スパム対策メッセージ ヘッダーAnti-spam message headers

Exchange Online Protection では、受信電子メール メッセージをスキャンするときに、 X-Forefront-Antispam-Report ヘッダーをそれぞれのメッセージに挿入します。このヘッダー内のフィールドは、そのメッセージに関する情報やそれがどのように処理されたかに関する情報を管理者に提供できます。 X-Microsoft-Antispam ヘッダー内のフィールドは、バルク メールやフィッシングについての追加情報を提供します。これら 2 つのヘッダーのほかに、Exchange Online Protection も電子メール認証の結果を Authentication-results ヘッダーで処理する各メッセージに挿入します。When Exchange Online Protection scans an inbound email message it inserts the X-Forefront-Antispam-Report header into each message. The fields in this header can help provide administrators with information about the message and about how it was processed. The fields in the X-Microsoft-Antispam header provide additional information about bulk mail and phishing. In addition to these two headers, Exchange Online Protection also inserts email authentication results for each message it processes in the Authentication-results header.

さまざまな電子メール クライアントで電子メール メッセージ ヘッダーを表示する方法については、「メッセージ ヘッダー アナライザー」を参照してください。For information about how to view an email message header in various email clients, see Message Header Analyzer.

ヒント

メッセージヘッダーの内容をコピーしてメッセージアナライザーツールに貼り付けることができます。You can copy and paste the contents of the message header into the Message Analyzer tool. このツールは、ヘッダーを解析して、より readible 形式にするために役に立ちます。This tool helps parse the headers and puts it into a more readible format.

X-Forefront-Antispam-Report メッセージ ヘッダー フィールドX-Forefront-Antispam-Report message header fields

メッセージ ヘッダー情報にアクセスしたら、X-Forefront-Antispam-Report を検索して、次に示すフィールドを確認します。このヘッダー内のその他のフィールドは、Microsoft スパム対策チームが診断のために専用で使用します。After accessing the message header information, search for X-Forefront-Antispam-Report and then look for these fields. Other fields in this header are used exclusively by the Microsoft anti-spam team for diagnostic purposes.

