TimeValue 関数

時刻が含まれる バリアント (Variant) 型 (日付 (Date) 型) の値を返します。

構文

TimeValue(time)

必須の time引数は、通常、0:00:00 (12:00:00 A.M.) から 23:59:59 (11:59:59 P.M.) の時間を表す文字列式です。 ただし、time には、その範囲の時刻を表す任意の を指定することもできます。 timeNull が含まれている場合は、Null が返されます。

注釈

有効な時刻は、12 時間または 24 時間のクロックを使用して入力できます。 たとえば、両方 "2:24PM" とも "14:24" 有効な 時間 引数です。

time 引数に日付情報が含まれていても、TimeValue では返されません。 ただし、time に無効な日付情報が含まれている場合は、エラーが発生します。

この例では、TimeValue 関数を使用して、文字列を時刻に変換します。 日付リテラルを使用して、バリアント型 (Variant) または日付型 (Date) の変数に時刻を直接代入することもできます (たとえば、MyTime = #4:35:17 PM#)。

Dim MyTime
MyTime = TimeValue("4:35:17 PM")    ' Return a time.

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。