Office 365 のコンテンツ検索Content Search in Office 365

Office 365 または Microsoft 365 のコンプライアンスセンターでコンテンツ検索電子情報開示ツールを使用して、Office 365 組織の電子メール、ドキュメント、インスタントメッセージの会話など、インプレースアイテムを検索することができます。You can use the Content Search eDiscovery tool in the compliance center in Office 365 or Microsoft 365 to search for in-place items such as email, documents, and instant messaging conversations in your Office 365 organization. このツールを使用して、これらの Office 365 サービスのアイテムを検索します。Use this tool to search for items in these Office 365 services:

  • Exchange Online メールボックスとパブリック フォルダーExchange Online mailboxes and public folders

  • SharePoint Online サイトと OneDrive for Business アカウントSharePoint Online sites and OneDrive for Business accounts

  • Skype for Business の会話Skype for Business conversations

  • Microsoft TeamsMicrosoft Teams

  • Office 365 グループOffice 365 Groups

コンテンツ検索を実行すると、コンテンツの場所の数と予想される検索結果の数が検索プロファイルに表示されます。検索クエリと一致するアイテムが最も多いコンテンツの場所など、統計情報をすばやく表示することもできます。検索を実行した後、結果をプレビューしたり、ローカルコンピューターにエクスポートしたりすることができます。After you run a Content Search, the number of content locations and an estimated number of search results are displayed in the search profile. You can also quickly view statistics, such as the content locations that have the most items that match the search query. After you run a search, you can preview the results or export them to a local computer.

検索を実行して検索結果をプレビューおよびエクスポートするためにコンテンツ検索ページにアクセスできるようにするには、管理者、コンプライアンス責任者、または電子情報開示マネージャーが、Security AMP コンプライアンスセンターの電子情報開示マネージャーの役割グループのメンバーである必要があります。To have access to the Content search page to run searches and preview and export search results, an administrator, compliance officer, or eDiscovery manager must be a member of the eDiscovery Manager role group in the Security & Compliance Center. 詳細については、「電子情報開示のアクセス許可を割り当てる」を参照してください。For more information, see Assign eDiscovery permissions.

  1. https://protection.office.com移動し、Office 365 の電子メールアドレスとパスワードを使用してサインインします。Go to https://protection.office.com and sign in using your Office 365 email address and password.

  2. [検索 > コンテンツ検索] をクリックします。Click Search > Content search.

  3. [検索] ページで、![追加アイコン 新しい検索] の横にある矢印をクリックします。On the Search page, click the arrow next to Add icon New search.

    新しい検索のドロップダウン リスト

    以下のいずれかのオプションを選択できます。You can choose one of the following options:

    • [ガイド付き検索] - このオプションを選択すると、検索を作成するための手順が示されたウィザードが起動します。コンテンツの場所を選択して検索クエリを作成するためのユーザー インターフェイスは、[新しい検索] オプションと同じです。Guided search - This option starts a wizard that guides you through the creating the search. The user interface to select content locations and build the search query are the same as the New search option.

    • [新しい検索] - このオプションを選択すると、新しい検索を作成するために更新されたユーザー インターフェイスが表示されます。これは、[新しい検索] をクリックした場合の既定のオプションです。New search - This option displays an updated user interface to create a new search. This is the default option if you click New search.

    • [ID リストによる検索] - このオプションでは、Exchange ID のリストを使用して特定の電子メール メッセージやその他のメールボックス アイテムを検索できます。ID リスト検索 (正式には対象指定検索と呼ばれます) を作成するには、検索する特定のメールボックス アイテムを識別するコンマ区切り値 (CSV) ファイルを送信します。手順については、「Office 365 で ID リスト コンテンツ検索の CSV ファイルを準備する」を参照してください。Search by ID List - This option lets you search for specific email messages and other mailbox items using a list of Exchange IDs. To create an ID list search (formally called a targeted search), you submit a comma separated value (CSV) file that identifies the specific mailbox items to search for. For instructions, see Prepare a CSV file for an ID list Content Search in Office 365.

    この手順の残りの部分は、既定の新しい検索ワークフローに従います。The remainder of the steps in this procedure will follow the default new search workflow.

  4. ドロップダウン リストで [新しい検索] をクリックします。Click New search in the drop-down list.

  5. [検索クエリ] で、次の項目を指定します。Under Search query, specify the following things.

    キーワード、条件、および検索する場所を指定します。

    • 検索するキーワード - [キーワード] ボックスに検索クエリを入力します。キーワード、メッセージ プロパティ (送信日時や受信日時など)、またはファイル名、ドキュメントが最後に変更された日付などのドキュメント プロパティを指定できます。ANDORNOTNEAR などのブール演算子を使用するより複雑なクエリを使用することができます。また、ドキュメント内の機密情報 (社会保障番号など) を検索したり、外部で共有されているドキュメントを検索したりすることもできます。[キーワード] ボックスを空のままにすると、指定したコンテンツの場所にあるすべてのコンテンツが検索結果に含まれます。Keywords to search for - Type a search query in Keywords box. You can specify keywords, message properties such as sent and received dates, or document properties such as file names or the date that a document was last changed. You can use a more complex queries that use a Boolean operator, such as AND, OR, NOT, and NEAR. You can also search for sensitive information (such as social security numbers) in documents, or search for documents that have been shared externally. If you leave the keyword box empty, all content located in the specified content locations will be included in the search results.

      または、[キーワード リストの表示] チェックボックスをオンにして、各行にキーワードを入力することもできます。このようにすると、各行のキーワードは、作成された検索クエリの OR 演算子の機能に似た論理演算子 (c:s) によって接続されます。Alternatively, you can click the Show keyword list checkbox and the type a keyword in each row. If you do this, the keywords on each row are connected by a logical operator ( c:s) that is similar in functionality to the OR operator in the search query that's created.

      キーワード リストを使用するのはなぜですか。各キーワードと一致するアイテム数を示す統計情報を取得することができます。これは、最も有効な (および最も有効でない) キーワードをすばやく識別するのに役立ちます。行で (かっこで囲まれた) キーワード フレーズを使用することもできます。検索統計の詳細については、「コンテンツ検索結果のキーワード統計の表示」を参照してください。Why use the keyword list? You can get statistics that show how many items match each keyword. This can help you quickly identify which keywords are the most (and least) effective. You can also use a keyword phrase (surrounded by parentheses) in a row. For more information about search statistics, see View keyword statistics for Content Search results.

    注意

    大規模なキーワード リストによって生じる問題を軽減するため、キーワード リストの行は最大 20 行に設定されています。To help reduce issues caused by large keyword lists, you're now limited to a maximum of 20 rows in the keyword list.

    • 条件 - 検索条件を追加して、検索結果を絞り込んだり、より洗練された結果セットを返すことができます。各条件は、検索を開始するときに作成され、実行される句を検索クエリに追加します。条件は、論理演算子 (c:c) によって論理的に (キーワード ボックスで指定された) キーワード クエリに関連付けられています。これは、AND 演算子と機能が似ています。つまり、アイテムは、キーワード クエリと、結果に含まれる 1 つ以上の条件を満たす必要があることを意味します。このようにすると、条件によって結果を絞り込むことができます。検索クエリで使用できる条件のリストと説明については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと検索条件」の「検索条件」セクションを参照してください。Conditions - You can add search conditions to narrow a search and return a more refined set of results. Each condition adds a clause to the search query that is created and run when you start the search. A condition is logically connected to the keyword query (specified in the keyword box) by a logical operator ( c:c) that is similar in functionality to the AND operator. That means that items have to satisfy both the keyword query and one or more conditions to be included in the results. This is how conditions help to narrow your results. For a list and description of conditions that you can use in a search query, see the "Search conditions" section in Keyword queries and search conditions for Content Search.

      • 場所 - 検索するコンテンツの場所を選択します。Locations - Choose the content locations to search.

      • すべての場所 - 組織内のすべてのコンテンツの場所を検索するには、このオプションを使用します。これには、すべての Exchange メールボックス (非アクティブなすべてのメールボックス、すべての Office 365 グループのメールボックス、すべての Microsoft Teams のメールボックスなど)、すべての Skype for Business の会話、すべての SharePoint および OneDrive for Business サイト (すべての Office 365 グループと Microsoft Teams のサイトなど) 内の電子メール、およびすべての Exchange パブリック フォルダー内のアイテムが含まれます。All locations - Use this option to search all content locations in your organization. This includes email in all Exchange mailboxes (including all inactive mailboxes, mailboxes for all Office 365 Groups, mailboxes for all Microsoft Teams), all Skype for Business conversations, all SharePoint and OneDrive for Business sites (including the sites for all Office 365 Groups and Microsoft Teams), and items in all Exchange public folders.

      • 特定の場所 - 特定のコンテンツの場所を検索するには、このオプションを使用します。特定の Office 365 サービスのすべてのコンテンツの場所を検索できます (すべての Exchange メールボックスを検索したり、すべての SharePoint サイトを検索したりするなど)。または、表示されている Office 365 サービスの特定の場所を検索することができます。Specific locations - Use this option to search specific content locations. You can search all content locations for a specific Office 365 service (such as searching all Exchange mailboxes or search all SharePoint sites) or you can search specific locations in any of the Office 365 services that are displayed.

        検索するコンテンツの場所を選択するためのユーザー インターフェイス

        また、検索する Exchange メールボックスのリストに配布グループを追加することもできます。配布グループの場合、グループ メンバーのメールボックスが検索されます。動的配布グループはサポートされていないことに注意してください。Note that you can also add distribution groups to the list of Exchange mailboxes to search. For distribution groups, the mailboxes of group members are searched. Note that dynamic distribution groups aren't supported.

      重要: すべてのメールボックスの場所または特定のメールボックスだけを検索すると、コンテンツ検索の結果をエクスポートするときに、MyAnalytics と、ユーザーのメールボックスに保存されている他の Office 365 アプリケーションのデータが含まれます。このデータは、予想される検索結果には含まれません。また、プレビューでも使用できません。これは、検索結果をエクスポートおよびダウンロードするときにのみ含まれます。「コンテンツ検索に関する詳細情報」セクションの「MyAnalytics およびその他の Office 365 アプリケーションからのデータのエクスポート」を参照してください。Important: When you search all mailbox locations or just specific mailboxes, data from MyAnalytics and other Office 365 applications that's saved to user mailboxes will be included when you export the results of a Content Search. This data will not be included in the estimated search results and it won't be available for preview. It will only be included when you export and download the search results; see Exporting data from MyAnalytics and other Office 365 applications in the "More information about content search" section.

  6. 検索クエリを設定したら、[保存と実行] をクリックします。After you've set up your search query, click Save & run.

  7. [検索の保存] ページで、検索の名前と、検索を識別するために使用できる説明 (オプション) を入力します。検索の名前は、組織内で一意である必要があることに注意してください。On the Save search page, type a name for the search, and an optional description that helps identify the search. Note that the name of the search has to be unique in your organization.

  8. [保存] をクリックして検索を開始します。Click Save to start the search.

    検索を保存して実行すると、検索によって返された結果が結果ウィンドウに表示されます。プレビュー設定の構成方法によっては、検索結果が表示されるか、[結果のプレビュー] をクリックして表示する必要があります。詳細については、次のセクションを参照してください。After you save and run the search, any results returned by the search are displayed in the results pane. Depending on how you have the preview setting configured, the search results are display or you have to click Preview results to view them. See the next section for details.

