クライアントとモバイルデバイスClients and mobile devices

Microsoft OutlookMicrosoft Outlook

Microsoft Outlook は、予定表、連絡先、タスク、および以下の主な機能をサポートする電子メール プログラムです。Microsoft Outlook is an email program that includes support for calendar, contacts, tasks, and the following key features:

  • MAPI OVER HTTPHTTP 経由のメッセージングアプリケーションプログラムインターフェイス (MAPI) により、Outlook ユーザーは組織のファイアウォールの外側からインターネット経由で Exchange Online メールボックスに接続することができます。MAPI over HTTP Messaging Application Program Interface (MAPI) over HTTP allows Outlook users to connect to Exchange Online mailboxes over the internet from outside their organization's firewall. MAPI over HTTP は、Outlook Anywhere の長期的な置き換えとしてサポートされています。MAPI over HTTP, the long term replacement for Outlook Anywhere. この接続方法は、接続回復力の向上、より安全なサインイン、拡張性、および IT とサポートの拡張機能を提供します。This connectivity method offers improved connection resiliency, more secure sign-in, extensibility, as well as enhancements for IT and support. 詳細については、「 Office 365 における RPC over HTTP のサポート終了 (2017 年 10 月 31 日) に関する情報」および「MAPI over HTTP」を参照してください。To learn more, see RPC over HTTP reaches end of support in Office 365 and MAPI over HTTP.

  • 自動検出 自動検出サービスは、Exchange Online と連携するように Outlook を自動的に構成します。Outlook ユーザーは、電子メール アドレスとパスワードを使って初めて Exchange Online にサインインしたときに、必要なプロファイル設定を受信します。これらの設定は、ユーザーのプロファイルの作成と管理に必要な情報で Outlook クライアントを自動的に更新します。自動検出サービスを使用するには SSL 証明書が必要です。この SSL 証明書は、単一のプライマリ SSL ドメインに限定されます。Autodiscover The Autodiscover service feature automatically configures Outlook to work with Exchange Online. Outlook users can receive their required profile settings directly from Exchange Online the first time they sign in with their email address and password. These settings automatically update the Outlook client with the information necessary to create and maintain the user's profile. An SSL certificate is required to use the Autodiscover service. This SSL certificate is limited to a single primary SSL domain.

  • Exchange キャッシュモードExchange キャッシュモード機能を使用すると、Outlook ユーザーは、インターネットに接続されていない場合に Exchange Online メールボックスのローカルコピーにアクセスすることができます。Cached Exchange Mode The Cached Exchange Mode feature allows Outlook users to access local copies of their Exchange Online mailboxes when they are not connected to the internet. Exchange キャッシュモードでは、ユーザーの Exchange メールボックスのクライアント側コピーが Outlook に保持され、このコピーが電子メールサーバーと自動的に同期されます。Cached Exchange Mode retains a client-side copy of users' Exchange mailboxes in Outlook and automatically synchronizes this copy with the email server. Exchange キャッシュモードで Outlook を使用することをお勧めします。これは、オフラインアクセスを提供し、クライアントとサーバーの間のネットワーク条件が理想的でない場合でも、応答性の高いユーザー環境を提供するために使用することをお勧めします。We recommend using Outlook in Cached Exchange Mode because it provides offline access and helps to provide a responsive user experience even when network conditions between the client and the server are not ideal.

既定では、すべてのユーザーが Outlook からアクセスできます。管理者は Windows PowerShell を使って特定のユーザーまたはグループのアクセスを無効にできます。Exchange Online へのアクセスには、最新の Service Pack をインストールした最新バージョンの Outlook を使用してください。By default, Outlook access is enabled for all users. Administrators can disable access for specific users or groups through Windows PowerShell. We recommend using the latest version of Outlook—with the latest service pack installed—to access Exchange Online.

Exchange 2016 と Exchange Online でサポートされている Outlook クライアントの詳細については、「Exchange 2016 のシステム要件」の「サポートされるクライアント」を参照してください。For information about which Outlook clients are supported by Exchange 2016 and Exchange Online, see "Supported clients" in Exchange 2016 system requirements.