ヘッダー フィールドHeader field 説明Description
CIP:[IP アドレス]CIP: [IP address] 接続 IP アドレス接続フィルターで IP 許可一覧と IP 禁止一覧を作成する際、この IP アドレスを指定することができます。詳細については、「接続フィルター ポリシーを構成する」を参照してください。 The connecting IP address. You may want to specify this IP address when creating an IP Allow list or an IP Block list in the connection filter. For more information, see Configure the connection filter policy.
CTRYCTRY サービスに接続されたメッセージの発信国。これは、接続先 IP アドレスから特定されます。そのため、発信元の送信先 IP アドレスとは異なる可能性があります。The country from which the message connected to the service. This is determined by the connecting IP address, which may not be the same as the originating sending IP address.
LANGLANG メッセージが作成された言語であり、国番号 (たとえば、ロシア語は ru_RU) で指定されます。The language in which the message was written, as specified by the country code (for example, ru_RU for Russian).
SCLSCL メッセージの Spam Confidence Level (SCL) 値。これらの値の解釈方法については、「Spam Confidence Level」を参照してください。 The Spam Confidence Level (SCL) value of the message. For more information about interpreting these values, see Spam confidence levels.
PCLPCL メッセージの Phishing Confidence Level (PCL) 値。The Phishing Confidence Level (PCL) value of the message.
SRV:BULKSRV:BULK メッセージが一括電子メール メッセージとして識別されました。[バルクメール メッセージをすべてブロックする] 詳細スパム フィルター オプションが有効になっている場合、このメッセージがスパムとしてマークされます。このオプションが有効になっていない場合は、残りのフィルター処理ルールでそのメッセージがスパンであると判断された場合にのみスパムとしてマークされます。The message was identified as a bulk email message. If the Block all bulk email messages advanced spam filtering option is enabled, it will be marked as spam. If it is not enabled, it will only be marked as spam if the rest of the filtering rules determine that the message is spam.
SFV:SFESFV:SFE メッセージが個人の差出人セーフ リスト上のアドレスから送信されているため、フィルター処理が省略され、メッセージはそのまま配信されました。Filtering was skipped and the message was let through because it was sent from an address on an individual's safe sender list.
SFV:BLKSFV:BLK メッセージが個人の受信拒否リスト上のアドレスから送信されているため、フィルター処理が省略され、メッセージはブロックされました。Filtering was skipped and the message was blocked because it was sent from an address on an individual's blocked sender list.
ヒント: エンドユーザーがセーフリストと受信拒否リストを作成する方法の詳細については、「 Block or allow (迷惑メール設定) 」 (web 上の outlook) および「迷惑メールフィルター (outlook) の概要」を参照してください。Tip: For more information about how end users can create safe and blocked sender lists, see Block or allow (junk email settings) (Outlook on the web) and Overview of the Junk Email Filter (Outlook).
IPV:CALIPV:CAL このメッセージの IP アドレスは接続フィルターの IP 許可一覧に指定されているため、スパム フィルターの通過を許可されました。The message was allowed through the spam filters because the IP address was specified in an IP Allow list in the connection filter.
IPV:NLIIPV:NLI IP アドレスが IP 評価リストに掲載されていませんでした。The IP address was not listed on any IP reputation list.
SFV:SPMSFV:SPM コンテンツ フィルターによって、メッセージがスパムとしてマークされました。The message was marked as spam by the content filter.
SFV:SKSSFV:SKS コンテンツ フィルターによって処理される前に、メッセージがスパムとしてマークされました。The message was marked as spam prior to being processed by the content filter. これには、メッセージがメールフロールール (トランスポートルールとも呼ばれます) と一致して、自動的にスパムとしてマークされ、追加のフィルター処理をすべてバイパスするメッセージが含まれます。This includes messages where the message matched a mail flow rule (also known as a transport rule) to automatically mark it as spam and bypass all additional filtering.
SFV:SKASFV:SKA メッセージは、スパム フィルター ポリシーの許可リスト (送信者の許可リストなど) と一致したため、フィルタリングをスキップして受信トレイに配信されました。The message skipped filtering and was delivered to the inbox because it matched an allow list in the spam filter policy, such as the Sender allow list.
SFV:SKBSFV:SKB メッセージは、スパム フィルター ポリシーの拒否リスト (送信者の拒否リストなど) と一致したため、スパムとしてマークされました。The message was marked as spam because it matched a block list in the spam filter policy, such as the Sender block list.
SFV:SKNSFV:SKN コンテンツ フィルターによって処理される前に、メッセージが非スパムとしてマークされました。The message was marked as non-spam prior to being processed by the content filter. これには、メッセージが自動的に非スパムとしてマークし、他のすべてのフィルター処理をバイパスするメールフロールールと一致したメッセージが含まれます。This includes messages where the message matched a mail flow rule to automatically mark it as non-spam and bypass all additional filtering.
