Office アプリケーション サービスの説明

Microsoft 365は、Word、Excel、および PowerPoint など、既に使い慣れた Office デスクトップ アプリケーションの最新バージョンを提供するサブスクリプション サービスです。

クラウド Officeサービスですが、Officeアプリケーションはクラウドで実行されません。 代わりに、ユーザーはOfficeポータルからOffice 365アプリケーションをダウンロードし、ローカル コンピューターにインストールします。 Microsoft では、クイック実行テクノロジを使用して、アプリケーションのダウンロードとインストールOffice迅速かつ簡単に行います。 クイック実行は仮想化テクノロジを使用して、Office アプリケーションをローカル コンピューター上の自己格納環境で実行します。これにより、ユーザーは Office アプリケーションを以前のバージョンの Office と並べて実行できます。

Office アプリケーションは、32 ビットおよび 64 ビット版で利用可能です。

ユーザーがアプリケーション サービスの説明を有効にするサブスクリプションの詳細な計画Office、完全なサブスクリプション比較表を参照してください

プランで利用できる機能

次の表を使用して、2013 年および 2016 年 2016 年のプランとボリューム ライセンスエディションMicrosoft Office比較Officeします。

ビジネス プランMicrosoft 365には、サブスクリプション用に購入できるアドオンがあります。 アドオンにより、サブスクリプションに追加機能が提供されます。 詳細については、「アドオンを 購入または編集する」を参照してください

アプリケーション/機能 Office Professional Plus 2013 Office Professional Plus 2016 Office Professional Plus 2019 Microsoft 365 Apps for enterprise Microsoft 365 Apps for business Microsoft 365 Business Basic Microsoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Premium Office 365 E1 Office 365 E3 Office 365 E5 Office 365 F3
Office アプリケーション
Microsoft Word
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft Excel
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft PowerPoint
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft OneNote
はい
はい
はい +
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft Outlook
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft Publisher
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft Access
はい
はい
はい
はい
はい11
いいえ
はい11
はい11
いいえ
はい
必要
いいえ
Skype for Business
はい
はい
はい
はい5
はい5
はい5
はい5
はい5
はい5
はい
はい
はい5、10
Microsoft InfoPath
はい
はい12
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
Windows 10 アプリ
はい
必要
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
OfficeのMicrosoft 365 for Mac
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
IPad/iPhone 用 Office Mobile
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
はい13
はい
必要
はい13
はい
必要
はい13
Office Mobile for Android
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
はい13
はい
必要
はい13
はい
必要
はい13
Office Mobile for Windows Phone
いいえ
いいえ
いいえ
はい
はい
必要
はい13
はい
はい13
はい
必要
はい13
Outlook for Android
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Microsoft Teams
いいえ
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
企業にとっての利点
Office Professional Plus 2013
Office Professional Plus 2016
Office Professional Plus 2019
Microsoft 365 Apps for enterprise
Microsoft 365 Apps for business
Microsoft 365 Business Basic
Microsoft 365 Business Standard
Microsoft 365 Business Premium
Office 365 E1
Office 365 E3
Office 365 E5
Office 365 F3
PC または Mac 上のユーザーごとに 5 個のインストール
いいえ
いいえ
いいえ
はい7
はい7
いいえ
はい
はい7
いいえ
はい
必要
いいえ
自動化されたユーザー アカウント プロビジョニング
該当なし
いいえ
いいえ
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
多言語ユーザー インターフェイス
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
クライアント プッシュ展開
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
社内 Exchange のクライアント サポート
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
社内 SharePoint のクライアント サポート
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
ソフトウェア更新の制御
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
データベース比較
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
デスクトップの仮想化
はい
はい
はい
はい8
いいえ
いいえ
いいえ
はい
いいえ
はい
必要
いいえ
Excel スプレッドシート比較
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
Excel スプレッドシート検査
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
Exchange Online と SharePoint Online のアーカイブとコンプライアンス
はい1
はい
はい
はい1
はい
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
グループ ポリシーのサポート
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
Office クラウド ポリシーのサポート
いいえ
いいえ
いいえ
はい
い 15
い 16
い 15
い 15
い 16
はい
必要
い 16
Azure Information Protection を使用した Information Rights Management
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ2
いいえ2
いいえ2
いいえ2
はい
いいえ2
はい
はい
いいえ2
Windows Server AD RMS を使用した Information Rights Management
はい3
はい
はい
はい3
はい3
はい3
はい3
はい3
はい3
はい3
はい3
はい3
Office アドイン、ActiveX、および BHO のサポート
はい
はい
はい+++
はい
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
OneNoteサーバー、SharePointオンライン、SharePoint、OneDrive for Business、およびMicrosoft 365
はい
はい
はい ++
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Office テレメトリ
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
クライアント アプリケーションのオフライン サポート
はい
はい
はい
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Power Map for Excel
いいえ4
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
Power Pivot for Excel
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Power Query for Excel
No14
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
Power View for Excel
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
ローミング設定
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
いいえ
共有コンピューターのライセンス認証
いいえ
いいえ
いいえ
はい
いいえ
いいえ
いいえ
はい
いいえ
はい
必要
いいえ
クラウドベース ファイル ストレージのブロックのサポート
はい
はい
はい
はい
必要
いいえ
いいえ
はい
いいえ
いいえ
はい
いいえ
タップしてコンテンツを検索し、再利用
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
はい
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
バージョン アップグレード
いいえ
いいえ
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
はい
必要
いいえ
Volume activation (KMS/MAK)
はい
はい
はい
いいえ9
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ

注意

+2019 Office 365または 2019 Officeインストールすると、既定でOneNoteがWindows 10されます。 詳細については、「よくある質問」を参照OneNote。
++ OneNote アプリから SharePoint Server、SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365 上のノートブックへのアクセス。
+++ BHO のサポートは、Internet Explorer 用の拡張機能技術です。
1 アーカイブ機能とコンプライアンス機能はこのバージョンの Office でサポートされていますが、Exchange Online プランと SharePoint Online プランは含まれていないため、これらのプランを個別に購入するか、またはサポートされているオンプレミスのサーバーの同等の機能と共に使用する必要があります。
2 Azure Information Protection は含まれていませんが、アドオンとして別途購入し、サポートされている Information Rights Management (IRM) 機能を有効にすることができます。 一部の Azure Information Protection 機能では、Microsoft 365 Apps for enterprise へのサブスクリプションが必要ですが、Microsoft 365 Business Basic、Microsoft 365 Business Standard、Office 365 E1、Office 365 Education、または Office 365 F3 には含まれません。
3 Windows Server AD RMS は、サポートされている IRM 機能を有効にするためには別途購入して管理する必要があるオンプレミスのサーバーです。
4 Office 2013 Professional Plus またはスタンドアロン バージョンの Excel 2013 がある場合は、サポートされていないアドインである Excel 2013 の Power Map Preview を使用できます。 以前のバージョンの Power Map Preview の有効期限が切れているので、どのバージョンの Power Map プレビュー Excel。 以前のバージョンをインストールした場合は、コントロール パネルからアンインストールし、現在のバージョンの Power Map Preview をダウンロードしてインストールします。 このバージョンは、SP1 でリリースされた Power Map のバージョンと同Microsoft 365です。
5 Skype for Business Basic はすべてのお客様が利用できます。 デスクトップ Skype for Businessクライアントは、ローカルにインストールされたアプリケーションで、オンラインを含むプランのプレゼンス、インスタント メッセージング、および会議Skype for Businessします。 Microsoft 365 Apps for enterpriseおよびOffice 365 E3には、高度なテレフォニー サポート、アーカイブ、コンプライアンス機能などのSkype機能を含む完全なアプリケーションが含まれます。 Skype for Business Online のライセンスは、ユーザーごとに割り当てる必要があります。 機能の比較の詳細については、「Lync Server 2013 用デスクトップ クライアント比較表」を参照してください。
6一部の学校は、Microsoft 365 Apps for enterprise を含む Education Plus の対象であり、学生、教職員は、Office の最新バージョンを最大 5 台の PC または Mac コンピューター、および Windows タブレットや iPad を含む他のモバイル デバイスにインストールできます。 教育ソリューション加入契約、オープン バリュー サブスクリプション教育ソリューション、学校の契約を通して、機関全体の教職員とスタッフのための Office のライセンスを取得すると、その学校は Office 365 Education Plus の条件に適合します。 Access と Publisher は PC でのみ使用可能です。 OneNote for Mac は Mac App Store から別途ダウンロードできます。
7 Office for Mac 2011 は、インストールはできますがライセンス認証はできません。
8 Microsoft 365 Apps for enterprise専用仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) でサポートされています。 Microsoft 365 Apps for enterpriseライセンス プログラムを使用して購入した場合にのみ、リモート デスクトップ サービス (RDS) がサポートされます。
9 Office 365 E3 および Microsoft 365 Apps for enterprise のボリュームライセンス認証は、RDS の役割が有効または Windows To Go インストールが有効な Windows Server 2008 R2 以降のインストールに限定されます。 どちらの場合も、これらのインストールにアクセスするユーザーは、ユーザーまたはユーザーのライセンスOffice 365 E3必要Microsoft 365 Apps for enterprise。
Office 365 F3 の1 Skype for Business 0 Office 365 機能には、Skype for Business プラン 1 が含まれます (デスクトップ共有なし、アプリ共有なし、マルチパーティオーディオ、ビデオ、または Web 会議を開始できない、会議をスケジュールできない)。
11 Access は現在、Current Channel のユーザー、または Deferred Channel のターゲット リリースのユーザーのみが利用できます。 Deferred Channel のユーザーは、2017 年 6 月以降に Access を利用できるようになります。 詳細については、「Access included as part of of Microsoft 365 および Office 365」を参照してください
12 Infopath 2013 は引き続きサポートされており、Office Professional Plus 2016 のインストールに付属しますが、Office 2016 用の新しいバージョンはありません。
13 10.1 インチ以下の画面が統合されているデバイスに限定されます。
14 Power Query は無料のアドインで、ここでダウンロードできます。Microsoft Power Query forExcel。 有効にすると、Power Query 機能はリボンの [Power Query] タブから使用できるようになります。
15 Web アプリのポリシーとクライアント アプリのプライバシー ポリシーに制限されています。
16 Web アプリのポリシーに制限されています。

Officeプランでのアプリケーションの可用性Office for Macする

Office アプリケーション Office 365 の Office 2016 for Mac1 Office 365 の Office for Mac 20113
Microsoft Word
はい
はい
Microsoft Excel
はい
はい
Microsoft PowerPoint
はい
はい
Microsoft OneNote
はい
はい2
Microsoft Outlook
はい
はい
Microsoft Publisher
いいえ
いいえ
Microsoft Access
いいえ
いいえ
Skype for Business
はい
はい
Microsoft InfoPath
いいえ
いいえ

1 Office 2016 for Mac には Mac OS X 10.10 以降が必要です。 Outlook for Mac から Exchange に接続するお客様は、Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 以降に対する接続が必要です。 詳細については、「リソースのMicrosoft 365とOffice」を参照してください
2 App Store から別途ダウンロードできます。 詳細については、「OneNote for Mac」を参照してください。
3 Office for Mac 2011 は、インストールはできますがライセンス認証はできません。

政府機関向けプランで利用できる Office アプリケーションと機能

次のOfficeアプリケーションは、政府機関のクラウドで利用できます。ただし、一部のクラウドベースの機能は、政府機関向けプランの Officeアプリケーションと機能の可用性に示されている通り、現在利用できない場合があります