セキュリティ/コンプライアンス センターでアーカイブ メールボックスを有効にするEnable archive mailboxes in the Security & Compliance Center

Office 365 でのアーカイブ (インプレース アーカイブとも呼ばれます) では、追加のメールボックスの記憶域がユーザーに提供されます。Archiving in Exchange Online (called In-Place Archiving) provides users with additional mailbox storage space. アーカイブ メールボックスを有効にすると、ユーザーは Microsoft Outlook と Outlook on the web (以前の Outlook Web App) を使用してアーカイブ メールボックスのメッセージにアクセスし、保存することができます。After you turn on archive mailboxes, users can access and store messages in their archive mailboxes by using Microsoft Outlook and Outlook on the web (formerly known as Outlook Web App). ユーザーは、自分のプライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスの間でメッセージを移動したりコピーしたりもできます。Users can view an archive mailbox and move or copy messages between their primary mailbox and their archive mailbox. ユーザーはまた、削除済みアイテムの復元ツールを使用して、アーカイブ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーから削除済みのアイテムを復元できます。Users can also recover deleted items from the Recoverable Items folder in their archive mailbox by using the Recover Deleted Items tool.

ヒント

自動拡張アーカイブ機能により、Office 365 では無制限のアーカイブ記憶域が提供されています。Office 365 provides an unlimited amount of archive storage with the auto-expanding archiving feature. 自動拡張アーカイブが有効な状態で、ユーザーのアーカイブメールボックスの記憶域クォータの初期値に達すると、Office 365 は追加の記憶域を自動的に追加します。When auto-expanding archiving is turned on, and then the initial storage quota in a user's archive mailbox is reached, Office 365 automatically adds additional storage space. つまり、管理者が最初にアーカイブ メールボックスを有効にし、自動拡張アーカイブを組織で有効にしておくと、ユーザーのメールボックスの記憶域が足りなくなることも、管理者による管理の必要もなくなります。This means that users won't run out of mailbox storage space and you won't have to manage anything after you initially enable the archive mailbox and turn on auto-expanding archiving for your organization. 詳細については、「Office 365 での無制限アーカイブの概要」を参照してください。For more information, see Overview of unlimited archiving in Office 365.

始める前にBefore you begin

アーカイブ メールボックスを有効または無効にするには、Exchange Online でメール受信者役割が自分に割り当てられている必要があります。You have to be assigned the Mail Recipients role in Exchange Online to enable or disable archive mailboxes. 既定では、この役割は、Exchange 管理センターの [アクセス許可] ページで受信者管理役割グループまたは組織管理役割グループに割り当てられています。By default, this role is assigned to the Recipient Management and Organization Management role groups on the Permissions page in the Exchange admin center. セキュリティ/コンプライアンス センターの [アーカイブ] ページが表示されない場合、必要なアクセス許可を自分に割り当ててもらうよう管理者に依頼します。If you don't see the Archive page in the Security & Compliance Center, ask your administrator to assign you the necessary permissions.

アーカイブ メールボックスの有効化Enable an archive mailbox

  1. https://protection.office.com に移動します。Go to https://protection.office.com.

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。Sign in to Office 365 using your work or school account.

  3. セキュリティ/コンプライアンス センターの左のウィンドウで、[データ ガバナンス] > [アーカイブ] の順にクリックします。In the left pane of the Security Compliance Center, click Data governance Archive.

    [アーカイブ] ページが表示されます。The Archive page is displayed. [アーカイブ メールボックス] 列は、各ユーザーに対してアーカイブ メールボックスが有効か無効かを示します。The Archive mailbox column indicates whether an archive mailbox is enabled or disabled for each user.

  4. メールボックスの一覧で、アーカイブ メールボックスを有効にする対象のユーザーを選択します。In the list of mailboxes, select the user that you want to enable the archive mailbox for.

    アーカイブ メールボックスを有効にするには、選択したユーザーの詳細ウィンドウで [有効にする] をクリックします。

  5. 選択したユーザーの [詳細] ウィンドウで、[有効化] をクリックします。In the details pane for the selected user, click Enable.