このコンテンツ検索に再度アクセスするか、コンテンツ検索ページにリストされている他のコンテンツ検索にアクセスするには、検索を選択し、[開く] をクリックします。To access this content search again or access other content searches listed on the Content search page, select the search and then click Open.

結果をクリアするか、新しい検索を作成するには、![追加アイコン 新しい検索] をクリックします。To clear the results or create a new search, click Add icon New search.

検索結果のプレビューPreview search results

検索結果のプレビューには、2 つの構成設定があります。新しい検索を実行するか、既存の検索を開いた後、[個別の結果] をクリックして、次のプレビュー設定を表示します。There are two configuration settings for previewing search results. After you run a new a new search or open an existing search, click ** Individual results ** to view the following preview settings:

検索結果設定のプレビュー

  1. [結果を自動的にプレビューする] - この設定は、検索を実行した後に検索結果を表示します。Preview results automatically - This setting displays the search results after you a run a search.

  2. [結果を手動でプレビューする] - この設定を使用すると、[検索結果] ウィンドウにプレースホルダーが表示され、検索結果を表示するためにクリックする必要がある [結果のプレビュー] ボタンが表示されます。これは既定の設定で、既存の検索を開いたときに検索結果が自動的に表示されないため、検索のパフォーマンスが向上します。Preview results manually - This setting displays placeholders in the search results pane, and displays the Preview results button that you have to click to display the search results. This is the default setting; it helps enhance search performance by not automatically displaying the search results when you open an existing search.

プレビューできるアイテムの数に関連する制限があります。There are limits related to how many items are available to be previewed. 詳細については、「コンテンツ検索の制限」を参照してください。For more information, see Limits for Content Search.

プレビューできるサポートされているファイルの種類のリストについては、「コンテンツ検索に関する詳細情報」セクションの「検索結果のプレビュー」を参照してください。プレビューがサポートされないファイルの種類の場合、またはドキュメントのコピーをダウンロードする場合は、[元のファイルのダウンロード] をクリックしてローカル コンピューターにダウンロードします。.aspx Web ページの場合、ページの URL が含まれていても、ページへのアクセス許可を持っていないことがあります。For a list of supported file types that can be previewed, see Previewing search results in the "More information about content search" section. If a file type isn't supported for preview or to download a copy of a document, you can click Download original file to download it to your local computer. For .aspx Web pages, the URL for the page is included though you might not have permissions to access the page.

また、インデックスのないアイテムはプレビューできないことにも注意してください。Also note that unindexed items aren't available for previewing.

コンテンツ検索を作成して実行した後は、予想される検索結果の統計情報を表示できます。これには、検索結果の概要、アイテムが検索クエリと一致したコンテンツの場所の数などのクエリ統計情報、最も多くのアイテムが一致したコンテンツの場所の名前が含まれます。1 つまたは複数のコンテンツ検索に対して統計情報を表示できます。これにより、複数の検索の結果を簡単に比較して、検索クエリの有効性を判断できます。After you create and run a content search, you can view statistics about the estimated search results. This includes a summary of the search results, the query statistics such as the number of content locations with items that match the search query, and the name of content locations that have the most matching items. You can display statistics for one or more content searches. This lets you to quickly compare the results for multiple searches and make decisions about the effectiveness of your search queries.

また、検索の統計情報とキーワードの統計情報を CSV ファイルにダウンロードできます。これにより、Excel のフィルター機能や並べ替え機能を使用して結果を比較し、検索結果のレポートを準備できます。You can also download the search statistics and keyword statistics to a CSV file. This lets you use the filtering and sorting features in Excel to compare results, and prepare reports for your search results.

検索の統計情報を表示するにはTo view search statistics:

  1. [コンテンツ検索] ページで、[開く] をクリックして、統計を表示する検索をクリックします。On the Content search page, click Open and then click the search that you want to view the statistic for.

  2. [ポップアップ] ページで、[クエリを開く] をクリックします。On the fly out page, click Open query.

  3. [個々の結果] ドロップダウン リストで、[検索プロファイル] をクリックします。In the Individual results drop down list, click Search profile.

  4. [種類] ドロップダウン リストで、表示する検索統計に応じて、次のいずれかのオプションをクリックします。In the Type drop down list, click one of the following options depending on the search statistics you want to view.

  • [概要] - 検索したコンテンツの場所の種類ごとに統計情報を表示します。ここには検索クエリに一致したアイテムが含まれているコンテンツの場所の数と、検索結果のアイテムの合計数とサイズが表示されます。これは既定の設定です。Summary - Displays statistics for each type of content locations searched. This contents the number of content locations that contained items that matched the search query, and the total number and size of search result items. This is the default setting.

  • [クエリ] - 検索クエリについての統計情報を表示します。これには、クエリの統計情報が適用されるコンテンツの場所の種類、統計情報を適用できる検索クエリの一部 (プライマリは検索クエリ全体を示すことに注意してください)、検索クエリと一致したアイテムが含まれるコンテンツの場所の数、および検索クエリに一致する (指定されたコンテンツの場所で) 検出されたアイテムの合計数とサイズが含まれます。インデックスのないアイテム (部分的にインデックスが作成されたアイテムとも呼ばれます) の統計も表示されることに注意してください。ただし、統計情報には、メールボックスの部分的にインデックスが作成されたアイテムのみが含まれています。SharePoint および OneDrive からの部分的にインデックスが作成されたアイテムは統計情報に含まれません。Queries - Displays statistics about the search query. This includes the type of content location the query statistics are applicable to, part of the search query the statistics are applicable to (note that Primary indicates the entire search query), the number of the content locations that contain items that match the search query, and the total number and size and items that were found (in the specified content location) that match the search query. Note that statistics for unindexed items (also called partially indexed items) are also displayed. However, only partially indexed items from mailboxes are included in the statistics. Partially indexed items from SharePoint and OneDrive are not included in the statistics.