重要

Outlook は、Exchange Online サブスクリプションの価格には含まれません。Outlook is not provided as part of the Exchange Online subscription price. Microsoft Office Pro Plus (Microsoft Outlook を含みます) は、一部の Office 365 プランに含まれている他、個別のサブスクリプションとしても購入できます。Microsoft Office Pro Plus (which includes Microsoft Outlook) is included in some Office 365 plans and can be purchased as a separate subscription. POP を使用して Exchange Online の電子メールアカウントに接続する場合は、次の制限があります。予定表情報がない > > 空き時間情報はありません > > >] POP を使用して接続すると、すべてのメッセージがクライアントにダウンロードされ、複数のコンピューターまたはデバイス (ノート pc と電話など) 間の同期はありませんYou will see the following limitations if you use POP to connect to an Exchange Online email account: > No calendar information > No free/busy information > No Global Address List > No push email > When connecting through POP, all messages will be downloaded to the client and there will be no synchronization between multiple computers or devices (such as between a laptop and a phone).

Web 上の OutlookOutlook on the web

Outlook on the web は、Exchange Online と連携する Web ベースの Outlook 電子メール プログラムです。Outlook on the web is a web-based version of the Outlook email program that is used with Exchange Online. これにより、ユーザーは、インターネットに接続されている場所から、web ブラウザーを使用して電子メール、予定表、連絡先にアクセスできるようになります。It lets users access their email, calendar, and contacts through a web browser from wherever they connect to the internet. サポートされているブラウザーについては、「Office のシステム要件」を参照してください。For information about supported browsers, see Supported browsers for Outlook on the web for business.

Outlook on the web のクライアントには 2 つのバージョンがあり、どちらも Exchange Online とともに利用できます。Outlook on the web comes in two client versions, both of which can be used with Exchange Online:

  • Outlook on the webWeb 上の Outlook の標準バージョンでは、Exchange Online ユーザーが Outlook ユーザーの場合とほとんど同じようなメッセージングの使用環境を備えています。Outlook on the web The standard version of Outlook on the web provides Exchange Online users with a messaging experience most similar to that of Outlook users. 最新の web ブラウザーをサポートしており、デスクトップやラップトップだけでなく、タブレットやスマートフォンでも使用できるように最適化されています。It supports most newer web browsers and is optimized for use on tablets and smartphones as well as desktops and laptops. ユーザーは、メッセージの読み取りと送信、連絡先の整理、予定および会議のスケジュールを行うことができます。Users can read and send messages, organize contacts, and schedule appointments and meetings. 既定の動作ベースのタイムアウトは6時間に設定されていますが、 Windows PowerShell の管理者が5 ~ 8 時間に構成することができます。The default activity-based time-out is set at six hours, but it can be configured by an administrator in Windows PowerShell from 5 minutes to 8 hours. このタイムアウトは、web アプリ内でのユーザー操作に依存します。たとえば、ボタンを選択したり、メッセージを選択したりできます。This time-out depends on user interactions within the web app, such as selecting a button or selecting a message. また、個別にセキュリティで保護されたタイムアウトもあります。これは構成できず、ユーザーのアクティビティに関係なく実行されます。There is also a separate security-driven time-out, which is not configurable and will occur regardless of user activity. ユーザーが8時間でログインしている場合、OWA は自動的にユーザーをログアウトし、再認証を要求します。If a user is logged in for 8 hours, OWA will automatically log the user out and ask for re-authentication.

  • Outlook on the web の light バージョンライトバージョンの Outlook on the web では、ほとんどすべての web ブラウザーを使用して Exchange Online ユーザーがメールボックスにアクセスできます。The light version of Outlook on the web The light version of Outlook on the web provides Exchange Online users access to the mailbox using almost any web browser. ユーザーは、メッセージの読み取りと送信、連絡先の整理、予定および会議のスケジュールを行うことができます。Users can read and send messages, organize contacts, and schedule appointments and meetings. 既定の動作ベースのタイムアウトは6時間に設定されていますが、 Windows PowerShell の管理者が5 ~ 8 時間に構成することができます。The default activity-based time-out is set at six hours, but it can be configured by an administrator in Windows PowerShell from 5 minutes to 8 hours. このタイムアウトは、web アプリ内でのユーザー操作に依存します。たとえば、ボタンを選択したり、メッセージを選択したりできます。This time-out depends on user interactions within the web app, such as selecting a button or selecting a message. また、個別にセキュリティで保護されたタイムアウトもあります。これは構成できず、ユーザーのアクティビティに関係なく実行されます。There is also a separate security-driven time-out, which is not configurable and will occur regardless of user activity. ユーザーが8時間でログインしている場合、light バージョンの OWA は自動的にユーザーをログアウトし、再認証を要求します。If a user is logged in for 8 hours, the light version of OWA will automatically log the user out and ask for re-authentication.

Outlook on the web は、モバイル バージョンでも利用可能です。Outlook on the web also is available in mobile versions. 詳細については、「このページ」をご覧ください。For more information, see this page.

Outlook for MacOutlook for Mac

Exchange Online は Microsoft Outlook for Mac をサポートしています。Microsoft Outlook for Mac では電子メール、予定表、アドレス帳、タスク リスト、ノートの一覧を使用できます。Exchange Online supports Microsoft Outlook for Mac, which provides email, calendar, an address book, a task list, and a note list.

Outlook for iOS、Android、および Windows PhoneOutlook for iOS, Android, and Windows Phone

Exchange Online は、iOS、Android、および Windows Phone で使用可能な Outlook アプリで動作します。これらのデバイスのいずれかで、アプリ ストアを使用して Outlook アプリを検索します。モバイル OS での概要を次に示します。Exchange Online works with Outlook apps available for iOS, Android, and Windows Phone. On any of these devices, use the app store to find the Outlook app. Here's a breakdown by mobile OS.

デバイスDevice
AndroidAndroid
iOSiOS
Windows PhoneWindows Phone
Outlook モバイル アプリ利用の可否Outlook mobile app availability
はいYes
Outlook for Android の入手Get Outlook for Android
Yes
Outlook for iOS の入手Get Outlook for iOS
組み込みBuilt-in
Exchange Online と互換性のある組み込みの電子メール アプリBuilt-in email apps compatible with Exchange Online
Gmail アプリ/Samsung 電子メール アプリGmail app/Samsung Email app
iOS メール アプリiOS Mail app
Outlook メール、予定表、連絡先Outlook Mail, calendar, contacts
詳細情報More information
Android モバイルのセットアップAndroid mobile setup
iPhone または iPad のセットアップiPhone or iPad setup
Windows Phone のセットアップWindows Phone setup

また、Blackberry などのデバイスで Exchange Online を使用するためのオプションもあります。There are also options for using Exchange Online with devices, including Blackberry.

機能の可用性Feature availability

Outlook は、ユーザーが最新のモバイル アプリに期待する高速で直感的な電子メールと予定表のエクスペリエンスを提供し、Office 365 の最高の機能をサポートする唯一のアプリです。これは、特に完全な Office 365 エクスペリエンスをサポートするように設計された唯一の電子メール アプリであり、ユーザーにデスクトップからモバイルまでの一貫したエクスペリエンスを提供します。Outlook は Intune、エンタープライズ モビリティとセキュリティ、および Exchange コントロールと統合され、データとユーザーの安全を確保します。Outlook gives users the fast, intuitive email and calendar experience that they expect from a modern mobile app, while being the only app to provide support for the best features of Office 365. It is the only email app specifically designed to support the full Office 365 experience, giving users a coherent experience from desktop to mobile. Outlook is integrated with Intune, enterprise mobility and security, and Exchange controls to keep data and users safe.

Outlook では、ユーザーは次のことができます。With Outlook, users can:

  • 全日をモバイル デバイスから管理できます。Manage their entire day from a mobile device.

  • 仕事と個人情報を分離して安全に保ちながら、生産性を高めるために必要なアプリやサービスに接続します。Connect to the apps and services they need to be productive, while keeping their work and personal information separate and secure.

Outlook for iOS、Outlook for Android、または Outlook for Windows Phone を使用すると、次のことが可能になります。With Outlook for iOS, Outlook for Android, or Outlook for Windows Phone, users can:

  • 優先受信トレイから優先的に重要なメールを受信するメリットを得るBenefit from a focused inbox that priorities important email

  • 一意の電子メールの習慣に合わせてスワイプのジェスチャーをカスタマイズするCustomize swipe gestures to match their unique email habits

  • 予定表に直接追加できる旅行日程を作成する (一目で確認できる重要な情報を付加できる)Create travel itineraries that can be added directly to the calendar, with key information available at a glance

  • 受信トレイから会議の出欠確認を行うRSVP to meetings from the inbox.

  • 電子メールと予定表の予定に、情報の迅速な処理に役立つ直感的なアイコンを使用するUse intuitive icons in email and calendar appointments that help them process information quickly

  • すべてのデバイスで一貫性のある使い慣れた Outlook エクスペリエンスを使用するUse a consistent and familiar Outlook experience across all devices

  • 簡単に予定表から Skype 会議を起動して参加するEasily launch and join Skype meetings from the calendar

  • IRM の暗号化され保護された電子メールを読み、返信するRead and respond to IRM encrypted and protected emails

  • OneDrive for Business に保存されているファイルを共有するShare files stored in OneDrive for Business

  • タップで自動応答を設定するSet Automatic Replies with a tap

  • 共有された予定表や委任された予定表を表示および管理するView and manage shared and delegated calendars

  • 数回のタップで会社のグローバル アドレス一覧を検索するSearch their company's global address list with a few taps

  • 他のユーザーの空き時間情報を表示して、全員が参加できる会議時間をスケジュールするView coworker's availability and schedule a meeting time that works for everyone

  • 招待状の承諾、仮承諾、辞退のステータスを参照するSee invitees accept, tentative, and decline status

  • 電話から予定表を直接共有するShare calendars right from their phones

  • 予定表から直接 Skype 会議を起動し、参加するStart and join Skype meetings right from a calendar

  • 1 か所で仕事と個人の予定表にアクセスする (アプリの切り替え不要)Access work and personal calendars in one place, without switching apps

Exchange ActiveSyncExchange ActiveSync

Exchange Online は、モバイル デバイスと Exchange Online の間でメールボックス データを同期する Microsoft Exchange ActiveSync プロトコルをサポートしているため、電子メール、予定表、連絡先、タスクに外出先からアクセスできます。Exchange Online supports the Microsoft Exchange ActiveSync protocol, which synchronizes mailbox data between mobile devices and Exchange Online, so users can access their email, calendar, contacts, and tasks on the go.

Microsoft の Windows Phone、Apple の iPhone および iPad、Android の携帯電話およびタブレットなど、さまざまなモバイル デバイスが Exchange ActiveSync に対応しています。携帯電話やモバイル デバイスだけでなく、Windows Phone の電子メール アプリケーションも Exchange Online への接続に Exchange ActiveSync を使用しています。最新の Exchange ActiveSync ライセンシーの完全な一覧は、Exchange ActiveSync ライセンス サイトで提供しています。A wide range of mobile devices work with Exchange ActiveSync, including Microsoft Windows Phone, Apple iPhone and iPad, and Android phones and tablets. In addition to mobile phones and devices, the Mail application in Windows Phone uses Exchange ActiveSync to connect to Exchange Online. A complete list of current Exchange ActiveSync licensees is available at the Exchange ActiveSync Licensing site.

Exchange ActiveSync の詳細については、「Exchange Online のクライアントとモバイル」を参照してください。For more information about Exchange ActiveSync, see Exchange ActiveSync.

重要

各メールボックスの Exchange ActiveSync デバイスの最大数は 100 です。The maximum number of Exchange ActiveSync devices per mailbox is 100.

