スパム、非スパム、フィッシング詐欺メッセージを分析のために Microsoft に送信するSubmit spam, non-spam, and phishing scam messages to Microsoft for analysis

組織内のユーザーが迷惑メール (スパム) またはフィッシング詐欺メッセージを受信トレイで受信する場合や、迷惑メールとしてマークされているために正当な電子メールメッセージを受信しない場合は、ストレスが発生する可能性があります。It can be frustrating when users in your organization receive junk messages (spam) or phishing scam messages in their Inbox, or if they don't receive a legitimate email message because it's marked as junk. より正確になるように、スパムフィルターを常に微調整しています。We're constantly fine-tuning our spam filters to be more accurate. この処理は、誤検出および誤検知のスパムメッセージを分析のために Microsoft に送信することによって、ユーザーが支援します。You and your users can help this process by submitting false negative and false positive spam messages to Microsoft for analysis. "誤負" は、スパムとして識別されていないものの、スパムメッセージであることを示します。A "false negative" is a spam message that should have been but was not identified as spam. "偽陽性" は、誤ってスパムとして識別された正当な電子メールメッセージです。A "false positive" is a legitimate email message that was incorrectly identified as spam.

注意

大量の送信が送信されるため、分析のすべての要求に応答できない場合があります。Because of the high volume of submissions that we receive, we may not be able to answer all requests for analysis.

管理者は、電子メール、url、添付ファイルをレビュー用に Microsoft に送信できます。Admins can send email, url, and attachments to Microsoft for review. Office 365 ATP」の「管理者の提出」を参照してください。See Admin submissions in Office 365 ATP.

スパム フィルターを通過した迷惑メールまたはフィッシング詐欺メッセージを送信するSubmit junk or phishing messages that passed through the spam filters

スパムフィルターを通過して、迷惑メールまたはフィッシング詐欺メールとして分類されるメッセージを受信した場合は、必要に応じて Microsoft スパム分析チームと Microsoft のフィッシング分析チームに "偽否定的" メッセージを送信できます。If you receive a message that passed through the spam filters that and should be classified as junk or a phishing scam, you can submit the "false negative" message to the Microsoft Spam Analysis and Microsoft Phishing Analysis teams, as appropriate. アナリストはメッセージを確認し、分類基準を満たす場合は、サービス全体のフィルターに追加します。The analysts will review the message and add it to the service-wide filters if it meets the classification criteria.

組織全体に適用されるスパム設定について詳しくは、「検出漏れ問題を防ぐために Office 365 スパム フィルターで迷惑メールをブロックする」をご覧ください。For more spam settings that apply to the whole organization, see Block email spam with the Office 365 spam filter to prevent false negative issues. この記事には、誤検知を防止するためのヒントが記載されています。This article contains tips to help prevent false negatives.

迷惑メール メッセージを送信するには、次のようにします。You can submit junk email messages in the following ways:

  • Outlook および web 上の Outlook では、Microsoft Outlook 用のレポートメッセージアドインを使用します。For Outlook and Outlook on the web users, use the Report Message Add-in for Microsoft Outlook. このツールをインストールして使用する方法については、「レポートメッセージアドインを有効にする」を参照してください。For information about how to install and use this tool, see Enable the Report Message add-in.

  • 次の手順で説明するように、電子メールを使用して、迷惑メールまたはフィッシング詐欺として分類されるメッセージを Microsoft に送信することもできます。You can also use email to submit messages to Microsoft that should be classified as junk or phishing scams, as described in the following procedure.

メールを使用して Microsoft に迷惑メール (スパム) またはフィッシング詐欺メッセージを送信するUse email to submit junk (spam) or phishing scam messages to Microsoft

Microsoft に迷惑メールまたはフィッシング詐欺メッセージを送信するには:To submit a junk or phishing scam message to Microsoft:

  1. 空の電子メールメッセージを作成します。Create a blank email message.

  2. 次のように、メッセージをレビューする Microsoft チームにメッセージを送信します。Address the message to the Microsoft team that reviews messages, as follows:

  • 迷惑メールメッセージの場合: junk@office365.microsoft.comFor junk messages: junk@office365.microsoft.com

  • フィッシング詐欺メッセージの場合: phish@office365.microsoft.comFor phishing scam messages: phish@office365.microsoft.com

  1. 迷惑メールまたはフィッシング詐欺メッセージをコピーして、新しいメッセージに添付ファイルとして貼り付けます。Copy and paste the junk or phishing scam message into the new message as an attachment.

    注意

    新しいメッセージに複数のメッセージを添付することができます。You can attach multiple messages to the new message. すべてのメッセージが同じ種類 (フィッシング詐欺メッセージまたは迷惑メールメッセージ) であることを確認します。Make sure that all the messages are the same type — either phishing scam messages or junk email messages. > 新しいメッセージの本文は空のままにします。> Leave the body of the new message empty.

  2. [ 送信] をクリックします。Click Send.

通過が許可されるはずだったのに迷惑メールとタグ付けされたメッセージを提出するSubmit messages that were tagged as junk but should have been allowed through

メッセージが誤って迷惑メールとして識別された場合は、「偽陽性」メッセージを Microsoft スパム分析チームに送信できます。If a message was incorrectly identified as junk, you can submit the "false positive" message to the Microsoft Spam Analysis Team. アナリストは、メッセージの評価と分析を行います。The analysts will evaluate and analyze the message. 分析結果によっては、このメッセージが許可されるようにサービス全体のスパム コンテンツ フィルター ルールが調整されることがあります。Depending on the results of the analysis, the service-wide spam content filter rules may be adjusted to allow the message through.

管理者は、組織全体に適用されるその他のスパム設定情報を確認できます。Administrators can review more spam setting information that applies to a whole organization. メッセージがスパムとしてマークされないようにする方法について説明します。See How to help ensure that a message isn't marked as spam. 管理者レベルの制御権限を持っている場合に誤検出防止に役立つ情報を記載しています。This information is helpful if you have administrator-level control and you want to prevent false positives.

スパムではないメッセージを送信するには、次のようにします。You can submit non-spam messages in the following ways:

  • コンテンツフィルターを構成するときに [迷惑メールフォルダーにメッセージを移動する] アクションを使用する (これが既定の操作である) 場合、ユーザーは、outlook または web 上の outlook (旧称: Outlook web App) の迷惑メールフォルダーに誤検知メッセージを解放することができます。.If you use the Move message to Junk Email folder action when you configure your content filters (this is the default action), users can release false positive messages in their Outlook or Outlook on the web (formerly known as Outlook Web App) Junk Email folder.

    • Outlook ユーザーは、迷惑メールではない右クリックメニューオプションを使用して誤検知メッセージを解放できます。Outlook users can release false positive messages by using the Not Junk right-click menu option. ただし、この記事の手順に示されているように、電子メールでメッセージを Microsoft に送信する必要があります。However, they must submit the message to Microsoft through email, as shown in the procedure in this article.

    • Outlook on the web ユーザーは、偽陽性のメッセージを解放して、迷惑メールではないとしてマークを付けて、分析のために Microsoft に送信することができます。Outlook on the web users can release false positive messages and submit them to Microsoft for analysis using the Mark as not junk action. これを行う方法の詳細については、「 Outlook on the web で迷惑メールとフィッシング詐欺を報告する」を参照してください。For more information about how to do this, see Report junk email and phishing scams in Outlook on the web .

  • コンテンツフィルターを構成するときに、 [迷惑メールフォルダーにメッセージを移動する] アクションの代わりに [メッセージの検疫] アクションを使用すると、次のようになります。If you use the Quarantine message action instead of the Move message to Junk Email folder action when you configure your content filters:

    • 管理者はスパムとして隔離されたメッセージを解放し、そのメッセージを誤検知メッセージとして Exchange 管理センターから報告できます。詳細については、「管理者として検疫済みメッセージを検索して解放する」を参照してください。Administrators can release spam-quarantined messages and report them as false positives from the Exchange admin center. For more information, see Find and release quarantined messages as an administrator.

    • ユーザーは、次のチャネルを使用して、自分のスパム検疫済みメッセージを解放し、誤検知として報告することができます。Users can release their own spam-quarantined messages and report them as false positives through the following channels:

    • Exchange 管理センター (EAC) ユーザー インターフェイス。The Exchange admin center (EAC) user interface. 詳細については、「Find and Release Quarantined Messages (End Users)」を参照してください。For more information, see Find and Release Quarantined Messages (End Users).

    • エンドユーザー スパム通知メッセージ (管理者が有効にしている場合)。End-user spam notification messages (if they're enabled by your administrator).

  • スパムとして分類されるべきでないメッセージを Microsoft にメールで送信することもできます。You can also use email to submit messages to Microsoft that should not be classified as spam. その場合は、以下の手順を必ず実行してください。When you do this, make sure that you use the steps in the following procedure.

電子メールで誤検知メッセージを提出するUse email to submit false positive messages

メールを使用して迷惑 (スパム) またはフィッシング詐欺メッセージを Microsoft に送信する」に記載されているものと同じ手順を使用します。ただし、メッセージを not_junk@office365.microsoft.com に送信します。Use the same procedure as described in the "Use email to submit junk (spam) or phishing scam messages to Microsoft ," but send the message to not_junk@office365.microsoft.com.

スパム評価とルールの展開Spam evaluation and rules deployment

スパム分析チームは、送信したメッセージを調査し、今後の迷惑メールを防ぐためにスパムフィルターを調整します。The spam analysis team examines messages that you submit, and adjusts the spam filters to prevent future junk mail. そのため、Office 365 スパムフィルターは常に見直されています。As a result, Office 365 spam filters areconstantly refined. 提出されたすべてのアイテムは、ネットワーク規模のレベルで評価されます。Any submitted items are evaluated at the network-wide level. False 肯定提出は、スパムフィルターを通過できるようになる可能性があるルールの調整を調査および評価します。False positive submissions are examined and assessed for possible rule adjustment to allow future messages through the spam filters. そのため、サービスに誤検知と、偽の否定 (迷惑メールではない) について通知することは、自分やグローバルネットワークを使用するすべてのお客様にとって有益です。Therefore, notifying the service of false positives and also false negatives (unfiltered spam) is advantageous for you and all customers who use the global network. スパムチームは、送信された各メッセージ内の次のようなインジケーターをチェックします。The spam team examines indicators within each submitted message, such as the following:

  • 送信元アドレスFrom address

  • 送信 IP アドレスSending IP address

  • キーワードKeywords

  • 語句Phrases

  • 送信頻度Frequency of transmission

  • その他の傾向やパターンOther trends and patterns

この情報を確認した後、スパムチームは、サービスのスパムフィルタリングレイヤーに変更を加える可能性があります。After they review this information, the spam team might make changes to the service's spam filtering layers. スパムチームの詳細については、次の英語のみのビデオをご覧ください。For more information about the spam team, you can watch the following English-only video:

Microsoft Exchange スパムチームビデオMicrosoft Exchange Spam team video

スパム評価は、スパムの発信元の言語や文字セットに関係なく適用される継続的なプロセスです。スパム メッセージはあいまいであったり、件名やメッセージ本文のテキストがないことがあるため、スパム チームは、その他のメッセージの特性を使用してフィルター処理を行います。つまり、スパム チームが特定のメッセージをスパムとして設定し、そのルール ベースに必要な変更を行った場合、メッセージの特徴がフィルターを回避できるほど大きく変わらない限り、メッセージはブロックされます。新しいスパム ルールは継続的にデプロイされます。個々の提出についてルールがデプロイされる時期は、提出の量と質によって異なります。新しいスパム ルールはすべてのユーザーに対してグローバルに設定されるため、個々のスパムの提出が必ずしも新しいスパム ルールになるとは限りません。Spam evaluation is an ongoing process that applies regardless of the originating language or character set. Because a spam message can be vague or even lack text in the subject or message body, the spam team relies on other message characteristics to perform filtering. This means that after the spam team flags a given message as spam and makes the necessary changes to its rule base, that message will be blocked in the future until its characteristics have been modified enough to avoid our filters. New spam rules are deployed continuously. Time frames for rules on individual submissions vary depending on the quantity and quality of submissions. Because new spam rules are set globally for all customers, not all individual spam submissions will result in a new spam rule.

関連情報For more information

スパム対策とマルウェア対策の保護Anti-spam and anti-malware protection

メッセージがスパムとしてマークされないようにする方法How to help ensure that a message isn't marked as spam

検出漏れの問題を防止するために Office 365 スパム フィルターを使用して迷惑メールをブロックするBlock email spam with the Office 365 spam filter to prevent false negative issues