ネットワークアップロードを使用して組織の PST ファイルを Office 365 にインポートするUse network upload to import your organization PST files to Office 365

注意

この記事は、管理者を対象としています。This article is for administrators. PST ファイルを自分のメールボックスにインポートしようとしていますか?Are you trying to import PST files to your own mailbox? Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」を参照してください。See Import email, contacts, and calendar from an Outlook .pst file

この記事では、ネットワークアップロードを使用して複数の PST ファイルを Office 365 メールボックスに一括インポートするために必要な手順を説明します。Here are the step-by-step instructions required to use network upload to bulk-import multiple PST files to Office 365 mailboxes. ネットワークアップロードを使用して PST ファイルを Office 365 メールボックスに一括インポートする方法についてよく寄せられる質問については、「 faq for network upload to IMPORT pst files」を参照してください。For frequently asked questions about using network upload to bulk-import PST files to Office 365 mailboxes, see FAQs for using network upload to import PST files.

手順 1: SAS URL をコピーして Azure AzCopy をインストールするStep 1: Copy the SAS URL and install Azure AzCopy

手順 2: Office 365 に PST ファイルをアップロードするStep 2: Upload your PST files to Office 365

オプション手順 3: Office 365 にアップロードされた PST ファイルの一覧を表示する(Optional) Step 3: View a list of the PST files uploaded to Office 365

手順 4: PST インポートのマッピングファイルを作成するStep 4: Create the PST Import mapping file

手順 5: Office 365 で PST インポートジョブを作成するStep 5: Create a PST Import job in Office 365

手順 6: データをフィルター処理し、PST インポートジョブを開始するStep 6: Filter data and start the PST Import job

Office 365 メールボックスに PST ファイルをインポートするには、手順1を一度だけ実行する必要があることに注意してください。Note that you have to perform Step 1 only once to import PST files to Office 365 mailboxes. これらの手順を実行した後、PST ファイルのバッチをアップロードしてインポートするたびに、手順2から手順6に従います。After you perform these steps, follow Step 2 through Step 6 each time you want to upload and import a batch of PST files.

始める前にBefore you begin

  • PST ファイルを Office 365 メールボックスにインポートするには、Exchange Online でメールボックスのインポートのエクスポートの役割を割り当てられている必要があります。You have to be assigned the Mailbox Import Export role in Exchange Online to import PST files to Office 365 mailboxes. 既定では、この役割は Exchange Online のどの役割グループにも割り当てられていません。By default, this role isn't assigned to any role group in Exchange Online. You can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group.You can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group. Or you can create a new role group, assign the Mailbox Import Export role, and then add yourself as a member.Or you can create a new role group, assign the Mailbox Import Export role, and then add yourself as a member. 詳細については、「 Manage role groups」の「役割グループに役割を追加する」または「役割グループを作成する」のセクションを参照してください。For more information, see the "Add a role to a role group" or the "Create a role group" sections in Manage role groups.

    さらに、Security & コンプライアンスセンターでインポートジョブを作成するには、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。Additionally, to create import jobs in the Security & Compliance Center, one of the following must be true:

    • Exchange Online では、メール受信者の役割が割り当てられている必要があります。You have to be assigned the Mail Recipients role in Exchange Online. By default, this role is assigned to the Organization Management and Recipient Management roles groups.By default, this role is assigned to the Organization Management and Recipient Management roles groups.

      またはOr

    • Office 365 組織の全体管理者である必要があります。You have to be a global administrator in your Office 365 organization.

    ヒント

    Office 365 に PST ファイルをインポートするための特別な目的である Exchange Online に新しい役割グループを作成することを検討してください。Consider creating a new role group in Exchange Online that's specifically intended for importing PST files to Office 365. PST ファイルのインポートに必要な最低限の特権レベルについては、メールボックスのインポートの役割とメール受信者の役割を新しい役割グループに割り当ててから、メンバーを追加します。For the minimum level of privileges required to import PST files, assign the Mailbox Import Export and Mail Recipients roles to the new role group, and then add members.

  • PST ファイルを Office 365 にインポートするためにサポートされている唯一の方法は、このトピックで説明されているように、Azure AzCopy ツールを使用することです。The only supported method for importing PST files to Office 365 is to use the Azure AzCopy tool, as described in this topic. Azure ストレージエクスプローラーを使用して、PST ファイルを Azure ストレージ領域に直接アップロードすることはできません。You can't use the Azure Storage Explorer to upload PST files directly to the Azure storage area.

  • Office 365 にインポートする PST ファイルは、組織内のファイルサーバーまたは共有フォルダーに格納する必要があります。You need to store the PST files that you want to import to Office 365 on a file server or shared folder in your organization. 手順2では、このファイルサーバーまたは共有フォルダーに格納されている PST ファイルを Office 365 にアップロードする Azure AzCopy ツールを実行します。In Step 2, you'll run the Azure AzCopy tool that will upload the PST files that are stored on this file server or shared folder to Office 365.

  • この手順では、アクセスキーを含む URL のコピーのコピーと保存を行います。This procedure involves copying and saving a copy of a URL that contains an access key. この情報は、手順2で PST ファイルをアップロードするために使用され、手順3で Office 365 にアップロードされた PST ファイルの一覧を表示します。This information will be used in Step 2 to upload your PST files, and in Step 3 if you want to view a list of the PST files uploaded to Office 365. パスワードやその他のセキュリティ関連の情報を保護するのと同じように、この URL を保護するための予防措置を講じるようにしてください。Be sure to take precautions to protect this URL like you would protect passwords or other security-related information. たとえば、パスワードで保護された Microsoft Word 文書、または暗号化された USB ドライブに保存することができます。For example you might save it to a password-protected Microsoft Word document or to an encrypted USB drive. この組み合わせの URL とキーの例については、「 More information 」セクションを参照してください。See the More information section for an example of this combined URL and key.

  • Office 365 の非アクティブなメールボックスに PST ファイルをインポートすることができます。You can import PST files to an inactive mailbox in Office 365. これを行うには、PST インポートマッピングファイルのMailboxパラメーターに非アクティブなメールボックスの GUID を指定します。You do this by specifying the GUID of the inactive mailbox in the Mailbox parameter in the PST Import mapping file. 詳細については**** 、このトピックの「手順4」を参照してください。See Step 4 on the Instructions tab in this topic for information.

  • Exchange ハイブリッド展開では、プライマリメールボックスがオンプレミスであるユーザーのクラウドベースのアーカイブメールボックスに PST ファイルをインポートできます。In an Exchange hybrid deployment, you can import PST files to a cloud-based archive mailbox for a user whose primary mailbox is on-premises. これを行うには、PST インポートマッピングファイルで以下の手順を実行します。You do this by doing the following in the PST Import mapping file:

    • Mailboxパラメーターに、ユーザーの社内メールボックスの電子メールアドレスを指定します。Specify the email address for the user's on-premises mailbox in the Mailbox parameter.

    • IsArchiveパラメーターにTRUEの値を指定します。Specify the TRUE value in the IsArchive parameter.

      詳細については、手順 4を参照してください。See Step 4 for more information.

  • PST ファイルが Office 365 メールボックスにインポートされると、メールボックスの保持ホールドの設定は無期限に有効になります。After PST files are imported to an Office 365 mailbox, the retention hold setting for the mailbox is turned on for an indefinite duration. これは、メールボックスに割り当てられたアイテム保持ポリシーは、保存機能を無効にするか、保留を解除する日付を設定するまで処理されないことを意味します。This means that the retention policy assigned to the mailbox won't be processed until you turn off the retention hold or set a date to turn off the hold. なぜこれを行うのでしょうか。Why do we do this? メールボックスにインポートされたメッセージが古くなっている場合は、メールボックスに対して構成されたアイテム保持ポリシーに基づいて保持期間が経過したために、削除 (パージ) される可能性があります。If messages imported to a mailbox are old, they might be permanently deleted (purged) because their retention period has expired based on the retention settings configured for the mailbox. メールボックスの保存機能を有効にすると、メールボックスの所有者は新しくインポートされたメッセージを管理することができ、メールボックスの保存期間の設定を変更する時間を与えることができます。Placing the mailbox on retention hold will give the mailbox owner time to manage these newly-imported messages or give you time to change the retention settings for the mailbox. 保持ホールドの管理に関する提案については、このトピックの「詳細情報」タブを参照してください。See the More info tab in this topic for suggestions about managing the retention hold.

  • 既定では、Office 365 メールボックスで受信できる最大メッセージサイズは 35 MB です。By default, the maximum message size that can be received by an Office 365 mailbox is 35 MB. これは、メールボックスのMaxReceiveSizeプロパティの既定値が 35 MB に設定されているためです。That's because the default value for the MaxReceiveSize property for a mailbox is set to 35 MB. ただし、Office 365 の最大メッセージ受信サイズの制限は 150 MB です。However, the limit for the maximum message receive size in Office 365 is 150 MB. そのため、35 MB を超えるアイテムを含む PST ファイルをインポートすると、Office 365 インポートサービスによって、ターゲットメールボックスのMaxReceiveSizeプロパティの値が 150 mb に自動的に変更されます。So if you import a PST file that contains an item larger than 35 MB, the Office 365 Import service we will automatically change the value of the MaxReceiveSize property on the target mailbox to 150 MB. これにより、150 MB までのメッセージをユーザーのメールボックスにインポートできます。This allows messages up to 150 MB to be imported to user mailboxes.

    ヒント

    メールボックスのメッセージ受信サイズを特定するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドをGet-Mailbox <user mailbox> | FL MaxReceiveSize実行します。To identify the message receive size for a mailbox, you can run this command in Exchange Online PowerShell: Get-Mailbox <user mailbox> | FL MaxReceiveSize.

手順 1: SAS URL をコピーして Azure AzCopy をインストールするStep 1: Copy the SAS URL and install Azure AzCopy

最初の手順として、Azure AzCopy ツールをダウンロードしてインストールします。このツールは、手順2で実行して PST ファイルを Office 365 にアップロードします。The first step is to download and install the Azure AzCopy tool, which is the tool that you'll run in Step 2 to upload PST files to Office 365. 組織の SAS URL もコピーします。You'll also copy the SAS URL for your organization. この URL は、組織のための Microsoft クラウド内の Azure ストレージの場所のネットワーク URL と、共有アクセス署名 (SAS) キーの組み合わせです。This URL is a combination of the network URL for the Azure storage location in the Microsoft cloud for your organization and a Shared Access Signature (SAS) key. このキーは、Azure ストレージの場所に PST ファイルをアップロードするために必要なアクセス許可を提供します。This key provides you with the necessary permissions to upload PST files to your Azure storage location. SAS URL を保護するための予防措置を講じてください。Be sure to take precautions to protect the SAS URL. これは組織に固有であり、手順2で使用されます。It's unique to your organization and will be used in Step 2.

重要

Network upload メソッドを使用して PST ファイルをインポートするには、次の手順の手順6b でダウンロードできるバージョンの Azure AzCopy を使用することをお勧めします。To import PST files using the network upload method, we recommend that you use the version of Azure AzCopy that can be downloaded in step 6b in the following procedure.

  1. https://protection.office.com移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  2. セキュリティ & コンプライアンスセンターの左側のウィンドウで、[データガバナンス >のインポート] をクリックします。In the left pane of the Security & Compliance Center, click Data governance > Import.

    注意

    セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページにアクセスするには、適切なアクセス許可が割り当てられている必要があります。You have to be assigned the appropriate permissions to access the Import page in the Security & Compliance Center. 詳細については、「はじめに」セクションを参照してください。See the Before you begin section for more information.

  3. [インポート] ページで、 ![追加 ] アイコン [新しいインポートジョブ] をクリックします。On the Import page, click Add Icon New import job.

    [ジョブのインポート] ウィザードが表示されます。The import job wizard is displayed.

  4. PST インポートジョブの名前を入力し、[次へ] をクリックします。Type a name for the PST import job, and then click Next. 小文字、数字、ハイフン、およびアンダースコアを使用してください。Use lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores. 名前には、大文字を使用したり、スペースを含めたりすることはできません。You can't use uppercase letters or include spaces in the name.

  5. [データをアップロードまたは出荷しますか? ] ページで、[データのアップロード] をクリックし、[次へ] をクリックします。On the Do you want to upload or ship data? page, click Upload your data and then click Next.

    [データをアップロードしてネットワークアップロードのインポートジョブを作成する] をクリックします。

  6. [データのインポート] ページで、次の2つの操作を行います。On the Import data page, do the following two things:

    SAS URL をコピーして、[データのインポート] ページに Azure AzCopy ツールをダウンロードする

    a.a. 手順2で、[ネットワークアップロード SAS URL を表示する] をクリックします。In step 2, click Show network upload SAS URL. SAS URL が表示されたら、[クリップボードにコピー ] をクリックして貼り付け、ファイルに保存し、後でアクセスできるようにします。After the SAS URL is displayed, click Copy to clipboard and then paste it and save it to a file so you can access it later.

    b.b. 手順3で、[ Azure AzCopy のダウンロード] をクリックして、Azure azcopy ツールをダウンロードしてインストールします。In step 3, click Download Azure AzCopy to download and install the Azure AzCopy tool. ポップアップウィンドウで、[実行] をクリックして azcopy をインストールします。In the pop-up window, click Run to install AzCopy.

注意

[データのインポート] ページは開いたままにしておくことができます (SAS URL を再度コピーする必要がある場合)。または、[キャンセル] をクリックして閉じます。You can leave the Import data page open (in case you need to copy the SAS URL again) or click Cancel to close it.

手順 2: Office 365 に PST ファイルをアップロードするStep 2: Upload your PST files to Office 365

これで、AzCopy ツールを使用して PST ファイルを Office 365 にアップロードする準備ができました。Now you're ready to use the AzCopy.exe tool to upload PST files to Office 365. このツールは、Microsoft クラウド内の Azure ストレージの場所にそれらをアップロードして保存します。This tool uploads and stores them in an Azure storage location in the Microsoft cloud. 前述したように、PST ファイルをアップロードする Azure ストレージの場所は、Office 365 組織が配置されているのと同じ地域の Microsoft データセンターに存在します。As previously explained, the Azure storage location that you upload your PST files to resides in the same regional Microsoft datacenter where your Office 365 organization is located. この手順を完了するには、PST ファイルを組織内のファイル共有またはファイル サーバーに配置する必要があります。To complete this step, the PST files have to be located in a file share or file server in your organization. これは、次の手順でソース ディレクトリと呼ばれます。This is known as the source directory in the following procedure. AzCopy ツールを実行するたびに、別のソースディレクトリを指定することができます。Each time you run the AzCopy tool, you can specify a different source directory.

  1. ローカル コンピューター上でコマンド プロンプトを開く。Open a Command Prompt on your local computer.

  2. 手順1で AzCopy ツールをインストールしたディレクトリに移動します。Go to the directory where you installed the AzCopy.exe tool in Step 1. ツールを既定の場所にインストールした場合は、 %ProgramFiles(x86)%\Microsoft SDKs\Azure\AzCopyに移動します。If you installed the tool in the default location, go to %ProgramFiles(x86)%\Microsoft SDKs\Azure\AzCopy.

  3. 次のコマンドを実行して、Office 365 に PST ファイルをアップロードします。Run the following command to upload the PST files to Office 365.

