Exchange 2010 のサポート終了ロードマップExchange 2010 end of support roadmap

2020 年1月14日に、Exchange Server 2010 はサポート終了までに到達します。On January 14, 2020, Exchange Server 2010 will reach end of support. Exchange 2010 から Office 365 または Exchange 2016 への移行をまだ開始していない場合は、計画を開始する時間になります。If you haven't already begun your migration from Exchange 2010 to Office 365 or Exchange 2016, now's the time to start your planning.

サポートが終了するとどうなるのかWhat does end of support mean?

Exchange Server は、ほぼすべての Microsoft 製品と同様に、新機能、バグ修正、セキュリティ修正プログラムなどを提供するためのライフサイクルを備えています。Exchange Server, like almost all Microsoft products, has a support lifecycle during which we provide new features, bug fixes, security fixes, and so on. このライフサイクルは通常、製品の最初のリリースから10年後に持続し、このライフサイクルの最後は製品のサポート終了と呼ばれます。This lifecycle typically lasts for 10 years from the date of the product's initial release, and the end of this lifecycle is known as the product's end of support. Exchange 2010 が2020年1月14日にサポート終了になると、Microsoft は提供されなくなります。When Exchange 2010 reaches its end of support on January 14, 2020, Microsoft will no longer provide:

  • 発生する可能性のある問題のテクニカル サポート。Technical support for problems that may occur;
  • サーバーの安定性と運用に影響を与える可能性のある問題が検出された場合のバグ修正プログラム。Bug fixes for issues that are discovered and that may impact the stability and usability of the server;
  • 検出された脆弱性に対するセキュリティの修正。これにより、サーバーがセキュリティ侵害に対して脆弱になる可能性があります。Security fixes for vulnerabilities that are discovered and that may make the server vulnerable to security breaches;
  • タイム ゾーンの更新。Time zone updates.

Exchange 2010 のインストールは、この日付以降も引き続き実行されます。Your installation of Exchange 2010 will continue to run after this date. ただし、上記の変更によって、Exchange 2010 からできるだけ早く移行することを強くお勧めします。However, because of the changes listed above, we strongly recommend that you migrate from Exchange 2010 as soon as possible.

サポートの終了間近にある Office 2010 サーバーの詳細については、「 office 2010 サーバーおよびクライアントからのアップグレードに役立つリソース」を参照してください。For more information about Office 2010 servers nearing the end of support, see Resources to help you upgrade from Office 2010 servers and clients.

使用できるオプションWhat are my options?

Exchange 2010 がサポートの終了に到達すると、これは、オプションを調べて移行計画を準備するのに非常に時間がかかることになります。With Exchange 2010 reaching its end of support, this is a great time to explore your options and prepare a migration plan. 次の操作を実行できます。You can:

  • 完全に Office 365 に移行します。Migrate fully to Office 365. カットオーバー、最小ハイブリッド、または完全なハイブリッド移行を使用してメールボックスを移行し、オンプレミスの Exchange サーバーと Active Directory を削除します。Migrate mailboxes using cutover, minimal hybrid, or full hybrid migration, then remove on-premises Exchange servers and Active Directory.
  • オンプレミスサーバー上の exchange 2010 サーバーを Exchange 2016 に移行します。Migrate your Exchange 2010 servers to Exchange 2016 on your on-premises servers.

重要

メールボックスを Office 365 に移行することを選択したものの、DirSync または Azure AD Connect を使用してオンプレミスの Active Directory からのユーザーアカウントの管理を続行する予定の場合は、少なくとも1つの Exchange server をオンプレミスで保持する必要があります。If your organization chooses to migrate mailboxes to Office 365 but intends to keep DirSync or Azure AD Connect in place to continue managing user accounts from on-premises Active Directory, you need to keep at least one Exchange server on-premises. 最後の Exchange サーバーが削除された場合、exchange Online の Exchange 受信者を変更することはできません。If the last Exchange server is removed, you won’t be able to make changes to Exchange recipients in Exchange Online. これは、権限のソースがオンプレミスの Active Directory に残っており、そこに変更を加える必要があるためです。This is because the source of authority remains in your on-premises Active Directory and changes need to be made there. このシナリオでは、次のオプションを使用できます。In this scenario, you have the following options:

  • (推奨)メールボックスを Office 365 に移行し、2020年1月14日までにサーバーをアップグレードできる場合は、Exchange 2010 を使用して Office 365 に接続し、メールボックスを移行します。(Recommended) If you can migrate your mailboxes to Office 365 and upgrade your servers by January 14, 2020, use Exchange 2010 to connect to Office 365 and migrate mailboxes. 次に、exchange 2010 を Exchange 2016 に移行し、残りの Exchange 2010 サーバーをすべて使用停止にします。Next, migrate Exchange 2010 to Exchange 2016 and decommission any remaining Exchange 2010 servers.
  • 2020年1月14日からメールボックスの移行とオンプレミスサーバーのアップグレードを完了できない場合は、オンプレミスの Exchange 2010 サーバーを最初に Exchange 2016 にアップグレードしてから、Exchange 2016 を使用して Office の365に接続し、メールボックスを移行します。If you can’t complete the mailbox migration and on-premises server upgrade by January 14, 2020, upgrade your on-premises Exchange 2010 servers to Exchange 2016 first, then use Exchange 2016 to connect to Office 365 and migrate mailboxes.

注意

もう少し複雑ですが、オンプレミスの Exchange 2010 サーバーを Exchange 2016 に移行する際に、メールボックスを Office 365 に移行する場合もあります。While a little more complicated, you may also migrate mailboxes to Office 365 while migrating your on-premises Exchange 2010 servers to Exchange 2016.

次のセクションでは、それぞれのオプションについて詳しく説明します。The following sections explore each option in more detail.

Office 365 への移行Migrate to Office 365

メールを Office 365 に移行することは、Exchange 2010 の展開を廃止するのに役立つ最良かつ最も簡単なオプションです。Migrating your email to Office 365 is your best and simplest option to help you retire your Exchange 2010 deployment. Office 365 への移行を使用すると、次のように、古いテクノロジから、次のような最新の機能までの単一ホップを作成できます。With a migration to Office 365, you can make a single hop from old technology to state-of-the-art features, like:

  • アイテム保持ポリシー、インプレースおよび訴訟ホールド、インプレース電子情報開示などのコンプライアンス機能。Compliance capabilities such as Retention Policies, In-Place and Litigation Hold, in-place eDiscovery, and more;
  • Microsoft Teams、Microsoft Teams;
  • Power BI;Power BI;
  • 優先受信トレイ。Focused Inbox;
  • Delve Analytics;Delve Analytics;

Office 365 では、最初に新機能とエクスペリエンスを取得し、ユーザーは通常、すぐに使用を開始することもできます。Office 365 also gets new features and experiences first and you and your users can usually start using them right away. 新機能に加えて、次のことについて心配する必要はありません。In addition to new features, you won't have to worry about:

  • ハードウェアの購入および保守。Purchasing and maintaining hardware;
  • お客様のサーバーの暖房および冷却に関する支払い。Paying for heating and cooling of your servers;
  • 常に最新のセキュリティ、製品、タイムゾーンを更新します。Keeping up to date on security, product, and time zone fixes;
  • コンプライアンス要件をサポートするためのストレージとソフトウェアの管理Maintaining storage and software to support compliance requirements;
  • 新しいバージョンの Exchange にアップグレードする-Office 365 の Exchange の最新バージョンを常にご使用いただけます。Upgrading to a new version of Exchange - you're always on the latest version of Exchange in Office 365.

Office 365 に移行する方法How should I migrate to Office 365?

