Exchange Online Archiving サービスの説明Exchange Online Archiving service description

Microsoft Exchange Online アーカイブは、microsoft Exchange Server 2019、Microsoft Exchange Server 2016、Microsoft Exchange Server 2013、Microsoft Exchange Server 2010 (SP2 以降)、または特定の Exchange Online または Microsoft365 プランを購読している組織のための Microsoft 365 クラウドベースのエンタープライズクラスアーカイブソリューションです。Microsoft Exchange Online Archiving is a Microsoft 365 cloud-based, enterprise-class archiving solution for organizations that have deployed Microsoft Exchange Server 2019, Microsoft Exchange Server 2016, Microsoft Exchange Server 2013, Microsoft Exchange Server 2010 (SP2 and later), or subscribe to certain Exchange Online or Microsoft365 plans. Exchange Online Archiving は、社内インフラストラクチャを簡略化することでコストを削減し、IT 負荷を軽減しながら、アーカイブ、コンプライアンス、規制、電子情報開示の課題を抱えている組織を支援します。Exchange Online Archiving assists these organizations with their archiving, compliance, regulatory, and eDiscovery challenges while simplifying on-premises infrastructure, and thereby reducing costs and easing IT burdens.

Microsoft オンラインサービスとして、Exchange Online のアーカイブは、セキュリティ、信頼性、ユーザーの生産性を強化するためのニーズを満たすことができるように設計されています。As a Microsoft online service, Exchange Online Archiving is designed to help meet the need for robust security, reliability, and user productivity. すべての Microsoft online services に共通の機能を含む、Microsoft 365 の詳細については、「 microsoft 365 および Office 365 platform service description」を参照してください。For more information about Microsoft 365, including features common to all Microsoft online services, see Microsoft 365 and Office 365 platform service description.

Exchange Online のアーカイブを購入するには、「 Exchange Online アーカイブ for server」を参照してください。To buy Exchange Online Archiving, see Exchange Online Archiving for server.

プラン間で機能を比較するには、「 エンタープライズをサポートするための強力なツール」を参照してください。To compare features across plans, see Powerful tools to support your enterprise.

ヒント

サービスの説明では、ページをエクスポート、保存、および印刷することができます。You can export, save, and print pages in the service descriptions. コンテンツ検索の結果をエクスポートする方法について説明します。Learn how to export content search results.

Exchange Online Archiving プランExchange Online Archiving plans

Exchange Online Archiving は以下のプランを通して使用できます。Exchange Online Archiving is available through the following plans.

計画Plan 説明Description
Exchange Server 用の Exchange Online ArchivingExchange Online Archiving for Exchange Server
Exchange Server 2019、Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、または Exchange 2010 (SP2 以降) 内のプライマリメールボックスを使用するユーザーのためのクラウドベースのアーカイブ。Cloud-based archive for users with primary mailboxes in Exchange Server 2019, Exchange Server 2016, Exchange Server 2013, or Exchange 2010 (SP2 or later).
社内の Exchange サーバー上にあるプライマリ メールボックスにクラウド ベースのアーカイブを追加する場合は、ハイブリッド展開を構成する必要があります。If you want to add a cloud-based archive to a primary mailbox that's located on an on-premises Exchange server, you need to configure a hybrid deployment. ハイブリッド展開の詳細については、「 Exchange Server のハイブリッド展開」を参照してください。For more information about hybrid deployments see Exchange Server hybrid deployments.
Exchange Server 用の Exchange Online Archiving (Enterprise CAL Suite 経由)Exchange Online Archiving for Exchange Server (via Enterprise CAL Suite)
Exchange Server 2019、Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、または Exchange 2010 (SP2 以降) 内のプライマリメールボックスを使用するユーザーのためのクラウドベースのアーカイブ。Cloud-based archive for users with primary mailboxes in Exchange Server 2019, Exchange Server 2016, Exchange Server 2013, or Exchange 2010 (SP2 or later). 詳細については、「 クライアントアクセスライセンスと管理ライセンス」を参照してください。For details, see Client Access Licenses and Management Licenses.
Exchange Online 用の Exchange Online ArchivingExchange Online Archiving for Exchange Online
次のプラン1について、クラウドベースのアーカイブとインプレースホールドをアドオンとして使用します。Cloud-based archive and in-place hold as an add-on for the following plans1, 2:
Exchange Online プラン 1Exchange Online Plan 1
Exchange Online KioskExchange Online Kiosk
Microsoft 365 Business BasicMicrosoft 365 Business Basic
Microsoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Business Standard
Office 365 Enterprise E1Office 365 Enterprise E1
Office 365 Enterprise F3Office 365 Enterprise F3
Microsoft 365 Enterprise F3Microsoft 365 Enterprise F3
注: 次のプランには既にアーカイブが含まれており、アドオンとして Exchange Online のアーカイブは必要ありません。Note: The following plans already include archiving and do not require Exchange Online Archiving as an add-on:
Office 365 Education A1Office 365 Education A1
Office 365 Education A3Office 365 Education A3
Office 365 Education A5Office 365 Education A5
Office 365 Enterprise E3Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E5Office 365 Enterprise E5
Exchange Online プラン 2Exchange Online Plan 2
Microsoft 365 Business PremiumMicrosoft 365 Business Premium
Microsoft 365 Enterprise E3Microsoft 365 Enterprise E3
Microsoft 365 Enterprise E5Microsoft 365 Enterprise E5
Exchange Online メールボックスのアーカイブ機能の詳細については、「 Exchange Online アーカイブのアーカイブ機能」を参照してください。For details on the archiving capabilities of Exchange Online mailboxes, see Archive features in Exchange Online Archiving.

