スパム対策とマルウェア対策保護 [EOP]Anti-spam and anti-malware protection[EOP]

Microsoft Exchange Online Protection (EOP) は、悪意のあるソフトウェアからの受信および送信メッセージを保護し、電子メールによって転送されるスパムからネットワークを保護するのに役立つ、組み込みのマルウェアおよびスパムフィルタリング機能を提供します。Microsoft Exchange Online Protection (EOP) provides built-in malware and spam filtering capabilities that help protect inbound and outbound messages from malicious software and help protect your network from spam transferred through email. 既定で有効になっているフィルターテクノロジは、管理者が設定または保守する必要はありません。Administrators do not need to set up or maintain the filtering technologies, which are enabled by default. ただし、管理者は、Exchange 管理センター (EAC) で会社固有のフィルターのカスタマイズを行うことができます。However, administrators can make company-specific filtering customizations in the Exchange admin center (EAC).

すべての EOP 機能に関する情報をお探しですか?Looking for information about all EOP features? Exchange Online Protection サービスの説明」を参照してください。See the Exchange Online Protection service description.

マルウェア対策保護Anti-malware protection

EOP は、複数のマルウェア対策エンジンを使用して、既知のマルウェアすべてを捕捉するよう設計された多層的な保護を提供します。サービスを使用して送信されるメッセージは、マルウェア (ウイルスおよびスパイウェア) に関してスキャンされます。マルウェアが検出された場合は、メッセージは削除されます。感染したメッセージが削除され、配信されない場合、送信者または管理者に通知を送信することもできます。感染した添付ファイルを、マルウェアが検出されたことを受信者に通知する既定またはカスタムのメッセージで置換することもできます。Using multiple anti-malware engines, EOP offers multilayered protection that's designed to catch all known malware. Messages transported through the service are scanned for malware (viruses and spyware). If malware is detected, the message is deleted. Notifications may also be sent to senders or administrators when an infected message is deleted and not delivered. You can also choose to replace infected attachments with either default or custom messages that notify the recipients of the malware detection.

Exchange Online Protection スタンドアロンのお客様の場合、このサービスは、サービスがルーティングする送信メッセージと受信メッセージだけをスキャンし、組織内の送信者が組織内の受信者に送信するメッセージはスキャンしません。しかし、もう 1 つの防御層として、Exchange Server 2013 に組み込まれているマルウェア対策機能をサービスと組み合わせることができます。このマルウェア対策機能は、マルウェアを検出するために、内部メッセージをスキャンします。For Exchange Online Protection standalone customers, the service only scans inbound and outbound messages that are routed by the service, and does not scan messages sent from a sender in your organization to a recipient in your organization. However, for another layer of defense, you can pair the service with the built-in anti-malware protection capabilities of Exchange Server 2013, which scans internal messages for malware.

Exchange Online および Exchange Enterprise CAL とサービス のお客様の場合、このサービスは、サービスがルーティングする送信メッセージと受信メッセージ、および組織内の送信者が組織内の受信者に送信するメッセージをスキャンします。For Exchange Online and Exchange Enterprise CAL with Services customers, the service scans inbound and outbound messages that are routed by the service, as well as internal messages sent from a sender in your organization to a recipient in your organization.

詳細については、「マルウェア対策保護」および「マルウェア対策保護に関する FAQ」を参照してください。For more information, see Anti-Malware Protection and Anti-Malware Protection FAQ.

マルウェア対策ポリシーのカスタマイズCustomize anti-malware policies

EAC でマルウェア対策ポリシーをカスタマイズすることができます。既定のポリシーを企業全体の設定に合わせて構成することができます。よりきめ細かく制御する場合は、カスタム コンテンツ フィルター ポリシーを作成して、それを組織内の特定のユーザー、グループ、またはドメインに適用することもできます。カスタム ポリシーは既定のポリシーより常に優先されますが、カスタム ポリシーの優先度 (つまり、実行順序) を変更できます。詳細については、「マルウェア対策ポリシーを構成する」を参照してください。You can customize anti-malware policies in the EAC. You can configure the default policy for company-wide settings. For greater granularity, you can also create custom content filter policies and apply them to specified users, groups, or domains in your organization. Custom policies always take precedence over the default policy, but you can change the priority (that is, the running order) of your custom policies. For more information, see Configure Anti-Malware Policies.