    アーカイブ メールボックスを有効にすると、ユーザーのメールボックス内にあるメールボックスに割り当てられているアーカイブ ポリシーより古いアイテムは、新しいアーカイブ メールボックスに移動されるという警告が表示されます。A warning is displayed saying that if you enable the archive mailbox, items in the user’s mailbox that are older than the archiving policy assigned to the mailbox will be moved to the new archive mailbox. アイテムがメールボックスに配信またはユーザーによって作成された日付から 2 年間経過すると、Exchange Online のメールボックスに割り当てられているアイテム保持ポリシーの一部である既定のアーカイブ ポリシーにより、アイテムはアーカイブ メールボックスに移動されます。As previously explained, the default archive policy that is part of the retention policy assigned to ExchangeOnline mailboxes moves items to the archive mailbox two years after the date the item was delivered to the mailbox or created by the user. 詳細については、この記事の「詳細情報」セクションを参照してください。For more information, see the Web fonts section in this article.

  6. [はい] をクリックしてアーカイブ メールボックスを有効にします。Click Yes to enable the archive mailbox.

    アーカイブ メールボックスの作成にはしばらくかかる場合があります。It might take a few moments to create the archive mailbox. 作成されると、選択したユーザーの詳細ウィンドウに [アーカイブ メールボックス: 有効] と表示されます。When it’s created, Archive mailbox: enabled is displayed in the details pane for the selected user. 詳細ウィンドウの情報を更新するには、[更新] 更新アイコン をクリックする必要がある場合があります。You might have to click Refresh Refresh icon to update the information in the details pane.

ヒント

Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、アーカイブ メールボックスが無効になっている複数のユーザーを選択して、アーカイブ メールボックスを一括して有効にすることもできます。複数のメールボックスを選択した後に、詳細ウィンドウで [有効にする] をクリックします。You can also bulk-enable archive mailboxes by selecting multiple users with disabled archive mailboxes (use the Shift or Ctrl keys). After selecting multiple mailboxes, click Enable in the details pane.

アーカイブ メールボックスを無効にするDisable an archive mailbox

ユーザーのアーカイブ メールボックスを無効にするために、セキュリティ/コンプライアンス センターの [アーカイブ] ページを使用することもできます。You can also use the Archive page in the Security & Compliance Center to disable a user's archive mailbox. アーカイブ メールボックスを無効にしてから 30 日以内なら、ユーザーのプライマリ メールボックスにそれを再接続できます。After you disable an archive mailbox, you can reconnect it to the user's primary mailbox within 30 days of disabling it. この場合、アーカイブ メールボックスの元の内容が復元されます。In this case, the original contents of the archive mailbox are restored. 30 日後には、元のアーカイブ メールボックスの内容は完全に削除され、回復不可能になります。After 30 days, the contents of the original archive mailbox are permanently deleted and can't be recovered. したがって、アーカイブを無効にした後、30 日を超えてから再度有効にすると、新しいアーカイブ メールボックスが作成されます。So if you re-enable the archive more than 30 days after disabling it, a new archive mailbox is created.

ユーザーのメールボックスに割り当てられる既定のアーカイブ ポリシーは、アイテムが配信された日付から 2 年間後にアイテムをアーカイブ メールボックスに移動する点にご注意ください。As previously explained, the default archive policy assigned to users’ mailboxes moves items to the archive mailbox two years after the date the item is delivered. ユーザーのアーカイブ メールボックスを無効にすると、メールボックスのアイテムに対してアクションは何も実行されず、そのままユーザーのプライマリ メールボックスに残ります。If you disable a user’s archive mailbox, no action will be taken on mailbox items and they will remain in the user’s primary mailbox.

アーカイブ メールボックスを無効にするには: To disable an archive mailbox:

  1. https://protection.office.com に移動します。Go to https://protection.office.com.

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。Sign in to Office 365 using your work or school account.

