セキュリティ/コンプライアンス センター

アクセシビリティと使いやすさを念頭に置いて設計された Microsoft 365 セキュリティ センター 、Microsoft 365 コンプライアンス センター、およびExchange管理センターには、Microsoft 365 サービス全体の統合セキュリティ、コンプライアンス、およびメール フロー管理のための既存の機能と新しい強化されたエクスペリエンスが含まれます。 これらの新しいセンターは、セキュリティ コンプライアンス センター (Office 365) に徐々に & 置き換 protection.office.com。 セキュリティ センターまたはコンプライアンス センターで自動リダイレクトを有効にできます。組織の管理者は、Office 365 セキュリティ コンプライアンス センターの機能から新しいセンターの対応する機能に即座にリダイレクトされます。 &

コンプライアンス機能を利用してユーザーにライセンスを提供するためのオプションを確認するにはMicrosoft 365比較表をダウンロードMicrosoft 365してください

ビジネス & およびエンタープライズ プランのセキュリティ コンプライアンス センターの可用性

機能 Microsoft 365 Business Basic Microsoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Premium Office 365 E1、 Office 365 G1 Office 365 E3、 Office 365 G3 Office 365 E5 Office 365G5 Office 365F3、Office 365米国政府機関 F3
Access to the Security & Compliance Center はい はい はい はい はい はい はい はい
Office 365 Cloud App Security いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい
メール フィルターやマルウェア対策などの脅威管理 はい はい はい はい はい はい はい はい
フィッシング キャンペーンの脅威エクスプローラーなどの高度な脅威管理6 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
カスタマー ロックボックス いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
モバイル デバイス管理 はい はい はい はい はい はい はい はい
7,9の Exchange Online、SharePoint、および OneDrive for Businessのデータ損失防止 いいえ はい はい いいえ はい はい いいえ いいえ
ユーザーの通信データ損失防止Microsoft Teams いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ
手動の感度ラベル10 いいえ いいえ はい はい はい はい はい いいえ
自動感度ラベル いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
情報障壁 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ
情報ガバナンス1 はい11 はい11 はい11 はい はい はい はい はい11
高度な情報ガバナンス2 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
コンテンツ検索 はい はい はい はい はい はい はい はい
電子情報開示のケース はい はい はい はい はい はい はい はい
電子情報開示ホールド (クエリ ベースの電子情報開示ホールドを含む) いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい はい いいえ
電子情報開示のエクスポート いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい はい いいえ
Advanced eDiscovery5 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
アーカイブ はい3 はい3 はい3 はい3 はい4 はい4 はい いいえ
通知ポリシー はい はい はい はい はい はい はい はい
基本監査8 はい はい はい はい はい はい はい はい
高度な監査 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
通信コンプライアンス (監督ポリシー) いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
Office 365 Message Encryption (OME) Basic いいえ いいえ はい いいえ はい はい はい いいえ
Office 365 Advanced Message Encryption いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい はい いいえ
特権アクセス管理 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ
顧客キー いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ

1 基本監査 (E5 を除く) を含むすべてのプランの監査ログは、90 日間保持されます。 E5 には高度な監査が含まれるため、監査ログは最大 1 年間保持されます。 また、管理アクティビティ API Office 365使用して、統合監査ログからイベントを取得できます。

2データOffice 365防止アドオンが必要です。

3 つの感度ラベルは、Azure Information Protection P1 および P2 にも含まれています。

スタンドアロン & プランのセキュリティ コンプライアンス センターの可用性

機能 Exchange Online プラン 1 Exchange Online プラン 2 Exchange Online Kiosk SharePoint Online プラン 1 SharePoint Online プラン 2 OneDrive for Business プラン 1 OneDrive for Business (プラン 2) Skype for Business Online プラン 1 Skype for Business Online プラン 2
Access to the Security & Compliance Center はい はい はい はい はい はい はい はい はい
Office 365 Cloud App Security いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい
メール フィルターやマルウェア対策などの脅威管理 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
フィッシング キャンペーンの脅威エクスプローラーなど、高度な脅威管理 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
カスタマー ロックボックス いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
モバイル デバイス管理 はい はい はい はい はい はい はい はい はい
オンライン、Exchange Online、SharePoint 9 のデータ損失OneDrive for Business防止 いいえ はい いいえ いいえ はい 7 いいえ はい10 いいえ はい
ユーザーの通信データ損失防止Microsoft Teams いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
情報障壁 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
情報ガバナンス1 はい2 はい はい はい はい はい10 はい10 はい はい
高度な情報ガバナンス3 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
コンテンツ検索 はい はい はい はい はい はい10 はい10 はい はい
電子情報開示のケース はい はい はい はい はい はい10 はい10 いいえ いいえ
電子情報開示のエクスポート いいえ はい いいえ いいえ はい いいえ はい10 いいえ4 いいえ4
電子情報開示ホールド (クエリ ベースの電子情報開示ホールドを含む) いいえ はい いいえ いいえ はい いいえ はい10 いいえ4 いいえ4
Advanced eDiscovery5 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
Exchange Online の制限6 いいえ はい いいえ はい はい はい10 はい10 いいえ いいえ
基本監査8 はい はい はい はい はい はい10 はい10 いいえ いいえ
高度な監査 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
コミュニケーション コンプライアンス (監督ポリシー) いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
Office 365 Message Encryption (OME) いいえ はい いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ
Office 365 Advanced Message Encryption いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ
特権アクセス管理 いいえ いいえ いいえ いいえ はい いいえ いいえ いいえ いいえ

1 情報 ガバナンスを使用すると、ユーザーはドキュメントにラベルを作成、発行、手動で適用できます。ドライブの出荷またはネットワークを使用してデータをインポートします。 これらの機能は E3 および E5 で利用できます。E1 の可用性は限られています。 E1、E3、および E5 で使用可能な機能の完全な一覧については、「コンプライアンス ライセンスMicrosoft 365比較」を参照してください。 (PDF) | (Excel)

2アドオンの購入Exchange Online Archiving必要です。

3 高度な情報ガバナンスを使用すると、保持ポリシーまたは削除ポリシーまたは両方に基づいて情報を分類することにより、重要な情報を保持し、重要な情報を削除できます。 これには、ポリシーの推奨、データへのラベルの自動適用、機密データ型またはクエリに基づくラベルの適用、廃棄レビュー、スマート インポート フィルターの使用などのインテリジェント/自動化されたアクションが含まれます。 また、セキュリティとコンプライアンスの目的で従業員のコミュニケーションを確認する監督機能も含まれています。

4 Skypeはメールボックスの一部として格納されます。

5 Advanced eDiscoveryまたはOffice 365 E5ライセンスが必要です。

6 Skypeアーカイブがユーザーのメールボックス内にある場合。

7 リポジトリに格納されているMicrosoft Teams含めます。

8 基本監査を含むすべてのプランの監査ログは、90 日間保持されます。 また、管理アクティビティ API Office 365使用して、統合監査ログからイベントを取得できます。

9データOffice 365防止アドオンが必要です。

10ファイルに保存されているファイルにOneDrive for Business。

11ユーザー Exchange Online保持ポリシーをExchange Online Archiving保持するには、プラン 2 またはユーザー ライセンスが必要です。

Security & Compliance Center availability in Office 365 operated by 21Vianet

コンプライアンス センターは、21VianetがOffice 365 E3 プランで利用できます。

Security & Compliance Center availability in Office 365 Germany

セキュリティ &コンプライアンス センターは、ドイツOffice 365利用できます。 ドイツ語の詳細についてはOffice 365ドイツを参照Office 365してください