Skype for Business Online の機能Skype for Business Online features

管理者である場合は、「Skype for business online のセットアップ」で Skype For business online の機能をセットアップするための詳細な手順を確認できます。If you are an admin, you can find detailed instructions for setting up Skype for Business Online features in Set up Skype for Business Online.

Skype for Business Online のクライアントClients for Skype for Business Online

重要

Skype for Business Online でサポートされるクライアントは、個別にライセンスされます。The clients that are supported in Skype for Business Online are licensed separately.

モバイルデバイス、PC、Mac 用のクライアントをダウンロードするには、「すべてのデバイスで Skype For business をダウンロードする」にアクセスしてください。To download the client for your mobile device, PC, or Mac, go to Download Skype for Business across all your devices.

Skype for Business では、上記のサイトに記載されている各会議室デバイスをサポートします。追加情報については、アカウント チームに問い合わせるか、一般法人向けサポートへのお問い合わせ - 管理者向けヘルプでお問い合わせください。電話番号を確認するには、ドロップダウン リストからロケールを選択します。Skype for Business provides support for the conference room devices listed here. For additional information, work with your account team or call Office 365 support. To get a local number, you can choose your locale from the drop-down list.

インスタント メッセージング、プレゼンス、および連絡先Instant messaging, presence, and contacts

Skype for Business を使って、ユーザーは次のことができます。Using Skype for Business, users can:

  • 自分のプレゼンス状態—(利用可能、退席中、応答不可、オフライン—など) を表示して、他のユーザーが可用性を認識できるようにします。Display their presence status—for example, Available, Away, Do Not Disturb, or Offline—to let others know their availability. Skype for Business のプレゼンス情報は、Office 365 スイート全体にわたって表示されます。Skype for Business presence information is presented throughout the Office 365 suite.

  • インターネットなどのインターネットプロトコル (IP) ネットワーク、または組織の企業ネットワークを介して、リアルタイムでテキストメッセージを送受信することができます。Send and receive text messages in real time over an Internet Protocol (IP) network, such as the internet, or an organization's corporate network. インスタント メッセージングは、Skype 間通信とマルチパーティ通信の両方で利用可能です。Instant messaging is available for both Skype-to-Skype and multiparty communication. IM テキストはセキュリティ強化のために暗号化されます。IM text is encrypted for enhanced security.

  • 自分の Skype for Business 連絡先カードが他のユーザーにどのように表示されるかを構成する。Configure how their own Skype for Business contact card appears to other people.

インスタントメッセージング、プレゼンス、および連絡先の詳細については、「 Skype For business で IM を送信する」を参照してください。You can read more about instant messaging, presence, and contacts in Send an IM in Skype for Business.

Skype 間の音声、ビデオ、メディアSkype-to-Skype audio, video, and media

Skype for Business Online ユーザーは、PC と Web カメラを使用して、1 対 1 のコンピューターベースの音声通話とビデオ通話を他の Skype for Business ユーザーに対して行うことができます。Skype for Business Online ユーザーは、同じ Skype for Business Online 組織 (会社のファイアウォール内側でも外側でも) 内の別のユーザー、または 2 つの Skype for Business ドメインがフェデレーション用に適切に構成、サポート、許可されている場合は Skype for Business フェデレーション ドメイン内の別の Skype for Business ユーザーと、Skype 間の音声通話とビデオ通話を開始できます。Skype for Business Online users can make one-to-one computer-based audio and video calls to other Skype for Business users using a PC and a web camera. A Skype for Business Online user can initiate Skype-to-Skype audio and video calls with another user in the same Skype for Business Online organization (within or outside the corporate firewall), or with another Skype for Business user in a Skype for Business federated domain if the two Skype for Business domains are correctly configured, supported, and permitted for federation.

Skype for business でオーディオデバイスのオプションを設定する方法については、「 skype For business でオーディオデバイスのオプションを設定する」を参照してください。See Set audio device options in Skype for Business to find out how to set audio device options in Skype for Business.

フェデレーションとパブリック IM 接続Federation and public IM connectivity

Skype for business の外部接続 (フェデレーション) を使用すると、skype for business ユーザーは、社内で skype for business Server をホストしている他の組織のユーザーとも接続できます。Skype for Business external connectivity (federation) lets Skype for Business users connect with users in other organizations that use Skype for Business, as well as those that host their own Skype for Business Server on premises. フェデレーションの連絡先では、プレゼンスを表示したり、IM を使用して通信したり、Skype 間の音声通話とビデオ通話を行ったりすることができます。Federated contacts can see presence, communicate by using IM, and make Skype-to-Skype audio and video calls. フェデレーションのすべての通信は、アクセス プロキシ サーバーを使用して IM システム間で暗号化されます。All federated communications are encrypted between the IM systems using access proxy servers. Microsoft は、メッセージがフェデレーション パートナーのネットワークに渡された後は、暗号化を制御しません (パートナーがオンプレミスの Skype for Business Server またはサードパーティ ネットワークとフェデレーションを行っている場合)。Microsoft does not control encryption after messages are passed to the federated partner's network (if the partner is federated with an on-premises Skype for Business Server or third-party network).

Skype for Business 外部接続では、フェデレーション関係の両当事者が同意して、適切に構成する必要があります。Skype for Business external connectivity requires the consent and correct configuration of both parties of the federation relationship. 両方の管理者によってフェデレーションがセットアップされると、各組織のユーザーは、他の組織のユーザーにプレゼンスを表示して通信することができます。After the federation is set up by the administrators of both sides, users in each organization can see presence and communicate with users in the other organization. Office 365 でのフェデレーションは、適切に構成されたアクセス プロキシ サーバーまたはアクセス エッジ サーバーを備えた他の各 Skype for Business 環境間でのみサポートされます。Federation in Office 365 is only supported between other Skype for Business environments, with appropriately configured Access Proxy or Edge servers. エッジサーバーの構成の詳細については、「 Lync server 2013 での外部ユーザーアクセスに必要なコンポーネント」を参照してください。To learn more about Edge server configuration, see Components required for external user access in Lync Server 2013.

Skype for Business Online 会議Skype for Business Online meetings

ユーザーは、Skype for business クライアントまたは Office で、臨時の Skype for Business 会議を簡単に開始または参加することができます。Users can start or join an ad-hoc Skype for Business meeting easily in the Skype for Business client or in Office. Skype for Business では、ユーザーはインスタント メッセージングや電子メールによる簡単な対話を、共有のデスクトップ、アプリケーション、ドキュメントを使用した PC ベースのマルチパーティ (ユーザー 3 人以上) の音声/ビデオ会議にエスカレートできます。Skype for Business lets users escalate simple instant messaging conversations or email conversations to PC-based, multiparty (three or more users) audio and video meetings with shared desktops, applications, and documents.

Skype for Business のマルチパーティ オーディオには、各種の帯域幅条件下で最適なパフォーマンスを発揮するための適応型オーディオ コーデック、視覚的な通話と参加者一覧のコントロール、ネットワーク品質インジケーター、強力なユーザー管理機能 (たとえば、会議の参加者の名前をドラッグ アンド ドロップして会議にユーザーを追加する) が備えられています。Skype for Business multiparty audio provides users with an adaptive audio codec for optimal performance under varying bandwidth conditions, visual call and roster controls, network quality indicator, and powerful user management features (for example, drag and drop a participant name to add them to a meeting).

音声に加えて、Skype for Business を使用すると、ユーザーは高品質のビデオセッションで接続することができます。In addition to audio, Skype for Business lets users connect through high quality video sessions. 1 対 1 のセッションとマルチパーティ (ユーザー 3 人以上) セッションの両方がサポートされています。Both person-to-person and multiparty (three or more users) sessions are supported. アクティブ スピーカー ビデオは、マルチパーティ セッションでのみ使用できます。Active speaker video is available only for multiparty sessions. Skype for Business では、ユーザーは容易にオンラインのビデオ会議をスケジュールしたり、IM セッションをビデオ通話にシームレスにエスカレートしたりすることができます。With Skype for Business, users can easily schedule an online meeting with video or seamlessly escalate an IM session to a video call.

Skype for Business online 会議の詳細については、「 IM およびオンライン会議のための skype For business の使用を開始する」を参照してください。To find out more about Skype for Business online meetings, see Start using Skype for Business for IM and online meetings.

重要

マルチパーティ対応の Skype for Business 音声/ビデオ機能は、特定の国では規制上の制約によりご利用いただけない場合があります。詳細については、「Office 365 で Office を最大限に活用する」をご覧ください。Multiparty Skype for Business audio and video capabilities might not be available in certain countries due to regulatory restrictions. For details, see About license restrictions.