注意

1 社内の Exchange サーバーにメールボックスを置かず、クラウドだけを使用する組織では、ハイブリッド展開は不要です。1 A hybrid deployment isn't required for cloud-only organizations where no mailboxes are located on an on-premises Exchange server. ただし、社内メールボックスが存在する場合は、ハイブリッド展開が必要です。However, if on-premises mailboxes exist, then hybrid deployment is required.
2 Exchange Online プラン1および Microsoft 365 アプリプランには、メールボックスとアーカイブにサイズ制限があります。2 Exchange Online Plan 1 and Microsoft 365 Apps plan have a size limit on the mailbox and archive. 詳細については、「 Exchange Online の制限」を参照してください。For more information, see Exchange Online limits. Exchange Online 用の Exchange Online Archiving アドオンにより、無制限のクラウド ベースのアーカイブとインプレース保持と訴訟ホールドが追加されます。Exchange Online Archiving for Exchange Online add-on adds unlimited cloud-based archive and In-Place Hold and Litigation Hold.

すべての Microsoft 365 プランに関する情報をお探しですか?Looking for information about all Microsoft 365 plans? Microsoft 365 は、組織のニーズを満たすように、さまざまなプランで利用できます。Microsoft 365 is available in a variety of plans to best meet the needs of your organization. スタンドアロンプランのオプションや、あるプランから別のプランへの移行に関する情報など、さまざまなプランの詳細については、「 Office 365 プランのオプション」を参照してください。For information about different plans, including standalone plan options and information on moving from one plan to another, see Office 365 plan options.

RequirementsRequirements

Exchange Server 用の Exchange Online アーカイブを使用するには、ユーザーメールボックスが Exchange Server 2019、Exchange Server 2016、Exchange Server 2013、または Exchange Server 2010 (SP2 以降) に存在している必要があります。To use Exchange Online Archiving for Exchange Server, user mailboxes must reside on Exchange Server 2019, Exchange Server 2016, Exchange Server 2013, or Exchange Server 2010 (SP2 or later).

フェデレーション ID とシングル サインオンFederated identity and single sign-on

管理者は、オンプレミスの Active Directory との認証にシングルサインオンのアプローチを使用できます。Administrators can use a single sign-on approach to authentication with on-premises Active Directory. これを実現するために、管理者はオンプレミスの Active Directory フェデレーションサービス (Microsoft Windows Server 2008 service) を構成して ® 、Microsoft Federation Gateway とフェデレーションを行うことができます。To achieve this, administrators can configure on-premises Active Directory Federation Services—a Microsoft Windows Server® 2008 service—to federate with the Microsoft Federation Gateway. Active Directory フェデレーションサービスを構成すると、その id がフェデレーションドメインに基づいているすべてのユーザーは、既存の企業ログオンを使用して Office 365 に自動的に認証できるようになります。After Active Directory Federation Services is configured, all users whose identities are based on the federated domain can use their existing corporate logon to automatically authenticate to Office 365.

