Print メソッドPrint method

[イミディエイト] ウィンドウにテキストを印刷します。Prints text in the Immediate window.

構文Syntax

オブジェクト印刷[ outputlist ]object.Print [ outputlist ]


Print メソッド構文には、次のオブジェクト修飾子と指定項目があります。The Print method syntax has the following object qualifier and part:

パーツPart 説明Description
objectobject 省略可能。Optional. 適用対象」の一覧のオブジェクトとして評価されるオブジェクト式です。An object expression that evaluates to an object in the Applies To list.
outputlistoutputlist 省略可能。Optional. 出力するまたは式の一覧です。Expression or list of expressions to print. 省略すると、空白行が出力されます。If omitted, a blank line is printed.

Outputlist 引数の構文と指定項目は次のとおりです。The outputlist argument has the following syntax and parts:

{Spc(n) |Tab(n)} expression charpos{Spc(n) | Tab(n)} expression charpos


パーツPart 説明Description
Spc(n)Spc(n) 省略可能。Optional. 出力に空白文字を挿入するときに使用します。n は挿入する空白文字の数です。Used to insert space characters in the output, where n is the number of space characters to insert.
Tab(n)Tab(n) 省略可能。Optional. 絶対列番号 ( _n_は列番号) に挿入ポイントを配置するために使用します。Used to position the insertion point at an absolute column number where n is the column number. 引数の指定なしで Tab を使用すると、挿入ポイントは次の印字領域の先頭に配置されます。Use Tab with no argument to position the insertion point at the beginning of the next print zone.
expressionexpression 省略可能。Optional. 出力する数式または文字列式です。Numeric expression or string expression to print.
charposcharpos オプション。Optional. 次の文字の挿入ポイントを指定します。Specifies the insertion point for the next character. 表示されている最後の文字の直後に挿入ポイントを配置するには、セミコロン (;) を使用します。Use a semicolon (;) to position the insertion point immediately following the last character displayed. 絶対列番号に挿入ポイントを配置するには、 Tab(n) を使用します。Use Tab(n) to position the insertion point at an absolute column number. 引数の指定なしで Tab を使用すると、挿入ポイントは次の印字領域の先頭に配置されます。Use Tab with no argument to position the insertion point at the beginning of the next print zone. charpos を省略すると、次の文字が次の行に表示されます。If charpos is omitted, the next character is printed on the next line.

解説Remarks

複数の式がある場合は、スペースまたはセミコロンで区切ることができます。Multiple expressions can be separated with either a space or a semicolon.

[イミディエイト] ウィンドウに出力されるデータはすべて、システムに対して指定されたロケール設定の小数点の記号を使用して正しく書式設定されます。All data printed to the Immediate window is properly formatted by using the decimal separator for the locale settings specified for your system. また、キーワードは、ホスト アプリケーションの適切な言語で出力されます。The keywords are output in the appropriate language for the host application.

Boolean データについては、True または False が出力されます。For Boolean data, either True or False is printed. True および False キーワードは、ホスト アプリケーションのロケール設定に従って翻訳されます。The True and False keywords are translated according to the locale setting for the host application.

日付データは、システムによって認識される標準の短い日付形式を使用して書き込まれます。Date data is written by using the standard short date format recognized by your system. 日付または時間コンポーネントが見つからないかゼロの場合は、指定したデータのみが書き込まれます。When either the date or the time component is missing or zero, only the data provided is written.

outputlist データがの場合は何も書き込まれません。Nothing is written if outputlist data is Empty. ただし、 _outputlist_データがNullの場合Nullは、output が出力されます。However, if outputlist data is Null, Null is output. Null キーワードは、出力時に適切に翻訳されます。The Null keyword is appropriately translated when it is output.

エラーデータの場合、出力はとしError errorcodeて書き込まれます。For error data, the output is written as Error errorcode. Error キーワードは、出力時に適切に翻訳されます。The Error keyword is appropriately translated when it is output.

object は、既定の表示領域を持つモジュール外でメソッドが使用されている場合は必須です。The object is required if the method is used outside a module having a default display space. たとえば、_オブジェクト_を指定せずに、標準モジュール内でメソッドが呼び出された場合にエラーが発生しますが、フォームモジュールで呼び出された場合は、 _outputlist_がフォームに表示されます。For example, an error occurs if the method is called in a standard module without specifying an object, but if called in a form module, outputlist is displayed on the form.

注意

Print メソッドは、通常、プロポーショナル文字で表示するので、文字数とそれらの表示に必要な固定幅列の数の間に相関関係はありません。Because the Print method typically prints with proportionally-spaced characters, there is no correlation between the number of characters printed and the number of fixed-width columns those characters occupy. たとえば、幅の広い "W" などの文字は、1 列の固定幅列よりも広く表示されますが、幅の狭い "i" などの文字は 1 列よりも狭く表示されます。For example, a wide letter, such as a "W", occupies more than one fixed-width column, and a narrow letter, such as an "i", occupies less. 文字幅が平均よりも広い文字を使用できるようにするには、十分な余裕を持って表の列を配置する必要があります。To allow for cases where wider than average characters are used, your tabular columns must be positioned far enough apart. または、固定ピッチフォント (Courier など) を使用して印刷し、各文字が1つの列のみを使用するようにすることもできます。Alternatively, you can print by using a fixed-pitch font (such as Courier) to ensure that each character uses only one column.

Example

次の使用例は、 Printメソッドを使用して、 MyVar変数の値を [イミディエイト] ウィンドウに表示します。Using the Print method, this example displays the value of the variable MyVar in the Immediate window. Print メソッドは、テキストを表示できるオブジェクトにのみ適用されることに注意してください。Note that the Print method only applies to objects that can display text.

Dim MyVar
MyVar = "Come see me in the Immediate pane."
Debug.Print MyVar

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.