SFV:SKISFV:SKI SFV:SKN と同様に、メッセージはテナント内の組織内電子メールであるなどの別の理由でフィルター処理が省略されました。Similar to SFV:SKN, the message skipped filtering for another reason such as being intra-organizational email within a tenant.
SFV:SKQSFV:SKQ メッセージは検疫から解放され、目的の受信者に送信されました。The message was released from the quarantine and was sent to the intended recipients.
SFV:NSPMSFV:NSPM メッセージがスパムではないとしてマークされ、意図された受信者に送信されました。The message was marked as non-spam and was sent to the intended recipients.
H:[helostring]H: [helostring] 接続元のメール サーバーの HELO または EHLO 文字列。The HELO or EHLO string of the connecting mail server.
PTR:[ReverseDNS]PTR: [ReverseDNS] 逆引き DNS アドレスとも呼ばれる、送信元の IP アドレスの PTR レコード (またはポインター レコード)。The PTR record, or pointer record, of the sending IP address, also known as the reverse DNS address.
SFTYSFTY メッセージはフィッシングとして識別され、次の値のいずれかでマークされます。The message was identified as phishing and will also be marked with one of the following values:
• 9.1: 既定値。• 9.1: Default value. メッセージには、フィッシングの URL が含まれているか、他のフィッシングコンテンツが含まれている可能性があります。または、Office 365 にメッセージを中継する前に、Exchange Server の社内バージョンなどの他のメールフィルターによってフィッシングとしてマークされている場合があります。The message contains a phishing URL, may contain other phishing content, or may have been marked as phishing by another mail filter such as an on-premises version of Exchange Server before relaying the message to Office 365.
• 9.11: メッセージで失敗したスプーフィング防止チェックに失敗しました。 From: ヘッダー内の送信側ドメインが、受信側ドメインと同じ組織またはその一部と同じであるか、その一部であるか。• 9.11: Message failed anti-spoofing checks where the sending domain in the From: header is the same as, or aligns with, or is part of the same organization as the receiving domain. これは、組織内のスプーフィングの安全性のヒントがメッセージに追加されることを示します。This indicates a intra-org spoofing safety tip will be added to the message.
• 9.19: メッセージの失敗したドメイン偽装チェックによって、送信ドメインが受信者によって所有されているドメインを偽装しようとしたか、またはフィッシング対策ポリシーによって保護されているカスタムドメインの偽装を試みます。• 9.19: Message failed domain impersonation checks where the sending domain is attempting to impersonate a domain owned by the receiver, or a custom domain protected by the Anti-Phishing policy. これは、偽装による安全ヒントがメッセージに追加されることを示します (フィッシング対策ポリシーによって有効になっている場合)。This indicates an impersonation safety tip will be added to the message, if enabled via the Anti-Phishing policy.
• 9.20: 送信ユーザーが受信者の組織内でユーザーを偽装しようとした、またはフィッシング対策ポリシーによって保護されているカスタムユーザーのユーザー偽装チェックに失敗したメッセージ。• 9.20: Message failed user impersonation checks where the sending user is attempting to impersonate a user within receivers organization, or a custom user protected by the Anti-Phishing policy. これは、偽装による安全ヒントがメッセージに追加されることを示します (フィッシング対策ポリシーによって有効になっている場合)。This indicates an impersonation safety tip will be added to the message, if enabled via the Anti-Phishing policy.
• 9.21: メッセージが失敗したスプーフィング防止チェックを行い、From: ヘッダーの送信ドメインは認証されず、外部ドメインからのものです。• 9.21: Message failed anti-spoofing checks and the sending domain in the From: header does not authenticate and is from an external domain. compauth と組み合わせて使用されます (「Authentication-Results」を参照してください)。Used in combination with CompAuth (see Authentication-Results).
• 9.22: ユーザーが、上書きされた差出人セーフリストを持っている場合を除き、9.21 と同じです。• 9.22: Same as 9.21, except that the user has a safe sender that was overridden.
• 9.23: 9.22 と同じです。ただし、組織には、上書きされた許可された送信者またはドメインがあります。• 9.23: Same as 9.22, except that the organization has an allowed sender or domain that was overridden.
• 9.24: ユーザーには、上書きされた Exchange メールフロールールがあることを除き、9.23 と同じです。• 9.24: Same as 9.23, except that the user has an Exchange mail flow rule that was overridden.
X-CustomSpam:[ASFOption]X-CustomSpam: [ASFOption] メッセージは、高度なスパムフィルターオプションと一致しました。The message matched an advanced spam filtering option. たとえば、X-CustomSpam:リモート サイトへのイメージ リンクは、リモート サイトへのイメージ リンク の ASF オプションが一致したことを表します。For example, X-CustomSpam: Image links to remote sites denotes that the Image links to remote sites ASF option was matched. 特定の ASF オプションに対してどの X ヘッダーテキストが追加されているかを確認するには、「 Advanced spam filtering options」を参照してください。To find out which X-header text is added for each specific ASF option, see Advanced spam filtering options.

