Word で DAO を使用する

データ アクセス オブジェクト (DAO) プロパティ、オブジェクト、およびメソッドは、Word のプロパティ、オブジェクト、およびメソッドを参照して使用するのと同じ方法で使用できます。 DAO オブジェクト ライブラリへの参照を確立した後、データベースを開き、クエリを設計および実行して一連のレコードを抽出し、結果を Word に戻します。

DAO を参照する

DAO を使用するには、まず、DAO オブジェクト ライブラリへの参照を設定する必要があります。 DAO オブジェクト ライブラリへの参照を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [エディター] にVisual Basicします。

  2. [ツール] メニューの [参照設定] をクリックします。

  3. [参照可能なライブラリ ファイル] ボックスの [Microsoft DAO 3.6 Object Library] をクリックします。

次の使用例は、Northwind データベースを開き、"運送会社" というテーブルから抽出した項目を、作業中の文書に挿入します。

Sub UsingDAOWithWord() 
 Dim docNew As Document 
 Dim dbNorthwind As DAO.Database 
 Dim rdShippers As Recordset 
 Dim intRecords As Integer 
 
 Set docNew = Documents.Add 
 Set dbNorthwind = OpenDatabase _ 
 (Name:="C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\" _ 
 & "Samples\Northwind.mdb") 
 Set rdShippers = dbNorthwind.OpenRecordset(Name:="Shippers") 
 For intRecords = 0 To rdShippers.RecordCount - 1 
 docNew.Content.InsertAfter Text:=rdShippers.Fields(1).Value 
 rdShippers.MoveNext 
 docNew.Content.InsertParagraphAfter 
 Next intRecords 
 rdShippers.Close 
 dbNorthwind.Close 
End Sub

データベースに接続し、それを開くには、OpenDatabase メソッドを使用します。 データベースを開いた後で、テーブルやクエリにアクセスするには OpenRecordset メソッドを使用します。 レコードセット内を移動するには Move メソッドを使用します。 特定のレコードを検索するには Seek メソッドを使用します。 レコードセットの一部のレコードだけが必要な場合は、CreateQueryDef メソッドを使用して、条件に合うレコードだけを抽出するためのクエリを作成します。 データベースでの作業を終えた後は、Close メソッドを使用してデータベースを閉じると、メモリを節約できます。

注釈

特定の DAO のオブジェクト、メソッド、プロパティの詳細については、MSDN のデータ アクセス オブジェクトに関する情報を参照してください。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。