ドキュメント検査を使用する

ドキュメント検査 により、ユーザーは、ドキュメント内に、個人情報、あるいは機密保持を要する情報、テキスト語句、およびその他のドキュメント コンテンツがないかを簡単に確認できます。 たとえば、ドキュメントを配布する前に、ドキュメント インスペクタを使用して 不要な情報 を削除できます。

注意

Microsoft では、署名済み、保護されたドキュメント、または Information Rights Management (IRM) を使用するドキュメントで、非表示情報の自動的な削除はサポートしません。 ドキュメントに署名する前に、またはドキュメントで IRM を使用する前に、ドキュメント検査 を実行することを推奨します。

開発者は、ドキュメント検査のフレームワークを使用して組み込み型のモジュールを拡張し、その拡張機能を標準的なユーザー インターフェイスに統合することができます。

Word 、Excel、およびPowerPointのドキュメント インスペクターには、次の機能強化が含まれています。

組み込みのドキュメント インスペクタ モジュール

ドキュメント インスペクターには 、ユーザーが特定のドキュメントの特定の要素を検査して修正するのに役立つモジュールがあります。 Document Inspector には、 次の組み込みモジュールが含まれています。

すべてのドキュメントOffice

  • 埋め込みドキュメント
  • OLE オブジェクトとパッケージ
  • データ モデル
  • コンテンツ アプリ
  • 作業ウィンドウ アプリ
  • マクロと VBA モジュール
  • 従来のマクロ (XLM および WordBasic)

ドキュメントExcel

  • ピボットテーブルとスライサー
  • PivotCharts
  • キューブの数式
  • タイムライン (キャッシュ)
  • カスタム XML データ
  • コメントと注釈
  • ドキュメントのプロパティと個人情報
  • ヘッダーとフッター
  • 非表示の行と列
  • 非表示のワークシートと名前
  • 非表示のコンテンツ
  • 外部リンクとデータ関数
  • Excelアンケート
  • ユーザー設定のワークシートのプロパティ

ドキュメントPowerPoint

  • コメントと注釈
  • ドキュメントのプロパティと個人情報
  • 非表示のスライド上のコンテンツ
  • スライド外のコンテンツ
  • プレゼンテーションノート

Word ドキュメントの場合

  • コメント、リビジョン、バージョン、注釈
  • ドキュメントのプロパティと個人情報。これには、メタデータ、SharePoint、カスタム プロパティ、その他のコンテンツ情報が含まれます。
  • カスタム XML データ
  • ヘッダー、フッター、透かし
  • 非表示のコンテンツ
  • 非表示のテキスト

ドキュメント インスペクターを開く

ドキュメント検査 を開くには、以下の操作をします。

  1. [ファイル] タブを選択 し、[情報] を 選択します

  2. [問題 の確認] を選択します

  3. [ドキュメント の検査] を選択します

[ドキュメント インスペクタ ー] ダイアログ ボックスを使用して、ドキュメント内で検索するデータの種類または種類を選択します。

モジュールが検査を完了すると、ドキュメント インスペクタ ーは 各モジュールの結果をダイアログ ボックスに表示します。 特定のモジュールがデータを見つけた場合、ダイアログ ボックスに [すべて削除] ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、そのデータを削除できます。 モジュールがデータを見つけ出していない場合は、ダイアログ ボックスにメッセージが表示されます。

特定のモジュールのデータを選択して削除する場合、ダイアログ ボックスで、その処理が正常に完了したかどうかを示す説明テキストが表示されます。 ドキュメント検査 での処理中にエラーが発生した場合、そのモジュールにはフラグが付けられて、エラー メッセージが表示され、そのモジュールのデータは変更されません。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。