スパム対策保護Anti-spam protection

EOP は、高い精度を実現するために独自のスパム対策テクノロジを使用します。このサービスでは、すべての受信メッセージに対して強力な接続フィルターおよびコンテンツ フィルターを適用します。送信スパム フィルターも、外部への電子メールの送信にサービスを使用する場合、常に有効になっています。これにより、サービスを使用する組織と対象の受信者を保護できます。EOP uses proprietary anti-spam technology to help achieve high accuracy rates. The service provides strong connection filtering and content filtering on all inbound messages. Outbound spam filtering is also always enabled if you use the service for sending outbound email, thereby helping to protect organizations using the service and their intended recipients.

詳細については、「Office 365 メールのスパム対策保護」および「スパム対策保護 FAQ」を参照してください。For more information, see Anti-Spam Protection and Anti-Spam Protection FAQ.

スパム対策ポリシーのカスタマイズCustomize anti-spam policies

スパム フィルターは、EOP によって処理されるすべての受信および送信電子メール メッセージに対して、自動的に有効になります。スパム フィルターを完全に無効にすることはできませんが、特定の企業全体の設定は、既定のスパム対策ポリシーを編集することで変更できます。よりきめ細かく制御する場合は、カスタム コンテンツ フィルター ポリシーを作成して、それを組織内の特定のユーザー、グループ、またはドメインに適用することもできます。既定では、カスタム ポリシーは既定のポリシーよりも優先されますが、カスタム ポリシーの優先度 (実行順位) を変更することができます。詳細については、「スパム対策ポリシーを構成する」を参照してください。Spam filtering is automatically enabled for all inbound and outbound email messages processed by EOP. Spam filtering cannot be completely disabled, but certain company-wide settings can be modified by editing your default anti-spam policies. For greater granularity, you can also create custom content filter policies and apply them to specified users, groups, or domains in your organization. By default, custom policies take precedence over the default policy, but you can change the priority (running order) of your custom policies. For more information, see Configure the Anti-Spam Policies.

重要

EOP スタンドアロンのお客様の場合: 既定のコンテンツフィルターアクションは、スパムメッセージを受信者の迷惑メールフォルダーに移動することです。For EOP standalone customers: The default content filter action is to move spam messages to the recipients' Junk Email folder. これをオンプレミスの Exchange メールボックスでも使用できるようにするには、EOP によって追加されたスパムヘッダーを検出するように社内の Exchange 組織で2つのトランスポートルールを構成する必要があります。For this to work with on-premises Exchange mailboxes, you also need to configure two transport rules in your on-premise Exchange organization to detect spam headers added by EOP. 詳細については、「スパムが各ユーザーの迷惑メールフォルダーにルーティングされるようにする」を参照してください。For more information, see Ensure that spam is routed to each user's Junk Email folder.

QuarantineQuarantine

スパム、バルク メール、フィッシング詐欺メール、マルウェアを含んだメールとして Office 365 サービスが識別したメッセージや、メール フロー ルールに一致しているために Office 365 サービスが識別したメッセージは、検疫に送ることができます。既定では、Office 365 は、フィッシング詐欺メッセージとマルウェアを含むメッセージを検疫に直接送信します。フィルター処理された他のメッセージはユーザーの迷惑メール フォルダーに送信されますが、そうする代わりに管理者がこれらのメッセージを検疫に送信するポリシーを設定する場合は例外です。Messages identified by the Office 365 service as spam, bulk mail, phishing mail, containing malware, or because they matched a mail flow rule can be sent to quarantine. By default, Office 365 sends phishing messages and messages containing malware directly to quarantine. Other filtered messages are sent to the user's Junk Email folder unless an administrator sets up a policy to send these messages to quarantine instead.

