レポート作成とメッセージ追跡Reporting and message trace

Microsoft Exchange Online Protection (EOP) には、組織の全体的な状態と正常性を判断するのに役立つさまざまなレポートが用意されています。Microsoft Exchange Online Protection (EOP) offers many different reports that can help you determine the overall status and health of your organization. 一部のレポートは、Microsoft 365 管理センターで利用できますが、Exchange 管理センター (EAC) で使用できます。Some reports are available in the Microsoft 365 admin center, while others are available in the Exchange admin center (EAC).

すべての EOP 機能に関する情報をお探しですか?Looking for information about all EOP features? Exchange Online Protection サービスの説明」を参照してください。See the Exchange Online Protection service description.

Microsoft 365 管理センターのレポートMicrosoft 365 admin center reports

Microsoft 365 管理センターの [レポート] ページには、メッセージトラフィック、スパムおよびマルウェアの検出、およびメールフロールール (トランスポートルールとも呼ばれます) またはデータ損失防止 (DLP) ポリシーによって影響を受けるメッセージに関する情報が記載されています。The Reports page in the Microsoft 365 admin center provides information about message traffic, spam and malware detections, and messages affected by mail flow rules (also known as transport rules) or data loss prevention (DLP) policies. 保護、ルール、DLP に関する拡張レポートは、EOP 管理者が対話形式でレポートを作成できるようにするものです。The enhanced reports for protection, rules, and DLP offer an interactive reporting experience for EOP admins. これらのレポートでは、概要データと、個別のメッセージに関する詳細へのドリルダウン機能が提供されます。These reports provide summary data and the ability to drill down into details about individual messages.

これらのレポートの詳細については、「 Office 365 のメール保護レポートを使用して、マルウェア、スパム、ルールの検出に関するデータを表示する」を参照してください。For more detailed information about these reports, see Use mail protection reports in Office 365 to view data about malware, spam, and rule detections.

Reporting using web servicesReporting using web services

注意

REST ベースのレポート機能および関連するコマンドレットの多くは、2018年1月に廃止されました。Many of the REST-based reporting features and related cmdlets were deprecated in January, 2018. Office 365 で利用可能な代替の Microsoft Graph レポートの詳細については、「 Microsoft graph で office 365 使用状況レポートを使用する」のサブトピックを参照してください。For information about the available replacement Microsoft Graph reports in Office 365, see the subtopics of Working with Office 365 usage reports in Microsoft Graph.

EOP スタンドアロンのお客様は利用できません。Not available to EOP standalone customers. REST/OData テナントレポート web サービスを使用すると、プログラムによってメッセージングデータに関する概要と詳細レポートを収集できます。また、カスタム web 管理ポータルの web ページにデータを表示することもできます。You can use the REST/OData Tenant Reporting web service to programmatically collect summary and detailed reports about messaging data, and you can display the data on a web page in a custom web management portal.

メッセージ追跡Message trace

EAC のメッセージ追跡機能を使用すると、管理者は EOP を通過する電子メールメッセージを追跡できます。The message trace feature in the EAC lets you, as an administrator, follow email messages as they pass through the EOP. これは、対象の電子メール メッセージがサービスによって受信、拒否、延期、または配信されたかどうかを判断する上で役立ちます。It helps you determine whether a targeted email message was received, rejected, deferred, or delivered by the service. メッセージが最終的な状態になる前に、メッセージに行われた処理も表示します。It also shows what actions have occurred to the message before reaching its final status. 特定メッセージに関する詳細情報を得ることにより、効率良くユーザーの質問に回答したり、メール フローの問題をトラブルシューティングしたり、ポリシーの変更を検証したりすることができるため、テクニカル サポートに支援を求める必要性が減ります。Obtaining detailed information about a specific message lets you efficiently answer your user's questions, troubleshoot mail flow issues, validate policy changes, and alleviates the need to contact technical support for assistance. 詳細については、「メッセージ追跡を実行し、Exchange 管理センターで結果を表示する」を参照してください。For more information, see Run a message trace and view the results in the Exchange admin center.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 Exchange Online Protection サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see Exchange Online Protection service description.