ドキュメント検査を使用するUsing the Document Inspector

ドキュメント検査により、ユーザーは、ドキュメント内に、個人情報、あるいは機密保持を要する情報、テキスト語句、およびその他のドキュメント コンテンツがないかを簡単に確認できます。The Document Inspector gives users an easy way to examine documents for personal or sensitive information, text phrases, and other document contents. たとえば、ドキュメント検査を使用して、ドキュメントを配布する前に、不要な情報を削除できます。They can use the Document Inspector to remove unwanted information; for example, before distributing a document.

注意

Microsoft では、署名済み、保護されたドキュメント、または Information Rights Management (IRM) を使用するドキュメントで、非表示情報の自動的な削除はサポートしません。Microsoft does not support the automatic removal of hidden information for signed or protected documents, or for documents that use Information Rights Management (IRM). ドキュメントに署名する前に、またはドキュメントで IRM を使用する前に、ドキュメント検査を実行することを推奨します。We recommend that you run the Document Inspector before you sign a document or invoke IRM on a document.

開発者は、ドキュメント検査のフレームワークを使用して組み込み型のモジュールを拡張し、その拡張機能を標準的なユーザー インターフェイスに統合することができます。As a developer, you can use the Document Inspector framework to extend the built-in modules and integrate your extensions into the standard user interface.

Word、Excel、および PowerPoint のドキュメント検査には、次の機能強化が含まれています。The Document Inspector in Word, Excel, and PowerPoint includes the following enhancements.

組み込みのドキュメント検査モジュールBuilt-in Document Inspector modules

ドキュメント検査には、特定のドキュメントの特定の要素をユーザーが検査して修正するのに役立つモジュールがあります。The Document Inspector has modules that help users inspect and fix specific elements of a given document. ドキュメント検査には、次の組み込みモジュールが含まれています。The Document Inspector includes the following built-in modules.

すべての Office ドキュメントの場合For all Office documents

  • 埋め込まれたドキュメントEmbedded documents
  • OLE オブジェクトとパッケージOLE objects and packages
  • データモデルData models
  • コンテンツ アプリContent apps
  • 作業ウィンドウアプリTask Pane apps
  • マクロと VBA モジュールMacros and VBA modules
  • 従来のマクロ (XLM および WordBasic)Legacy macros (XLM and WordBasic)

Excel ドキュメントの場合For Excel documents

  • ピボットテーブルとスライサーPivotTables and slicers
  • ピボットグラフPivotCharts
  • キューブの数式Cube formulas
  • タイムライン (キャッシュ)Timelines (cache)
  • カスタム XML データCustom XML data
  • コメントと注釈Comments and annotations
  • ドキュメントのプロパティと個人情報Document properties and personal information
  • ヘッダーとフッターHeaders and footers
  • 非表示の行と列Hidden rows and columns
  • 非表示のワークシートと名前Hidden worksheets and names
  • 非表示のコンテンツInvisible content
  • 外部リンクとデータ関数External links and data functions
  • Excel のアンケートExcel surveys
  • カスタムワークシートプロパティCustom worksheet properties

PowerPoint ドキュメントの場合For PowerPoint documents

  • コメントと注釈Comments and annotations
  • ドキュメントのプロパティと個人情報Document properties and personal information
  • スライド上の非表示のコンテンツInvisible on-slide content
  • スライド外のコンテンツOff-slide content
  • プレゼンテーションノートPresentation notes

Word 文書の場合For Word documents

  • コメント、変更履歴、バージョン、および注釈Comments, revisions, versions, and annotations
  • ドキュメントのプロパティと個人情報。これには、メタデータ、SharePoint プロパティ、カスタムプロパティ、およびその他のコンテンツ情報が含まれます。Document properties and personal information; this includes metadata, SharePoint properties, custom properties, and other content information
  • カスタム XML データCustom XML data
  • ヘッダー、フッター、およびウォーターマークHeaders, footers, and watermarks
  • 非表示のコンテンツInvisible content
  • 非表示のテキストHidden text

ドキュメント検査を開くOpening the Document Inspector

ドキュメント検査を開くには、以下の操作をします。To open the Document Inspector:

  1. [ファイル] タブを選択して、[情報] を選択します。Choose the File tab, and then choose Info.

  2. [問題のチェック] を選択します。Choose Check for Issues.

  3. [ドキュメント検査] を選択します。Choose Inspect Document.

ドキュメントで検索するデータの種類を選択するには、[ドキュメント検査] ダイアログボックスを使用します。Use the Document Inspector dialog box to select the type or types of data to find in the document.

モジュールが検査を完了した後、ドキュメント検査は各モジュールの結果をダイアログボックスに表示します。After the modules complete the inspection, the Document Inspector displays the results for each module in a dialog box. 特定のモジュールがデータを検索すると、ダイアログボックスに [すべて削除] ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、そのデータを削除できます。If a given module finds data, the dialog box includes a Remove All button that you can click to remove that data. モジュールがデータを見つけられない場合は、ダイアログボックスにその結果に対するメッセージが表示されます。If the module does not find data, the dialog box displays a message to that effect.

特定のモジュールのデータを選択して削除する場合、ダイアログ ボックスで、その処理が正常に完了したかどうかを示す説明テキストが表示されます。If you choose to remove the data for a given module, the dialog box displays descriptive text that indicates whether the operation was successful or not. ドキュメント検査での処理中にエラーが発生した場合、そのモジュールにはフラグが付けられて、エラー メッセージが表示され、そのモジュールのデータは変更されません。If the Document Inspector encounters errors during the operation, the module is flagged, displays an error message, and the data for that module does not change.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.