  • [上位の場所] - 検索された各コンテンツの場所で検索クエリに一致したアイテムの数に関する統計情報が表示されます。上位の 1,000 の場所が表示されます。Top locations - Displays statistics about the number of items that match the search query in each content location that was searched. The top 1,000 locations are displayed.

検索統計の詳細については、「コンテンツ検索結果のキーワード統計の表示」を参照してください。For more detailed information about search statistics, see View keyword statistics for Content Search results.

検索結果をエクスポートするExport search results

検索が正常に実行されたら、検索結果をローカル コンピューターにエクスポートできます。電子メールの結果をエクスポートする場合は、PST ファイルとして、または個別のメッセージ (.msg ファイル) としてコンピューターにダウンロードされます。SharePoint および OneDrive のサイトからコンテンツをエクスポートする場合は、ネイティブの Office ドキュメントのコピーがエクスポートされます。また、エクスポートされた検索結果には追加のドキュメントとレポートも含まれています。実際のアイテムではなく、単に検索結果レポートをエクスポートすることもできます。After a search is successfully run, you can export the search results to a local computer. When you export email results, they can be downloaded to your computer as PST files or as individual messages (.msg files). When you export content from SharePoint and OneDrive sites, copies of native Office documents are exported. There are also additional documents and reports that are included with the exported search results. You can also just export the search results report and not the actual items.

検索結果をエクスポートするにはTo export search results:

  1. [コンテンツ検索] ページで、検索結果をエクスポートする検索をクリックします。On the Content search page, click the search that you want to export the search results for.

  2. [ポップアップ] ページで、検索結果のエクスポート アイコン [詳細][結果のエクスポート] の順にクリックします。検索結果レポートのエクスポートも可能です。On the fly out page, click Export search results icon More, and then click Export results. Note that you can also export a search results report.

  3. [結果のエクスポート] ポップアップ ページの各セクションに入力します。スクロール バーを使用して、すべてのエクスポート オプションを確認してください。Complete the sections on the Export results fly out page. Be sure to use the scroll bar to view all export options.

詳細な手順とトラブルシューティングのヒントについては、以下を参照してください。For more detailed instructions and troubleshooting tips, see:

コンテンツ検索の詳細については、以下のセクションを参照してください。See the following sections for more information about content searches.

コンテンツ検索の制限Content search limits

検索クエリの作成Building a search query

OneDrive アカウントの検索Searching OneDrive accounts

Microsoft Teams と Office 365 グループの検索Searching Microsoft Teams and Office 365 Groups

非アクティブなメールボックスの検索Searching inactive mailboxes

検索結果のプレビューPreviewing search results

部分的にインデックスが作成されたアイテムPartially indexed items

MyAnalytics およびその他の Office 365 アプリケーションからのデータのエクスポートExporting data from MyAnalytics and other Office 365 applications

コンテンツ検索の制限Content search limits

  • コンテンツ検索機能に適用される制限については、「コンテンツ検索の制限」を参照してください。For a description of the limits that are applied to the Content Search feature, see Limits for Content Search.

  • すべての Office 365 組織が実行するコンテンツ検索について、Microsoft はパフォーマンス情報を収集しています。検索クエリが複雑になると、検索時間が長くなる可能性がありますが、検索時間が長くなる最も大きな要因は、検索するメールボックス数です。Microsoft は検索時間についてサービス レベル アグリーメントを提供していませんが、検索に含まれるメールボックス数に基づくコンテンツ検索の平均検索時間を次の表に示します。Microsoft collects performance information for Content Searches run by all Office 365 organizations. While the complexity of the search query can impact search times, the biggest factor that affects how long searches take is the number of mailboxes searched. Although Microsoft doesn't provide a Service Level Agreement for search times, the following table lists average search times for a Content Search based on the number of mailboxes included in the search.

メールボックスの数Number of mailboxes 検索平均時間Average search time
100100
30 秒30 seconds
1,0001,000
45 秒45 seconds
10,00010,000
4 分4 minutes
25,00025,000
10 分10 minutes
50,00050,000
20 分20 minutes
100,000100,000
25 分25 minutes

検索クエリの作成Building a search query

検索クエリの作成、ブール検索演算子と検索条件の使用、組織外のユーザーと共有する機密情報の種類とコンテンツの検索の詳細については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと検索条件」を参照してください。For detailed information about creating a search query, using Boolean search operators and search conditions, and searching for sensitive information types and content shared with users outside your organization, see Keyword queries and search conditions for Content Search .

キーワード リストを使用して検索クエリを作成する場合は、次の点に注意してください。Keeping the following things in mind when using the keyword list to create a search query.

  • [キーワード リストの表示] チェックボックスをオンにしてから、キーワードをそれぞれ別の行に入力し、各行のキーワード (またはキーワード フレーズ) が OR 演算子でつながれる検索クエリを作成する必要があります。単にキーワード ボックスにキーワードのリストを貼り付けるか、キーワードを入力してから Enter キーを押すと、OR 演算子でつながれません。キーワードのリストを追加する場合の正しくない例と正しい例を以下に示します。You have to select the Show keyword list checkbox and then type each keyword in a separate row to create a search query where the keywords (or keyword phrases) in each row are connected by the OR operator. If you just paste a list of keywords in the keyword box or press the Enter key after typing a keyword, they won't be connected by the OR operator. Here are incorrect and correct example of adding a list of keywords.

