Office 365 PowerShell を使用して Skype for Business Online を管理するManage Skype for Business Online policies with Office 365 PowerShell

概要: Office 365 PowerShell を使用して、ポリシーが割り当てられている Skype for Business Online ユーザー アカウントのプロパティを管理します。Summary: Use Office 365 PowerShell to manage your Skype for Business Online user account properties with policies.

Skype for Business Online のユーザー アカウントの多数のプロパティを管理するには、Office 365 PowerShell を使用してポリシーのプロパティとして指定する必要があります。To manage many properties of user account for Skype for Business Online, you must specify them as properties of policies with Office 365 PowerShell.

はじめにBefore you begin

次の手順にしたがってコマンドを実行するためのセットアップを行います (すでに終わっている場合はこれらの手順は省略可能です)。Use these instructions to get set up to run the commands (skip the steps you have already completed):

  1. Skype for Business Online Connector モジュールをダウンロードしてインストールします。Download and install the Skype for Business Online Connector module.

  2. Windows PowerShell コマンド プロンプトを開いて次のコマンドを実行します:Open a Windows PowerShell command prompt and run the following commands:

Import-Module LyncOnlineConnector
$userCredential = Get-Credential
$sfbSession = New-CsOnlineSession -Credential $userCredential
Import-PSSession $sfbSession

ダイアログ ボックスが表示されたら、Skype for Business Online 管理者のアカウント名とパスワードを入力します。When prompted, enter your Skype for Business Online administrator account name and password.

ユーザー アカウント ポリシーの管理Manage user account policies

多くの Skype for Business Online ユーザー アカウント プロパティは、ポリシーを使用して設定します。ポリシーは、1 人以上のユーザーに適用可能な設定の集合に過ぎません。ポリシーの構成方法については、FederationAndPICDefault ポリシーに関するサンプル コマンドを実行して確認できます。Many Skype for Business Online user account properties are configured by using policies. Policies are simply collections of settings that can be applied to one or more users. To take a look at how the a policy has been configured, you can run this example command for the FederationAndPICDefault policy:

Get-CsExternalAccessPolicy -Identity "FederationAndPICDefault"

これにより、次のように表示されるはずです。In turn, you should get back something similar to this:

Identity                          : Tag:FederationAndPICDefault
Description                       :
EnableFederationAccess            : True
EnableXmppAccess                  : False
EnablePublicCloudAccess           : True
EnablePublicCloudAudioVideoAccess : True
EnableOutsideAccess               : True

このポリシー内の値は、ユーザーがフェデレーション ユーザーとの通信に関して実際にできることとできないことを示しています。たとえば、組織外部のユーザーと通信できるようにするためには、EnableOutsideAccess プロパティを True に設定する必要があります。このプロパティは Office 365 管理センターには表示されません。代わりに、このプロパティはその他の選択内容に基づいて自動的に True または False に設定されます。関心のある他の 2 つのプロパティについては、次のようになります。In this example, the values within this policy determine what a use can or cannot do when it comes to communicating with federated users. For example, the EnableOutsideAccess property must be set to True for a user to be able to communicate with people outside the organization. Note that this property does not appear in the Office 365 Admin center. Instead, the property is automatically set to True or False based on the other selections that you make. The other two properties of interest are:

  • EnableFederationAccess は、ユーザーがフェデレーション ドメインからのユーザーと通信できるかどうかを示します。EnableFederationAccess indicates whether the user can communicate with people from federated domains.

  • EnablePublicCloudAccess は、ユーザーが Windows Live ユーザーと通信できるかどうかを示します。EnablePublicCloudAccess indicates whether the user can communicate with Windows Live users.

つまり、ユーザー アカウント上のフェデレーション関連プロパティを直接変更したわけではなく (Set-CsUser -EnableFederationAccess $True など)、必要なプロパティ値が事前に構成された外部アクセス ポリシーをアカウントに割り当てただけです。ユーザーがフェデレーション ユーザーおよび Windows Live ユーザーと通信できるようにするには、ユーザー アカウントにこれらの種類の通信を可能にするポリシーを割り当てる必要があります。Therefore, you don't directly change federation-related properties on user accounts (for example, Set-CsUser -EnableFederationAccess $True). Instead, you assign an account an external access policy that has the desired property values preconfigured. If we want a user to be able to communicate with federated users and with Windows Live users, that user account must be assigned a policy that allows those types of communication.

特定のユーザーが組織外部のユーザーと通信できるかどうかを知りたい場合は、次のようにする必要があります。If you want to know whether or not someone can communicate with users from outside the organization, you have to:

  • そのユーザーに割り当てられている外部アクセス ポリシーを特定します。Determine which external access policy has been assigned to that user.