セキュリティとアーカイブSecurity and archiving

Microsoft Office 365 のトラフィック (シグナルおよびメディア トラフィックの両方) は、トランスポート層セキュリティ (TLS) プロトコルで暗号化されています。誰かが通信を傍受しても暗号化されたテキストしか見ることができません。たとえば、空港などの公衆 Wi-Fi ネットワークを使用中に Skype for Business Online の IM や通話、プレゼンテーションにアクセスした場合、ネットワーク スニファーによって通信が傍受されるおそれがあるため、ユーザーの通信は暗号化されます。Microsoft Office 365 traffic (both signal and media traffic) is encrypted using the Transport Layer Security (TLS) protocol. Anyone who intercepts a communication sees only encrypted text. For example, if a user accesses Skype for Business Online IM, calls, and presentations while using a public Wi-Fi network, such as at an airport, the user's communications are encrypted to potential interception by network "sniffers."

Skype for Business は、ピアツーピアのインスタント メッセージ、マルチパーティのインスタント メッセージ、および会議中にアップロードされたコンテンツのアーカイブを提供します。アーカイブ機能には Exchange が必要で、ユーザーの Exchange メールボックスのインプレース ホールド属性によって制御されます。この属性は、電子メールと Skype for Business のコンテンツの両方をアーカイブします。Skype for Business provides archiving of peer-to-peer instant messages, multiparty instant messages, and content upload activities in meetings. The archiving capability requires Exchange and is controlled by the user's Exchange mailbox In-Place Hold attribute, which archives both email and Skype for Business contents.

ユーザーレベルのアーカイブ ポリシーを作成、構成、適用することで、特定のユーザーまたはユーザー グループに対するアーカイブ処理を有効または無効にするため、Skype for Business のアーカイブはすべて「ユーザーレベル アーカイブ」と見なされます。Skype for Business 管理センター内部からはアーカイブ設定を直接管理できません。All archiving in Skype for Business is considered "user-level archiving" because you enable or disable it for one or more specific users or groups of users by creating, configuring, and applying a user-level archiving policy for those users. There is no direct control of archiving settings from within the Skype for Business admin center.

Exchange と SharePoint の相互運用性Exchange and SharePoint interoperability

Skype for Business Online には、高精細の画像、Exchange 予定表情報に基づくプレゼンス状態の更新、統合連絡先ストア、アーカイブ、Skype for Business の不在メッセージ、および Outlook のプレゼンス状態とクリック通信機能が含まれます。この相互運用性では、ユーザーのデスクトップで Skype for Business クライアントを実行する必要があります。Skype for Business Online includes high definition pictures, presence status updates based on Exchange calendar information, unified contact store, archiving, out-of-office messages in Skype for Business, and presence status and click-to-communicate in Outlook. This interoperability requires running the Skype for Business client on the user's desktop.

特定のサブスクリプション プランでは、次のことを行うために Skype for Business を Exchange Online ユニファイド メッセージング (UM) と統合できます。In certain subscription plans, Skype for Business can integrate with Exchange Online Unified Messaging (UM) to:

  • ボイスメッセージングと電子メールメッセージングを、Skype for Business クライアントから利用できる単一のメッセージングインフラストラクチャに結合します。Combine voice messaging and email messaging into a single messaging infrastructure that is available from the Skype for Business client. Exchange UM と Skype for Business は連携して、通話応答、Outlook Voice Access、および自動応答サービスを提供します。Exchange UM and Skype for Business work together to provide call answering, Outlook Voice Access, and auto attendant services.

  • Web 上の Outlook を有効にして、IM、プレゼンス、Exchange 予定表情報に基づく状態の更新、および Skype for Business 会議のスケジュールを提供します。Enable Outlook on the web to provide IM, presence, status updates based on Exchange calendar information, and Skype for Business Meeting scheduling.

Skype for Business は、SharePoint サイトのプレゼンスおよびクリックだけで可能になる通信機能のためにオンプレミス Microsoft SharePoint サーバーと相互に連携します。この相互運用性では、ユーザーのデスクトップで Skype for Business クライアントを実行する必要があります。Skype for Business interoperates with on-premises Microsoft SharePoint Server for presence and click-to-communicate in SharePoint sites. This interoperability requires running the Skype for Business client on the user's desktop.