Administrators can manage quarantined email messages in the Security & Compliance Center and the Exchange Admin Center (EAC). Administrators can search for and view details about quarantined messages. They can also delete messages or release messages to specific users. Administrators must use the Security & Compliance Center, not the EAC, to work with messages that were quarantined because they were identified as containing malware.Administrators can manage quarantined email messages in the Security & Compliance Center and the Exchange Admin Center (EAC). Administrators can search for and view details about quarantined messages. They can also delete messages or release messages to specific users. Administrators must use the Security & Compliance Center, not the EAC, to work with messages that were quarantined because they were identified as containing malware.

End users can manage messages that were sent to quarantine instead of sent to them in one of two ways: by responding to spam notifications sent to the end user directly (if the administrator has set this up), or by using the Security & Compliance Center. If enabled by an administrator, end users receive an end-user spam notification message that contains information about how to work with the quarantined message. End users can only manage messages that were originally sent to them and that were sent to quarantine because they were identified as spam, bulk mail, or phishing mail. End-users cannot work with messages sent to other people or messages that were sent to quarantine if the messages were identified as containing malware or because the messages matched a mail flow rule.End users can manage messages that were sent to quarantine instead of sent to them in one of two ways: by responding to spam notifications sent to the end user directly (if the administrator has set this up), or by using the Security & Compliance Center. If enabled by an administrator, end users receive an end-user spam notification message that contains information about how to work with the quarantined message. End users can only manage messages that were originally sent to them and that were sent to quarantine because they were identified as spam, bulk mail, or phishing mail. End-users cannot work with messages sent to other people or messages that were sent to quarantine if the messages were identified as containing malware or because the messages matched a mail flow rule.

検疫された電子メールが誤認されて検疫に送信された場合、エンド ユーザーと管理者のどちらも、そのメールを (迷惑メールではなく) 誤検知メッセージとして Microsoft スパム分析チームに報告することができます。Both end users and administrators can report a quarantined email as a false positive (not junk) message to the Microsoft Spam Analysis Team if it was misidentified and sent to quarantine by mistake.

検疫の詳細については、「Office 365 でのメール メッセージの検疫」を参照してください。For more information about quarantine, see Quarantine email messages in Office 365.

Outlook 用のレポートメッセージアドインReport Message add-in for Outlook

Outlook 用のレポートメッセージアドインを使用すると、EOP ユーザーが迷惑メール (スパム) メールを Microsoft に簡単に報告して、サービスによってフィルター処理された今後の迷惑メールメッセージの数と影響を減らすことができます。The Report Message add-in for Outlook lets EOP users easily report junk (spam) email to Microsoft for analysis to help reduce the number and impact of future junk email messages filtered by the service. このツールのインストールと使用の詳細については、「レポートメッセージアドインを有効にする」を参照してください。For more information about installing and using this tool, see Enable the Report Message add-in.

Outlook on the web での迷惑メール報告Junk email reporting in Outlook on the web

Web 上の Outlook (以前の Outlook Web App) の迷惑メール報告機能を使用すると、ユーザーは組み込みの迷惑メール報告オプションを使用して、迷惑メール (スパム) メールを分析のために Microsoft に簡単に報告できます。The Junk email reporting feature in Outlook on the web (formerly known as Outlook Web App) lets users easily report junk (spam) email to Microsoft for analysis by using its built-in junk email reporting options. 分析の結果に応じて、EOP サービスのスパム対策フィルター処理のルールを調整できます。Depending on the results of the analysis, we can then adjust the anti-spam filter rules for our EOP service. 詳細については、「 Outlook on the web で迷惑メールとフィッシング詐欺を報告する」を参照してください。For more information, see Report junk email and phishing scams in Outlook on the web.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 Exchange Online Protection サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see Exchange Online Protection service description.