    AzCopy.exe /Source:<Location of PST files> /Dest:<SAS URL> /V:<Log file location> /Y
    
    

    重要

    前のコマンドのソースの場所としてディレクトリを指定する必要があります。個別の PST ファイルを指定することはできません。You must specify a directory as the source location in the previous command; you can't specify an individual PST file. ソースディレクトリ内のすべての PST ファイルがアップロードされます。All PST files in the source directory will be uploaded.

    次の表では、AzCopy .exe パラメーターとその必須値について説明します。The following table describes the AzCopy.exe parameters and their required values. 前の手順で取得した情報は、これらのパラメーターの値で使用されます。The information you obtained in the previous step is used in the values for these parameters.

    パラメーターParameter 説明Description Example
    /Source:
    Office 365 にアップロードされる PST ファイルを含む、組織内のソースディレクトリを指定します。Specifies the source directory in your organization that contains the PST files that will be uploaded to Office 365.
    このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    /Source:"\\FILESERVER01\PSTs"
    /Dest:
    手順1で取得した SAS URL を指定します。Specifies the SAS URL that you obtained in Step 1.
    このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    ヒント: オプションPST ファイルをアップロードするために、Azure ストレージの場所にサブフォルダーを指定することができます。Tip: (Optional) You can specify a subfolder in the Azure storage location to upload the PST files to. これを行うには、SAS URL にサブフォルダーの場所 ("ingestiondata" の後) を追加します。You do this by adding a subfolder location (after "ingestiondata") in the SAS URL. 最初の例では、サブフォルダーを指定しません。これは、Pst が Azure ストレージの場所のルート ( ingestiondataという名前) にアップロードされることを意味します。The first example doesn't specify a subfolder; that means the PSTs will be uploaded to the root (named ingestiondata ) of the Azure storage location. 2番目の例では、PST ファイルを Azure ストレージの場所のルートにあるサブフォルダー ( PSTFilesという名前) にアップロードします。The second example uploads the PST files to a subfolder (named PSTFiles ) in the root of the Azure storage location.
    /Dest:"https://3c3e5952a2764023ad14984.blob.core.windows.net/ingestiondata?sv=2012-02-12&amp;se=9999-12-31T23%3A59%3A59Z&amp;sr=c&amp;si=IngestionSasForAzCopy201601121920498117&amp;sig=Vt5S4hVzlzMcBkuH8bH711atBffdrOS72TlV1mNdORg%3D"
    またはOr
    /Dest:"https://3c3e5952a2764023ad14984.blob.core.windows.net/ingestiondata/PSTFiles?sv=2012-02-12&amp;se=9999-12-31T23%3A59%3A59Z&amp;sr=c&amp;si=IngestionSasForAzCopy201601121920498117&amp;sig=Vt5S4hVzlzMcBkuH8bH711atBffdrOS72TlV1mNdORg%3D"
    /V:
    詳細な状態メッセージをログファイルに出力します。Outputs verbose status messages into a log file. 既定では、詳細ログファイルは%LocalAppData%\Microsoft\Azure\AzCopy. の AzCopyVerbose .log という名前です。By default, the verbose log file is named AzCopyVerbose.log in %LocalAppData%\Microsoft\Azure\AzCopy. このオプションに既存のファイルの場所を指定すると、そのファイルに詳細ログが追加されます。If you specify an existing file location for this option, the verbose log will be appended to that file.
    このパラメーターの値は必ず二重引用符 (" ") で囲むようにしてください。Be sure to surround the value of this parameter with double-quotation marks (" ").
    /V:"c:\Users\Admin\Desktop\Uploadlog.log"
    /S
    このオプションスイッチでは、 /Source:パラメーターで指定されたソースディレクトリ内のサブフォルダーにある pst ファイルが、azcopy ツールによってコピーされるように、再帰モードを指定します。This optional switch specifies the recursive mode so that the AzCopy tool will copy PSTs files that are located in subfolders in the source directory that is specified by the /Source: parameter.
    注: このスイッチを含めると、サブフォルダー内の PST ファイルは、アップロード後に、Azure ストレージの場所に別のファイルパス名を持つことになります。Note: If you include this switch, PST files in subfolders will have a different file pathname in the Azure storage location after they're uploaded. 手順4で作成した CSV ファイルの正確なファイルのパス名を指定する必要があります。You'll have to specify the exact file pathname in the CSV file that you create in Step 4.
    /S
    /Y
    この必須スイッチでは、PST ファイルを Azure ストレージの場所にアップロードするときに、書き込み専用の SAS トークンを使用できます。This required switch allows the use of write-only SAS tokens when you upload the PST files to the Azure storage location. 手順1で取得した SAS URL (およびパラメーターで/Dest:指定) は書き込み専用の sas url なので、このスイッチを含める必要があります。The SAS URL you obtained in step 1 (and specified in /Dest: parameter) is a write-only SAS URL, which is why you must include this switch. 書き込み専用の SAS URL を使用しても、azure ストレージの場所にアップロードされた PST ファイルの一覧を表示することはできません。Note that a write-only SAS URL will not prevent you from using the Azure Storage Explorer to view a list of the PST files uploaded to the Azure storage location.
    /Y

以下は、各パラメーターに実際の値を使用した AzCopy の構文の例です。Here's an example of the syntax for the AzCopy.exe tool using actual values for each parameter:

  AzCopy.exe /Source:"\\FILESERVER1\PSTs" /Dest:"https://3c3e5952a2764023ad14984.blob.core.windows.net/ingestiondata?sv=2012-02-12&amp;se=9999-12-31T23%3A59%3A59Z&amp;sr=c&amp;si=IngestionSasForAzCopy201601121920498117&amp;sig=Vt5S4hVzlzMcBkuH8bH711atBffdrOS72TlV1mNdORg%3D" /V:"c:\Users\Admin\Desktop\AzCopy1.log" /Y
  

コマンドを実行すると、PST ファイルのアップロードの進行状況を示す状態メッセージが表示されます。After you run the command, status messages are displayed that show the progress of uploading the PST files. 最終状態メッセージには、正常にアップロードされたファイルの合計数が表示されます。A final status message shows the total number of files that were successfully uploaded.

ヒント

AzCopy コマンドを正常に実行し、すべてのパラメーターが正しいことを確認したら、手順1で取得した情報をコピーしたのと同じ (セキュリティで保護された) ファイルにコマンドライン構文のコピーを保存します。After you successfully run the AzCopy.exe command and verify that all the parameters are correct, save a copy of the command line syntax to the same (secured) file where you copied the information you obtained in Step 1. その後、AzCopy ツールを実行して PST ファイルを Office 365 にアップロードするたびに、このコマンドをコマンドプロンプトにコピーして貼り付けることができます。Then you can copy and paste this command in a Command Prompt each time that you want to run the AzCopy.exe tool to upload PST files to Office 365. 変更する必要があるのは、 /Source:パラメーターの値のみです。The only value you might have to change are the ones for the /Source: parameter. これは、PST ファイルがあるソース ディレクトリによって異なります。This depends on the source directory where the PST files are located.

オプション手順 3: Office 365 にアップロードされた PST ファイルの一覧を表示する(Optional) Step 3: View a list of the PST files uploaded to Office 365

オプションの手順として、Microsoft Azure ストレージエクスプローラー (無償のオープンソースツール) をインストールして使用し、Azure blob にアップロードした PST ファイルの一覧を表示することができます。As an optional step, you can install and use the Microsoft Azure Storage Explorer (which is a free, open source tool) to view the list of the PST files that you've uploaded to the Azure blob. これを行うには、次の2つの適切な理由があります。There are two good reasons to do this:

  • 組織内の共有フォルダーまたはファイルサーバーの PST ファイルが Azure blob に正常にアップロードされたことを確認します。Verify that PST files from the shared folder or file server in your organization were successfully uploaded to the Azure blob.