Skype for Business Online の管理Skype for Business Online administration and management

Microsoft はすべての Skype for Business Online データ センターを直接制御し、システム パフォーマンス全体の責任を負います。しかし、Microsoft が管理できる要素は、Office 365 ユーザーの全体的なエクスペリエンスを提供するために組み合わされた要素の一部でしかありません。データ センター、お客様のワイド エリア ネットワーク (WAN)、およびお客様のローカル エリア ネットワーク (LAN) へのネットワーク接続は、組織自体が責任を負います。さらに、組織はユーザーのデバイスとそれらの構成を管理します。また、任意の必要な機能 (たとえば、ユーザーが対象の機能を利用する場合にはその機能を管理する機能など) に関するユーザーごとに必要なライセンスの維持管理にも責任があります。Although Microsoft directly controls all Skype for Business Online data centers and is responsible for overall system performance, it can control only a portion of the elements that combine to provide the total experience for Office 365 users. Organizations themselves are responsible for the network connections to the data centers, the customer's wide area network (WAN), and the customer's local area networks (LANs). Additionally, they manage user devices and their configuration.  They are also responsible for maintaining the required licensing per user for any desired feature, including, but not limited to, the ability to manage these features, for as long as the user needs access to the feature.

このため、Skype for Business Online ではメッセージングに関するタスクを管理するための次のツールをお客様の管理者向けに用意しています。Skype for Business Online therefore provides customer administrators with the following tools to manage several messaging-related tasks:

  • Microsoft Office 365 ポータルMicrosoft Office 365 portal

  • Microsoft 365 管理センターMicrosoft 365 admin center

  • Skype for Business 管理センターSkype for Business admin center

  • Windows PowerShellWindows PowerShell

最新の Skype for Business Online 管理者ヘルプトピックと操作方法の記事については、「 skype For Business online In Office 365-管理者向けヘルプ」を参照してください。To see the latest Skype for Business Online Admin help topics and how-to articles, see Skype for Business Online in Office 365 - Admin Help.

Office 365 における電話会議Audio Conferencing in Office 365

電話会議とは、少なくとも 1 人の参加者が電話を使用して、音声部分にダイヤルインする会議のことを指します。電話を使用して会議にアクセスする機能は、ユーザーが外出先にいるときや、モバイル デバイスまたは PC を使用して会議に参加できないときに役立ちます。電話を使用することが最適なオプションとなるシナリオには、インターネット接続が制限されている場合や、会議が音声のみである場合などがあります。Audio Conferencing is any conference in which at least one participant dials in to the audio portion by using a phone. The ability to use a phone to access a meeting is useful for individuals who are on the road or otherwise can't attend a meeting using a mobile device or PC. Using a phone also can be a better option in other scenarios, such as when internet connectivity is limited or when a meeting is audio only.

電話会議では、組織内のユーザーは、ダイヤルインの電話番号が含まれる会議をホストまたは作成できます。発信者は、これらの電話番号を使用して、自分の電話で会議にコールインすることができます (会議にダイヤルインしているユーザーは、音声しか聞けず、インスタント メッセージ、共有デスクトップ、または会議で共有されているファイルを取得することはできません)。ダイヤルイン会議をセットアップする必要があるのは、会議をスケジュールまたは進行するユーザーに対してのみです。開催者が会議をロックした場合を除き、ダイヤルイン電話番号と会議 ID を持つユーザーは、誰でも会議に参加できます。詳細については、「電話会議とプランの呼び出しのサポートされている国/地域」および「電話会議のダイヤルイン電話番号」をご覧ください。With Audio Conferencing, users in your organization can host or create meetings that contain dial-in phone numbers. Callers can then use those phone numbers to call into a meeting using their phones (users who are dialing into a meeting will only get audio, not instant messages, shared desktops, or files being shared in the meeting). You only need to set up dial-in conferencing for users who plan to schedule or lead meetings. Unless the organizer has locked the meeting, anyone who has the dial-in number and conference ID can join the meeting. For details, see Getting started with Audio Conferencing and Dial-in numbers available for Audio Conferencing.

Office 365 では、Office 365 をダイヤルイン会議プロバイダーとして使用するか、サードパーティのダイヤルイン会議プロバイダー (電話会議プロバイダー (ACP) とも呼ばれる) を使用して、ダイヤルイン会議を開催できます。In Office 365, you can enable dial-in conferencing either by using Office 365 as your dial-in conferencing provider, or by using a third-party dial-in conferencing provider (also called an audio conferencing provider, or ACP).

一部の国または地域では電話会議は使用できません。電話会議機能を購入できる国と地域の一覧については、「電話会議とプランの呼び出しのサポートされている国/地域」をご覧ください。Audio Conferencing is not available in all countries or regions. For a list of the countries or regions in which you can purchase Audio Conferencing, see Where can you get Audio Conferencing?.

