Replace 関数

開始位置 (既定値は 1) で始まる文字列式の部分文字列を返し、指定した部分文字列を指定した回数別の部分文字列に置き換えた値を返します。

構文

Replace(expression, find, replace, [ start, [ count, [ compare ]]])


Replace 関数の構文には、次の 名前付き引数があります。

指定項目 説明
expression 必須。 置換処理を行うサブ文字列が格納されている 文字列式
find 必須。 検索するサブ文字列。
replace 必須。 置換後の文字列。
start 省略可能。 検索および返される式の部分文字列の開始位置。 省略した場合は、1 が使用されます。
count 省略可能。 実行するサブ文字列置換の回数。 省略した場合、既定値は -1 です。つまり、可能なすべての置換を行います。
compare 省略可能。 サブ文字列を評価するときに使用する比較の種類を示す数値です。 値については、「設定」セクションを参照してください。

設定

compare 引数には、次の値を指定できます。

定数 説明
vbUseCompareOption -1 Option Compare ステートメントの設定を使用して比較を実行します。
vbBinaryCompare 0 バイナリ比較を実行します。
vbTextCompare 1 テキスト比較を実行します。
vbDatabaseCompare 2 Microsoft Access のみ。 データベース内の情報に基づいて比較を実行します。

戻り値

Replace では次の値が返されます。

条件 Replace の戻り値
expression の長さがゼロである 長さがゼロの文字列 ("")。
expressionNull である エラー。
find の長さがゼロである 式の コピー
replace の長さがゼロである 検索のすべての 出現回数 が削除された式 コピー。
start > Len() 長さがゼロの文字列。 文字列の置換は、開始で示される位置から始 まります
count が 0 である 式の コピー

注釈

Replace 関数の戻り値は、置換が行われた文字列で、開始で指定された位置から始まり、式文字列の最後に 終了 します。 元の文字列の先頭から最後までのコピーではありません。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。