Exchange Online アーカイブのアーカイブ機能Archive features in Exchange Online Archiving

次のセクションでは、Microsoft Exchange Online アーカイブのアーカイブ機能について説明します。The following sections describe the archive features of Microsoft Exchange Online Archiving.

アーカイブ メールボックスArchive mailbox

Exchange Online Archiving は、アーカイブ メールボックス機能を使用した高度なアーカイブ機能をユーザーに提供します。Exchange Online Archiving offers users advanced archiving capabilities with the archive mailbox feature. アーカイブメールボックスは、Outlook または web 上の Outlook のユーザーのプライマリメールボックスフォルダーと共に表示される専用のメールボックスです。An archive mailbox is a specialized mailbox that appears alongside the users' primary mailbox folders in Outlook or Outlook on the web. ユーザーは、プライマリ メールボックスと同じ方法でアーカイブにアクセスできます。Users can access the archive in the same way that they access their primary mailboxes. 加えて、アーカイブとプライマリ メールボックスの両方を検索することができます。In addition, they can search both their archives and primary mailboxes.

管理者は、Exchange 管理センター (EAC) またはリモート Windows PowerShell を使用して特定のユーザーのアーカイブ機能を有効にすることができます。詳細については、「Exchange Online のアーカイブ メールボックスを有効または無効にする」を参照してください。Administrators can use the Exchange admin center (EAC) or remote Windows PowerShell to enable the archive feature for specific users. For more information, see Enable or disable archive mailboxes in Exchange Online.

重要

アーカイブの目的で、ジャーナリング、トランスポート ルール、または自動転送ルールを使用して Exchange Online Archiving にメッセージをコピーすることは許可されていません。Using journaling, transport rules, or auto-forwarding rules to copy messages to Exchange Online Archiving for the purposes of archiving is not permitted.
ユーザーのアーカイブ メールボックスは、そのユーザー専用です。A user's archive mailbox is intended for just that user. Microsoft は、ユーザーのアーカイブ メールボックスを使用して他のユーザーのアーカイブ データを格納する、インスタンスでの無制限アーカイブを拒否する権利を有します。Microsoft reserves the right to deny unlimited archiving in instances where a user's archive mailbox is used to store archive data for other users.

Exchange Online Archiving へのメッセージの移動Move messages to Exchange Online Archiving

ユーザーは、メッセージを .pst ファイルからアーカイブにドラッグ アンド ドロップするだけで簡単にオンラインでアクセスできます。Users can drag and drop messages from .pst files into the archive, for easy online access. また、アーカイブ ポリシーを使用して電子メール アイテムをプライマリ メールボックスからアーカイブ メールボックスに自動的に移動することによって、プライマリ メールボックスのサイズを削減し、パフォーマンスを向上させることができます。Users can also move email items from the primary mailbox to the archive mailbox automatically, using Archive Polices, to reduce the size and improve the performance of the primary mailbox.

アーカイブへのデータのインポートImport data to the archive

ユーザーは、以下の方法でアーカイブにデータをインポートできます。Users can import data to the archive in the following ways:

  • Outlook のインポート/エクスポート ウィザードを使用して .pst ファイルからデータをインポートします。Import data from a .pst file using Outlook's Import and Export wizard.

  • 電子メール メッセージを .pst ファイルからアーカイブにドラッグします。Drag email messages from .pst files into the archive.

  • 電子メールメッセージをプライマリ メールボックスからアーカイブにドラッグします。Drag email messages from the primary mailbox into the archive.

  • アーカイブ ポリシーを利用して、電子メール メッセージをその保存期間に基づいてプライマリ メールボックスから自動的に移動します。詳細については、「保持タグおよびアイテム保持ポリシー」を参照してください。Let archive policies automatically move email messages from the primary mailbox, based on the age of the messages. For more information, see Retention Tags and Retention Policies.

注意

管理者は、ユーザーのクラウドベースのアーカイブ メールボックスに .pst ファイルをインポートするため Office 365 インポート サービスを使用することもできます。詳細については、「ネットワーク アップロードを使用して PST ファイルを Office 365 にインストールする」を参照してください。Administrators can also use Office 365 Import service to import .pst files to users' cloud-based archive mailboxes. For more information, see Use network upload to import PST files to Office 365.