組織によっては、Office 365 にアクセスするために役立ついくつかのオプションがあります。Depending on your organization, you have a few options that'll help you get to Office 365. 移行オプションを選択する際には、移動する必要のある座席やメールボックスの数、移行を最後に実行する時間、オンプレミスのインストールと Office 365 との間でシームレスに統合する必要があるかどうかを考慮する必要があります。移行。When choosing a migration option, you need to consider a few things like the number of seats or mailboxes you need to move, how long you want the migration to last, and whether you need a seamless integration between your on-premises installation and Office 365 during the migration. 次の表に、移行オプションと、使用する方法を決定する最も重要な要素を示します。This table shows your migration options and the most important factors that'll determine which method you'll use.

移行オプションMigration option 組織の規模Organization size DurationDuration
一括移行Cutover migration 座席数が150未満Fewer than 150 seats 1週間以内A week or less
最小限のハイブリッド移行Minimal hybrid migration 座席数が150未満Fewer than 150 seats 数週間以内A few weeks or less
完全なハイブリッド移行Full hybrid migration 150を超える座席More than 150 seats 数週間以上A few weeks or more

次のセクションでは、これらの方法の概要について説明します。The following sections give you an overview of these methods. 「」を参照してください。各方法の詳細については、「移行パスを決定する」を参照してください。Check out Decide on a migration path to learn the details of each method.

一括移行Cutover migration

カットオーバー移行では、事前に選択した日時で、すべてのメールボックス、配布グループ、連絡先などを Office 365 に移行します。完了したら、オンプレミスの Exchange サーバーをシャットダウンして、Office 365 を排他的に使用します。A cutover migration is one where, at a pre-selected date and time, you'll migrate all your mailboxes, distribution groups, contacts, and so on, to Office 365; when you've finished, you'll shut down your on-premises Exchange servers and start using Office 365 exclusively.

カットオーバー移行方法は、メールボックスの数があまり多くない小規模な組織で、Office 365 にすばやくアクセスして、他の方法のいくつかの複雑な処理を行わないようにする場合に適しています。The cutover migration method is great for small organizations that don't have very many mailboxes, want to get to Office 365 quickly, and don't want to deal with some of the complexities of the other methods. ただし、1週間以内に完了する必要があり、ユーザーが Outlook プロファイルを再構成する必要があるため、この方法も若干制限されています。But it's also somewhat limited because it should be completed in a week or less and because it requires users to reconfigure their Outlook profiles. カットオーバー移行では最大2000のメールボックスを処理できますが、この方法では最大150のメールボックスを移行することを強くお勧めします。While cutover migration can handle up to 2,000 mailboxes, we strongly recommend you migrate a maximum of 150 mailboxes with this method. 150を超えるメールボックスを移行しようとすると、期限までにすべてのメールボックスを移行するのに時間がかかる可能性があり、IT サポートスタッフが Outlook を再構成する手助けをしてしまう可能性があります。If you try to migrate more than 150 mailboxes, you could run out of time to transfer all the mailboxes before your deadline, and your IT support staff may get overwhelmed helping users reconfigure Outlook.

一括移行の実行を検討している場合は、次の点を考慮する必要があります。If you're thinking about doing a cutover migration, here are a few things to think consider:

  • Office 365 は、TCP ポート443で Outlook Anywhere を使用して Exchange 2010 サーバーに接続する必要があります。Office 365 will need to connect to your Exchange 2010 servers using Outlook Anywhere over TCP port 443;
  • すべてのオンプレミスメールボックスが Office 365 に移動されます。All on-premises mailboxes will be moved to Office 365;
  • ユーザーのメールボックスの内容を読み取るためのアクセス権を持つオンプレミスの管理者アカウントが必要です。You'll need an on-premises administrator account that has access to read the contents of your users' mailboxes;
  • Office 365 で使用する Exchange 2010 の承認済みドメインは、サービスの検証済みドメインとして追加する必要があります。The Exchange 2010 accepted domains that you want to use in Office 365 need to be added as verified domains in the service;
  • 移行を開始してから完了フェーズを開始するまでの間、Office 365 は定期的に Office 365 とオンプレミスのメールボックスを同期します。Between the time you start the migration and when you begin the completion phase, Office 365 will periodically synchronize the Office 365 and on-premises mailboxes. これにより、オンプレミスのメールボックスに残った電子メールを気にすることなく、移行を完了できます。This lets you complete the migration without worrying about email being left behind in your on-premises mailboxes;
  • ユーザーが初めてメールボックスにログインしたときに変更する必要がある Office 365 アカウントの新しい一時パスワードをユーザーが受け取ります。Users will receive new temporary passwords for their Office 365 account that they'll need to change when they log in to their mailboxes for the first time;
  • 移行するユーザーメールボックスごとに、Exchange Online を含む Office 365 ライセンスが必要になります。You'll need an Office 365 license that includes Exchange Online for each user mailbox you migrate;
  • ユーザーは、それぞれのデバイスに新しい Outlook プロファイルを設定して、電子メールをもう一度ダウンロードする必要があります。Users will need to set up a new Outlook profile on each of their devices and download their email again. Outlook がダウンロードするメールの量は異なる場合があります。The amount of email that Outlook will download can vary. 詳細については、「オフラインで保持するメールの量を変更する」を参照してください。For more information, take a look at Change how much mail to keep offline.

カットオーバー移行の詳細については、以下を参照してください。To learn more about cutover migration, take a look at:

最小限のハイブリッド移行Minimal hybrid migration

最低限のハイブリッド (高速) 移行とは、Office 365 に移行する必要がある数百のメールボックスがあり、数週間以内に移行を完了でき、空き時間情報の共有の予定表などの高度なハイブリッド移行機能を必要としないものです。関する.A minimal hybrid, or express, migration is one where you have a few hundred mailboxes that you want to migrate to Office 365, can complete the migration within a few weeks, and don't need any of the advanced hybrid migration features like shared Free/Busy calendar information.

最小限のハイブリッド移行は、メールボックスを Office 365 に移行するのに時間がかかるようにする必要がある組織に適していますが、数週間以内に移行を完了することを計画しています。Minimal hybrid migration is great for organizations that need to take more time to migrate their mailboxes to Office 365, but still plan to complete the migration within a few weeks. 多くの複雑な複雑な移行を行わずに、より高度なハイブリッド移行のメリットが得られます。You get some benefits of the more advanced full hybrid migration without many of the complexities. 特定の時間に移行されるメールボックスの数と頻度を制御できます。Office 365 メールボックスは、オンプレミスのアカウントのユーザー名とパスワードを使用して作成されます。また、カットオーバー移行とは異なり、ユーザーは Outlook プロファイルを再作成する必要はありません。You can control how many, and which, mailboxes are migrated at a given time; Office 365 mailboxes will be created with the username and passwords of their on-premises accounts; and, unlike cutover migrations, your users won't need to recreate their Outlook profiles.

最小限のハイブリッド移行を実行することを検討している場合は、次の点を考慮する必要があります。If you're thinking about doing minimal hybrid migration, here are a few things to consider:

  • オンプレミスの Active Directory サーバーと Office 365 の間では、1回限りのディレクトリ同期を実行する必要があります。You'll need to perform a one-time directory synchronization between your on-premises Active Directory servers and Office 365;
  • ユーザーは、自分のメールボックスが移行されたときに使用していたのと同じユーザー名とパスワードを使用して、Office 365 メールボックスにログインできるようになります。Users will be able to log in to their Office 365 mailbox using the same username and password they were using when their mailbox was migrated;
  • 移行するユーザーメールボックスごとに、Exchange Online を含む Office 365 ライセンスが必要になります。You'll need an Office 365 license that includes Exchange Online for each user mailbox you migrate;
  • ユーザーは、多くのデバイスで新しい Outlook プロファイルを設定する必要はありません (一部の古い Android 電話機では新しいプロファイルが必要になることがあります)、メールを再ダウンロードする必要はありません。Users don't need to set up a new Outlook profile on most of their devices (some older Android phones might need a new profile) and won't need to re-download their email.

最小限のハイブリッド移行の詳細については、「最小限のハイブリッドを使用して Exchange メールボックスを Office 365 にすばやく移行する」を参照してください。To learn more about minimal hybrid migration, take a look at Use Minimal Hybrid to quickly migrate Exchange mailboxes to Office 365

完全なハイブリッドFull hybrid

完全なハイブリッド移行とは、組織で数百から数千のメールボックスを使用しており、一部またはすべてを Office 365 に移動する必要がある場合です。A full hybrid migration is one where your organization has many hundreds, up to tens of thousands, of mailboxes and you want to move some or all of them to Office 365. 通常、これらの移行は長期間になるため、ハイブリッド移行によって次のことが可能になります。Because these migrations are typically longer-term, hybrid migrations make it possible to:

  • オンプレミスのユーザーに、Office 365 のユーザーの予定表の空き時間情報を表示します。その逆も同様です。Show on-premises users the free/busy calendar information for users in Office 365, and vice versa;
  • オンプレミスと Office 365 の両方の受信者が含まれる統合グローバルアドレス一覧を参照してください。See a unified global address list that contains recipients in both on-premises and Office 365;
  • すべてのユーザーについて、オンプレミスであるか Office 365 であるかに関係なく、すべてのユーザーの完全な Outlook 受信者カードを表示します。View full Outlook recipient cards for all users, regardless of whether they're on-premises or in Office 365;
  • オンプレミスの Exchange サーバーと Office 365 との間で、TLS と証明書を使用して電子メール通信をセキュリティで保護します。Secure email communication between on-premises Exchange servers and Office 365 using TLS and certificates;
  • オンプレミスの Exchange サーバーと Office 365 間で送信されたメッセージを内部として処理し、次のことを可能にします。Treat messages sent between on-premises Exchange servers and Office 365 as internal, enabling them to:
  • 内部メッセージを対象とするトランスポートおよびコンプライアンスエージェントによって適切に評価および処理されます。Be properly evaluated and processed by transport and compliance agents targeting internal messages;
  • スパム対策フィルターをバイパスします。Bypass anti-spam filters.

完全なハイブリッド移行は、数か月以上のハイブリッド構成にとどまることが予想される組織に最適です。Full hybrid migrations are best for organizations that expect to stay in a hybrid configuration for many months or more. このセクションで前述した機能に加えて、ディレクトリ同期、統合されたコンプライアンス機能、および Office 365 との間でメールボックスを移動する機能 (オンラインメールボックス移動を使用) を取得することができます。You'll get the features listed earlier in this section, plus directory synchronization, better integrated compliance features, and the ability to move mailboxes to and from Office 365 using online mailbox moves. Office 365 は、オンプレミスの組織の拡張機能になります。Office 365 becomes an extension of your on-premises organization.

完全なハイブリッド移行の実行を検討している場合は、次の点を考慮する必要があります。If you're thinking about doing a full hybrid migration, here are a few things to consider:

  • 完全なハイブリッド移行は、すべての種類の組織には適していません。Full hybrid migrations aren't suited to all types of organizations. 完全なハイブリッド移行は複雑であるため、数百のメールボックスを使用している組織では、通常、1つの設定に必要な労力とコストを正当化する利点は得られません。Due to the complexity of full hybrid migrations, organizations with less than a few hundred mailboxes don't typically see benefits that justify the effort and cost needed to set one up. これが組織のように聞こえる場合は、代わりに一括移行を一括して、または最小限に抑えることをお勧めします。If this sounds like your organization, we strongly recommend that you consider Cutover or Minimal hybrid migrations instead;
  • オンプレミスの Active Directory サーバーと Office 365 の間に、Azure Active Directory Connect (AADConnect) を使用してディレクトリ同期をセットアップする必要があります。You'll need to set up directory synchronization using Azure Active Directory Connect (AADConnect) between your on-premises Active Directory servers and Office 365;
  • ユーザーは、ローカルネットワークにログインするときに使用したのと同じユーザー名とパスワードを使用して Office 365 メールボックスにログインできます (パスワード同期または Active Directory フェデレーションサービスによる Azure Active Directory 接続が必要です)。Users will be able to log in to their Office 365 mailbox using the same username and password they use when they log into the local network (requires Azure Active Directory Connect with password synchronization and/or Active Directory Federation Services);
  • 移行するユーザーメールボックスごとに、Exchange Online を含む Office 365 ライセンスが必要になります。You'll need an Office 365 license that includes Exchange Online for each user mailbox you migrate;
  • ユーザーは、多くのデバイスで新しい Outlook プロファイルを設定する必要はありません (一部の古い Android 電話機では新しいプロファイルが必要になることがあります)、メールを再ダウンロードする必要はありません。Users don't need to set up a new Outlook profile on most of their devices (some older Android phones might need a new profile) and won't need to re-download their email.

重要

メールボックスを Office 365 に移行することを選択したものの、DirSync または Azure AD Connect を使用してオンプレミスの Active Directory からのユーザーアカウントの管理を続行する予定の場合は、少なくとも1つの Exchange server をオンプレミスで保持する必要があります。If your organization chooses to migrate mailboxes to Office 365 but intends to keep DirSync or Azure AD Connect in place to continue managing user accounts from on-premises Active Directory, you need to keep at least one Exchange server on-premises. 最後の Exchange サーバーが削除された場合、exchange Online の Exchange 受信者を変更することはできません。If the last Exchange server is removed, you won’t be able to make changes to Exchange recipients in Exchange Online. これは、権限のソースがオンプレミスの Active Directory に残っており、そこに変更を加える必要があるためです。This is because the source of authority remains in your on-premises Active Directory and changes need to be made there.

完全なハイブリッド移行が適切な場合は、移行に役立つ以下のリソースを参照してください。If a full hybrid migration sounds right for you, take a look at the following resources to help you with your migration:

オンプレミスの Exchange Server の新しいバージョンにアップグレードするUpgrade to a newer version of Exchange Server On-Premises

完全に Office 365 に移行することによって、最高の価値とユーザーの利便性を実現できるということは強く信じられませんが、一部の組織では、一部の Exchange サーバーをオンプレミスのままにしておく必要があることも理解しています。While we strongly believe that you can achieve the best value and user experience by migrating fully to Office 365, we also understand that some organizations need to keep some Exchange Servers on-premises. これは、規制要件により、データが別の国にあるデータセンターに格納されていない、またはクラウドでは対応できない固有の設定または要件がある、または単に Exchange が必要なものである可能性があるためです。クラウドメールボックスを管理するには、オンプレミスの Active Directory を引き続き使用する必要があります。This could be because of regulatory requirements, to guarantee data isn't stored in a datacenter located in another country, or it might be because you have unique settings or requirements that can’t be met in the cloud, or it could simply be that you need Exchange to manage cloud mailboxes because you still use Active Directory on-premises. Exchange のオンプレミスを選択または保持する必要がある場合は、exchange 2010 環境が少なくとも Exchange 2013 または Exchange 2016 にアップグレードされており、サポートの終了日前に Exchange 2010 が削除されていることを確認する必要があります。In any case for which you choose or need to keep Exchange on-premises, you should ensure your Exchange 2010 environment is upgraded to at least Exchange 2013 or Exchange 2016 and Exchange 2010 is removed before the End of Support date.

最良の結果を得るために、残りのオンプレミス環境を Exchange 2016 にアップグレードすることをお勧めします。For the best experience, we recommend that you upgrade your remaining on-premises environment to Exchange 2016. Exchange server 2010 から Exchange Server 2016 に直接移動する場合は、Exchange Server 2013 をインストールする必要はありません。You don’t need to install Exchange Server 2013 if you want to go straight from Exchange Server 2010 to Exchange Server 2016.

Exchange 2016 には、Exchange の以前のリリースに含まれていたすべての機能とダウン状態が含まれており、Office 365 で利用できる機能に最も近いものがあります (一部の機能は Office 365 でのみ利用可能です)。Exchange 2016 includes all the features and advancements included with previous releases of Exchange, and it most closely matches the experience available with Office 365 (although some features are available only in Office 365). 不足しているもののいくつかを確認してください。Check out just a few of the things you've been missing out on:

Exchange リリースExchange release 機能Features
Exchange 2013Exchange 2013 サーバーの役割の数を少なくするための簡略化されたアーキテクチャ (メールボックス、クライアントアクセス、エッジトランスポート)Simplified architecture reducing the number of server roles to three (Mailbox, Client Access, Edge Transport)
機密情報を漏洩させないようにするデータ損失防止ポリシー (DLP)Data loss prevention policies (DLP) that help keep sensitive information from leaking
Outlook Web App の操作性が大幅に向上しました。Significantly improved Outlook Web App Experience
Exchange 2016Exchange 2016 Exchange 2013 の機能Features from Exchange 2013 and…
メールボックスとエッジトランスポートだけのサーバーの役割をさらに簡素化するFurther simplified server roles to just Mailbox and Edge Transport
SharePoint との統合と共に DLP が向上しました。Improved DLP along with integration with SharePoint
データベースの復元性の向上Improved database resilience
オンラインドキュメントのコラボレーションOnline document collaboration
十分Consideration 詳細情報More Info
サポート終了日End of support dates Exchange 2010 と同様に、Exchange の各バージョンのサポート終了日は次のようになります。Like Exchange 2010, each version of Exchange has its own end of support date:
Exchange 2013 -2023 年4月Exchange 2013 - April 2023
Exchange 2016年10月2025Exchange 2016 - October 2025
以前はサポート終了日よりも早く、もう一度移行を実行する必要があります。The earlier the end of support date, the sooner you'll need to perform another migration. 2023年4月は、ご想像を超えるほど多くなります。April 2023 is a lot closer than you think!
Exchange 2013 または2016への移行パスMigration path to Exchange 2013 or 2016 Exchange 2010 から新しいバージョンへの移行パスは、Exchange 2013 または Exchange 2016 のどちらを選択する場合も同じです。The migration path from Exchange 2010 to a newer version is the same whether you choose Exchange 2013 or Exchange 2016:
既存の Exchange 2010 組織への Exchange 2013 または2016への移動サービスとその他のインフラストラクチャへの exchange 2013 への移動サービスとその他のインフラストラクチャへの移行メールボックスとパブリックフォルダーを Exchange の2016または2013に移動するその他の Exchange 2016 サーバーInstall Exchange 2013 or 2016 into your existing Exchange 2010 organization Move services and other infrastructure to Exchange 2013 or 2016 Move mailboxes and public folders to Exchange 2013 or 2016 Decommission remaining Exchange 2010 servers
バージョンの共存Version coexistence Exchange 2013 または Exchange 2016 に移行する場合は、いずれかのバージョンを既存の Exchange の2010組織にインストールできます。When migrating to Exchange 2013 or Exchange 2016, you can install either version into an existing Exchange 2010 organization. これにより、1つ以上の Exchange 2013 または Exchange 2016 サーバーをインストールして、移行を実行することができます。This enables you to install one or more Exchange 2013 or Exchange 2016 servers and perform your migration.
サーバー ハードウェアServer hardware サーバーハードウェア要件が Exchange 2010 から変更されました。Server hardware requirements have changed from Exchange 2010. 使用しているハードウェアに互換性があることを確認する必要があります。You'll need to make sure the hardware you're going to use is compatible. 各バージョンのハードウェア要件の詳細については、以下を参照してください。You can find out more about hardware requirements for each version here:
Exchange 2016 のシステム要件Exchange 2016 System Requirements
Exchange 2013 のシステム要件Exchange 2013 System Requirements
Exchange のパフォーマンスが大幅に向上したこと、および新しいサーバーでのコンピューティングの電力と記憶域の容量が増加したことにより、同じ数のメールボックスをサポートするために必要なサーバーが少なくなる可能性があることがわかります。You'll find that with the significant improvements in Exchange performance, and the increased computing power and storage capacity in newer servers, you'll likely need fewer servers to support the same number of mailboxes.
オペレーティング システムのバージョンOperating system version 各バージョンでサポートされているオペレーティングシステムの最小バージョンは次のとおりです。The minimum supported operating system versions for each version are:
Exchange 2016Windows Server 2012Exchange 2016 Windows Server 2012
Exchange 2013Windows Server 2008 R2 SP1Exchange 2013 Windows Server 2008 R2 SP1
オペレーティングシステムのサポートの詳細については、「 Exchange サポートのマトリックス」を参照してください。You can find more information about operating system support at Exchange Supportability Matrix.
Active Directory フォレストの機能レベルActive Directory forest functional level 各バージョンのサポートされている最小 Active Directory フォレストの機能レベルは次のとおりです。The minimum supported Active Directory forest functional levels for each version are:
Exchange 2016Windows Server 2008 R2 SP1Exchange 2016 Windows Server 2008 R2 SP1
Exchange 2013Windows Server 2003Exchange 2013 Windows Server 2003
フォレストの機能レベルのサポートの詳細については、「 Exchange サポートのマトリックス」を参照してください。You can find more information about forest functional level support at Exchange Supportability Matrix.
Office クライアントのバージョンOffice client versions 各バージョンでサポートされている最小 Office クライアントバージョンは次のとおりです。The minimum supported Office client versions for each version are:
Exchange 2016Office 2010 (最新の更新プログラム)Exchange 2016 Office 2010 (with the latest updates)
Exchange 2013Office 2007 SP3Exchange 2013 Office 2007 SP3
Office クライアントサポートの詳細については、「Exchange サポートのマトリックス」を参照してください。You can find more information about Office client support at Exchange Supportability Matrix.