    正しくない例Incorrect

    キーワード リストの正しくない書式設定方法 (キーワード ボックスにリストを貼り付ける)

    正しい例Correct

    キーワード リストの正しい書式設定方法 (チェックボックスをオンにしてからリストを貼り付ける)

  • Excel ファイルまたはテキスト形式ファイルでキーワードまたはキーワード フレーズのリストを準備してから、キーワード リストに自分のリストをコピーして貼り付けることもできます。これを行うには、[キーワード リストの表示] チェックボックスをオンにする必要があります。次に、キーワード リストの最初の行をクリックして、リストを貼り付けます。Excel またはテキスト ファイルの行はそれぞれ、キーワード リストの別の行に貼り付けられます。You can also prepare a list of keywords or keyword phrases in an Excel file or a plain text file, and then copy and paste your list in to the keyword list. To do this, you have to select the Show keyword list check box. Then, click the first row in the keyword list and paste your list. Each line from the Excel or text file will be pasted in to separate row in the keyword list.

  • キーワード リストを使用してクエリを作成したら、検索クエリが意図したものであることを確認することをお勧めします。詳細ウィンドウの [クエリ] の下に表示される検索クエリでは、キーワードは (c:s) というテキストで区切られます。これは、キーワードが OR 演算子と機能的に同様の論理演算子で接続されていることを示します。同様に、検索クエリに条件が含まれている場合、キーワードと条件は (c:c) というテキストで区切られます。これは、キーワードが AND 演算子と機能的に同様の論理演算子で条件に接続されていることを示します。キーワード リストと条件を使用した場合の結果として (詳細ウィンドウに) 表示される検索クエリの例を以下に示します。After you create a query using the keyword list, it's a good idea to verify the search query syntax to make the search query is what you intended. In the search query that's displayed under Query in the details pane, the keywords are separated by the text (c:s). This indicates that the keywords are connected by a logical operator similar in functionality to the OR operator. Similarly, if your search query includes conditions, the keywords and the conditions are separated by the text (c:c). This indicates that the keywords are connected to the conditions with a logical operator similar in functionality to the AND operator. Here's an example of the search query (displayed in the Details pane) that results when using the keyword list and a condition.

    キーワード リストと条件を使用して作成するクエリの例

  • コンテンツ検索を実行すると、サポートされていない文字および大文字に変換されない可能性のあるブール演算子について、Office 365 によって検索クエリが自動的にチェックされます。サポートされていない文字は非表示になっていることがよくあり、通常、検索エラーを発生させたり、意図しない結果を返したりする原因になります。確認されているサポートされていない文字の詳細については、「コンテンツ検索クエリでエラーを確認する」を参照してください。When you run a content search, Office 365 automatically checks your search query for unsupported characters and for Boolean operators that might not be capitalized. Unsupported characters are often hidden and typically cause a search error or return unintended results. For more information about the unsupported characters that are checked, see Check your Content Search query for errors.

  • 英語以外の文字 (中国語の文字など) のキーワードが含まれている検索クエリがある場合は、[クエリ検索] の**クエリ言語-国/地域アイコン **[クエリ言語-国/地域] をクリックし、検索対象の言語-国のカルチャ コード値を選択します。既定の言語/地域はニュートラルであることに注意してください。コンテンツ検索の言語設定を変更する必要があるかどうかを判断するには、どうすればよいのでしょうか。コンテンツの場所に検索対象の英語以外の文字が含まれていても検索結果が返されないことが確認された場合は、言語設定が原因である可能性があります。If you have a search query that contains keywords for non-English characters (such as Chinese characters), you can click Query language-country/regionQuery language-country/region icon in Content search and select a language-country culture code value for the search. Note that the default language/region is neutral. How can you tell if you need to change the language setting for a content search? If you're certain content locations contain the non-English characters you're searching for, but the search returns no results, the language setting might be the cause.

OneDrive アカウントの検索Searching OneDrive accounts

  • 組織内にある OneDrive サイトの URL リストの収集については、「組織内にあるすべての OneDrive の場所のリストを作成する」を参照してください。この記事のこのスクリプトでは、すべての OneDrive サイトのリストを含むテキスト ファイルが作成されます。このスクリプトを実行するには、SharePoint Online 管理シェルをインストールして使用する必要があります。必ず、検索する各 OneDrive サイトに、組織の MySite ドメインの URL を追加してください。これは、すべての OneDrive を含むドメインです。たとえば、https://contoso-my.sharepoint.com のようになります。以下に、ユーザーの OneDrive サイトの URL 例を示します。https://contoso-my.sharepoint.com/personal/sarad_contoso_onmicrosoft.comTo collect a list of the URLs for the OneDrive sites in your organization, see Create a list of all OneDrive locations in your organization. This script in this article creates a text file that contains a list of all OneDrive sites. To run this script, you'll have to install and use the SharePoint Online Management Shell. Be sure to append the URL for your organization's MySite domain to each OneDrive site that you want to search. This is the domain that contains all your OneDrive; for example, https://contoso-my.sharepoint.com. Here's an example of a URL for a user's OneDrive site: https://contoso-my.sharepoint.com/personal/sarad_contoso_onmicrosoft.com.

    ユーザーのユーザー プリンパル名 (UPN) が変更されるまれなケースでは、その OneDrive の場所の URL も新しい UPN を組み込むために変更されます。このような場合は、ユーザーの新しい OneDrive URL を追加し、古いものを削除して、コンテンツ検索を変更する必要があります。In the rare case that a person's user principal name (UPN) is changed, the URL for their OneDrive location will also be changed to incorporate the new UPN. If this happens, you'll have to modify a content search by adding the user's new OneDrive URL and removing the old one.