  3. セキュリティ/コンプライアンス センターの左のウィンドウで、[データ ガバナンス] > [アーカイブ] の順にクリックします。In the left pane of the Security Compliance Center, click Data governance Archive.

    [アーカイブ] ページが表示されます。[アーカイブ メールボックス] 列は、各ユーザーに対してアーカイブ メールボックスが有効か無効かを示します。The Archive page is displayed. The Archive mailbox column indicates whether an archive mailbox is enabled or disabled for each user.

  4. メールボックスの一覧で、アーカイブ メールボックスを無効にする対象のユーザーを選択します。In the list of mailboxes, select the user that you want to disable the archive mailbox for.

  5. [詳細] ウィンドウで、[無効にする] をクリックします。In the details pane, click Disable.

    30 日以内であればアーカイブ メールボックスを再度有効にでき、30 日が経過するとアーカイブ内のすべての情報が完全に削除されることを示す警告メッセージが表示されます。A warning message is displayed saying that you'll have 30 days to re-enable the archive mailbox, and that after 30 days, all information in the archive will be permanently deleted.

  6. \*\*[はい]\*\* をクリックしてアーカイブ メールボックスを無効にします。Click **Yes** to disable the archive mailbox.

    アーカイブ メールボックスの無効化にはしばらくかかる場合があります。It might take a few moments to disable the archive mailbox. 無効になると、選択したユーザーの詳細ウィンドウに [アーカイブ メールボックス: 無効] が表示されます。When it’s disabled, Archive mailbox: disabled is displayed in the details pane for the selected user. 詳細ウィンドウの情報を更新するには、[更新] 更新アイコン をクリックする必要がある場合があります。You might have to click Refresh Refresh icon to update the information in the details pane.

ヒント

Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、アーカイブ メールボックスが有効になっている複数のユーザーを選択して、アーカイブ メールボックスを一括して無効にすることもできます。複数のメールボックスを選択した後に、詳細ウィンドウで [無効にする] をクリックします。You can also bulk-disable archive mailboxes by selecting multiple users with enabled archive mailboxes (use the Shift or Ctrl keys). After selecting multiple mailboxes, click Disable in the details pane.

Exchange Online PowerShell を使用してアーカイブ メールボックスを有効または無効にするUse Exchange Online PowerShell to enable or disable archive mailboxes

アーカイブ メールボックスを有効にするには、PowerShell を使用することもできます。You can use the Exchange admin center (EAC) or Windows PowerShell to enable archive mailboxes. PowerShell を使用する主な理由は、組織内のすべてのユーザーのためにアーカイブ メールボックスをすばやく有効にできるということです。The primary reason to use Windows PowerShell is that you can quickly enable the archive mailbox for all users in your organization.

最初の手順は、Exchange Online PowerShell へ接続することです。The first step is to connect to your Exchange Online organization using Windows PowerShell. 手順については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。For instructions, see Connect to Exchange Online PowerShell using multi-factor authentication.

Exchange Online に接続したら、次のセクションのコマンドを実行してアーカイブメール ボックスを有効または無効にできます。After you're connected to Exchange Online, you can run the commands in the following sections to enable or disable archive mailboxes.

アーカイブ メールボックスの有効化Enable archive mailboxes

特定のユーザーのアーカイブ メールボックスを有効にするには、次のコマンドを実行します。Run the following command to enable the archive mailbox for a single user.

Enable-Mailbox -Identity <username> -Archive

組織内の、アーカイブ メールボックスが現在有効になっていないすべてのユーザーについてアーカイブ メールボックスを有効にするには、次のコマンドを実行します。Run the following command to enable the archive mailbox for all users in your organization (whose archive mailbox is currently not enabled).

Get-Mailbox -Filter {ArchiveStatus -Eq "None" -AND RecipientTypeDetails -eq "UserMailbox"} | Enable-Mailbox -Archive

アーカイブ メールボックスの無効化Disable archive mailboxes

特定のユーザーのアーカイブメールボックスを無効にするには、次のコマンドを実行します。Run the following command to disable the archive mailbox for a single user.