  • Azure blob にアップロードされた各 PST ファイルのファイル名 (およびサブフォルダーが含まれている場合はそのパス名) を確認します。Verify the filename (and the subfolder pathname if you included one) for each PST file uploaded to the Azure blob. これは、次の手順で PST マッピングファイルを作成している場合に、各 PST ファイルのフォルダーパス名とファイル名の両方を指定する必要があるため、非常に役立ちます。This is really helpful when you're creating the PST mapping file in the next step because you have to specify both the folder pathname and filename for each PST file. これらの名前を確認すると、PST マッピングファイルの潜在的なエラーを減らすのに役立ちます。Verifying these names can help reduce potential errors in your PST mapping file.

Microsoft Azure ストレージエクスプローラーはプレビュー段階です。The Microsoft Azure Storage Explorer is in Preview.

重要

Azure ストレージエクスプローラーを使用して PST ファイルをアップロードまたは変更することはできません。You can't use the Azure Storage Explorer to upload or modify PST files. PST ファイルを Office 365 にインポートするためにサポートされている唯一の方法は、AzCopy を使用することです。The only supported method for importing PST files to Office 365 is to use AzCopy. また、Azure blob にアップロードした PST ファイルを削除することもできません。Also, you can't delete PST files that you've uploaded to the Azure blob. PST ファイルを削除しようとすると、必要なアクセス許可がないというエラーが表示されます。If you try to delete a PST file, you'll receive an error about not having the required permissions. すべての PST ファイルが Azure ストレージ領域から自動的に削除されることに注意してください。Note that all PST files are automatically deleted from your Azure storage area. If there are no import jobs in progress, then all PST files in the ingestiondata container are deleted 30 days after the most recent import job was created.If there are no import jobs in progress, then all PST files in the ingestiondata container are deleted 30 days after the most recent import job was created.

Azure ストレージエクスプローラーをインストールして Azure ストレージ領域に接続するには、次のようにします。To install the Azure Storage Explorer and connect to your Azure storage area:

  1. Microsoft Azure ストレージエクスプローラーツールをダウンロードしてインストールします。Download and install the Microsoft Azure Storage Explorer tool.

  2. Microsoft Azure ストレージエクスプローラーを起動し、左側のウィンドウで [ストレージアカウント] を右クリックして、[ Azure ストレージに接続] をクリックします。Start the Microsoft Azure Storage Explorer, right-click Storage Accounts in the left pane, and then click Connect to Azure storage.

    [ストレージアカウント] を右クリックし、[Azure ストレージへの接続] をクリックします。

  3. [共有アクセス署名 (SAS) URI または接続文字列を使用する] をクリックし、[次へ] をクリックします。Click Use a shared access signature (SAS) URI or connection string and click Next.

  4. [ SAS uri を使用する] をクリックし、手順1で取得した sas URL を [ uri] の下のボックスに貼り付け、[次へ] をクリックします。Click Use a SAS URI, paste the SAS URL that you obtained in Step 1 into the box under URI, and then click Next.

  5. [接続の概要] ページで、接続情報を確認し、[接続] をクリックします。On the Connection summary page, you can review the connection information, and then click Connect.

    Ingestiondataコンテナーが開きます。このファイルには、手順2でアップロードした PST ファイルが含まれています。The ingestiondata container is opened; it contains the PST files that you uploaded in Step 2. Ingestiondataコンテナーは、ストレージアカウント > (SAS 接続されたサービス) > Blob コンテナーの下にあります。The ingestiondata container is located under Storage Accounts > (SAS-Attached Services) > Blob Containers.

    Azure ストレージ エクスプローラーには、アップロードした PST ファイルの一覧が表示される

  6. Microsoft Azure ストレージエクスプローラーの使用が終了したら、[ ingestiondata] を右クリックし、 **** [切断] をクリックして azure ストレージ領域から切断します。When you're finished using the Microsoft Azure Storage Explorer, right-click ingestiondata, and then click Detach to disconnect from your Azure storage area. そうしないと、次に接続しようとしたときにエラーが表示されます。Otherwise, you'll receive an error the next time you try to attach.

    ingestion を右クリックして [デタッチ] をクリックし、Azure のストレージ エリアから切断する

手順 4: PST インポートのマッピングファイルを作成するStep 4: Create the PST Import mapping file

PST ファイルが Office 365 組織の Azure ストレージの場所にアップロードされた後、次の手順では、PST ファイルがインポートされるユーザーメールボックスを指定するコンマ区切り値 (CSV) ファイルを作成します。After the PST files have been uploaded to the Azure storage location for your Office 365 organization, the next step is to create a comma separated value (CSV) file that specifies which user mailboxes the PST files will be imported to. PST インポートジョブを作成する場合は、次の手順でこの CSV ファイルを送信します。You'll submit this CSV file in the next step when you create a PST Import job.

  1. PST インポートのマッピングファイルのコピーをダウンロードします。Download a copy of the PST Import mapping file.

  2. CSV ファイルを開くか、またはローカル コンピューターに保存します。次の例は、完了した PST インポートのマッピング ファイル (メモ帳で開いた) を示しています。Microsoft Excel を使用して CSV ファイルを編集するのは、はるかに簡単です。Open or save the CSV file to your local computer. The following example shows a completed PST Import mapping file (opened in NotePad). It's much easier to use Microsoft Excel to edit the CSV file.

    Workload,FilePath,Name,Mailbox,IsArchive,TargetRootFolder,ContentCodePage,SPFileContainer,SPManifestContainer,SPSiteUrl
    Exchange,,annb.pst,annb@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,,annb_archive.pst,annb@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,,,,,
    Exchange,,donh.pst,donh@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,,donh_archive.pst,donh@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,,,,,
    Exchange,PSTFiles,pilarp.pst,pilarp@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,/,,,,
    Exchange,PSTFiles,pilarp_archive.pst,pilarp@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,/ImportedPst,,,,
    Exchange,PSTFiles,tonyk.pst,tonyk@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,,,,,
    Exchange,PSTFiles,tonyk_archive.pst,tonyk@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,/ImportedPst,,,,
    Exchange,PSTFiles,zrinkam.pst,zrinkam@contoso.onmicrosoft.com,FALSE,,,,,
    Exchange,PSTFiles,zrinkam_archive.pst,zrinkam@contoso.onmicrosoft.com,TRUE,/ImportedPst,,,,
    

    CSV ファイルの先頭行、またはヘッダー行には、PST インポート サービスによって使用され、PST ファイルをユーザー メールボックスにインポートするパラメーターが一覧表示されます。The first row, or header row, of the CSV file lists the parameters that will be used by the PST Import service to import the PST files to user mailboxes. パラメーター名とパラメーター名の間はコンマで区切られています。Each parameter name is separated by a comma. ヘッダー行の下の各行は、特定のメールボックスに PST ファイルをインポートするためのパラメーター値を表します。Each row under the header row represents the parameter values for importing a PST file to a specific mailbox. ユーザー メールボックスにインポートする PST ファイルごとに行が必要になります。You will need a row for each PST file that you want to import to a user mailbox. 必ずマッピング ファイル内のプレースホルダーのデータを実際のデータに置き換えてください。Be sure to replace the placeholder data in the mapping file with your actual data.

    注: SharePoint のパラメーターを含め、見出し行の内容を変更しないでください。PST インポートプロセス中は無視されます。Note: Don't change anything in the header row, including the SharePoint parameters; they will be ignored during the PST Import process.

  3. 次の表の情報を使用して、必要な情報を含む CSV ファイルを作成します。Use the information in the following table to populate the CSV file with the required information.