  • そのポリシーで許可または禁止されている機能を特定します。Determine which capabilities are or are not allowed by that policy.

設定するには、次のコマンドを使用します。For example, you can do that by using this command:

Get-CsOnlineUser -Identity "Alex Darrow" | ForEach {Get-CsExternalAccessPolicy -Identity $_.ExternalAccessPolicy}

このコマンドでは、ユーザーに割り当てられたポリシーを探してから、そのポリシー内で有効または無効になっている機能を探します。This command finds the policy assigned to the user, then finds the capabilities enabled or disabled within that policy.

ただし、ポリシーを作成または変更するためのコマンドレットは存在しないため、Office 365 から事前に提供されているポリシーを使用する必要があります。他に使用可能なポリシーを調べたい場合は、次のコマンドを使用できます。Note that there are no cmdlets for creating or for modifying policies. You must use the policies pre-supplied by Office 365. If you want to take a look at the different policies available, you can use these commands:

  • Get-CsClientPolicyGet-CsClientPolicy
  • Get-CsConferencingPolicyGet-CsConferencingPolicy
  • Get-CsDialPlanGet-CsDialPlan
  • Get-CsExternalAccessPolicyGet-CsExternalAccessPolicy
  • Get-CsHostedVoicemailPolicyGet-CsHostedVoicemailPolicy
  • Get-CsPresencePolicyGet-CsPresencePolicy
  • Get-CsVoicePolicyGet-CsVoicePolicy

注意

Skype for Business Online ダイヤル プランは、名前以外はポリシーそのものです。「ダイヤル プラン」という名前は、Office Communications Server と Exchange との下位互換性を維持するために「ダイヤル ポリシー」の代わりに選択されたものです。A Skype for Business Online dial plan is a policy in every respect except the name. The name "dial plan" was chosen instead of, say, "dialing policy" in order to provide backward compatibility with Office Communications Server and with Exchange.

たとえば、用途に使用可能なすべての音声ポリシーを調べるには、次のコマンドを実行します。For example, to look at all the voice policies available for your use, run this command:

Get-CsVoicePolicy

注意

このコマンドは、使用可能なすべての音声ポリシーのリストを返します。ただし、すべてのポリシーをすべてのユーザーに割り当てられるとは限らない点に注意してください。これは、ライセンスや地理的な位置など、さまざまな制限によります (いわゆる「使用場所」のことです)。特定のユーザーに割り当てることが可能な外部アクセス ポリシーと会議ポリシーを知りたい場合は、次のようなコマンドを使用します。That returns a list of all the voice policies available to you. Keep in mind, however, that not all policies can be assigned to all users. This is due to various restrictions involving licensing and geographic location. (The so-called "usage location.") If you want to know the external access policies and the conferencing policies that can be assigned to a particular user, use commands similar to these:

Get-CsConferencingPolicy -ApplicableTo "Alex Darrow"
Get-CsExternalAccessPolicy -ApplicableTo "Alex Darrow"

ApplicableTo パラメーターは、返すデータを、指定されたユーザー (Alex Darrow など) に割り当てることが可能なポリシーに限定します。ライセンスと利用場所の制限によっては、使用可能なすべてのポリシーの一部しか表示しない場合があります。The ApplicableTo parameter limits the returned data to policies that can be assigned to the specified user (for example, Alex Darrow). Depending on licensing and usage location restrictions, that might represent a subset of all the available policies.

Office 365 ではポリシーのプロパティを使用しない場合もあり、また、Microsoft のサポート担当者のみが管理可能なプロパティもあります。In some cases, properties of policies are not used with Office 365, while others can only be managed by Microsoft support personnel.

Skype for Business Online を使用している場合は、何らかのポリシーによってユーザーを管理する必要があります。有効なポリシーに関連するプロパティが空白の場合、当該ユーザーには、ユーザーごとのポリシーが割り当てられていない場合に自動的に適用されるグローバル ポリシーによって管理されていることを意味します。ユーザー アカウントではクライアント ポリシーが表示されていないため、グローバル ポリシーによって管理されています。グローバル クライアント ポリシーを設定するには次のコマンドを使用します。With Skype for Business Online, users must be managed by a policy of some kind. If a valid policy-related property is blank, that means that the user in question is being managed by a global policy, which is a policy that is automatically applied to a user unless he or she is specifically assigned a per-user policy. Because we don't see a client policy listed for a user account, it is managed by the global policy. You can determine the global client policy with this command:

Get-CsClientPolicy -Identity "Global"

関連項目See also

Office 365 PowerShell を使用して Skype for Business Online を管理するManage Skype for Business Online with Office 365 PowerShell

Office 365 PowerShell による Office 365 の管理Manage Office 365 with Office 365 PowerShell

Office 365 PowerShell の概要Getting started with Office 365 PowerShell