Microsoft Teams と Office 365 グループの検索Searching Microsoft Teams and Office 365 Groups

Office 365 グループまたは Microsoft チームに関連付けられているメールボックスを検索することができます。Microsoft Teams は Office 365 グループ上に構築されているため、検索方法がよく似ています。どちらの場合も、グループまたはチームのメールボックスのみが検索されます。グループ メンバーまたはチーム メンバーのメールボックスは検索されません。検索するには、検索に明示的に追加する必要があります。You can search the mailbox that's associated with an Office 365 Group or a Microsoft Team. Because Microsoft Teams are built on Office 365 Groups, searching them is very similar. In both cases, only the group or team mailbox is searched; the mailboxes of the group or team members aren't searched. To search them, you have to specifically add them to the search.

Microsoft Teams と Office 365 グループのコンテンツを検索する場合は、次の点に注意してください。Keep the following things in mind when searching for content in Microsoft Teams and Office 365 Groups.

  • Microsoft Teams と Office 365 グループにあるコンテンツを検索するには、チームまたはグループに関連付けられているメールボックスと SharePoint サイトを指定する必要があります。To search for content located in Microsoft Teams and Office 365 Groups, you have to specify the mailbox and SharePoint site that are associated with a team or group.

  • Microsoft チームまたは Office 365 グループのプロパティを表示するには、Exchange Online で Get-UnifiedGroup コマンドレットを実行します。これは、チームまたはグループ関連付けられているサイトの URL を取得するのに適した方法です。たとえば、次のコマンドを実行すると、Senior Leadership Team という Office 365 グループの選択したプロパティが表示されます。Run the Get-UnifiedGroup cmdlet in Exchange Online to view properties for a Microsoft Team or an Office 365 Group. This is a good way to get the URL for the site that's associated with a team or a group. For example, the following command displays selected properties for an Office 365 Group named Senior Leadership Team:

    Get-UnifiedGroup "Senior Leadership Team" | FL DisplayName,Alias,PrimarySmtpAddress,SharePointSiteUrl
    DisplayName            : Senior Leadership Team
    Alias                  : seniorleadershipteam
    PrimarySmtpAddress     : seniorleadershipteam@contoso.onmicrosoft.com
    SharePointSiteUrl      : https://contoso.sharepoint.com/sites/seniorleadershipteam
    
    

    注意

    Get-UnifiedGroup コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられているロール グループに属している必要があります。To run the Get-UnifiedGroup cmdlet, you have to be assigned the View-Only Recipients role in Exchange Online or be a member of a role group that's assigned the View-Only Recipients role.

  • ユーザーのメールボックスを検索すると、ユーザーが属している Microsoft チームまたは Office 365 グループは検索されません。同様に、Microsoft チームまたは Office 365 グループを検索する場合は、指定したグループ メールボックスとグループ サイトのみが検索されます。検索に明示的に追加しない限り、グループ メンバーのメールボックスと OneDrive for Business アカウントは検索されません。When a user's mailbox is searched, any Microsoft Team or Office 365 Group that the user is a member of won't be searched. Similarly, when you search a Microsoft Team or an Office 365 Group, only the group mailbox and group site that you specify is searched; the mailboxes and OneDrive for Business accounts of group members aren't searched unless you explicitly add them to the search.

  • Microsoft Team または Office 365 グループのメンバーの一覧を取得するには、Microsoft 365 管理センターの [ホーム>グループ] ページでプロパティを表示します。To get a list of the members of a Microsoft Team or an Office 365 Group, you can view the properties on the Home > Groups page in the Microsoft 365 admin center. または、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行することもできます。Alternatively, you can run the following command in Exchange Online PowerShell:

    Get-UnifiedGroupLinks <group or team name> -LinkType Members | FL DisplayName,PrimarySmtpAddress 
    

    注意

    Get-UnifiedGroupLinks コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられているロール グループに属している必要があります。To run the Get-UnifiedGroupLinks cmdlet, you have to be assigned the View-Only Recipients role in Exchange Online or be a member of a role group that's assigned the View-Only Recipients role.

  • Microsoft Teams チャネルに含まれる会話は、Microsoft チームに関連付けられているメールボックスに保存されます。同様に、チャネルでチーム メンバーが共有するファイルはチームの SharePoint サイトに保存されます。そのため、チャネル内の会話とファイルを検索するには、コンテンツの場所として Microsoft チーム メールボックスと SharePoint サイトを追加する必要があります。Conversations that are part of a Microsoft Teams channel are stored in the mailbox that's associated with the Microsoft Team. Similarly, files that team members share in a channel are stored on the team's SharePoint site. Therefore, you have to add the Microsoft Team mailbox and SharePoint site as a content location to search conversations and files in a channel.

  • または、Microsoft Teams のチャット リストに含まれる会話はチャットに参加したユーザーの Exchange Online メールボックスに保存されます。チャットの会話でユーザーが共有するファイルは、ファイルを共有するユーザーの OneDrive for Business アカウントに保存されます。そのため、チャット リストの会話やファイルを検索するには、コンテンツの場所として個々のユーザーのメールボックスと OneDrive for Business アカウントを追加する必要があります。Alternatively, conversations that are part of the Chat list in Microsoft Teams are stored in the Exchange Online mailbox of the users who participate in the chat. And files that a user shares in Chat conversations are stored in the OneDrive for Business account of the user who shares the file. Therefore, you have to add the individual user mailboxes and OneDrive for Business accounts as content locations to search conversations and files in the Chat list.