Exchange Web サービス (EWS) で開発されたアプリケーションApplications developed with Exchange Web Services (EWS)

管理者は、Exchange Web サービス (EWS) または EWS Managed API を使用して開発されたアプリケーションを利用することで、社内で、Azure 内で、または他のホステッド サービス内で実行しているアプリケーションから Exchange Online で保存されたデータにアクセスできます。Applications developed using Exchange Web Services (EWS) or the EWS Managed API let administrators access data stored with Exchange Online from applications that are running on-premises, in Azure, or in other hosted services.

Exchange Web サービスで開発されたアプリケーションの詳細については、「Exchange の Web サービス」をご覧ください。For more information on applications developed with Exchange Web Services, see Web Services in Exchange.

POP と IMAPPOP and IMAP

Exchange Online は、POP3 および IMAP4 プロトコルによるメールボックスへのアクセスをサポートします。POP および IMAP でのアクセスには、SSL による暗号化が必要です。既定では、POP がすべてのユーザーに対して有効になっています。POP および IMAP の接続設定は Outlook on the web で確認できます。管理者はユーザーごとに POP および IMAP によるアクセスを無効にできます。Exchange Online supports mailbox access through both POP3 and IMAP4 protocols. POP and IMAP access requires encryption using SSL. POP is enabled by default for all users. Users can view their POP and IMAP connection settings in Outlook on the web. Administrators can disable POP and IMAP access on a per-user basis.

POP3 および IMAP4 接続の詳細については、「Exchange Server 2013 での POP3 と IMAP4」を参照してください。For more information about POP3 and IMAP4 connectivity, see POP3 and IMAP4.

SMTPSMTP

簡易メール転送プロトコル (SMTP) は、IMAP または POP で Exchange Online に接続しているクライアントからのメール送信に使用されます。SMTP は、Exchange サーバーを経由したルーティングおよび配信を行うためのプライマリ プロトコルです。Exchange Online は、SMTP によるメール送信を必要とするお客様社内の承認済みアプリケーションに対して、2 種類の SMTP リレー サービスをサポートしています。Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) is used to send outbound mail for clients that connect to Exchange Online through IMAP or POP. It is the primary protocol for routing and delivery through Exchange Server. Exchange Online supports two types of SMTP relay services for authorized internal customer applications that require SMTP mail submission:

  • 管理環境内のユーザーに対する SMTP メッセージの送信。SMTP message submission to users inside the managed environment.

  • 管理環境外のアドレスに対する認証済み SMTP メッセージ リレー。Authenticated SMTP message relay to addresses outside the managed environment.

重要

SMTP リレーを行うには、承認済み送信元サーバーの IP アドレスが必要です。SMTP で電子メールを送信するには、トランスポート層セキュリティ (TLS) による暗号化と認証が必要です。IP addresses for authorized source servers are required to allow SMTP relay. Transport Layer Security (TLS) encryption and authentication is required when using SMTP to send email.

BlackBerry® デバイスBlackBerry® devices

Office 365 の電子メールは BlackBerry® デバイスで利用できます (Exchange ActiveSync 経由)。オプションの詳細については、次のトピックを参照してください。Office 365 email is available on BlackBerry® devices via Exchange ActiveSync. To find out what your options are, see these topics:

詳細については、「BlackBerry」を参照してください。For more information, see BlackBerry.

注意

中国の 21Vianet が運用している Office 365 を使用している場合は、BlackBerry Business Cloud Services が使用できません。ただし、Exchange ActiveSync デバイスまたは Research in Motion (RIM: BlackBerry ワイヤレス電子メール ソリューション) からの製品を使用して、Blackberry Enterprise Server (BES) を実行することはできます。If you are using Office 365 operated by 21Vianet in China, BlackBerry Business Cloud Services is not available. However, you can use Exchange ActiveSync devices or an offering from Research in Motion (RIM, the BlackBerry wireless email solution) to run Blackberry Enterprise Server (BES).

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 Exchange Online サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see Exchange Online service description.