Office 365 の通話プランCalling Plans in Office 365

Skype for Business には、公衆交換電話網 (PSTN) の通話機能が含まれます。通話プランは、Skype for Business Online の機能へのアドオンであり、電話番号の検索、取得、組織内のユーザーへの割り当てを行うことができ、ユーザーは Office 365 から直接、組織内外のユーザーに電話で発信したり、着信を受けたりできるようになります。電話番号が割り当てられたユーザーは、VoIP 電話、PC、モバイル デバイスなどの、すべての Skype for Business デバイス間で音声通話を行えます。さらに、ミュート/ミュート解除、保留/再開、通話の転送、着信の転送機能を使用して通話を制御することもできます。また、必要に応じて、緊急通話を行うこともできます。Skype for Business includes calling capabilities found on the public switched telephone network (PSTN). Calling Plans are an add-on to the Phone System in Office 365 that allow you to search for, acquire, and assign phone numbers to users in your organization so that they can make calls to and receive calls from people inside and outside of the organization, directly from Office 365. Users who are assigned phone numbers can make voice calls across all Skype for Business devices, including VoIP phones, PCs, and mobile devices. They also can control their calls through mute/unmute, hold/resume, call transfers, and call forwarding features, and if necessary, make emergency calls.

使用できる通話プランの詳細については、「Office 365 向けの通話プラン」を参照してください。For information about available Calling Plans, go to Calling Plans for Office 365. 詳細および通話プランの設定については、「どの通話プランが適しているか」を参照してください。For more information and to set up a Calling Plan, see Which Calling Plan is right for you?

Office 365 の電話システム Phone System in Office 365

Office 365 の電話システムを使用すると、Skype for Business と、組織の既存の電話回線、または着信と発信の電話システムのいずれかを使用できます。The Phone System in Office 365 lets you use Skype for Business and either your organization's existing phone lines or the Phone System for inbound and outbound calls. Office 365 の電話システムでは、ユーザーは Skype for Business を使用して、インターネットにアクセスできるほぼすべての場所から、通話の配置、受信、転送、ミュート、ミュート解除などの基本的なタスクを実行できます。With the Phone System in Office 365, your users can use Skype for Business to complete basic tasks such as placing, receiving, transferring, and muting or unmuting calls, from nearly anywhere that has internet access.

電話システムを使用すると、既存の PBX システムを、Office 365 から直接提供される機能セットに置き換えて、Microsoft のクラウドの生産性を向上させるエクスペリエンスと緊密に統合することができます。The Phone System allows you to replace your existing PBX system with a set of features that are directly delivered from Office 365 and tightly integrated into Microsoft's cloud productivity experience. 完全なイン ザ クラウド エクスペリエンスを選択することも、一部の機能をオンプレミスで維持しながら電話システムの利点を活用するハイブリッド展開を選択することもできます。You can choose a completely in-the-cloud experience, or a hybrid deployment that takes advantage of the Phone System while keeping some functionality on your premises.

Skype 会議メディアSkype Meeting Broadcast

Skype 会議ブロードキャストを使用すると、Office 365 ユーザーは、インターネット上の会議を、ほぼすべてのデバイスでブラウザーから出席できる最大で1万の出席者に対して作成およびブロードキャストすることができます。Skype Meeting Broadcast lets Office 365 users produce and broadcast a meeting on the internet to up to 10,000 attendees, who can attend from a browser on virtually any device. Skype 会議ブロードキャストを使用すると、内部の "町のホール" 形式の会議やパブリックウェビナーなどの大規模な仮想会議をホストできます。With Skype Meeting Broadcast, you can host large virtual meetings such as internal "town hall" style meetings and public webinars. 会議を記録することができ、それらをカスタマイズして対象ユーザーの関与と満足度を測ることができます。You can record meetings, and you can customize them to gauge audience involvement and satisfaction.

注意

現在、Skype 会議ブロードキャストは、教育機関や非営利組織ではご利用になれません。Currently, Skype Meeting Broadcast isn't available to educational or non-profit organizations.

詳細については、「Skype 会議ブロードキャストとは」を参照してください。For more information, go to What is a Skype Meeting Broadcast?.

Skype 会議ブロードキャスト ポータルは、https://portal.broadcast.skype.com にあります。The Skype Meeting Broadcast portal can be found at https://portal.broadcast.skype.com.