Disable-Mailbox -Identity <username> -Archive

組織内の、アーカイブ メールボックスが現在有効になっているすべてのユーザーについてアーカイブ メールボックスを無効にするには、次のコマンドを実行します。Run the following command to disable the archive mailbox for all users in your organization (whose archive mailbox is currently enabled).

Get-Mailbox -Filter {ArchiveStatus -Eq "Active" -AND RecipientTypeDetails -eq "UserMailbox"} | Disable-Mailbox -Archive

詳細情報More information

  • アーカイブ メールボックスが有効になっている場合、ユーザーはメッセージをアーカイブ メールボックスに保存できます。When their archive mailbox is enabled, users can store messages in their archive mailbox (also called an In-Place Archive). ユーザーは、Microsoft Outlook と Outlook on the web を使用してアーカイブ メールボックスにアクセスできます。Users can access their archive mailboxes by using Outlook and Outlook Web App. これらのクライアント アプリケーションのいずれかを使用して、ユーザーは自分のアーカイブ メールボックスでメッセージを表示したり、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックス間でメッセージを移動またはコピーできます。Using either of these client applications, users can view messages in their archive mailbox and move or copy messages between their primary mailbox and their archive mailbox. また、ユーザーは削除済みアイテム復元ツール使用して、アーカイブ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーから削除済みのアイテムを復元できます。Users can also recover deleted items from the Recoverable Items folder in their archive mailbox by using the Recover Deleted Items tool.

    インプレース アーカイブをサポートしている Outlook のライセンスの一覧については、「Outlook の Exchange 機能に関するライセンス要件」を参照してください。For a list of Outlook licenses that support In-Place Archiving, see Outlook license requirements for Exchange features.

  • インプレース アーカイブは、組織のアイテム保持、電子情報開示、および保留に関する要件を管理者やユーザーが満たすためのサポートをします。Archive mailboxes help you and your users to meet your organization's retention, eDiscovery, and hold requirements. たとえば、組織の Exchange アイテム保持ポリシーを使用して、メールボックスの内容をユーザーのアーカイブ メールボックスに移動することができます。You can use your organization's mailbox retention policy to move mailbox content to users' archive mailbox. セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索ツールを使用してユーザーのメールボックスで特定のコンテンツを検索するすると、ユーザーのアーカイブ メールボックスも検索されます。When you use the Content Search tool in the Security & Compliance Center to search a user's mailbox for specific content, the user's archive mailbox will also be searched. また、ユーザーのメールボックスに訴訟ホールドを配置したり Office 365 アイテム保持ポリシーを適用したりすると、アーカイブ メールボックス内のアイテムも保持されます。And, when you place a Litigation Hold or apply an Office 365 retention policy to a user's mailbox, items in the archive mailbox are also retained.

  • アーカイブ メールボックスを有効にした後は、組織では、すべてのメールボックスに自動的に割り当てられる 既定の Exchange アイテム保持ポリシー (メッセージング レコード管理 (MRM) ポリシーとも呼ばれています) を活用できます。After archive mailboxes are enabled, your organization can take advantage of the default Exchange retention policy (also called Messaging Records Management or MRM policy) that is automatically assigned to every mailbox. アーカイブ メールボックスを有効にすると、既定の Exchange アイテム保持ポリシーは自動的に次を行います。When an archive mailbox is enabled, the default retention policy automatically does the following:

    • 2 年間以上経過したアイテムを、ユーザーのプライマリ メールボックスからアーカイブ メールボックスに移動します。Moves items that are two years or older from a user's primary mailbox to their archive mailbox.

    • 14 日以上経過したアイテムを、ユーザーのプライマリ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーから、アーカイブ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーへ自動的に移動しますMoves items that are 14 days or older from the Recoverable Items folder in the user's primary mailbox to the Recoverable Items folder in their archive mailbox.

  • アーカイブ メールボックスと Exchange アイテム保持ポリシーの詳細については、次のトピックを参照してください。For more information about archive mailboxes and Exchange retention policies, see: