管理センターでの Rights Management に関する情報へのポインターPointers to information about Rights Management in the admin center

このトピックでは、Office 365 で RMS を有効にし、使用する方法について説明するトピックを示します。This topic points to topics that describe how to enable and use RMS with Office 365.

Office 365 のアプリケーションとサービスの Information Rights Management (IRM) 機能を使用するには、その前に Rights Management service (RMS) をアクティブ化する必要があります。You must activate the Rights Management service (RMS) before you can use the Information Rights Management (IRM) features of Office 365 applications and services. RMS をアクティブ化すると、組織は Azure RMS を使用して重要なドキュメントや電子メールを保護することができます。After you activate RMS, your organization can start to protect important documents and emails by using Azure RMS. この情報保護ソリューションでは、すべてのファイルの種類を保護し、Excel、Microsoft Word、その他のクライアントアプリケーション (Exchange Online や SharePoint Online など)、Microsoft Exchange や Microsoft SharePoint などのサーバーを統合することができます。This information protection solution can protect all file types and integrates with client applications like Excel, Microsoft Word, and others, Exchange Online and SharePoint Online, and servers such as Microsoft Exchange and Microsoft SharePoint.

ヒント

権限管理が必要かどうかがわからない場合は、組織にこれらのビジネス上の問題または要件が1つ以上存在するかどうかを確認し、 rights Management の動作に関するいくつかの例を参照してください。If you're not sure whether you need Rights Management, check whether your organization has one or more of these business problems or requirements, and see some examples of Rights Management in action.

RMS の詳細については、次のリンクを参照してください。Use these links for more information about RMS: