メール フローMail flow

Office 365 を使用しているほとんどの組織では、メールボックスをホストし、メールフローを処理します。For most organizations using Office 365, we host your mailboxes and take care of mail flow. Office 365 によってすべてのメールボックスとフィルターを管理するのが最も簡単な構成方法です。It's the simplest configuration and means that Office 365 manages all mailboxes and filtering. ただし、組織によっては特定の規制や業務上のニーズを満たしていることを保証するためのより複雑なメール フロー セットアップが必要な場合があります。However, some organizations need more complex mail flow setups to make sure that they comply with specific regulatory or business needs. 以下に、こうしたオプションについて記します。You can find out about those options here.

送信電子メールのカスタム ルーティングCustom routing of outbound email

Microsoft Exchange Online は、オンプレミスのサーバーまたはホストされたサービス ("スマートホスト" とも呼ばれる) を介して組織からのメールフローをルーティングできます。Microsoft Exchange Online can route mail flowing from your organization through an on-premises server or a hosted service (sometimes called "smart hosting"). これにより、組織はデータ損失防止 (DLP) アプライアンスを使用して、送信電子メールのカスタム事後処理を実行し、プライベートネットワークを介してビジネスパートナーに電子メールを配信することができます。This lets your organization to use data loss prevention (DLP) appliances, perform custom post-processing of outgoing email, and deliver email to business partners through private networks. Exchange Online は、アドレス書き換えもサポートしています。これは、アドレスを変更するオンプレミスのゲートウェイを経由して送信電子メールをルーティングします。Exchange Online also supports Address Rewrite, which routes outgoing email through an on-premises gateway that modifies the addresses. この機能を使用すると、サブドメインを非表示にしたり、マルチドメイン組織からの電子メールを1つのドメインとして表示したり、パートナー中継された電子メールを組織内部から送信したように表示したりすることができます。This feature lets you hide sub-domains, make email from a multi-domain organization appear as a single domain, or make partner-relayed email appear as if it were sent from inside your organization. 管理者は、Exchange 管理センター (EAC) 内でカスタムの電子メールルーティングを構成します。Administrators configure custom email routing within the Exchange admin center (EAC).

詳細については、「Set up connectors to route mail between Office 365 and your own email servers」を参照してください。For more information, see Set up connectors to route mail between Office 365 and your own email servers.

重要

Exchange Online は、組織との間を流れるメールを配信できます。Exchange Online can deliver mail flowing into and out of your organization. 受信者のドメインが、Exchange Online Protection をポイントする DNS MX レコードと共に Exchange Online でホストされている場合、テナントから受信者へのメールフローはインターネット経由で転送されません。If your recipient domain is hosted in Exchange Online with DNS MX records pointing to Exchange Online Protection, mail flow from your tenant to the recipient will not travel over the internet.

Secure messaging with a trusted partnerSecure messaging with a trusted partner

Exchange Online のお客様は、Office 365 コネクタを使用して、信頼できるパートナーとのセキュリティで保護されたメール フローを設定することができます。As an Exchange Online customer, you can set up secure mail flow with a trusted partner by using Office 365 connectors. Office 365 は、トランスポート層セキュリティ (TLS) 経由のセキュリティで保護された通信をサポートします。Office 365 supports secure communication through Transport Layer Security (TLS), and you can create a connector to enforce encryption via TLS. TLSは、インターネット上での通信のセキュリティを提供する暗号化プロトコルです。TLS is a cryptographic protocol that provides security for communications over the internet. コネクタを使用すると、自己署名証明書または証明機関 (CA) 検証の証明書を使用した受信 TLS と送信 TLS の両方を強制するよう構成できます。By using connectors, you can configure both forced incoming and outgoing TLS using self-signed or certification authority (CA)-validated certificates. パートナー組織のメールの送信元のドメイン名または IP アドレスの範囲を指定するなど、他のセキュリティ制限を適用することもできます。You can also apply other security restrictions, such as specifying domain names or IP address ranges from which your partner organization sends mail.

詳細については、「Set up connectors for secure mail flow with a partner organization」を参照してください。For more information, see Set up connectors for secure mail flow with a partner organization.

重要

CA 検証の証明書が必要な場合があります。A CA-validated certificate may be required.

条件付きメール ルーティングConditional mail routing

コネクタとトランスポート ルールを使用して特定のサイトにメールをルーティングできます。条件に基づいたルーティングでは、特定の条件に基づいてコネクタを選択できます。You can direct mail to specific sites by using connectors and transport rules. With criteria-based routing, you can choose a connector based on specific conditions.

詳しくは、「Scenario: Conditional mail routing」を参照してください。For more information, see Scenario: Conditional mail routing.

受信メールのセーフ リストIncoming mail safe list

信頼できるパートナーの IP アドレスをセーフ リストに追加して、自分宛てにパートナーから送信されるメッセージにスパム対策フィルター処理を施さないようにすることができます。そのためには、接続フィルターの IP 許可一覧を使います。You can add a trusted partner's IP address to a safe list to ensure that messages the partner sends to you are not subject to anti-spam filtering. To do this, you can use the connection filter's IP Allow list.

詳細については、「Configure the connection filter policy」を参照してください。For more information, see Configure the connection filter policy.

ハイブリッド電子メール ルーティングHybrid email routing

ハイブリッド展開によって、充実した機能の利用、および既存の社内 Microsoft Exchange 組織に対する管理制御をクラウドにまで展開することができます。ハイブリッド トランスポートでは、いずれかの組織の受信者間で送信されたメッセージは、認証、暗号化され、トランスポート層セキュリティ (TLS) を使用して転送され、トランスポート ルール、ジャーナリング、およびスパム対策ポリシーといった Exchange コンポーネントに対して「内部」として表示されます。ハイブリッド トランスポートは、Exchange Server のハイブリッド構成ウィザードを使用して構成します。A hybrid deployment gives organizations the ability to extend the feature-rich experience and administrative control they have with their existing on-premises Microsoft Exchange organization to the cloud. With hybrid transport, messages sent between recipients in either organization are authenticated, encrypted, and transferred using Transport Layer Security (TLS), and appear as "internal" to Exchange components such as transport rules, journaling, and anti-spam policies. You configure hybrid transport by using the Hybrid Configuration Wizard in Exchange Server.

ハイブリッド展開でのメール ルーティングの詳細については、「Exchange ハイブリッド展開でのトランスポート ルーティング」を参照してください。For more information about mail routing in a hybrid deployment, see Transport routing in Exchange hybrid deployments.

Microsoft Exchange Server 展開アシスタント」でも、ハイブリッド展開のプロビジョニングとハイブリッド メッセージ トランスポートの詳細なガイダンスを参照できます。The Microsoft Exchange Server Deployment Assistant also provides detailed hybrid deployment provisioning and hybrid message transport guidance.

社内ルーティング制御を使った共有アドレス スペース (MX が社内を指定)Shared Address Space with On-Premises Routing Control (MX Points to On-Premises)

オンプレミスルーティングコントロール (オンプレミスへの MX ポイント) を使用した共有アドレススペースは、Exchange Online と部分的にオンプレミスの両方にホストされ、受信および送信インターネットメールフローが一部である、ハイブリッド展開のメールルーティングシナリオです。は、オンプレミスの Exchange 組織を経由してルーティングされます。Shared Address Space with On-Premises Routing Control (MX Points to On-Premises) is a hybrid deployment mail-routing scenario in which your mailboxes are hosted partially in Exchange Online and partially on-premises, and incoming and outgoing internet mail flow is routed through the on-premises Exchange organization. このシナリオは、メールトランスポートの集中管理とも呼ばれます。This scenario is also called centralized mail transport. このシナリオでは、Exchange Online は EOP を使用してプロビジョニングされ、受信インターネットメールは、EOP にルーティングされる前にオンプレミスのメールサーバーにルーティングされ、最終的に Exchange Online でホストされるメールボックスにルーティングされます。In this scenario, Exchange Online is provisioned with EOP and incoming internet mail is routed to your on-premises mail server before being routed to EOP and finally to mailboxes hosted in Exchange Online. さらに、Exchange Online メールボックスからの送信メールは、外部の受信者に送信されたメッセージの社内 Exchange 組織を経由してルーティングされます。Additionally, outgoing mail from Exchange Online mailboxes is routed through the on-premises Exchange organization for messages sent to external recipients. この構成では、オンプレミスの Exchange 組織と Exchange Online 組織の両方のすべてのメールボックスに対して、単一の SMTP ドメイン名前空間を使用できます。With this configuration, you can use a single SMTP domain namespace for all mailboxes in both your on-premises Exchange organization and your Exchange Online organization.

ハイブリッド展開でのトランスポート オプションの詳細については、「Exchange ハイブリッド展開でのトランスポート オプション」を参照してください。For more information about transport options in a hybrid deployment, see Transport options in Exchange hybrid deployments.

社内ルーティング制御を使わない共有アドレス スペース (MX が EOP を指定)Shared Address Space without On-Premises Routing Control (MX Points to EOP)

社内ルーティング制御を使わない共有アドレス スペース (MX が EOP を指定) はハイブリッド展開メールルーティング シナリオで、メールボックスの一部が Exchange Online を使用したクラウド、残りが社内でホストされます。MX レコードは EOP をポイントします。Office 365 サービスを使用して組織の一部のメールボックスをホストし、EOP を使用して社内メールボックスとクラウド メールボックスの両方を保護する場合、このシナリオが適しています。このシナリオでは、組織内の受信者に送信されたメールは最初に EOP を経由してルーティングされます。EOP でスパムおよびポリシーのフィルタリングが行われ、その後、社内メールボックスおよびクラウド メールボックスに転送されます。Shared Address Space without On-Premises Routing Control (MX Points to EOP) is a hybrid mail-routing scenario in which your mailboxes are hosted partially in the cloud using Exchange Online and partially on-premises, and your MX record points to EOP. This scenario is appropriate when you use the Office 365 service to host some of your organization's mailboxes and you want EOP to protect both your on-premises and cloud mailboxes. In this scenario, mail sent to recipients within your organization is initially routed through EOP, where spam and policy filtering occurs, before it reaches your on-premises mailboxes and cloud mailboxes.

ハイブリッド展開でのトランスポート オプションの詳細については、「Exchange ハイブリッド展開でのトランスポート オプション」を参照してください。For more information about transport options in a hybrid deployment, see Transport options in Exchange hybrid deployments.

ハイブリッド構成ウィザードでの展開のトラブルシューティングTroubleshooting a deployment with the Hybrid Configuration Wizard

ハイブリッド構成ウィザードを使用して Microsoft Exchange Server でハイブリッド展開を構成すると、ハイブリッド展開で問題が発生する可能性が大幅に低下します。ただし構成を誤った場合、ハイブリッド構成ウィザードの範囲外に、ハイブリッド展開で問題が発生する可能性がある一般的な領域がいくつかあります。このような領域には、クライアント アクセス サーバーの適切な構成、および証明書の適切なインストールと構成があります。Using the Hybrid Configuration Wizard to configure a hybrid deployment in Microsoft Exchange Server greatly minimizes the potential that the hybrid deployment will experience problems. However, there are some typical areas outside the scope of the Hybrid Configuration Wizard that, if misconfigured, may present problems in a hybrid deployment. These include proper Client Access server configuration and proper certificate installation and configuration.

ハイブリッド構成ウィザードによる展開のトラブルシューティングの詳細については、「ハイブリッド展開のトラブルシューティング」を参照してください。For more information about troubleshooting a deployment with the Hybrid Configuration Wizard, see Troubleshoot a hybrid deployment.

ハイブリッド構成の管理Managing a hybrid configuration

ハイブリッド構成ウィザードで設定を変更することにより、既存のハイブリッド構成を変更できます。シナリオには、集中型トランスポートを無効にするシナリオ、またはセキュリティで保護されたメール トランスポートを無効にするシナリオがあります。You can modify an existing hybrid configuration by changing settings in the Hybrid Configuration Wizard. Scenarios include disabling centralized transport or disabling secure mail transport.

ハイブリッド展開の構成の管理の詳細については、「ハイブリッド展開の管理」を参照してください。For more information about managing a hybrid deployment configuration, see Manage a hybrid deployment.

ハイブリッド展開の要件Hybrid deployment requirements

ハイブリッド展開の前提条件の詳細については、「ハイブリッド展開の前提条件」を参照してください。For more information about hybrid deployment requirements, see Hybrid deployment prerequisites.

重要

一部のハイブリッド構成では、社内メールボックス用に Exchange Online Protection ライセンスの購入が必要となる場合があります。In some hybrid configurations, you may need to purchase Exchange Online Protection licenses for your on-premises mailboxes.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 Exchange Online サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see the Exchange Online service description.