削除済みアイテムの回復Deleted item recovery

ユーザーは、アーカイブ内の任意の電子メール フォルダーから削除されたアイテムを復元できます。削除されたアイテムは、アーカイブの [削除済みアイテム] フォルダーに移動されます。このアイテムは、ユーザーが手動で削除するか、保持ポリシーによって自動的に削除されるまで、[削除済みアイテム] フォルダーに残ります。Users can restore items they have deleted from any email folder in their archive. When an item is deleted, it is kept in the archive's Deleted Items folder. It remains there until it is manually removed by the user, or automatically removed by retention policies.

アーカイブの [削除済みアイテム] フォルダーからアイテムが削除されると、さらに 14 日間アーカイブの回復可能なアイテム フォルダー内に保存されてから、完全に削除されます。After an item has been removed from the archive's Deleted Items folder, the item is kept in the archive's Recoverable Items folder for an additional 14 days before being permanently removed. ユーザーは、Microsoft Outlook または web 上の Outlook の [削除済みアイテムを復元する機能を使用してこれらのアイテムを回復できます。Users can recover these items using the Recover Deleted Items feature in Microsoft Outlook or Outlook on the web.

ユーザーが回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを手動で削除した場合、管理者は単一アイテムの回復と呼ばれる機能を使って同じ 14 日間の期間内にアイテムを回復できます。管理者は、この機能を使用して、複数のメールボックスを検索して削除されたアイテムを検索してから、 Search-Mailbox Windows PowerShell コマンドレットを使用してそれらのアイテムを探索メールボックスからユーザーのメールボックスに移動できます。詳細については、「 メールボックスの単一アイテムの回復を有効または無効にする」を参照してください。If a user has manually purged an item from the Recoverable Items folder, an administrator can recover the item within the same 14 day window, through a feature called Single Item Recovery. This feature allows administrators to conduct a multi-mailbox search to find purged items and then use the Search-Mailbox Windows PowerShell cmdlet to move the items from the discovery mailbox to users' mailboxes. For more information, see Enable or disable single item recovery for a mailbox.

注意

既定で、単一アイテムの回復期間は 14 日間ですが、一部の環境ではカスタマイズができます。The Single Item Recovery period is 14 days by default, but it can be customized in some circumstances.
管理者がユーザーのメールボックスをインプレース保持または訴訟ホールドの対象にしている場合、削除されたアイテムは無期限に保持されるため、14日間の期間は適用されません。If an administrator has placed a user's mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold, purged items are retained indefinitely and the 14-day window does not apply.

削除済みメールボックスの回復Deleted mailbox recovery

管理者が社内の Exchange Server からユーザーを削除すると、そのユーザーのアーカイブも削除されます。削除されたアーカイブ メールボックスを回復する必要がある場合は、Office 365 サポート チームがこの回復を実行できます。回復されたアーカイブには、削除時点で保存されていたすべてのメールが含まれています。When administrators delete users from the on-premises Exchange Server, the users' archives are also deleted. If the deleted archive mailboxes need to be recovered, the Office 365 support team can perform this recovery. A recovered archive will contain all of the mail stored in it at the time it was deleted.

重要

管理者は、ユーザーのメールボックスが削除された時点から 30 日間、アーカイブ メールボックスの回復を要求できます。30 日後、アーカイブ メールボックスは回復できなくなります。Administrators have 30 days from the time a user's mailbox is deleted to request an archive mailbox recovery. After 30 days, the archive mailbox is not recoverable.

メールボックス サービスの冗長性Mailbox service redundancy

Exchange Online アーカイブのアーカイブメールボックスは、地理的に分散した Microsoft データセンターの複数のデータベースコピーにレプリケートされ、メッセージングインフラストラクチャに障害が発生した場合にデータ復元機能を提供します。Archive mailboxes in Exchange Online Archiving are replicated to multiple database copies, in geographically dispersed Microsoft data centers, to provide data restoration capability in the event of a messaging infrastructure failure. 大規模な障害については、ビジネス継続性管理が開始されます。For large-scale failures, business continuity management is initiated.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 Exchange Online アーカイブサービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see Exchange Online Archiving service description.