以下のリソースを使用して、移行に役立てることができます。You can use the following resources to help you with your migration:

サポートが必要な場合はどうすればよいですか?What if I need help?

Office 365 に移行している場合は、Microsoft FastTrack サービスを使用することができます。If you're migrating to Office 365, you might be eligible to use our Microsoft FastTrack service. FastTrack は、Office 365 を可能な限りシームレスに移行できるように、ベストプラクティス、ツール、およびリソースを提供します。FastTrack provides best practices, tools, and resources to make your migration to Office 365 as seamless as possible. どのような場合も、最新のメールボックスを移行するすべての方法を計画し、設計することによって、移行を進めるための実際のサポートエンジニアが用意されています。Best of all, you'll have a real support engineer that will walk you through your migration, from planning and design all the way to migrating your last mailbox. FastTrack の詳細を知りたい場合は、「 Microsoft fasttrack」を参照してください。If you want to know more about FastTrack, take a look at Microsoft FastTrack.

Office 365 への移行中に FastTrack を使用していない場合や、新しいバージョンの Exchange Server に移行している場合は、この記事に記載されている説明を参照してください。If you run into any problems during your migration to Office 365 and you aren't using FastTrack, or your migration to a newer version of Exchange Server, we're here to help. 使用できるリソースを次に示します。Here are some resources you can use:

Office 2010 サーバーおよびクライアントからのアップグレードに役立つリソースResources to help you upgrade from Office 2010 servers and clients

Office の退職グループ (Microsoft Tech Community)Office Retirement Group (Microsoft Tech Community)