TypeName 関数

変数に関する情報を提供する文字列型 (String) の値を返します。

構文

TypeName(varname)

必要な varname 引数、ユーザー定義型の変数を除く変数を含む バリアント型 (Variant) です

注釈

TypeName によって返される文字列は以下のいずれかです。

返される文字列 変数
object type objecttype 型のオブジェクト
Byte バイト値
Integer Integer
Long 長整数
Single 単精度浮動小数点数
Double 倍精度浮動小数点数
Currency 通貨値
Decimal 10 進値
Date 日付値
String String
Boolean ブール値
Error エラー値
Empty 初期化されていません
Null 有効な値がありません
Object オブジェクト
Unknown 不明な型のオブジェクト
Nothing オブジェクトを参照しないオブジェクト変数

varname配列の場合は、返すことができる文字列 (またはバリアント型 (Variant) の値) に空のかっこを付けた文字列が返されます。 たとえば 、varname が整数 の配列である場合 、TypeName は " を返します "Integer()

次の例では、TypeName 関数を使用して変数に関する情報を返します。

' Declare variables.
Dim NullVar, MyType, StrVar As String, IntVar As Integer, CurVar As Currency
Dim ArrayVar (1 To 5) As Integer
NullVar = Null    ' Assign Null value.
MyType = TypeName(StrVar)    ' Returns "String".
MyType = TypeName(IntVar)    ' Returns "Integer".
MyType = TypeName(CurVar)    ' Returns "Currency".
MyType = TypeName(NullVar)    ' Returns "Null".
MyType = TypeName(ArrayVar)    ' Returns "Integer()".

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。