ツールボックス

ツールボックス

標準の Visual Basic コントロールと、プロジェクトに追加した ActiveX コントロールおよび挿入可能なオブジェクトが表示されます。

[ツールボックス] は、ページを追加するか、[ツール] メニューの [コントロールの追加] コマンドを使用してコントロールを追加することでカスタマイズできます。 ページを追加すると、そのページでは [オブジェクトの選択] ツールが常に使用できるようになります。

ボタン アイコン 説明
オブジェクトの選択 標準のツールボックス コントロール [オブジェクトの選択] は、[ツールボックス] のアイテムのうちコントロールを描画しない唯一のものです。 これを選択すると、フォームに既に描画されているコントロールのサイズ変更と移動のみが可能になります。
Label ラベル ユーザーが変更できないテキストを付けることができます (グラフィックスの下側のキャプションなど)。
TextBox テキスト ボックス ユーザーが入力または変更できるテキストを保持します。
ComboBox コンボ ボックス リスト ボックスとテキスト ボックスの組み合わせを描画できます。 ユーザーは、リストから項目を選択することも、テキスト ボックスに値を入力することもできます。
ListBox リスト ボックス ユーザーが選択可能な項目のリストを表示するために使用します。 同時に表示可能な数よりも多くの項目を保持するリストはスクロールできます。
CheckBox チェック ボックス ユーザーが条件に当てはまるかどうかを簡単に選択したり、表示された複数の選択肢から 1 つ以上を選択したりできるボックスを作成します。
OptionButton オプション ボタン 複数の選択肢を表示できます。ユーザーは、この選択肢の 1 つのみを選択できます。
ToggleButton トグル ボタン オン/オフを切り替えるボタンを作成できます。
Frame フレーム コントロールのグラフィカルなグループまたは機能的なグループを作成できます。 コントロールをグループ化するには、最初にフレームを描画してから、そのフレームの内側にコントロールを描画します。
CommandButton コマンド ボタン コマンドを実行するためにユーザーが選択できるボタンを作成します。
TabStrip タブ ストリップ アプリケーションのウィンドウまたはダイアログ ボックスの同一領域に複数のページを定義できます。
MultiPage 複数ページ 複数の情報の画面を 1 つのセットとして表します。
ScrollBar スクロール バー 項目の長いリストまたは大量の情報を簡単に参照したり、スケール上の現在の位置を示したり、速度や数量の入力デバイスまたはインジケーターとして使用したりできるグラフィカル ツールを提供します。
SpinButton スピン ボタン 数値を増減するために別のコントロールと併用可能なスピン ボックス コントロールです。 また、値の範囲や項目のリストを前後にスクロールするために使用することもできます。
Image 画像 ビットマップアイコン、またはメタファイルによるグラフィック画像をフォームに表示します。 Image コントロールに表示された画像は、装飾としてのみ使用可能で、PictureBox よりもリソースの使用が少なくなります。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。