    注意

    Exchange ハイブリッド展開では、オンプレミスのメールボックスを使用しているユーザーは、Microsoft Teams のチャットリストに含まれる会話に参加できます。この場合、これらの会話のコンテンツは、オンプレミスのメールボックスを持つユーザーのためにクラウドベースの記憶域 (オンプレミス ユーザーのクラウドベースのメールボックスと呼ばれます) に保存されるため、検索することもできます。詳細については、「Office 365 でのオンプレミス ユーザーのクラウドベースのメールボックスの検索」を参照してください。In an Exchange hybrid deployment, users with an on-premises mailbox might participate in conversations that are part of the Chat list in Microsoft Teams. In this case, content from these conversations is also searchable because it's saved to a cloud-based storage area (called a cloud-based mailbox for on-premises users) for users who have an on-premises mailbox. For more information, see Searching cloud-based mailboxes for on-premises users in Office 365.

  • 各 Microsoft チームまたはチーム チャネルには、メモと共同作業用の Wiki が含まれています。Wiki コンテンツは、.mht 形式のファイルに自動的に保存されます。このファイルは、チームの SharePoint サイトの Teams Wiki データ ドキュメント ライブラリに保存されます。検索するコンテンツの場所としてチームの SharePoint サイトを指定すると、コンテンツ検索ツールを使用して Wiki を検索することができます。Every Microsoft Team or team channel contains a Wiki for note-taking and collaboration. The Wiki content is automatically saved to a file with a .mht format. This file is stored in the Teams Wiki Data document library on the team's SharePoint site. You can use the Content Search tool to search the Wiki by specifying the team's SharePoint site as the content location to search.

    注意

    Wiki で Microsoft チームまたはチャネル (チームの SharePoint サイトを検索する場合) を検索する機能は、2017 年 6 月 22 日にリリースされました。その日付以降に保存または更新された Wiki ページは検索できるようになります。その日付より前に保存または更新された Wiki ページは、検索には使用できません。The capability to search the Wiki for a Microsoft Team or Channel (when you search the team's SharePoint site) was released on June 22, 2017. Wiki pages that were saved or updated on that date or after are available to be searched. Wiki pages last saved or updated before that date aren't available for search.

  • Microsoft Teams チャネルでの会議と通話の概要情報は、会議または通話にダイヤルしたユーザーのメールボックスにも保存されます。つまり、コンテンツ検索を使用してこれらの概要レコードを検索することができます。概要情報は次のとおりです。Summary information for meetings and calls in a Microsoft Teams channel are also stored in the mailboxes of users who dialed into the meeting or call. This means you can use Content Search to search these summary records. Summary information includes:

    • 会議または通話の日付、開始時刻、終了時刻、および継続時間Date, start time, end time, and duration of a meeting or call

    • 各参加者の会議または通話の参加日時と退出日時The date and time when each participant joined or left the meeting or call

    • ボイスメールに送信された通話Calls sent to voice mail

    • 不在着信Missed or unanswered calls

    • 2 つの個別の通話として表される呼び出し転送Call transfers, which are represented as two separate calls

    会議と通話の概要レコードが検索できるようになるまで最大 8 時間かかる場合がありますので、ご注意ください。Note that it can take up to 8 hours for meeting and call summary records to be available to be searched.

    検索結果では、会議の概要は [種類] フィールドで [会議] として識別されます。通話の概要は [通話] として識別されます。また、Teams チャネルと 1xN チャットに含まれる会話は、[種類] フィールドで IM として識別されます。In the search results, meeting summaries are identified as Meeting in the Type field; call summaries are identified as Call. Additionally, conversations that are part of a Teams channel and 1xN chats are identified as IM in the Type field.

    Teams の会議、通話および 1xN チャットは [種類] フィールドで識別されます。

  • Kind 電子メール プロパティまたは [メッセージの種類] 検索条件を使用して、Microsoft Teams のコンテンツを具体的に検索することができます。You can use the Kind email property or the Message kind search condition to search specifically for content in Microsoft Teams.

    • キーワード検索クエリの一部として Kind プロパティを使用するには、検索クエリの [キーワード] ボックスに kind:microsoftteams と入力します。To use the Kind property as part of the keyword search query, in the Keywords box of a search query, type kind:microsoftteams.

      [キーワード] ボックスで kind:microsoftteams を使用する

    • 検索条件を使用するには、[メッセージの種類] 条件を追加し、値 microsoftteams を使用します。To use a search condition, add the Message kind condition and use the value microsoftteams.

      値 microsoftteams で [メッセージの種類] 条件を使用します。

条件が AND 演算子によってキーワード クエリに論理的に接続されていることに注意してください。つまり、アイテムは検索結果で返されるキーワード クエリと検索条件の両方に一致する必要があります。詳細については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと検索条件」の「条件を使用するためのガイドライン」セクションを参照してください。Note that conditions are logically connected to the keyword query by the AND operator. That means an item must match both the keyword query and the search condition to be returned in the search results. For more information, see the "Guidelines for using conditions" section in Keyword queries and search conditions for Content Search.

非アクティブなメールボックスの検索Searching inactive mailboxes

コンテンツ検索で非アクティブなメールボックスを検索できます。You can search inactive mailboxes in a content search. 組織内の非アクティブなメールボックスの一覧を取得するにはGet-Mailbox -InactiveMailboxOnly 、Exchange Online PowerShell でコマンドを実行します。To get a list of the inactive mailboxes in your organization, run the command Get-Mailbox -InactiveMailboxOnly in Exchange Online PowerShell. または、「Security &/コンプライアンスセンターのデータガバナンス >の保持」に移動して、[その他のナビゲーション >バーの非アクティブなメールボックス] をクリックすることもできます。Alternatively, you can go to Data governance > Retention in the Security & Compliance Center, and then click MoreNavigation Bar ellipses > Inactive mailboxes.

