Office 365 PowerShell への接続Connect to Office 365 PowerShell

概要: Office 365 PowerShell を使用して Office 365 組織に接続し、コマンド ラインから管理タスクを実行します。Summary: Connect to your Office 365 organization using Office 365 PowerShell to perform Office 365 administration tasks from the command line.

Office 365 PowerShell を使用すると、コマンド ラインから Office 365 の設定を管理できます。Office 365 PowerShell への接続は、必要なソフトウェアをインストールしてから Office 365 組織に接続するというシンプルなプロセスです。Office 365 PowerShell lets you to manage your Office 365 settings from the command line. Connecting to Office 365 PowerShell is a simple three-step process where you install the required software, run the required software, and then connect to your Office 365 organization.

Office 365 および管理者のユーザー アカウント、グループ、ライセンスへの接続に使用する PowerShell モジュールには、次の 2 つのバージョンがあります。There are two versions of the PowerShell module that you use to connect to Office 365 and administer user accounts, groups, and licenses:

  • Graph 用 Azure Active Directory PowerShell (コマンドレット名に AzureAD が含まれる)Azure Active Directory PowerShell for Graph (cmdlets include AzureAD in their name)
  • Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュール (コマンドレット名に MSol が含まれる)Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell (cmdlets include MSol in their name)

この記事の日付の時点で、Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールは、ユーザー、グループ、およびライセンスの管理について Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールのコマンドレットの機能に完全に置き換わるものではありません。多くの場合、両方のバージョンを使用する必要があります。同じコンピューターに両方のバージョンを安全にインストールできます。As of the date of this article, the Azure Active Directory PowerShell for Graph module does not completely replace the functionality in the cmdlets of Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell module for user, group, and license administration. In many cases, you need to use both versions. You can safely install both versions on the same computer.

ヒント

PowerShell を初めて使用されますか。PowerShell の概要に関するビデオを視聴し、LinkedIn ラーニングにアクセスしてください。New to PowerShell? See a video Overview of PowerShell, brought to you by LinkedIn Learning.

はじめに把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 5 分Estimated time to complete: 5 minutes

  • 次の Windows のバージョンを使用できます。You can use the following versions of Windows:

    • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、または Windows 7 Service Pack 1 (SP1)Windows 10, Windows 8.1, Windows 8 or Windows 7 Service Pack 1 (SP1)

    • Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2 SP1Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, or Windows Server 2008 R2 SP1

      注意

      64 ビット バージョンの Windows を使用してください。Microsoft PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュールの 32 ビット バージョンのサポートは 2014 年 10 月に終了しました。Use a 64-bit version of Windows. Support for the 32-bit version the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell was discontinued in October of 2014.

  • これらの手順は、Office 365 管理者の役割のメンバーであるユーザーを対象としています。詳細については、「Office 365 の管理者ロールについて」を参照してください。These procedures are intended for users who are members of an Office 365 admin role. For more information, see About Office 365 admin roles.

Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールに接続するUse the Azure Active Directory PowerShell for Graph module

Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールのコマンドには、コマンドレット名に AzureAD が含まれます。Commands in the Azure Active Directory V2 PowerShell module have "AzureAD" in their cmdlet name.

Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールにおいて新しいコマンドレットを必要とするプロシージャについては、以下の手順を実行して、モジュールをインストールし、Office 365 サブスクリプションに接続します。For procedures that require the new cmdlets in the Azure Active Directory V2 PowerShell module, use these steps to install the module and connect to your Office 365 subscription.

注意

Microsoft Windows のさまざまなバージョンに対するサポート情報については、Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールに関するページを参照してください。See Azure Active Directory PowerShell for Graph module for information about the support for different versions of Microsoft Windows.

手順 1: 必要なソフトウェアをインストールするStep 1: Install required software

これらの手順は、お使いのコンピューターで 1 度だけ必要となり、接続する度に実行する必要はありません。しかし、定期的にソフトウェアの新しいバージョンをインストールする必要があります。These steps are required once on your computer, not every time you connect. However, you'll likely need to install newer versions of the software periodically.

  1. 管理者特権で Windows PowerShell コマンド プロンプトを開きます (Windows PowerShell を管理者として実行)。Open an elevated Windows PowerShell command prompt (run Windows PowerShell as an administrator).

  2. [ Administrator:Windows PowerShell] コマンド ウィンドウで、次のコマンドを実行します。In the Administrator: Windows PowerShell command window, run this command:

Install-Module -Name AzureAD

信頼されていないリポジトリからモジュールをインストールするようにメッセージが表示されたら、「Y」と入力し、Enter を押します。If prompted about installing a module from an untrusted repository, type Y and press ENTER.

手順 2: Office 365 サブスクリプション用の Azure AD に接続するStep 2: Connect to your Office 365 subscription

アカウント名とパスワードまたは多要素認証 (MFA) を使用して Office 365 サブスクリプション用の Azure AD に接続するには、Windows PowerShell コマンド プロンプトから次のいずれかのコマンドを実行します (昇格する必要はありません)。To connect to Azure AD for your Office 365 subscription with an account name and password or with multi-factor authentication (MFA), run one of these commands from a Windows PowerShell command prompt (it does not have to be elevated).

Office 365 のクラウドOffice 365 cloud コマンドCommand
Office 365 ワールドワイド (+GCC)Office 365 Worldwide (+GCC) Connect-AzureAD
21 Vianet が運営する Office 365Office 365 operated by 21 Vianet Connect-AzureAD -AzureEnvironmentName AzureChinaCloud
Office 365 GermanyOffice 365 Germany Connect-AzureAD -AzureEnvironmentName AzureGermanyCloud
Office 365 U.S. Government DoD と Office 365 U.S. Government GCC HighOffice 365 U.S. Government DoD and Office 365 U.S. Government GCC High Connect-AzureAD -AzureEnvironmentName AzureUSGovernment

[アカウントにサインイン] ダイアログ ボックスで、Office 365 の職場または学校のアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。In the Windows PowerShell Credential Request dialog box, type your Office 365 work or school account user name and password, and then click OK.

MFA を使用している場合は、追加のダイアログ ボックスの手順に従って、確認コードなどのその他の認証情報を入力します。If you are using MFA, follow the instructions in the additional dialog boxes to provide more authentication information, such as a verification code.

接続後は、Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールの新しいコマンドレットを使用できます。After connecting, you can use the new cmdlets for the Azure Active Directory V2 PowerShell module.

Microsoft PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュールとの接続Connect with the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell

Microsoft PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュールには、コマンドレット名に Msol が含まれています。Commands in the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell have Msol in their cmdlet name.

手順 1: 必要なソフトウェアをインストールしますStep 1: Install required software

これらの手順は、お使いのコンピューターで 1 度だけ必要となり、接続する度に実行する必要はありません。しかし、定期的にソフトウェアの新しいバージョンをインストールする必要があります。These steps are required once on your computer, not every time you connect. However, you'll likely need to install newer versions of the software periodically.

  1. Microsoft Online Services サインイン アシスタントの 64 ビット バージョンをインストールします: IT プロフェッショナル用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTWInstall the 64-bit version of the Microsoft Online Services Sign-in Assistant: Microsoft Online Services Sign-in Assistant for IT Professionals RTW.

  2. 以下の手順に従って、Windows PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュールをインストールします。Install the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell with these steps:

  • 管理者特権で Windows PowerShell コマンド プロンプトを開きます (Windows PowerShell を管理者として実行)。Open an elevated Windows PowerShell command prompt (run Windows PowerShell as an administrator).
  • Install-Module MSOnline コマンドを実行します。Run the Install-Module MSOnline command.
  • NuGet プロバイダーをインストールするようにメッセージが表示されたら、「Y」と入力し、ENTER を押します。If prompted to install the NuGet provider, type Y and press ENTER.
  • PSGallery からモジュールをインストールするようにメッセージが表示されたら、「Y」と入力し、Enter を押します。If prompted to install the module from PSGallery, type Y and press ENTER.

手順 2: Office 365 サブスクリプション用の Azure AD に接続するStep 2: Connect to your Office 365 subscription

アカウント名とパスワードまたは多要素認証 (MFA) を使用して Office 365 サブスクリプション用の Azure AD に接続するには、Windows PowerShell コマンド プロンプトから次のいずれかのコマンドを実行します (昇格する必要はありません)。To connect to Azure AD for your Office 365 subscription with an account name and password or with multi-factor authentication (MFA), run one of these commands from a Windows PowerShell command prompt (it does not have to be elevated).

Office 365 のクラウドOffice 365 cloud コマンドCommand
Office 365 ワールドワイド (+GCC)Office 365 Worldwide (+GCC) Connect-MsolService
21 Vianet が運営する Office 365Office 365 operated by 21 Vianet Connect-MsolService -AzureEnvironmentName AzureChinaCloud
Office 365 GermanyOffice 365 Germany Connect-MsolService -AzureEnvironmentName AzureGermanyCloud
Office 365 U.S. Government DoD と Office 365 U.S. Government GCC HighOffice 365 U.S. Government DoD and Office 365 U.S. Government GCC High Connect-MsolService -AzureEnvironmentName USGovernment

[アカウントにサインイン] ダイアログ ボックスで、Office 365 の職場または学校のアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。In the Windows PowerShell Credential Request dialog box, type your Office 365 work or school account user name and password, and then click OK.

MFA を使用している場合は、追加のダイアログ ボックスの手順に従って、確認コードなどのその他の認証情報を入力します。If you are using MFA, follow the instructions in the additional dialog boxes to provide more authentication information, such as a verification code.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

何もエラーが表示されなければ、正常に接続されています。簡単に確かめるには、Office 365 コマンドレット ( Get-MsolUser など) を実行して結果を確認します。If you don't receive any errors, you connected successfully. A quick test is to run an Office 365 cmdlet—for example, Get-MsolUser —and see the results.

エラーが表示された場合は、次の要件を確認します。If you receive errors, check the following requirements:

  • よくある原因は、正しくないパスワードです。手順 2 をもう一度実行して、ユーザー名とパスワードの入力に注意します。A common problem is an incorrect password. Run Step 3 again. and pay close attention to the user name and password you enter.

  • Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールでは、Microsoft .NET Framework 3.5. x 機能がお使いのコンピューターで有効になっている必要があります。お使いのコンピューターに、より新しいバージョン (たとえば、4 または 4.5.* x*) がインストールされている場合でも、.NET Framework の古いバージョンとの下位互換性を有効または無効にすることができます。詳細については、以下のトピックをご覧ください。The Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell requires that the Microsoft .NET Framework 3.5. x feature is enabled on your computer. It's likely that your computer has a newer version installed (for example, 4 or 4.5. x), but backwards compatibility with older versions of the .NET Framework can be enabled or disabled. For more information, see the following topics:

  • お使いの Microsoft PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュール のバージョンは期限切れの可能性があります。 Office 365 PowerShell または Microsoft PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュール で、次のコマンドを実行して確認します。Your version of the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell might be out of date. To check, run the following command in Office 365 PowerShell or the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell:

    (Get-Item C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\MSOnline\Microsoft.Online.Administration.Automation.PSModule.dll).VersionInfo.FileVersion
    

    返されたバージョン番号が 1.0.8070.2 の値より小さい場合は、Microsoft PowerShell の Microsoft Azure Active Directory モジュール をアンインストールして、手順 1 のリンクから最新バージョンをインストールします。If the version number returned is lower than the value 1.0.8070.2, uninstall the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell and install the latest version from the link in Step 1.

  • 接続エラーが発生した場合は、"Connect-MsolService: 例外がスローされました" というエラーに関するトピックをご覧ください。If you receive a connection error, see this topic: "Connect-MsolService: Exception of type was thrown" error.

関連項目See also