    パラメーターParameter 説明Description Example
    Workload
    データのインポート先となる Office 365 サービスを指定します。Specifies the Office 365 service that data will be imported to. PST ファイルをユーザーのメールボックスにインポートExchangeするには、を使用します。To import PST files to user mailboxes, use Exchange.
    Exchange
    FilePath
    手順2で PST ファイルをアップロードした Azure ストレージの場所でのフォルダーの場所を指定します。Specifies the folder location in the Azure storage location that you uploaded the PST files to in Step 2.
    手順2の/Dest:パラメーターにオプションのサブフォルダー名を SAS URL に含めなかった場合は、CSV ファイルでこのパラメーターを空白のままにしておきます。If you didn't include an optional subfolder name in the SAS URL in the /Dest: parameter in Step 2, leave this parameter blank in the CSV file. サブフォルダー名を含めた場合は、このパラメーターで指定します (2 番目の例を参照してください)。If you included a subfolder name, specify it in this parameter (see the second example). このパラメーターの値は、大文字と小文字を区別します。The value for this parameter is case sensitive.
    どちらの方法** でも、 FilePathパラメーターの値に "ingestiondata" を含めないでください。Either way, don't include "ingestiondata" in the value for the FilePath parameter.

    重要: ファイルパス名の大文字と小文字は、手順2の/Dest:パラメーターの SAS URL にオプションのサブフォルダー名を含めた場合に使用した場合と同じである必要があります。Important: The case for the file path name must be the same as the case you used if you included an optional subfolder name in the SAS URL in the /Dest: parameter in Step 2. たとえば、手順2でサブPSTFilesフォルダー名を使用して、CSV ファイルのpstfiles FilePathパラメーターでを使用した場合、PST ファイルのインポートは失敗します。For example, if you used PSTFiles for the subfolder name in Step 2 and then use pstfiles in the FilePath parameter in CSV file, the import for the PST file will fail. 両方のインスタンスで同じケースを使用してください。Be sure to use the same case in both instances.
    (空白)(leave blank)
    またはOr
    PSTFiles
    Name
    ユーザー メールボックスにインポートする PST ファイルの名前を指定します。 Specifies the name of the PST file that will be imported to the user mailbox. このパラメーターの値は、大文字と小文字を区別します。The value for this parameter is case sensitive.

    重要: CSV ファイルの PST ファイル名の大文字と小文字は、手順2で Azure ストレージの場所にアップロードされた PST ファイルと同じである必要があります。Important: The case for the PST file name in the CSV file must be the same as the PST file that was uploaded to the Azure storage location in Step 2. たとえば、CSV ファイルのannb.pst Nameパラメーターでを使用していて、実際の pst ファイルの名前がAnnB.pstである場合、その pst ファイルのインポートは失敗します。For example, if you use annb.pst in the Name parameter in the CSV file, but the name of the actual PST file is AnnB.pst, the import for that PST file will fail. CSV ファイルの PST の名前では、実際の PST ファイルと同じ大文字と小文字が使用されていることを確認してください。Be sure that the name of the PST in the CSV file uses the same case as the actual PST file.
    annb.pst
    Mailbox
    PST ファイルのインポート先になるメールボックスの電子メール アドレスを指定します。 Specifies the email address of the mailbox that the PST file will be imported to. PST インポート サービスは、PST ファイルのパブリック フォルダーへのインポートをサポートしていないため、パブリック フォルダーの指定はできないことにご注意ください。Note that you can't specify a public folder because the PST Import Service doesn't support importing PST files to public folders.
    非アクティブなメールボックスに PST ファイルをインポートするには、このパラメーターのメールボックス GUID を指定する必要があります。To import a PST file to an inactive mailbox, you have to specify the mailbox GUID for this parameter. この GUID を取得するには、Exchange Online で次の PowerShell コマンドを実行します。Get-Mailbox <identity of inactive mailbox> -InactiveMailboxOnly | FL GuidTo obtain this GUID, run the following PowerShell command in Exchange Online: Get-Mailbox <identity of inactive mailbox> -InactiveMailboxOnly | FL Guid

    注: 場合によっては、1つのメールボックスがアクティブなメールボックスであり、もう一方のメールボックスが削除済み (非アクティブ) 状態になっているメールボックスが同じメールアドレスを持つ複数のメールボックスが存在することがあります。Note: In some cases, you might have multiple mailboxes with the same email address, where one mailbox is an active mailbox and the other mailbox is in a soft-deleted (or inactive) state. このような状況では、PST ファイルをインポートするメールボックスを一意に識別するために、メールボックスの GUID を指定する必要があります。In these situations, you have to specify the mailbox GUID to uniquely identify the mailbox to import the PST file to. この GUID をアクティブなメールボックスに対して取得するにはGet-Mailbox <identity of active mailbox> | FL Guid、次の PowerShell コマンドを実行します。To obtain this GUID for active mailboxes, run the following PowerShell command: Get-Mailbox <identity of active mailbox> | FL Guid. 回復可能な削除 (または非アクティブ) のメールボックスの GUID を取得Get-Mailbox <identity of soft-deleted or inactive mailbox> -SoftDeletedMailbox | FL Guidするには、次のコマンドを実行します。To obtain the GUID for soft-deleted (or inactive) mailboxes, run this command Get-Mailbox <identity of soft-deleted or inactive mailbox> -SoftDeletedMailbox | FL Guid.
    annb@contoso.onmicrosoft.com
    またはOr
    2d7a87fe-d6a2-40cc-8aff-1ebea80d4ae7
    IsArchive
    PST ファイルをユーザーのアーカイブ メールボックスにインポートするかどうかを指定します。Specifies whether or not to import the PST file to the user's archive mailbox. 次のような 2 つの選択肢があります。There are two options:

    FALSE -PST ファイルをユーザーのプライマリメールボックスにインポートします。FALSE - Imports the PST file to the user's primary mailbox.
    TRUE -PST ファイルをユーザーのアーカイブメールボックスにインポートします。TRUE - Imports the PST file to the user's archive mailbox. This assumes that the user's archive mailbox is enabled.This assumes that the user's archive mailbox is enabled.

    このパラメーターをにTRUE設定し、ユーザーのアーカイブメールボックスが有効になっていない場合、そのユーザーのインポートは失敗します。If you set this parameter to TRUE and the user's archive mailbox isn't enabled, the import for that user will fail. 1人のユーザーに対してインポートが失敗した場合 (アーカイブが有効になっておらTRUEず、このプロパティがに設定されているため)、インポートジョブの他のユーザーに影響が及ぶことに注意してください。Note that if an import fails for one user (because their archive isn't enabled and this property is set to TRUE), the other users in the import job won't be affected.
    If you leave this parameter blank, the PST file is imported to the user's primary mailbox.If you leave this parameter blank, the PST file is imported to the user's primary mailbox.

    注: プライマリメールボックスがオンプレミスであるユーザーのクラウドベースのアーカイブメールボックスに PST ファイルをインポートするにはTRUE 、このパラメーターに対してを指定して、 Mailboxパラメーターのユーザーの社内メールボックスの電子メールアドレスを指定するだけです。Note: To import a PST file to a cloud-based archive mailbox for a user whose primary mailbox is on-premises, just specify TRUE for this parameter and specify the email address for the user's on-premises mailbox for the Mailbox parameter.
    FALSE
    またはOr
    TRUE
    TargetRootFolder
    PST ファイルのインポート先メールボックスフォルダーを指定します。Specifies the mailbox folder that the PST file is imported to.
    このパラメーターを空白のままにした場合、PST はメールボックスのルートレベル (受信トレイフォルダーとその他の既定のメールボックスフォルダーと同じレベル) にあるインポートされた新しいフォルダーにインポートされます。If you leave this parameter blank, the PST will be imported to a new folder named Imported located at the root level of the mailbox (the same level as the Inbox folder and the other default mailbox folders).
    を指定/した場合、PST ファイル内のアイテムは、ユーザーの受信トレイフォルダーに直接インポートされます。If you specify /, items in the PST file will be imported directly in to the user's Inbox folder.

    を指定/<foldername>した場合、PST ファイルのアイテムは、 * <foldername> *という名前のフォルダーにインポートされます。If you specify /<foldername>, items in the PST file will be imported to a folder named <foldername> . たとえば、を使用/ImportedPstすると、アイテムはImportedPstという名前のフォルダーにインポートされます。For example, if you use /ImportedPst, items would be imported to a folder named ImportedPst. このフォルダーは、受信トレイフォルダーと同じレベルにあるユーザーのメールボックスに配置されます。This folder will be located in the user's mailbox at the same level as the Inbox folder.

    ヒント: Pst ファイルのインポートに最適なフォルダーの場所を決定できるように、いくつかのテストバッチを実行して、このパラメーターを試してみることをお勧めします。Tip: Consider running a few test batches to experiment with this parameter so you can determine the best folder location to import PSTs files to.
    (空白)(leave blank)
    またはOr
    /
    またはOr
    /ImportedPst
    ContentCodePage
    このオプションパラメーターは、ANSI ファイル形式で PST ファイルをインポートするために使用するコードページの数値を指定します。This optional parameter specifies a numeric value for the code page to use for importing PST files in the ANSI file format. このパラメーターは、中国語、日本語、および韓国語 (CJK) の組織から PST ファイルをインポートするために使用されます。これらの言語では、通常、文字エンコードに2バイト文字セット (DBCS) を使用します。This parameter is used for importing PST files from Chinese, Japanese, and Korean (CJK) organizations because these languages typically use a double byte character set (DBCS) for character encoding. メールボックスフォルダー名に DBCS を使用する言語の PST ファイルをインポートするためにこのパラメーターを使用していない場合は、インポート後にフォルダー名が正しくないことがよくあります。If this parameter isn't used to import PST files for languages that use DBCS for mailbox folder names, the folder names are often garbled after they're imported.

    このパラメーターに使用することがサポートされている値の一覧については、「コードページ識別子」を参照してください。For a list of supported values to use for this parameter, see Code Page Identifiers.

    注: 前述したように、これはオプションのパラメーターであり、CSV ファイルに含める必要はありません。Note: As previously stated, this is an optional parameter and you don't have to include it in the CSV file. または、1つまたは複数の行の値を空白のままにしておくこともできます。Or you can include it and leave the value blank for one or more rows.
    (空白)(leave blank)
    またはOr
    932(ANSI/OEM 日本語のコードページ識別子)932 (which is the code page identifier for ANSI/OEM Japanese)
    SPFileContainer
    PST インポートの場合は、このパラメーターを空白のままにします。 For PST Import, leave this parameter blank.
    該当なしNot applicable
    SPManifestContainer
    PST インポートの場合は、このパラメーターを空白のままにします。 For PST Import, leave this parameter blank.
    該当なしNot applicable
    SPSiteUrl
    PST インポートの場合は、このパラメーターを空白のままにします。 For PST Import, leave this parameter blank.
    該当なしNot applicable

手順 5: Office 365 で PST インポートジョブを作成するStep 5: Create a PST Import job in Office 365

次の手順では、Office 365 のインポートサービスで PST インポートジョブを作成します。The next step is to create the PST Import job in the Import service in Office 365. 前述のとおり、手順4で作成した PST インポートマッピングファイルを送信します。As previously explained, you will submit the PST Import mapping file that you created in Step 4. 新しいジョブを作成すると、Office 365 は PST ファイルのデータを分析し、PST インポートマッピングファイルで指定されたメールボックスに実際にインポートされるデータをフィルター処理する機会を提供します (手順 6を参照)。After you create the new job, Office 365 analyzes the data in the PST files and then gives you an opportunity to filter the data that actually gets imported to the mailboxes specified in the PST import mapping file (see Step 6).

  1. https://protection.office.com移動し、Office 365 組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。Go to https://protection.office.com and sign in using the credentials for an administrator account in your Office 365 organization.

  2. セキュリティ & コンプライアンスセンターの左側のウィンドウで、[データガバナンス] をクリックし、[インポート] をクリックします。In the left pane of the Security & Compliance Center, click Data governance and then click Import.

  3. [インポート] ページで、 ![追加 ] アイコン [新しいインポートジョブ] をクリックします。On the Import page, click Add Icon New import job.

    注: 新しいインポートジョブを作成するには、セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページにアクセスするための適切なアクセス許可が割り当てられている必要があります。Note: You have to be assigned the appropriate permissions to access the Import page in the Security & Compliance Center to create a new import job. 詳細については、「はじめに」セクションを参照してください。See the Before you begin section for more information.

  4. PST インポートジョブの名前を入力し、[次へ] をクリックします。Type a name for the PST import job, and then click Next. 小文字、数字、ハイフン、およびアンダースコアを使用してください。Use lowercase letters, numbers, hyphens, and underscores. 名前には、大文字を使用したり、スペースを含めたりすることはできません。You can't use uppercase letters or include spaces in the name.

  5. [データをアップロードまたは出荷しますか? ] ページで、[データのアップロード] をクリックし、[次へ] をクリックします。On the Do you want to upload or ship data? page, click Upload your data and then click Next.

    [データをアップロードしてネットワークアップロードのインポートジョブを作成する] をクリックします。

  6. [データのインポート] ページの手順4で、[ファイルのアップロードが完了しました] と [マッピングファイルにアクセスできます] チェックボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。In step 4 on the Import data page, click the I'm done uploading my files and I have access to the mapping file check boxes, and then click Next.

    手順4で2つのチェックボックスをクリックします。

  7. [マッピングファイルの選択] ページで、[マッピングファイルの選択] をクリックして、手順4で作成した PST インポートマッピングファイルを送信します。On the Select the mapping file page, click Select mapping file to submit the PST Import mapping file that you created in Step 4.

    [マッピングファイルの選択] をクリックして、インポートジョブ用に作成した CSV ファイルを送信します。

  8. CSV ファイルの名前が [マッピングファイル名] の下に表示されたら、[検証] をクリックして csv ファイルにエラーがないか確認します。After the name of the CSV file appears under Mapping file name, click Validate to check your CSV file for errors.

    [検証] をクリックして、CSV ファイルのエラーを確認します。

    PST インポート ジョブを作成するには、CSV ファイルが正常に検証される必要があります。The CSV file has to be successfully validated to create a PST Import job. メモファイル名が正常に検証された後に、緑に変更されます。Note the file name is changed to green after it's successfully validated. 検証が失敗した場合は、[ View log ] リンクをクリックします。If the validation fails, click the View log link. 検証エラーレポートが開き、エラーが発生したファイル内の各行に関するエラーメッセージが表示されます。A validation error report is opened, with a error message for each row in the file that failed.

  9. PST マッピングファイルが正常に検証された後、使用条件ドキュメントを読み、チェックボックスをオンにします。After the PST mapping file is successfully validated, read the terms and conditions document, and then click the checkbox.

  10. [保存] をクリックしてジョブを送信し、ジョブが正常に作成されたら [閉じる] をクリックします。Click Save to submit the job, and then click Close after the job is successfully created.

    状態のポップアップページが表示され、状態が "分析中" で、新しいインポートジョブが [インポート] ページの一覧に表示されます。A status flyout page is displayed, with a status of Analysis in progress and the new import job is displayed in the list on the Import page.

  11. 最新の情報に更新] アイコンをクリックして、[状態] 列に表示される状態情報を更新します。 **** ![Click Refresh Refresh icon to update the status information that's displayed in the Status column. 分析が完了し、データをインポートできる状態になると、状態は [分析完了] に変更されます。When the analysis is complete and the data is ready to be imported, the status is changed to Analysis completed.

    インポートジョブをクリックすると、[状態] ポップアップページが表示されます。これには、マッピングファイルに記載されている各 PST ファイルの状態など、インポートジョブに関する詳細情報が表示されます。You can click the import job to display the status flyout page, which contains more detailed information about the import job such as the status of each PST file listed in the mapping file.

手順 6: データをフィルター処理し、PST インポートジョブを開始するStep 6: Filter data and start the PST Import job

手順5でインポートジョブを作成した後、Office 365 は、アイテムの保存期間と PST ファイルに含まれるさまざまなメッセージの種類を識別することによって、PST ファイル (安全で安全な方法) のデータを分析します。After you create the import job in Step 5, Office 365 analyzes the data in the PST files (in a safe and secure manner) by identifying the age of the items and the different message types included in the PST files. 分析が完了し、データをインポートする準備ができたら、PST ファイルに含まれるすべてのデータをインポートするか、インポートするデータを制御するフィルターを設定してインポートしたデータをトリミングすることができます。When the analysis is completed and the data is ready to import, you have the option to import all the data contained in the PST files or you can trim the data that's imported by setting filters that control what data gets imported.

  1. [セキュリティ & コンプライアンスセンター] の [インポート] ページで、手順5で作成したインポートジョブについて、[ Office 365 にインポートする準備ができました] をクリックします。On the Import page in the Security & Compliance Center, click Ready to import to Office 365 for the import job that you created in Step 5.

    作成したインポートジョブの横にある [Office 365 にインポートする準備完了] をクリックします。

    フライアウトページには、PST ファイルおよびインポートジョブに関するその他の情報が表示されます。A fly out page is displayed with information about the PST files and other information about the import job.

  2. [フライアウト] ページで、[ Office 365 へのインポート] をクリックします。On the flyout page, click Import to Office 365.

    [データをフィルターする] ページが表示されます。The Filter your data page is displayed. このファイルには、データの保存期間に関する情報を含む、Office 365 によって PST ファイルに対して実行された分析の結果として得られるデータ insights が含まれています。It contains the data insights resulting from the analysis performed on the PST files by Office 365, including information about the age of the data. この時点で、インポートされるデータをフィルター処理するか、すべてのデータをそのものとしてインポートするかを選択できます。At this point, you have the option to filter the data that will be imported or import all the data as is.

    PST ファイルのデータをトリミングしたり、すべてのデータをインポートしたりできます。

  3. 次のいずれかを実行します。Do one of the following:

    a.a. インポートするデータをトリミングするには、[はい、インポートする前にフィルターを適用します] をクリックします。To trim the data that you import, click Yes, I want to filter it before importing.

    PST ファイルのデータをフィルター処理してからインポートジョブを開始する方法の詳細な手順については、「 pst ファイルを Office 365 にインポートするときにデータをフィルターする」を参照してください。For detailed step-by-step instructions about filtering the data in the PST files and then starting the import job, see Filter data when importing PST files to Office 365.

    またはOr

    b.b. PST ファイル内のすべてのデータをインポートするには、[いいえ、 すべてをインポートします] をクリックし、[次へ] をクリックします。To import all data in the PST files, click No, I want to import everything, and click Next.

  4. すべてのデータをインポートすることを選択した場合は、[データのインポート] をクリックしてインポートジョブを開始します。If you chose to import all the data, click Import data to start the import job.

    インポートジョブの状態が [インポート] ページに表示されます。The status of the import job is display on the Import page. [ 更新アイコン **** の更新] をクリックして、[状態] 列に表示される状態情報を更新します。Click Refresh icon Refresh to update the status information that's displayed in the Status column. インポートジョブをクリックして状態ポップアップページを表示すると、インポートされている各 PST ファイルに関する状態情報が表示されます。Click the import job to display the status flyout page, which displays status information about each PST file being imported.

インポートプロセスのしくみHow the import process works

ネットワークアップロードオプションと Office 365 インポートサービスを使用して、PST ファイルをユーザーのメールボックスに一括インポートすることができます。You can use the network upload option and the Office 365 Import service to bulk-import PST files to user mailboxes. ネットワークのアップロードとは、PST ファイルを Microsoft クラウドの一時的なストレージ領域としてアップロードすることを意味します。Network upload means that you upload the PST files a temporary storage area in the Microsoft cloud. その後、Office 365 インポートサービスは、PST ファイルをストレージ領域からターゲットユーザーのメールボックスにコピーします。Then the Office 365 Import service copies the PST files from the storage area to the target user mailboxes.

Office 365 のメールボックスに PST ファイルをインポートするためのネットワークアップロードプロセスの図と説明を以下に示します。Here's an illustration and description of the network upload process to import PST files to mailboxes in Office 365.

PST ファイルを Office 365 にインポートするためのネットワークアップロードプロセスのワークフロー

  1. Pst インポートツールとキーをプライベート Azure ストレージの場所にダウンロードする-最初の手順として、Azure azcopy コマンドラインツールと、PST ファイルを Microsoft クラウド内の azure ストレージの場所にアップロードするために使用するアクセスキーをダウンロードします。Download the PST import tool and key to private Azure storage location - The first step is to download the Azure AzCopy command-line tool and an access key used to upload the PST files to an Azure storage location in the Microsoft cloud . これらは、セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページから取得します。You obtain these from the Import page in the Security & Compliance Center. キー (secure access signature (SAS) キーと呼ばれる) によって、PST ファイルをプライベートおよび安全な Azure ストレージの場所にアップロードするために必要なアクセス許可が提供されます。The key (called a secure access signature (SAS) key, provides you with the necessary permissions to upload PST files to a private and secure Azure storage location. このアクセスキーは組織に固有のものであり、Microsoft クラウドにアップロードされた後に PST ファイルへの権限のないアクセスを防止するのに役立てることができます。This access key is unique to your organization and helps prevent unauthorized access to your PST files after they're uploaded to the Microsoft cloud. Office 365 に PST ファイルをインポートする場合は、組織で別の Azure サブスクリプションを使用する必要はありません。Note that importing PST files to Office 365 doesn't require your organization to have a separate Azure subscription.

  2. Pst ファイルを azure ストレージの場所にアップロードします。次の手順では、azcopy ツール (手順1でダウンロードしたもの) を使用して、Office 365 の同じ地域の Microsoft データセンターに存在する Azure ストレージの場所に pst ファイルをアップロードして保存します。組織があります。Upload the PST files to the Azure storage location - The next step is to use the AzCopy.exe tool (downloaded in step 1) to upload and store your PST files in an Azure storage location that resides in the same regional Microsoft datacenter where your Office 365 organization is located. これらをアップロードするには、Office 365 にインポートする PST ファイルが、組織内のファイル共有またはファイルサーバーに配置されている必要があります。To upload them, the PST files that you want to import to Office 365 have to be located in a file share or file server in your organization.

    PST ファイルの一覧を表示するために実行できるオプションの手順は、Azure ストレージの場所にアップロードされています。Note that there's an optional step that you can perform to view the list of PST files after they're uploaded to the Azure storage location.

  3. Pst インポートのマッピングファイルを作成する-pst ファイルが Azure ストレージの場所にアップロードされた後、次の手順では、pst ファイルがインポートされるユーザーメールボックスを指定するコンマ区切り値 (CSV) ファイルを作成します。 ユーザーのプライマリメールボックスまたはアーカイブメールボックスにインポートされます。Create a PST import mapping file - After the PST files have been uploaded to the Azure storage location, the next step is to create a comma separated value (CSV) file that specifies which user mailboxes the PST files will be imported to, note that a PST file can be imported to a user's primary mailbox or their archive mailbox. Office 365 インポートサービスは、CSV ファイルの情報を使用して PST ファイルをインポートします。The Office 365 Import service will use the information in the CSV file to import the PST files.

  4. Pst インポートジョブを作成する-次の手順では、セキュリティ AMP コンプライアンスセンターの [インポート] ページで pst インポートジョブを作成し、前の手順で作成した pst インポートマッピングファイルを送信します。Create a PST import job - The next step is to create a PST import job on the Import page in the Security & Compliance Center and submit the PST import mapping file created in the previous step. インポートジョブを作成した後、Office 365 は PST ファイルのデータを分析し、PST インポートマッピングファイルで指定されたメールボックスに実際にインポートするデータを制御するフィルターを設定する機会を提供します。After you create the import job, Office 365 analyzes the data in the PST files and then gives you an opportunity to set filters that control what data actually gets imported to the mailboxes specified in the PST import mapping file.

  5. メールボックスにインポートする pst データをフィルター処理する-インポートジョブが作成されて開始されると、Office 365 は pst ファイル内のデータ (安全かつ安全) を分析して、アイテムの保存期間と pst ファイルに含まれるさまざまなメッセージの種類を特定します。.Filter the PST data that will be imported to mailboxes - After the import job is created and started, Office 365 analyzes the data in the PST files (safely and securely) by identifying the age of the items and the different message types included in the PST files. 分析が完了し、データをインポートする準備ができたら、PST ファイルに含まれるすべてのデータをインポートするか、インポートするデータを制御するフィルターを設定してインポートしたデータをトリミングすることができます。When the analysis is completed and the data is ready to import, you have the option to import all the data contained in the PST files or you can trim the data that's imported by setting filters that control what data gets imported.

  6. Pst インポートジョブを開始する-インポートジョブが開始されると、Office 365 は pst インポートマッピングファイル内の情報を使用して、pst ファイルをユーザーのメールボックスにインポートします。Start the PST import job - After the import job is started, Office 365 uses the information in the PST import mapping file to import the PSTs files from the he Azure storage location to user mailboxes. インポートジョブに関する状態情報 (インポートされる各 PST ファイルに関する情報を含む) は、セキュリティ & コンプライアンスセンターの [インポート] ページに表示されます。Status information about the import job (including information about each PST file being imported) is displayed on the Import page in the Security & Compliance Center. インポートジョブが完了すると、ジョブの状態が [完了] に設定されます。When the import job is finished, the status for the job is set to Complete.

詳細情報More information

  • PST ファイルを Office 365 にインポートする理由Why import PST files to Office 365?

    • 組織のアーカイブメッセージングデータを Office 365 にインポートすることをお勧めします。It's a good way to import your organization's archival messaging data to Office 365.

    • データがクラウドに格納されるので、ユーザーはあらゆるデバイスからデータを利用できます。The data is available to the user from all devices because it's stored in the cloud.

    • Office 365 のコンプライアンス機能を、インポートした PST ファイルのデータに適用することにより、組織のコンプライアンスニーズに対応できます。It helps address compliance needs of your organization by letting you apply Office 365 compliance features to the data from the PST files that you imported. これには以下が含まれます。This includes:

    • アーカイブメールボックスおよび自動拡張アーカイブを有効にすることで、ユーザーはインポートしたデータを格納するための追加のメールボックスストレージスペースを提供できます。Enabling archive mailboxes and auto-expanding archiving to give users additional mailbox storage space to store the data that you imported.

    • メールボックスを訴訟ホールドの対象にして、インポートしたデータを保持します。Placing mailboxes on Litigation Hold to retain the data that you imported.

    • Microsoft eDiscovery ツールを使用して、インポートしたデータを検索します。Using Microsoft eDiscovery tools to search the data that you imported.

    • Office 365 のアイテム保持ポリシーを使用して、インポートしたデータが保持される期間、および保持期間が経過した後に実行するアクションを制御します。Using Office 365 retention policies to control how long the data that you imported will be retained, and what action to take after the retention period expires.

    • Office 365 監査ログで、インポートしたデータに影響するメールボックス関連イベントを検索します。Searching the Office 365 audit log for mailbox-related events that affect the data that you imported.

    • コンプライアンスの目的でデータをアーカイブするために、非アクティブなメールボックスにデータをインポートします。Importing data to inactive mailboxes to archive data for compliance purposes.

    • データ損失防止ポリシーを使用して、機密データが組織外に漏洩しないようにします。Using data loss prevention policies to prevent sensitive data from leaking outside your organization.

  • 手順1で取得した Shared Access Signature (SAS) URL の例を次に示します。Here's an example of the Shared Access Signature (SAS) URL that's obtained in Step 1. この例には、AzCopy で実行して PST ファイルを Office 365 にアップロードするコマンドの構文も含まれています。This example also contains the syntax for the command that you run in the AzCopy.exe tool to upload PST files to Office 365. パスワードやその他のセキュリティ関連の情報を保護するのと同じように、SAS URL を保護するための予防措置を講じるようにしてください。Be sure to take precautions to protect the SAS URL just like you would protect passwords or other security-related information.

    SAS URL: https://3c3e5952a2764023ad14984.blob.core.windows.net/ingestiondata?sv=2012-02-12&amp;se=9999-12-31T23%3A59%3A59Z&amp;sr=c&amp;si=IngestionSasForAzCopy201601121920498117&amp;sig=Vt5S4hVzlzMcBkuH8bH711atBffdrOS72TlV1mNdORg%3D
    
    AzCopy.exe /Source:<Location of PST files> /Dest:<SAS URL> /V:<Log file location> /Y
    
    EXAMPLES
    
    This example uploads PST files to the root of the Azure storage location:
    
    AzCopy.exe /Source:"\\FILESERVER1\PSTs" /Dest:"https://3c3e5952a2764023ad14984.blob.core.windows.net/ingestiondata?sv=2012-02-12&amp;se=9999-12-31T23%3A59%3A59Z&amp;sr=c&amp;si=IngestionSasForAzCopy201601121920498117&amp;sig=Vt5S4hVzlzMcBkuH8bH711atBffdrOS72TlV1mNdORg%3D" /V:"c:\Users\Admin\Desktop\AzCopy1.log" /Y
    
    This example uploads PST files to a subfolder named PSTFiles  in the Azure storage location:
    
    AzCopy.exe /Source:"\\FILESERVER1\PSTs" /Dest:"https://3c3e5952a2764023ad14984.blob.core.windows.net/ingestiondata/PSTFiles?sv=2012-02-12&amp;se=9999-12-31T23%3A59%3A59Z&amp;sr=c&amp;si=IngestionSasForAzCopy201601121920498117&amp;sig=Vt5S4hVzlzMcBkuH8bH711atBffdrOS72TlV1mNdORg%3D" /V:"c:\Users\Admin\Desktop\AzCopy1.log" /Y
    

``

  • As previously explained, the Office 365 Import service turns on the retention hold setting (for an indefinite duration) after PST files are imported to a mailbox. This means the RetentionHoldEnabled property is set to True so that the retention policy assigned to the mailbox won't be processed. This gives the mailbox owner time to manage the newly-imported messages by preventing a deletion or archive policy from deleting or archiving older messages. Here are some steps you can take to manage this retention hold:

    • After a certain period of time, you can turn off the retention hold by running the Set-Mailbox -RetentionHoldEnabled $false command. For instructions, see Place a mailbox on retention hold.

    • You can configure the retention hold so that it's turned off on some date in the future. You do this by running the Set-Mailbox -EndDateForRetentionHold date command. For example, assuming that today's date is June 1, 2016 and you want the retention hold turned off in 30 days, you would run the following command: Set-Mailbox -EndDateForRetentionHold 7/1/2016. In this scenario, you would leave the RetentionHoldEnabled property set to True. For more information, see Set-Mailbox.

    • You can change the settings for the retention policy that's assigned to the mailbox so that older items that were imported won't be immediately deleted or moved to the user's archive mailbox. For example, you could lengthen the retention age for a deletion or archive policy that's assigned to the mailbox. In this scenario, you would turn off the retention hold on the mailbox after you changed the settings of the retention policy. For more information, see Set up an archive and deletion policy for mailboxes in your Office 365 organization.