次に示しているのは、非アクティブなメールボックスを検索するときの留意点です。Here are a few things to keep in mind when searching inactive mailboxes.

  • コンテンツ検索にユーザー メールボックスを含めた後に、そのメールボックスが非アクティブになった場合、非アクティブになってから検索を再実行すると、コンテンツ検索は非アクティブなメールボックスの検索を続行します。If a content search includes a user mailbox and that mailbox is then made inactive, the content search will continue to search the inactive mailbox when you re-run the search after it becomes inactive.

  • 場合によっては、ユーザーは同じ SMTP アドレスを持つアクティブなメールボックスおよび非アクティブなメールボックスを所有している可能性があります。この場合、コンテンツ検索の場所として選択した特定のメールボックスのみが検索されます。つまり、検索にユーザーのメールボックスを追加する場合に、アクティブなメールボックスと非アクティブなメールボックスの両方が検索されることは想定できません。検索に明示的に追加したメールボックスのみが検索されます。In some cases, a user may have an active mailbox and an inactive mailbox that have the same SMTP address. In this case, only the specific mailbox that you select as a location for a content search will be searched. In other words, if you add a user's mailbox to a search, you can't assume that both their active and inactive mailboxes will be searched; only the mailbox that you explicitly add to the search will be searched.

  • 同じ SMTP アドレスを持つアクティブなメールボックスと非アクティブなメールボックスを所有しないようにすることを強くお勧めします。非アクティブなメールボックスに現在割り当てられている SMTP アドレスを再使用する場合は、非アクティブなメールボックスを復元するか、非アクティブなメールボックスのコンテンツをアクティブなメールボックス (またはアクティブなメールボックスのアーカイブ) に復元して、非アクティブなメールボックスを削除することをお勧めします。詳細については、以下のいずれかのトピックを参照してください。We strongly recommend that you avoid having an active mailbox and inactive mailbox with the same SMTP address. If you need to reuse the SMTP address that is currently assigned to an inactive mailbox, we recommend that you recover the inactive mailbox or restore the contents of an inactive mailbox to an active mailbox (or the archive of an active mailbox), and then delete the inactive mailbox. For more information, see one of the following topics:

検索結果のプレビューPreviewing search results

プレビュー ウィンドウでは、サポートされるファイルの種類をプレビューできます。サポートされていないファイルの種類の場合は、ファイルのコピーをローカル コンピューターにダウンロードして表示する必要があります。次のファイルの種類はサポートされており、[検索結果] ウィンドウでプレビューできます。You can preview supported file types in the preview pane. If a file type isn't supported, you'll have to download a copy of the file to your local computer to view it. The following file types are supported and can be previewed in the search results pane.

  • .txt、.html、.mhtml.txt, .html, .mhtml

  • .eml.eml

  • .doc、.docx、.docm.doc, .docx, .docm

  • .pptm、.pptx.pptm, .pptx

  • .pdf.pdf

また、次のファイル コンテナーの種類もサポートされています。プレビュー ウィンドウでは、コンテナー内のファイルの一覧を表示できます。Additionally, the following file container types are supported. You can view the list of files in the container in the preview pane.

  • .zip.zip

  • .gzip.gzip

部分的にインデックスが作成されたアイテムPartially indexed items

  • 前述のように、メールボックス内の一部のインデックス付きアイテムは、予想される検索結果に含まれます。SharePoint および OneDrive のサイトからの部分的にインデックスが作成されたアイテムは、予想される検索結果には含まれません。As previously explained, partially indexed items in mailboxes are included in the estimated search results; partially indexed items from SharePoint and OneDrive are not included in the estimated search results.

  • 部分的にインデックスが作成されたアイテムが検索クエリに一致していても (他のメッセージまたはドキュメントのプロパティが検索条件を満たしているため)、インデックスがないアイテムの推定数には含まれません。部分的にインデックスが作成されたアイテムが検索条件によって除外されている場合は、部分的にインデックスが作成されたアイテムの推定数にも含まれません。詳細については、「Office 365 のコンテンツ検索で部分的にインデックスが作成されたアイテム」を参照してください。If a partially item matches the search query (because other message or document properties meet the search criteria), it won't be included in the estimated number of unindexed items. If an partially item is excluded by the search criteria, it also won't be included in the estimated number of partially indexed items. For more information, see Partially indexed items in Content Search in Office 365.

MyAnalytics およびその他の Office 365 アプリケーションからのデータのエクスポートExporting data from MyAnalytics and other Office 365 applications

  • MyAnalytics からのデータ (メールボックス内のメールおよび予定表のデータに基づくユーザーの時間の使用方法に関する洞察など)、および他の Office 365 アプリケーションからのデータは、ユーザーのクラウドベースのメールボックスにある (IPM 以外のサブツリー内の) 非表示の場所に保存されます。コンテンツ検索を実行した後は、このデータは予想される検索結果、クエリ統計情報には含まれず、プレビューでは使用できません。ただし、このデータは検索結果をエクスポートするときにエクスポートされます。Data from MyAnalytics (such as insights on how users spend their time based on mail and calendar data in their mailbox) and data from other Office 365 applications is a saved to a hidden location (in a non-IPM subtree) in user's cloud-based mailbox. After you run a Content Search, this data isn't included in the estimated search results, the query statistics, and it isn't available for preview. However this data will be exported when you export the results of a search.

  • MyAnalytics データと他の Office 365 アプリケーションからのデータは、"その他の Office 365 データ" という名前のフォルダーにエクスポートされます。このフォルダーには、各ユーザーのサブフォルダーが含まれています。The MyAnalytics data and the data from other Office 365 applications is exported to a folder named "Other Office 365 data". This folder includes subfolders for each user.