Microsoft 365 および Office 365 プラン オプション

Microsoft 365 および Office 365 では、組織のニーズを満たすのに最適なさまざまなプランが用意されています。

サービス ファミリーおよびプラン

次の表は、Microsoft 365 および Office 365 で使用できるさまざまなサービス ファミリーおよびプランを示しています。 機能および価格情報の概要を確認する場合、またはオンライン担当者とチャットする場合は、各プランの列に示されたリンクを選択してください。

Office 365 サービス ファミリー プラン
ビジネス (ユーザー数は 300 以下)
Microsoft 365 Business Basic (旧称 Office 365 Business Essentials)
Microsoft 365 Business Standard (旧称 Office 365 Business Premium)
Microsoft 365 Business Premium (旧称 Microsoft 365 Business)
Microsoft 365 Apps for business (旧称 Office 365 Business)
エンタープライズ (無制限の数のユーザー)
Office 365 E1
Office 365 E3
Office 365 E5
Office 365 F3
Microsoft 365 F1
Microsoft 365 F3 (Office 365 F3 を含む)
Microsoft 365 E3 (Office 365 E3 を含む)
Microsoft 365 E5 (Office 365 E5 を含む)
Microsoft 365 Apps for enterprise (旧称 Office 365 ProPlus)
教育機関向け (無制限の数のユーザー)
Office 365 A1
Office 365 A3
Office 365 E5
Microsoft 365 A1 (レガシ) (デバイス ライセンスごとに 1 回、ユーザー ライセンスOffice 365 A1無料)
Microsoft 365 A1 (デバイス ライセンスごとに 1 回、ユーザー ライセンスごとに無料のライセンスOffice 365 A1ペア)
Microsoft 365 A3 (Office 365 A3含む)
Microsoft 365 A5 (Office 365 A5を含む)
行政機関向け (無制限の数のユーザー)
利用可能なすべてのプランを参照する
中国の 21Vianet が運用している Office 365
利用可能なすべてのプランを参照する
Office 365 Germany
Office 365 Germany の詳細

Microsoft 365 および Office 365 の各プランのサービスの可用性

Microsoft 365 または Office 365 の各プランには、Exchange Online や SharePoint Online などの個別のサービスが複数含まれています。 次の表は、各プランで使用できるサービスを示しています。

重要

特定のサービスを複数の Microsoft 365 および Office 365 プランで使用できる場合がありますが、各プランで使用できる機能は異なる場合があります。 各プランで利用できる機能の詳細を表示するには、各サービスの説明を参照するか、詳細について販売店または Microsoft の営業担当者にお問い合わせください。
Microsoft 365 および Office 365 のいくつかのプランには、サブスクリプションに対して購入できるアドオンが用意されています。 アドオンにより、サブスクリプションに追加機能が提供されます。 詳細については、「 一般法人向け Office 365 向けのアドオンを購入または編集する」を参照してください。

サービス Microsoft 365 Apps Microsoft 365 Business Basic Microsoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Premium Office 365 E1 Microsoft 365 E3/Office 365 E3 Microsoft 365 E5/Office 365 E53、15 Microsoft 365 F3/Office 365 F3 Microsoft 365 F1
Office 365 プラットフォーム
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
Exchange Online
いいえ
はい5
はい5
はい5
はい5
はい6
はい6
はい8
いいえ16
SharePoint Online
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい17
OneDrive
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい4
はい4
Skype for Business Online 14
いいえ
はい9
はい9
はい9
はい9
はい10
はい12
はい13
はい13
Web 用 Office
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
いいえ18
Office アプリケーション
はい
いいえ
はい
はい
いいえ
はい
はい
いいえ
いいえ
プロジェクト
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
Power BI
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
いいえ
いいえ
Yammer エンタープライズ
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
Azure Information Protection2
いいえ
いいえ1
いいえ1
はい
いいえ1
はい
はい
いいえ1
いいえ
Microsoft Kaizala
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
いいえ

1 Azure Information Protection は含まれていませんが、個別のアドオンとして購入できます。Azure Information Protection は、サポートされている Information Rights Management (IRM) 機能を有効にします。 Azure Information Protection の一部の機能には、Microsoft 365 Apps for enterprise のサブスクリプションが必要です。このサブスクリプションは、Microsoft 365 Business Basic、Microsoft 365 Business Standard、Microsoft 365 F1、Microsoft 365 F3、Office 365 E1、Office 365 A1 または Office 365 F3 には含まれません。
2 Microsoft 365 および Office 365 プランに含まれる Azure Information Protection 機能の詳細については、「Azure Information Protection」を参照してください。
3 Office 365 E5 および Microsoft 365 E5 には電話システムと電話会議のライセンスが含まれます。 通話プランの実装には、追加のプラン購入 (国内通話または国際通話) が必要です。
4 2 GB のストレージが含まれます。
5 Exchange Online プラン 1 が含まれます。
6 Exchange Online プラン 2 が含まれます。
7 Exchange Online プラン 1 と補足機能が含まれます。
8 Exchange Online Kiosk が含まれます。
9 Basic クライアント制限付きの Skype for Business Online プラン 2 が含まれます。
10 クライアント制限のない Skype for Business Online プラン 2 が含まれます。
11 Skype for Business Online プラン 1 と補足機能が含まれます。
12 音声サポート付きでクライアント制限のない Skype for Business Online プラン 2 が含まれます。
13 Skype for Business Online プラン 1 が含まれます。
14 Microsoft Teams が Microsoft 365 のメッセージング、会議、通話機能のプライマリ クライアントになりました。 2018 年 10 月 1 日現在、シートが 500 以下の新規ユーザーは Microsoft Teams にオンボードされ、Skype for Business Online にはアクセスできません。 既に Skype for Business Online を使用しているテナントは、Microsoft Teams への移行が完了するまで、(新規ユーザーのプロビジョニングも含めて) 利用を継続することができます。
15 Microsoft 365 E5 Compliance が含まれます。これは、自動的な分類と保持、カスタマー キー、Advanced Message Encryption、インサイダー リスク管理、コミュニケーション コンプライアンス、情報バリア、カスタマー ロックボックス、Privileged Access Management、高度な監査、レコード管理、高度な電子情報開示機能および Microsoft 365 E5 Security を提供します。Microsoft 365 E5 Security には、Microsoft Defender for Office 365 プラン 2、Microsoft Defender for Endpoint、Azure Active Directory プラン 2、Microsoft Defender for Identity、Microsoft Cloud App Security および安全なドキュメントが含まれます。
16 Microsoft 365 F1 には Exchange メールボックスへの権限が含まれません。 Teams のすべての機能を利用可能にするため、有効な Exchange Online K1 サービス プランが M365 F1 ライセンスに付属している場合があります。 Exchange Online K1 サービス プランはユーザー向けのメールボックスをプロビジョニングしますが、M365 F1 ユーザーにはメールボックスを使用する権利が与えられません。 顧客がこれらの手順で Outlook on the Web を無効にして、他のいかなる方法によっても Exchange メールボックスにアクセスしないようにユーザーに依頼することをお勧めします。
17 SharePoint Online Kiosk が含まれます。 管理者にすることはできません。 サイト メールボックスなし。 個人用サイトなし。
18 Microsoft 365 F1 ユーザーは Office for the Web を使用してファイルを読み取ることができますが、作成/編集/保存する権限はありません。

Basic クライアント制限

次の機能は、フル クライアントは使用可能ですが、Basic クライアントは利用できません。

  • チーム呼び出し設定の管理
  • 代理人の管理
  • 別の連絡先の代理としての発信 (マネージャー/代理人シナリオ)
  • 代理人として構成されている場合の別のユーザーの通話の処理
  • 高頻度の通話の管理
  • 応答グループへの通話の開始
  • コール パーク
  • グループ通話のピックアップ

プランの変更または組み合わせ

組織のニーズの変化に合わせて、Microsoft 365 プランの変更が必要な場合があります。 次のように、現在のサブスクリプションを別のサブスクリプションに切り替えることができます。

  • 同じサービス ファミリー内の切り替え: たとえば、Microsoft 365 Business Basic から Microsoft 365 Business Standard、または Office 365 E1 から Office 365 E3 に移行できます。
  • スタンドアロン プランからの切り替え: たとえば、Exchange Online プラン 1 から Office 365 E1 に移行できます。
  • 別のサービス ファミリーへの切り替え: たとえば、Microsoft 365 Business Basic から Office 365 E3 に移行できます。
    試用版のサブスクリプションから有料版のサブスクリプションへの移行方法を含む、サブスクリプションの変更方法については、「別の Microsoft 365 プランまたはサブスクリプションに切り替える」を参照してください。

1 つのアカウント内でエンタープライズ、ビジネス、スタンドアロンのプランを組み合わせることができます (例: Exchange Online プラン 1)。 しかし、プランごとのシート数に関する既存の制限は変更されません。 たとえば、Microsoft 365 Business Basic と Microsoft 365 Business Standard ではプランごとに 300 シートまで使用できますが、Exchange Online プラン 1 ではユーザー数に制限はありません。

スタンドアロン サービス

次のオンライン サービスはスタンドアロン プランとして専用に使用できます。 また、まだ含まれていないビジネス サービスとエンタープライズ サービスのファミリ プランに追加することもできます。 価格情報について確認する場合、またはオンライン担当者とチャットする場合は、次の表に示された任意のプランを選択してください。

サービス プラン
Exchange Online
Exchange Online プラン 1
Exchange Online プラン 2
Office 365 Advanced Threat Protection
Microsoft Defender for Office 365
Exchange Online Archiving
Exchange Online Kiosk
SharePoint Online
SharePoint Online プラン 1
SharePoint Online プラン 2
OneDrive for Business
OneDrive for Business プラン 1
OneDrive for Business プラン 2
Office アプリケーション
Microsoft 365 Apps for enterprise
Microsoft 365 Apps for business
プロジェクト ポートフォリオ管理
Project Plan 1
Project Plan 3
Project Plan 5
Yammer
Yammer Basic
組織に関する洞察
Workplace Analytics
ビジネス インテリジェンス サービス
Power BI
オンライン ダイアグラム ソフトウェア
Visio Plan 1
Visio Plan 2
Information Rights Management
Azure Information Protection

機能の可用性

Microsoft 365 および Office 365 プランで利用できる機能を確認するには、「Microsoft 365 および Office 365 プラットフォーム サービスの説明」を参照してください。