StrConv 関数StrConv function

指定されたとおりに変換した Variant (String) を返します。Returns a Variant (String) converted as specified.

構文Syntax

StrConv(stringconversion、[ LCID ])StrConv(string, conversion, [ LCID ])


StrConv 関数の構文には、次の名前付き引数があります。The StrConv function syntax has these named arguments:

指定項目Part 説明Description
stringstring 必ず指定します。Required. 変換する 文字列式です。String expression to be converted.
conversionconversion 必須。Required. IntegerInteger. 実行する変換の種類を指定する値の合計値です。The sum of values specifying the type of conversion to perform.
LCIDLCID 省略可能。Optional. localeid (システム localeid と異なる場合)。The LocaleID, if different than the system LocaleID. (システムロケールは既定値です)。(The system LocaleID is the default.)

設定Settings

引数_conversion_ の設定値は次のとおりです。The conversion argument settings are:

定数Constant Value 説明Description
vbUpperCasevbUpperCase 11 文字列を大文字に変換します。Converts the string to uppercase characters.
vbLowerCasevbLowerCase 22 文字列を小文字に変換します。Converts the string to lowercase characters.
vbProperCasevbProperCase 1/33 文字列内のすべての単語の最初の文字を大文字に変換します。Converts the first letter of every word in a string to uppercase.
vbwide*vbWide* 4*4* 文字列の半角 (1 バイト) 文字を全角 (2 バイト) 文字に変換します。Converts narrow (single-byte) characters in a string to wide (double-byte) characters.
vbnarrow*vbNarrow* 8*8* 文字列の全角 (2 バイト) 文字を半角 (1 バイト) 文字に変換します。Converts wide (double-byte) characters in a string to narrow (single-byte) characters.
* * vbkatakana * * * * ***vbKatakana**** 16**16** 文字列に含まれるひらがなの文字をカタカナに変換します。Converts Hiragana characters in a string to Katakana characters.
* * vbhiragana * * * * ***vbHiragana**** 32**32** 文字列のカタカナ文字をひらがなに変換します。Converts Katakana characters in a string to Hiragana characters.
vbUnicodevbUnicode 6464 システムの既定のコードページを使用して、文字列をUnicodeに変換します。Converts the string to Unicode using the default code page of the system. (Macintosh では使用できません。)(Not available on the Macintosh.)
vbFromUnicodevbFromUnicode 128128 文字列を Unicode からシステムの既定のコードページに変換します。Converts the string from Unicode to the default code page of the system. (Macintosh では使用できません。)(Not available on the Macintosh.)

東アジア ロケールに適用されます。*Applies to East Asia locales. ** 日本のみに適用されます。**Applies to Japan only.

注意

これらの定数は、Visual Basic for Applications によって指定されます。These constants are specified by Visual Basic for Applications. そのため、コードの任意の場所で実際の値の代わりに使用できます。As a result, they may be used anywhere in your code in place of the actual values. ほとんどの定数は組み合わせて使用できますが ( vbUpperCase + vbWide など)、互いに排他的な定数もあります ( vbUnicode + vbFromUnicode など)。Most can be combined, for example, vbUpperCase + vbWide, except when they are mutually exclusive, for example, vbUnicode + vbFromUnicode. vbWidevbNarrowvbKatakana 、および vbHiragana の各定数は、適用外の ロケールで使用すると 実行時エラーを引き起こします。The constants vbWide, vbNarrow, vbKatakana, and vbHiragana cause run-time errors when used in locales where they do not apply.

適切な大文字と小文字を区別するための有効な単語区切り文字は次のとおりです。 Null (chr $(0))****、水平タブ (chr$ (9))****、改行 (chr $ (11))、**** フォームフィード (chr $ (12))、キャリッジリターン (chr $****(13))、space (SBCS) (Chr $(32))。The following are valid word separators for proper casing: Null (Chr$(0)), horizontal tab (Chr$(9)), linefeed (Chr$(10)), vertical tab (Chr$(11)), form feed (Chr$(12)), carriage return (Chr$(13)), space (SBCS) (Chr$(32)). DBCS のスペースの実際の値は国/地域によって異なります。The actual value for a space varies by country/region for DBCS.

備考Remarks

ANSI 形式の Byte 配列を文字列に変換する場合は StrConv 関数を使用します。When converting from a Byte array in ANSI format to a string, use the StrConv function. このような配列から Unicode 形式に変換する場合は、代入ステートメントを使用します。When converting from such an array in Unicode format, use an assignment statement.

Example

この例では、StrConv 関数を使用して Unicode 文字列を ANSI 文字列に変換します。This example uses the StrConv function to convert a Unicode string to an ANSI string.

Dim i As Long
Dim x() As Byte
x = StrConv("ABCDEFG", vbFromUnicode)    ' Convert string.
For i = 0 To UBound(x)
    Debug.Print x(i)
Next

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.