamArray (または、VBA.Array のようにタイプ ライブラリの名前で修飾されているときの Array 関数) には影響しません。

Option Base ステートメントは、このステートメントが配置されたモジュール内にある配列の下限にのみ反映されます。

この例では、Option Base ステートメントを使用して、配列の添字の既定のベース値 0 を上書きします。 LBound 関数は、配列の指定された次元で使用できる最小の添字を返します。 Option Base ステートメントは、モジュール レベルでのみ使用します。

Option Base 1 ' Set default array subscripts to 1. 
 
Dim Lower 
Dim MyArray(20), TwoDArray(3, 4) ' Declare array variables. 
Dim ZeroArray(0 To 5) ' Override default base subscript. 
' Use LBound function to test lower bounds of arrays. 
Lower = LBound(MyArray) ' Returns 1. 
Lower = LBound(TwoDArray, 2) ' Returns 1. 
Lower = LBound(ZeroArray) ' Returns 0. 

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。