X-Microsoft-Antispam メッセージ ヘッダー フィールドX-Microsoft-Antispam message header fields

次の表に、X-Microsoft-Antispam メッセージ ヘッダー内の便利なフィールドを示します。このヘッダー内のその他のフィールドは、Microsoft スパム対策チームが診断のために専用で使用します。The following table describes useful fields in the X-Microsoft-Antispam message header. Other fields in this header are used exclusively by the Microsoft anti-spam team for diagnostic purposes.

ヘッダー フィールドHeader field 説明Description
BCLBCL メッセージの Bulk Complaint Level (BCL)。詳細については、「バルク苦情レベルの値」を参照してください。 The Bulk Complaint Level (BCL) of the message. For more information, see Bulk Complaint Level values.
PCLPCL メッセージの Phishing Confidence Level (PCL)。これは、そのメッセージがフィッシング メッセージかどうかを示します。 The Phishing Confidence Level (PCL) of the message, which indicates whether it's a phishing message. この状態は、次のいずれかの数値として返されます。This status can be returned as one of the following numerical values:
0-3: メッセージの内容がフィッシングではない可能性があります。0-3: The message's content isn't likely to be phishing.
4-8: メッセージの内容がフィッシングである可能性が高いことを示します。4-8: The message's content is likely to be phishing.
-9990: (Exchange Online Protection のみ) メッセージの内容がフィッシングである可能性が高いことを示します。-9990: (Exchange Online Protection only) The message's content is likely to be phishing.
これらの値は、電子メール クライアントがメッセージに対して実行するアクションを決めるために使用されます。The values are used to determine what action your email client takes on messages. たとえば、Outlook は PCL スタンプを使用して、疑わしいメッセージの内容をブロックします。For example, Outlook uses the PCL stamp to block the content of suspicious messages. フィッシングについてと、Outlook がフィッシング メッセージを処理する方法の詳細については、「 電子メール メッセージ内のリンクを有効または無効にする」を参照してください。For more information about phishing, and how Outlook processes phishing messages, see Turn on or off links in email messages.

Authentication-results メッセージ ヘッダーAuthentication-results message header

メール サーバーが電子メール メッセージを受信すると、SPF、DKIM、および DMARC に対するチェックの結果が Office 365 によって、Authentication-results メッセージ ヘッダーに記録またはスタンプされます。The results of checks against SPF, DKIM, and DMARC are recorded, or stamped, by Office 365 in the Authentication-results message header when our mail servers receive an email message.

check stamp 構文と例check stamp syntax and examples

次に示す構文の例では、Office 365 がメール サーバーでの受信時に電子メールの認証チェックを受ける各メールのメッセージ ヘッダーに適用するテキスト "スタンプ" の一部を示しています。このスタンプは Authentication-Results ヘッダーに追加されます。The following syntax examples show a portion of the text "stamp" that Office 365 applies to the message header for each email that undergoes an email authentication check when it is received by our mail servers. The stamp is added to the Authentication-Results header.

構文:SPF check stampSyntax: SPF check stamp

SPF の場合は、次の構文を適用します。For SPF, the following syntax applies.

spf=<pass (IP address)|fail (IP address)|softfail (reason)|neutral|none|temperror|permerror> smtp.mailfrom=<domain>

例:SPF check stampExamples: SPF check stamp

spf=pass (sender IP is 192.168.0.1) smtp.mailfrom=contoso.com
spf=fail (sender IP is 127.0.0.1) smtp.mailfrom=contoso.com

構文:DKIM check stampSyntax: DKIM check stamp

DKIM の場合は、次の構文を適用します。For DKIM, the following syntax applies.

dkim=<pass|fail (reason)|none> header.d=<domain>

例:DKIM check stampExamples: DKIM check stamp

dkim=pass (signature was verified) header.d=contoso.com
dkim=fail (body hash did not verify) header.d=contoso.com

構文:DMARC check stampSyntax: DMARC check stamp

DMARC の場合は、次の構文を適用します。For DMARC, the following syntax applies.

dmarc=<pass|fail|bestguesspass|none> action=<permerror|temperror|oreject|pct.quarantine|pct.reject> header.from=<domain>

例:DMARC check stampExamples: DMARC check stamp

dmarc=pass action=none header.from=contoso.com
dmarc=bestguesspass action=none header.from=contoso.com
dmarc=fail action=none header.from=contoso.com
dmarc=fail action=oreject header.from=contoso.com

Office 365 の電子メールの認証で使用される Authentication-results メッセージ ヘッダー フィールドAuthentication-results message header fields used by Office 365 email authentication

フィールドと各電子メールの認証チェックに使用できる値を次の表に示します。This table describes the fields and possible values for each email authentication check.

ヘッダー フィールドHeader field 説明Description
spfspf メッセージの SPF チェックの結果についての説明。次の値を指定できます。Describes the results of the SPF check for the message. Possible values include:
pass (IP アドレス): メッセージの SPF チェックが渡され、送信者の IP アドレスが含まれていることを示します。pass (IP address): Indicates the SPF check for the message passed and includes the sender's IP address. クライアントは、送信者のドメインに代わって電子メールを送信または中継することを承認されています。The client is authorized to send or relay email on behalf of the sender's domain.
fail (IP アドレス): メッセージの SPF チェックでエラーが発生し、送信者の IP アドレスが含まれていることを示します。fail (IP address): Indicates the SPF check for the message failed and includes the sender's IP address. これは、" hard fail" と呼ばれることがあります。This is sometimes called hard fail.
softfail (理由): SPF レコードがホストを送信が許可されていないものとして指定したが、移行中であることを示します。softfail (reason): Indicates that the SPF record has designated the host as not being allowed to send but is in transition.
ニュートラル: SPF レコードが、IP アドレスが承認されているかどうかがアサートされていないことを明示的に明記していることを示します。neutral: Indicates that the SPF record has explicitly stated that it is not asserting whether the IP address is authorized.
none: ドメインに spf レコードがないか、spf レコードが結果として評価されないことを示します。none: Indicates that the domain does not have an SPF record or the SPF record does not evaluate to a result.
temperror: DNS エラーなど、自然に一時的なエラーが発生したことを示します。temperror: Indicates that an error has occurred that may be temporary in nature, for example, a DNS error. 管理者がなんらかのアクションを実行しなくても、後で再試行すれば成功する場合があります。Trying again later might succeed without any administrator action.
permerror: 永続的なエラーが発生したことを示します。permerror: Indicates that a permanent error has occurred. これは、ドメインに不正な形式の SPF レコードがある場合に発生します。This happens when, for example, the domain has a badly formatted SPF record.
mailfromsmtp.mailfrom メッセージが送信された送信元のドメインを含みます。この電子メール メッセージに関するすべてのエラーは、ポスト マスターまたはドメインを担当するエンティティに送信されます。これは、メッセージ エンベロープの 5321.MailFrom アドレスまたはリバースパス アドレスとも呼ばれます。Contains the source domain from which the message was sent. Any errors about this email message will be sent to the postmaster or the entity responsible for the domain. This is sometimes called the 5321.MailFrom address or the reverse-path address on the message envelope.
dkimdkim メッセージの DKIM チェックの結果についての説明。次の値を指定できます。Describes the results of the DKIM check for the message. Possible values include:
pass: メッセージの dkim チェックに合格したことを示します。pass: Indicates the DKIM check for the message passed.
fail (理由): メッセージの dkim チェックに失敗したことと、その理由を示します。fail (reason): Indicates the DKIM check for the message failed and why. たとえば、メッセージが署名されていなかったり、署名を確認できない場合です。For example, if the message was not signed or the signature was not verified.
none: メッセージが署名されていなかったことを示します。none: Indicates that the message was not signed. これは、ドメインに DKIM レコードがあるかどうかや、DKIM レコードが結果を評価しない (このメッセージが署名されていない点のみ) ことを示しますが、これらを示さない場合もあります。This may or may not indicate that the domain has a DKIM record or the DKIM record does not evaluate to a result, only that this message was not signed.
ヘッダー dheader.d DKIM 署名で識別されるドメイン (存在する場合)。 これは、公開キーを照会するドメインです。Domain identified in the DKIM signature if any. This is the domain that's queried for the public key.
dmarcdmarc メッセージの DMARC チェックの結果についての説明。次の値を指定できます。Describes the results of the DMARC check for the message. Possible values include:
pass: メッセージの DMARC チェックが渡されたことを示します。pass: Indicates the DMARC check for the message passed.
fail: メッセージの DMARC チェックに失敗したことを示します。fail: Indicates the DMARC check for the message failed.
bestguesspass: ドメインの DMARC TXT レコードが存在しないことを示しますが、存在していた場合は、メッセージの DMARC チェックに合格したことになります。bestguesspass: Indicates that no DMARC TXT record for the domain exists, but if one had existed, the DMARC check for the message would have passed. これは、5321.mailfrom アドレスのドメインが5322.from アドレスのドメインと一致するからです。This is because the domain in the 5321.MailFrom address matches the domain in the 5322.From address.
none: DNS に送信側ドメインの dkim TXT レコードが存在しないことを示します。none: Indicates that no DKIM TXT record exists for the sending domain in DNS.
actionaction DMARC チェックの結果に基づいて、スパム フィルターが実行するアクションを示します。例:Indicates the action taken by the spam filter based on the results of the DMARC check. For example:
permerror: DMARC 評価中に永続的なエラーが発生しました。たとえば、DNS で間違った形式の DMARC TXT レコードが発生した場合などです。permerror: A permanent error occurred during DMARC evaluation, such as encountering an incorrectly formed DMARC TXT record in DNS. このメッセージを再送信しようとしても、結果が異なる可能性はほとんどありません。Attempting to resend this message isn't likely to end with a different result. その代わりに、ドメインの所有者に問い合わせて問題を解決する必要があります。Instead, you may need to contact the domain's owner in order to resolve the issue.
temperror: DMARC 評価中に一時的なエラーが発生しました。temperror: A temporary error occurred during DMARC evaluation. メールが正しく処理されるように、後でメッセージを再送信するように、送信者に要求することもできます。You may be able to request that the sender resend the message later in order to process the email properly.
orejectまたはreject: 上書き拒否を表します。oreject or o.reject: Stands for override reject. この場合、Office 365 は、ポリシーが p=reject に設定されている DMARC TXT レコードを持つドメインからの DMARC チェックに失敗したメッセージを受信したときに、このアクションを使用します。In this case Office 365 uses this action when it receives a message that fails the DMARC check from a domain whose DMARC TXT record has a policy of p=reject. Office 365 はメッセージを削除または拒否する代わりに、スパムとしてメッセージにマークを付けます。Instead of deleting or rejecting the message, Office 365 marks the message as spam. このように Office 365 が構成されている理由の詳細については、「Office 365 が DMARC に失敗した受信メールを処理する方法」を参照してください。For more information on why Office 365 is configured this way, see How Office 365 handles inbound email that fails DMARC.
quarantine: DMARC を通過しないメッセージの 100% 未満の割合が配信されることを示します。pct.quarantine: Indicates that a percentage less than 100% of messages that do not pass DMARC will be delivered anyway. これは、メッセージが DMARC に失敗してポリシーが検疫に設定されますが、pct フィールドは 100% に設定されず、システムは指定されたドメインのポリシーに従って、DMARC アクションを適用しないことをランダムに判断しているということです。This means that the message failed DMARC and the policy was set to quarantine, but the pct field was not set to 100% and the system randomly determined not to apply the DMARC action, as per the specified domain's policy.
pct: DMARC を通過しないメッセージの 100% 未満の割合が配信されることを示します。pct.reject: Indicates that a percentage less than 100% of messages that do not pass DMARC will be delivered anyway. これは、メッセージが DMARC に失敗してポリシーが拒否に設定されますが、pct フィールドは 100% に設定されず、システムは指定されたドメインのポリシーに従って、DMARC アクションを適用しないことをランダムに判断しているということです。This means that the message failed DMARC and the policy was set to reject, but the pct field was not set to 100% and the system randomly determined not to apply the DMARC action, as per the specified domain's policy.
ヘッダーheader.from メール メッセージ ヘッダーの From アドレスのドメイン。The domain of the From address in the email message header. これは、 _5322.from_アドレスと呼ばれることがあります。This is sometimes called the 5322.From address.
compauthcompauth 複合認証の結果。Composite authentication result. Office 365 によって使用され、SPF、dkim、DMARC などのさまざまな種類の認証を組み合わせて、メッセージが認証されているかどうかを判断します。Used by Office 365 to combine multiple types of authentication such as SPF, DKIM, DMARC, or any other part of the message to determine whether or not the message is authenticated. 評価の基準として、From: ドメインを使用します。Uses the From: domain as the basis of evaluation.
したがっreason コンポジット認証が合格または失敗した理由。The reason the composite authentication passed or failed. 理由の値は3桁の数字で構成されます。The value for the reason is made up of three digits:
000: メッセージは明示的に認証に失敗しました。000: The message explicitly failed authentication. たとえば、メッセージは、検疫または拒否のアクションを使用して、DMARC fail を受信しました。For example, the message received a DMARC fail with an action of quarantine or reject.
001: メッセージは暗黙的に認証に失敗し、送信側ドメインは認証ポリシーを公開しませんでした。001: The message implicitly failed authentication, and the sending domain did not publish authentication policies. たとえば、p = none の DMARC ポリシーがあります。For example, a DMARC policy of p=none.
1xx: 認証に合格したメッセージ。1xx: The message passed authentication. 2番目の2桁の数字は、Office 365 で使用される内部コードです。The second two digits are internal codes used by Office 365.
2xx: メッセージがソフトで渡される認証。2xx: The message soft-passed authentication. 2番目の2桁の数字は、Office 365 で使用される内部コードです。The second two digits are internal codes used by Office 365.
3xx: メッセージは、コンポジット認証のためにチェックされませんでした。3xx: The message was not checked for composite authentication.
4xx: メッセージは複合認証をバイパスします。4xx: The message bypassed composite authentication. 2番目の2桁の数字は、Office 365 で使用される内部コードです。The second two digits are internal codes used by Office 365.