ユーザー サブスクリプションUser subscriptions

Exchange Online Archiving サービスにアクセスするユーザーは、Exchange Online Archiving サブスクリプションを所有している必要があります。電子メール アーカイブ サブスクリプションは、特定のユーザーのメッセージング データの記憶域にしか使用することができません。Each user who accesses the Exchange Online Archiving service must have an Exchange Online Archiving subscription. Each email archive subscription can be used only for storage of one user's messaging data.

無制限のアーカイブ ストレージのクォータUnlimited archive storage quota

無制限アーカイブ機能 (自動拡張アーカイブと呼ばれる) には、アーカイブ メールボックスに追加の記憶域があります。The unlimited archiving feature (called auto-expanding archiving) provides additional storage space in archive mailboxes. Exchange Online のアーカイブの各サブスクライバーは、最初にアーカイブメールボックスに 100 GB のストレージを受け取ります。Each Exchange Online Archiving subscriber initially receives 100 GB of storage in the archive mailbox. 自動拡張アーカイブが有効になっている場合は、100 GB の記憶域容量に達すると、追加の記憶域が自動的に追加されます。When auto-expanding archiving is turned on, additional storage space is automatically added when the 100 GB storage capacity is reached. Exchange ハイブリッド展開では、オンプレミスのユーザーのメールボックスが Exchange Server 2019、Exchange Server 2016、または Exchange Server 2013 (SP1 以降) に存在する場合にのみ、自動拡張アーカイブが、クラウドベースのアーカイブメールボックスに対してサポートされます。In Exchange hybrid deployments, auto-expanding archiving is only supported for cloud-based archive mailboxes when the on-premises user's mailbox resides on Exchange Server 2019, Exchange Server 2016, or Exchange Server 2013 (SP1 or later). 詳細については、「 無制限アーカイブの概要」を参照してください。For more information, see Overview of unlimited archiving.

重要

管理者は、記憶領域のクォータを調整できません。Administrators can't adjust the storage quota.
自動拡張アーカイブは、Exchange Server 2010 上に存在するメールボックスではサポートされていません。Auto-expanding archiving is not supported for mailboxes residing on Exchange Server 2010.

重要

自動拡張アーカイブは、個々のユーザーまたは共有メールボックスに使用されるメールボックスに対して、 1   日あたり 1 GB を超えない成長率を持つメールボックスに対してのみサポートされます。Auto-expanding archive is only supported for mailboxes used for individual users or shared mailboxes with a growth rate that does not exceed 1 GB per day. アーカイブの目的で、ジャーナリング、トランスポート ルール、または自動転送ルールを使用して Exchange Online Archiving にメッセージをコピーすることは許可されていません。Using journaling, transport rules, or auto-forwarding rules to copy messages to Exchange Online Archiving for the purposes of archiving is not permitted. ユーザーのアーカイブ メールボックスは、そのユーザー専用です。A user's archive mailbox is intended for just that user. Microsoft は、ユーザーのアーカイブメールボックスを使用して他のユーザーのアーカイブデータを保存したり、不適切な使用をしたりする場合に、無制限のアーカイブを拒否する権利を留保します。Microsoft reserves the right to deny unlimited archiving in instances where a user's archive mailbox is used to store archive data for other users or in other cases of inappropriate use.

Exchange Online Archiving の各プランで利用できる機能Feature availability across Exchange Online Archiving plans

機能Feature Exchange Online Archiving for Exchange Server1Exchange Online Archiving for Exchange Server1 Exchange Online Archiving for Exchange Online2Exchange Online Archiving for Exchange Online2
Exchange Online アーカイブのアーカイブ機能Archive features in Exchange Online Archiving
アーカイブ メールボックスArchive mailbox
はいYes
はいYes
アーカイブポリシーを使用したメッセージの移動Move messages using archive policy
はいYes
はいYes
アーカイブへのデータのインポートImport data to the archive
はいYes
はいYes
削除済みアイテムの回復Deleted item recovery
はいYes
はいYes
削除済みメールボックスの回復Deleted mailbox recovery
はいYes
はいYes
メールボックスのバックアップMailbox backup
はいYes
はいYes
Exchange Online アーカイブのクライアント機能Client features in Exchange Online Archiving
Outlook3Outlook3
はいYes
はいYes
Outlook on the webOutlook on the web
はいYes
はいYes
Exchange Online アーカイブのコンプライアンス機能とセキュリティ機能Compliance and security features in Exchange Online Archiving
アイテム保持ポリシーRetention policies
はいYes
はいYes
インプレース保持と訴訟ホールド6In-Place Hold and Litigation Hold6
はいYes
はいYes
インプレース電子情報開示 (eDiscovery)In-Place eDiscovery
はいYes
はいYes
社内サーバーと Exchange Online Archiving 間の暗号化Encryption between on-premises servers and Exchange Online Archiving
はいYes
はいYes
クライアントと Exchange Online Archiving 間の暗号化Encrypting between clients and Exchange Online Archiving
はいYes
はいYes
暗号化: S/MIME と PGPEncryption: S/MIME and PGP
はいYes
はいYes
Azure Information Protection を使用した IRMIRM using Azure Information Protection
いいえNo
いいえ4No4
Windows Server AD RMS を使用した IRMIRM using Windows Server AD RMS
はい5Yes5
はい5Yes5
監査Auditing
はいYes
はいYes

1 ユーザー メールボックスが Exchange 2010 SP2 以降に存在する必要があります。1 User mailboxes must reside on Exchange 2010 SP2 or later.
2 インプレースアーカイブは、ライセンスが適用された単一のユーザーまたはエンティティのメールをアーカイブする場合にのみ使用できます。2 An In-Place Archive can only be used to archive mail for a single user or entity for which a license has been applied. 複数のユーザーまたはエンティティからのメールを格納する方法として、インプレース アーカイブを使用することは禁止されています。Using an In-Place Archive as a means to store mail from multiple users or entities is prohibited. たとえば、IT 管理者が共有メールボックスを作成して、アーカイブという明確な目的のために、ユーザーに (CC フィールドまたは BCC フィールドを通して、あるいは、トランスポート ルールを介して) 共有メールボックスをコピーさせることはできません。For example, IT administrators can't create shared mailboxes and have users copy (through the Cc or Bcc field, or through a transport rule) a shared mailbox for the explicit purpose of archiving.
3 サポートされている Microsoft Outlook バージョンの一覧については、「 Exchange Online アーカイブのクライアント機能」を参照してください。 3 For a list of supported Microsoft Outlook versions, see Client features in Exchange Online Archiving.
4 Azure Information Protection は含まれていませんが、個別のアドオンとして購入し、サポートされている Information Rights MANAGEMENT (IRM) 機能を有効にすることができます。4 Azure Information Protection is not included, but can be purchased as a separate add-on and will enable the supported Information Rights Management (IRM) features. Azure Information Protection の一部の機能には、microsoft 365 App for enterprise のサブスクリプションが必要です。これは、Microsoft 365 Business Basic、Microsoft 365 Business Standard、Office 365 Enterprise E1、Office 365 エデュケーション、または Office 365 Enterprise F3 に含まれていません。Some Azure Information Protection features require a subscription to Microsoft 365 Apps for enterprise, which is not included with Microsoft 365 Business Basic, Microsoft 365 Business Standard, Office 365 Enterprise E1, Office 365 Education, or Office 365 Enterprise F3.
5 WINDOWS SERVER AD RMS は、サポートされている IRM 機能を有効にするために別途購入して管理する必要があるオンプレミスのサーバーです。5 Windows Server AD RMS is an on-premises server that must be purchased and managed separately in order to enable the supported IRM features.
6 メールボックスをインプレース保持または訴訟ホールドの対象にすると、プライマリメールボックスとアーカイブメールボックスの両方にホールドが適用されます。6 When you put a mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold, the hold is placed on both the primary and the archive mailbox.